スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
スコラでグレン・グールドが!(喜)
JUGEMテーマ:クラシック音楽


以前の「バッハ」の記事で
ちひろさんにコメントで教えていただいた
坂本龍一のワークショップ番組「スコラ」を見ました。

今日が、バッハ4回シリーズの最後。
最後しか見れなくって残念だった。
今日は対位法について勉強し
バッハがメンデルスゾーンに再発見した話、モーツァルトやベートーヴェンが影響を受けた話などを
聞くことができておもしろかった。

そして、グレン・グールドが出たんですよ! 映像で!!


歌いながら、猫背にピアノを弾く様子。

右手で大きく指揮のような手振りをしながら曲を弾く様子。

うれしかった〜


坂本龍一が「バッハの再来と言われる・・・・」と言っていました。
バッハに取り憑かれた変人ピアニスト。 だけど世界的に認められているピアニスト。
興味は尽きません(^^)

彼の一生を映画化したものもあるみたい。見てみたい!!


私がグレン・グールドを知ったのは
奇異な弾きかたを見たからでも、歌を歌っていたからでもなく
なぜだか本当に惹きつけられるピアノの音色だったからです。

クラシックがお好きな方、ぜひ機会がありましたら
グレン・グールドのバッハを聴いてみてください




グールドには会えたけど
本日落ち込み気味の観世さん。

大好きな人に、
会いたくて会いたくてたまらない人に
どうやら会えないようです・・・・・




| 演劇以外のことの情報 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
告知!
JUGEMテーマ:邦画



観世音寺シアター絶賛PR中の
映画「てぃだかんかん」
 
明日公開です!


岡村さんも孤軍奮闘で映画宣伝してますね。
すごいいっぱいテレビとか出てます。

うちは家族で見に行きますよ
ダンナも岡村さんファン、子ども(特に癸押砲漏い箋が大好き、
私は岡村さんも松雪姐さんも好きだし、ストーリーも期待大!
ということで。

できれば明日見に行きたいですねー。混むかな〜。
みなさんもぜひ行ってくださいね!!


そして今日は、子どもは映画「ヤッターマン」を見ていましたが(すごい三池色だった! )
私は2階で「警視庁失踪人捜査課」を見ていました。
かっこいいなぁ、沢村くん
容疑のかかってる若者に詰め寄るところなんか、すごくかっこよかった〜!
そして今回の話は、前回よりわかりやすいし面白かったです。
これは毎週見よう!決めた!
不精っぽいヒゲが嫌いな観世さんですが、この沢村くんのヒゲは許す!

チンピラっぽい北村有起哉さんもイイし、
「太陽にほえろ!」で言うとヤマさんに当たる(古いな) 小日向さんもイイ。
遠藤憲一さんも、めずらしく真面目でいい人の役で、ちょっとアクは弱いけど
まあたまにはいいでしょう。(実直さが「湯けむりスナイパー」を思い出させるw ←マニアック)

てなわけで、お暇のある方、ぜひこちらも一度見てみてください(^^)


以上、告知2件でした。

| 演劇以外のことの情報 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報 
JUGEMテーマ:邦画

久しぶりに「孤高のメス」情報を。

SPの撮影が終わって、堤さんの体が空いたせいかわからないけど
ようやく映画宣伝が活発化しそうな雰囲気です。
各地方で試写会の情報も続々。
ぜひ地元の情報もチェックしてください。
(福岡でも・・・・・2つ前のピンク色記事参照w)


 さて、公式HPでは、予告編がUPされています。
予告編のバックには、テーマ曲である馬場俊英さんの「待ち合わせ」が流れています。
美しい曲で、映画の雰囲気をいっそう盛り上げています。

なんだかもう、超名作の雰囲気がして、空恐ろしいくらいです。

公式HPではTwitterも開設されてますが
これは今のところ、なんだかよくわかりません(笑)


すでに試写を見た方たちの感想も、ちらほら上がっていますが
ほとんどが絶賛記事。
中でも、原作者 大鐘稔彦さんのブログには、
きっと文句をつけたくなるから、見終わった後自分の辛口コメントに、周りがガッカリするだろう
と最初書いていますが、
見終わった後の感想には、そうはならなかった、と。
すごくほめてあります。
胸を打たれる感想記事です。よろしかったら読みに行ってください(^^)


続きを読む >>
| 演劇以外のことの情報 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「SP」 制作報告会見
JUGEMテーマ:邦画


まー長いこと撮影してましたな、と思った 「SP THE MOTION PICTURE」

2部構成だそうです。
今年秋公開の「野望篇」 そして来年春公開の「革命篇」 。

本日、制作報告会見があったそうですよ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100419-00000018-flix-movi

2部構成か。 そんな噂もありましたがね。
そりゃ撮影も長くかかるはずだ。
堤さん的には、来年の映画がすでに1本撮れちゃったわけで、
「プリンセス・トヨトミ」と合わせて、来年はすでに2本の映画に出ることが確定。

今年4本。来年すでに2本。
なんだかすっかり映画俳優だなあ。


しかし、ニュース記事にしろ、SPの公式HPにしろ
徹底して岡田くんの写真は出ないのですね。
そこまでしなくてもいいのに。 ジャニーズってみんなそうなんですか?
SMAPや嵐見てると、すごい露出してるような気がするけど
ちゃんと管理するところは管理してるってことなの?
でも岡田くんファンは見たいよねえ、画像を。 
主演映画なのに、脇役の人の写真しか出てこないなんてさ。 つまらないじゃん。


とりあえず、明日のめざましテレビとかをチェックしないと。

| 演劇以外のことの情報 | 00:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
警視庁 失踪人捜査課
 おはようございます!
久しぶりに明るい陽射しの朝です
気持ちがいいから、朝からブログを書いたりしてみる(^^)


昨夜携帯からポツポツ打った記事中の
沢村くんの主演ドラマについて。

「警視庁失踪人捜査課」
本日夜9時からです。

なぜこんなに宣伝するのかというと、沢村くんももちろん好きですが
その他のキャストがすごい!
遠藤憲一!  北村有起哉!  小日向文世!  高畑淳子!  
そして本日のゲスト出演が
近藤芳正!  白井晃!  などなどっ!

私が好き系な俳優さんばっかりですよ〜。
楽しみです。
・・・・・・・いつから、こんなに脇役重視で番組を選ぶようになったんだろう(笑)


もう一つ、番組HPの予告編動画の中に出てくるすべり台が
私が東京にいた時に子どもを連れてよく行っていた近所の公園のような気がして
チラッとしか写らないんですが、それも確認してみたいー!
高速道路の高架下だったんです。
少しの雨でも大丈夫で、重宝したんですよね。
もしあそこだったら、チョーなつかしい!!



今夜は子どもは「ピラメキーノG」を見ると言ってはりきっている。
昨日録画した「ポケモン」「TVチャンピオン(レゴブロック)」も見なくてはいけない。
私だけでなく子どももテレビが消化しきれてない! ひゃー!
| 演劇以外のことの情報 | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報 
JUGEMテーマ:邦画
 

「孤高のメス」公式サイトが、いくぶんリニューアルされています。
イントロダクション や ストーリー のカテゴリが新しくなり、詳しくなっています。

また、プロダクションノートという項目もでき、
映画に到るまでと撮影の様子みたいなものがくわしく書かれています。

そのプロダクションノートの記述によると
堤さんが7kgも減量してクランクインしたのだとか。
7kg!?  ちょ、ちょっと待って、ホント!?
だって、堤さんはホントに細身な方で
たしか、もともと(発表されてる)体重は62kgですよ。
まさか55kgに落としたんじゃあるまい!(そんなやせる必要のある役か?)
それとも太ってたのかなぁ。 
最近のCMとかで見る限りでは、そんなに太ったようには見えなかったけど。

いずれにしても、映画撮影時は60kg切ってたんだろうか。 やせすぎだろうっ!


えー、そんな極細 当麻先生(=堤さん)も楽しみな(楽しみか?)
「孤高のメス」  6月5日公開です。 
順次 試写会も始まっております。
よろしくお願いします。

私は例によって試写会は行けない(ほとんどが平日の夜だから) と思うけど
この映画は重そうで、試写会行く気がしないんだよねー、今回ばっかりは・・・・。
堤さんの評判もいいし、なんか打ちのめされそうで。

| 演劇以外のことの情報 | 15:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報
さっきスポーツニュースを見ていましたら
セ・リーグのオープン戦で
東京ドームが映りました。

そしたら
バックスクリーンの左側に、ドーン! と

「孤高のメス」のポスターが

ド ドーーーン と!!!


すごいでかいですよ(*^o^*)

東京ドームのバックスクリーンが映る時には
ぜひレフト側(向かって左側)上段をご覧くださいね!


| 演劇以外のことの情報 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報 ァ + 「てぃだかんかん」情報
JUGEMテーマ:邦画


大阪での試写会の募集(会員のみ)にて
予告編がご覧になれます。
今までの短いヤツじゃなくて、長いバージョンですよ!

http://magazine.zaq.ne.jp/event/100315.html

「予告ムービー」くりっく でご覧下さい。


・・・お・・・重い・・・・・(笑)  ←話が。



映画ついでに、今日ドラえもんの映画を見た関連で少し話を。

ドラえもんは・・・・つまらなかった。
ドラえもんの映画って、あんなタッチなんですね。パステル画調というか、手描き風というか。
(子どもに聞いたら、映画の時はいつもこんな描き方なのだという)
そしてストーリーが・・・・
各所に無理がある。
ストーリーの鍵を握る「剣」があるのですが
なぜそこで祈ると急に出てくるのか? なぜそれが飛んでいくのか?
飛んで行った剣を先に手に取るのがなぜ悪者の方なのか?
っつーか、アンタどこから急に出てきた!??
・・・・みたいな感じで。
展開においても結末においても、「んん!?」みたいなところが多い。
そもそもこの話の基盤となっているドラえもんの道具『架空水ナンチャラカンチャラ』というものの
設定自体に無理があるように思えてならない。

ドラえもんってこんな感じのアニメだっけ?
藤子不二夫が描いたドラえもんは、こんなんじゃなかった。
・・・・・・・・そんなことを思ってしまいました。

途中、武田鉄矢の歌が挿入されてて笑った。 なぜ急に武田鉄矢?



そして映画開始前の予告編で
『てぃだかんかん』の予告をやった。
ナインティナインの岡村さんが主役、松雪姐さんが奥さん役の、沖縄の海の話。
これはおもしろそうだ!!
子どもと一緒にぜひ見に行きたいと思った。

今年のアカデミー主演男優賞はこんどこそ「孤高のメス」の堤さんで!と思っていたが
岡村隆史がさらっていくかもしれない  ヤバイ。


『てぃだかんかん』 観世音寺シアターは絶賛PRします! 


| 演劇以外のことの情報 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報 
 名古屋で一足早く完成披露試写会が行なわれます!

http://www.nagoyatv.com/cinema/index.sms

(記事抜粋)
『 名古屋に残る老舗劇場として、52年間に渡り多くの人々に感動を贈り続けた名古屋ピカデリーの1〜4スクリーンが3月いっぱいで無くなります。名残惜しいですが、最後を飾るに相応しい作品として本格ヒューマンドラマ「孤高のメス」が選ばれ、閉館イベントに華を飾ります。
 名古屋で親しまれた思い出の劇場での最後の試写会となります。 』




記事によると、名古屋ピカデリーが3月31日に閉館するにあたって
イベント(名作映画の上映など)が行なわれるのですが
それの一環なんでしょうかね。
最後の試写会に選ばれた作品ということで、なんか光栄ですね!

名古屋在住の方、ぜひ応募&お出かけを!
   そして映画の感想をこちらにコメントしていただければ、大喜びしますっっっ!!




(追記) 「孤高のメス」映画評  (注!ネタバレが嫌なかたは読まないで下さい)

http://news.livedoor.com/article/detail/4659101/

・・・相当期待できそうですっ













| 演劇以外のことの情報 | 12:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画「孤高のメス」情報 

ゆうばり映画祭での、成島出監督へのインタビューが
産経ニュースに掲載されています。


画像では新しいポスター図案も!
          
    
               (↑ この男性が成島監督)
  
      
よかった、あの似てない似顔絵チックポスターじゃなくて(爆)

当麻先生はオペ室でBGMに都はるみをかけるそうです。
原作ではポール・モーリアだそうですが、変えたそうです・・・・。
どうして堤さんはなにかと演歌チックになってしまうのか・・・・・



成島監督のインタビューの中から抜粋

「結果はヒーローですけれど、途中では、べつにヒーローには見えない。ただ自分の使命を淡々と果たしていくだけ。ただ、患者を『助けます』と言って、静かにやっていく。そんなことが今の世の中では難しくなっている。僕が思っているのは、そういうヒーローが日本にはいたはずで、いや、今でもいるんだと信じてます」

―――自ら望んで厳しい医療現場に身を置く医師がいる

 「もともと日本人って、そういうところがある。そこがいいところなんだと思う。日本の伝統に根ざした映画を撮りたかった。静かなるチャレンジ精神というか、侍から流れる日本人の系譜というか、明治の男というか…


うーん、いかにも堤さん(^^;)

| 演劇以外のことの情報 | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH