スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
龍馬伝 今回は富さんに注目♪
 先週の回は、パソコンが壊れていて書けなかった。
・・・・・・・。 もういいか、先週のはw
収二郎が拷問されたり切腹したりする、かわいそうな回だったし。


今回。
土佐に帰った武市さん。
収二郎の切腹を止められず、失意のうちに暮らす。
もう勤王党は行き場をなくしていること、自分もそのうち断罪されるであろうことを
わかっているのに
それでも党員を鼓舞することしかできない。

ある朝に、妻の富を前に弱音を吐き、妻に詫びる。
「これからは二人で暮らすがじゃ・・・・」

おー、きたよ、普通の展開だよ。
自分の弱さもろさを隠して、精一杯信念を通してきた武市さんが
本音を吐き出すところだよ。
「夏が終わる前に、桂浜へ行こう・・・・」

きっとこの後、涙があふれるか、富を抱きしめるか・・・・・・
・・・と思ったら、
ここがいつもの大河ドラマと今作の違うところ。

二人で静かに話している場を切り裂いて、ドンドンドンッ!!
「武市半平太ッッ!!」

でも微動だにしない二人。
そのまま何も聞こえないかのように、静かに会話を続けている武市さん。

続きを読む >>
| 大河ドラマ | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
お散歩
100516_1233~01.jpg
わざと大きな写真を掲載。

私も最近まで知らなかったのですが、
三条実美たちが、朝廷から追われた
「五卿落ち」という事件があったそうで
その時に天満宮入口の建物(先程の楠の写真に写っていた屋根の建物)に
滞在していたそうです。
龍馬や西郷どんも来たとありますね。

そのうち龍馬伝の番組最後の「龍馬伝紀行」で
取り上げられるかも!
| 大河ドラマ | 13:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
がんばれ武市さん!(笑)
JUGEMテーマ:NHK大河ドラマ「龍馬伝」


先週と昨日の放送では、山内容堂公が、いよいよ武市ら攘夷派を弾圧し始める展開で
収二郎(宮迫)がそそのかされて武市を裏切るような行為をし
望月亀弥太(音尾)ら三人が、勤王党から勝塾へ出張させられ
武市命の以蔵までが、流れで勝麟太郎の用心棒になってしまう。
そんな風に武市の周りから信奉者がいなくなっていきます。

武市はそれでも、攘夷決行日は5月10日、その日になればと、
ひたすら自分の正当性を信じていますが
ついにこの日になっても攘夷決行の命令は下りず、武市は失意のどん底に。


・・・・・とまあ、こんな展開なんですが
私としてはどうも、武市さんの器の小ささが気になってしょうがない。
そりゃあ、これまで下士として虐げられてきたことや
生来(らしき)気が弱い部分はあるとしてもー

容堂公に謁見してお菓子をいただいた時のあの取り乱しぶり。
収二郎が裏切ったと聞かされた時のあの息もできなくなるほどのうろたえぶり。
攘夷決行の命令が藩から来なくて、党員に「どうするんですか」と詰め寄られた時に
「命令は来るがじゃ!!」としか言えず、ひたすら待つことしかできなかったこと。

だって、勤王党のリーダーとなり、一時は土佐藩の実権を握ったとまで言われた人でしょ?
朝廷の偉い人にも意見したり、江戸城までついて行ったりしたほどの人でしょ?
それほどの人が、あんなキョドキョドしないでしょうよ〜。

それに比べて、龍馬は
容堂公の前に出ても(しかも脱藩者だというのに)意見を言ったり
勝塾のメンバーが外国人をやっつけようと短絡的に思っていることを危惧したり
武市に「容堂公は武市さんが思ってるような人ではない」などと忠告してみたり。
こちらはやけに器が大きすぎ。

なんかそのバランスが悪くって
攘夷派の行動、土佐勤王党の面々が、哀れに見えすぎてしまうがぜよ。

昨日のラストシーンだって、龍馬に向かって
「収二郎を助けに行かねば」だの、「以蔵には嫌なことをさせすぎた」だの
「収二郎を助けて戻ってきたら海軍に入ってもいい」だの
「龍馬のことを嫌いだと思ったことはない、幼馴染はいいもんじゃのう!」だの

そう思っているなら、そういう行動を最初からしようよ、武市さん!
それだけの人物なんだからさ!


とはいえ、そのラストの龍馬と武市の別れのシーンでは
福山くんがなかなか気持ちの入った演技。
つくづく、ああキムタクでなくて良かったなーと思いました(爆)
キムタクだったらもっと全然違う龍馬になっていたことでしょう。



ところで、行き場を失くしていく武市と土佐勤王党が
鳩山総理と民主党に見えてしまうのは、
私だけですか?(笑)







 
| 大河ドラマ | 09:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
『日本魅録』に龍馬伝のこと
今、書店で「キネマ旬報」を立ち読み。

香川照之さんが『日本魅録』という連載をしているので
それを読みました。
内容は龍馬伝について。

なんか凄そうです、龍馬伝の撮影。
香川さんが今までにない体験として
嬉々として撮影に参加している様子がわかります。

演出の大友さんが、なにせすごいらしい。
大友さんはこれまでの評価に加え、
この龍馬伝で間違いなく
その地位を不動のものとすることでしょう。


面白かったのが、本当にお互いの結びつきが強くなっていることを書いてあって
「南朋は俺を愛している。俺も南朋を愛している。
南朋はマシャも愛しているし、もちろんマシャも南朋を愛している」
(ナナメ立ち読みのためうろ覚えです)
とあったところ!(`▽´)

ご興味のある龍馬伝ファンの方、
どうぞキネ旬の『日本魅録』を読みに行ってください。


『日本魅録』は本にならないのかなあ。
| 大河ドラマ | 13:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
龍馬伝新キャストとか。


今日は友人から久しぶりに電話がかかってきて、
久しぶりに声を聞けた。
元気そうでうれしかった(^^)
それにしても・・・・・・展開速すぎっ!!


さて、
龍馬伝の新キャストが発表されました。
草刈民代さんがまた出演するということで(前回は龍馬の母役で、最初の1,2回出た)
話題になってますね。
草刈さんといえば、先ごろ出た写真集でオールヌードということで評判になってますが
私に言わせれば
ダンサーはカラダをそんな風には思っていないのです。
ダンサーにとって、鍛え上げ 出来上がったカラダは作品です。
私が舞踊を勉強していたころにも、トップレスで踊る女性なんかたくさんいました。

まあ、でも、出版物として出すと言うことは、そういう目で見る人がほとんどだというのは
わかっていたことで、覚悟のうえでしょうから
取り沙汰されるのもしかたありません。

要するに騒ぎすぎですよ。 ・・・と私は思いました。


さて、他のキャストとしては
滝藤賢一さんが出てますね。
「クライマーズ・ハイ」で、堺雅人くんと山に登っておかしくなっちゃって、挙句に交通事故で死んでしまった人役だった方ですよ。
あるいは、NHKの「白洲次郎」で、次郎に大根作りを教え、
でも戦争に取られて戦死してしまった人役だった方。
ちょっと哀れな顔をなさっているし、演技は上手だし、
重宝なのでしょうね、最近よく見ます。

いまだに高杉晋作が出ない!おかしい!という意見を聞きますが
もう出ないかもね、高杉晋作(笑)

そうそう、公式HPで「撮影快調!」という所を見ると
今回佐藤健くんがいっぱいかっこよく写ってますよ! 電王ファンの誰かさん


今日はあと、沢村くんの「失踪人捜査課」を見ました。
このドラマ・・・・ちょこっとだけわかりにくいんだよね。 なんでだろう。
わざとかな。 あるいはテンポに私自身がついて行けてないのかな。
いや、でも結果的には「ああそうか」ってわかるんだけど。
今までのように、途中で「こうなるのかな、いやこうかも・・・」などと、
想像を膨らませる余裕がないのです。

でも沢村くんはかっこいいです
来週は鶴見辰吾が出るし、悪そうだし、おもしろそうだな。




 
| 大河ドラマ | 22:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
数あるサインの中から…
100503_1216~010001.jpg
私が選んだ1枚はっ!

もちろん香川さん♪


| 大河ドラマ | 12:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
龍馬伝展開催中
100503_1225~010001.jpg
すごい人ですね。

龍馬でんてんw
| 大河ドラマ | 12:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
今日のスタジオパークは 


 武田鉄矢さん!(写真なしw)

ご存知のとおり、「龍馬伝」で勝麟太郎(海舟)役でご出演中ですが
スタジオパークでも「龍馬伝」トーク、そして龍馬トーク炸裂です。


で、ここで書きたいのは「龍馬伝」について語られた話。

龍馬伝は、今までの大河ドラマと全然撮りかたが違うそうです。
まず、時代劇というのは「座り」が基本のドラマだけれど
龍馬伝では、動け動けと言われるそうで。

なるほど、たしかに動きの多い、座っているシーンの方が少ないくらいのドラマです。

そして、すごくセット内が暗いんだそうです。
カメラが、今までとは違う特殊なカメラを使っているため
暗くても鮮明に撮影ができる。
ろうそく1本の明かりを、ろうそく1本の明るさでちゃんと拾うんだそうです
台本を読もうとしてもそのセットの中では、暗すぎて読めないんだって。

それはリアリティがあるでしょうね。演じる方にしても、撮ってる方にしても。

そしてだから、福山くんがゆらっと立ち上がった時なんかに、
そのシルエットで、本物!?とふと錯覚するそうですよ。


なんかいいですね〜。
やはり、現代になくなってしまった大きなものは
「闇」と、「火の文化」だと思いますから
そういうのが再現されていると思うと、またなんだかザワザワしますねっ(^^)


あとは、私も指摘した「江戸弁」ですけど
武田さんも、本当に生き生きと方言を生かしてあるドラマだと言っていました。
で、あの龍馬と勝の対面シーンでも、
江戸弁と土佐弁のテンポのかみ合わないところが、面白いんですって。

たしかにたしかに。
おもしろいっていうか、聞きづらかったけど(笑)


そして、来週の放送の1シーンが紹介されましたが
容堂公@近藤正臣 アップですごい迫力と怪演!!
吉田東洋に勝るとも劣らないっ!! 
演技もいいけど、撮影のしかたもいいよね!! 


やっぱり今までの大河とは、かなり違うんですね、いろんなことが。
おもしろいだけのことはある。 ザワザワするだけのことはある。
うーん、次回も楽しみです




| 大河ドラマ | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あんぽんたんっ!! ってか。


本日の龍馬伝、いかがでしたか?みなさん(・∀・)

今日はタイトルにもなっている勝麟太郎」=武田鉄矢さん。
チャキチャキの江戸弁!
心地よい土佐弁に耳慣れている私には
ひじょーーーに聞き取りにくかった!(笑)
鉄矢さんのせいなのか、江戸弁のせいなのかは知らない。

勝海舟はこれまで、ああいうイメージではなかったし、
よく言われている「龍馬はそもそも勝を斬りに行った」というのとも全然違うオリジナルストーリーで、
賛否両論かもしれませんな。
私は、ストーリーとしては無理は感じませんでしたが
勝海舟はやっぱり鉄矢さんのイメージじゃなかったな。

武市が龍馬の後に、あんなにすぐやって来るのは、ちょっと展開的に無理を感じましたが
そして武市との会話の端から、勝が龍馬を見直すというのも、ちょっと無理を感じましたが

武市さんがますますイヤな感じになってきましたね

長次郎にむかって「饅頭屋の分際で」と言い
長次郎が「分際・・・・・武市さんがそんな言葉を使うようになるとは・・・」というシーンは
好きでした。
今の武市の「カンチガイ」が、端的にあらわされていたと思います。

洋ちゃん、いいね、朴訥な顔が(笑) セルロイド人形みたいでw(なんじゃそりゃ)


ジョン万次郎がちらっと出ました。
トータス松本さん、笑顔がすばらしい
そして何か知らんが、あの衣裳がものすごく似合っている!!!


幕府の場面でとうとう出ました、田中哲司さん一橋慶喜
眉毛をあらかた剃っちゃって、また不思議な雰囲気をかもし出していましたね!
バカなのか策士なのかわからない、
本気なのか嘘なのかわからない、
そしてかっこいいんだかなんだかもわからない(笑)

田中哲司さんは、すっごくかっこいいんだよー!
でもああいう、つかみ所のない、「だ、だいじょうぶですかアナタ?」というような役も上手。
一橋慶喜はこれまでも、一風変わった人物として、
様々な役者さんが様々に演じて来ましたが、
またおもしろい慶喜像を見せてくれるんじゃないかと、個人的に期待です


龍馬本人のことについて、何にも書いていませんが、まあ今回はいいか。


次回は山内容堂公が暴れ出しそうな気配ですね!
近藤正臣さん、あんな怪演ができる役者さんになられたとは、すばらしいです。

武市もいよいよ足元の砂が崩れ始めるようです。まだしばらくは気づかないのかもしれませんが。
だんだん痛々しくなりそうで、心苦しい感じがしますが、
目が離せませんね(龍馬以外の人から)。 ←いや、龍馬も見てますよ、ちゃんと。

 
| 大河ドラマ | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
トップランナー からの 龍馬伝 からの 情熱大陸
 この前のトップランナーは
大森南朋さんがゲストでした。
私はあの司会の、箭内(ヤナイ)という人?があまり好きではない(顔が無表情なので)のですが
大森さんと箭内さんが似てる説、ひいては箭内さんと古田新太さんが似てる説、
そして、この3人は同系列だ説には、爆笑しました

たくさんの映画に端役で出てきた南朋さん。
一瞬「MONDAY」の最初のお通夜のシーンが写って
「まっ、MONDAYっっ!!」 と私が叫びましたら
南朋さんが「いい写真ですね・・・」というたった一言のセリフを言いました。
そうか〜。このとき出てたんだ、南朋さん。
(わからない人が大部分でしょうが、MONDAYの主演は堤さんです。この時は映らなかったけど)

南朋さんって、女性にモテるタイプの男性ですよね。 女性がほっとかないと言うか。
ものすごくハンサムとか、キレイな顔立ちではないですけど
テレビでも言ってましたが、何となく「悲しみ」をたたえている感じがする。
こういう、「本当はさびしいんじゃないの?」「私がわかってあげたい!」と思わせる男性って、
モテると思いません?
それが雰囲気となって、彼自身にまとわりついている場合、特に。
南朋さんって、そういう俳優さんだと思うなー。

持論を述べたあとに、ごまかすように「なんちゃってセリフ」でテキトーなことを言い
箭内さんに「なんでいちいちそういうことを言うんですか!」と突っ込まれる南朋さんが
おかしかった


で、その翌日の「龍馬伝」
えーと、BL路線は封印で(笑)
いや、それにしたって、あの半平太はどうなの。 
イヤだよねー。 わしゃームシズが走るぜよ!
だってさー、邪魔者の名前を言って以蔵をちらっと見るところとか
「以蔵は使えるぜよ」と口に出して言ってしまうところとか
挙句に、江戸へ下る時に側へ来いと言うところとかさ。
まるで自分にゾッコンで貢いで来る女を、いいようにあしらうホストのようじゃないか!!
半平太ってあんなんでいいのか!

以蔵がかわいそう。
なんか、「おバカ」な設定になってるから、よけいかわいそう。 哀れ。
しかも、“おバカで調子のいい荒くれ者が”っていうなら
「たけちセンセ、わしに任せちょってください、ガハハハハ!みたいな奴なら
そんなに悲しくならないけど
あんなに細くて、武市命!で、目をウルウルさせながら見つめているような以蔵では
そりゃどうしてもかわいそうに思えてしまう。

おかげさまで、相変わらず胸はザワザワさせてもらってるけど
みんな壊れて行きそうで・・・・・なんだかつらいわねぇ

お加尾ちゃんもかわいそうだったけど、キレイだった

来週はついに勝麟太郎登場!
鉄矢先生贔屓のしかろく大先生がソワソワしておりますw
ジョン万次郎@トータス松本さんも出るようで、楽しみです!



そして昨日は、「情熱大陸」を見ました。
城島健司

私はやっぱり、城島はホークスの選手だと思ってますね。
小久保がジャイアンツ行った時も 「しょうがない、貸してやるか」って思ってましたけど
ジョーに関してもそう思ってますね。
ケガをせず、阪神でも活躍して欲しいです。見せつけてやってほしいです。
そして良いかたちで、またホークスに戻ってきて欲しいな。 

ジョーは本当に強いと思います。精神面というか生き方というか。
ああいう、力に伴う強さって憧れますね。
ビッグマウス、ビッグ態度なんだけど、実力を伴ってるから周囲が認めるしかない。
どうやったらあんな人間になれるんだろう。 
私はきっとなれない。なろうと思ってないしw 私は力も強さも持っていないから。
でも本当にステキだと思う。
そういう人は心から応援したくなります。
ジョー以外にもいっぱいいるけどね、そういう人は。



一応カテゴリは大河ドラマにしたけど、ジョーは全然関係なかったね(笑)

| 大河ドラマ | 23:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH