<< わんこがやって来る! | main | 小林賢太郎をフォローする >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
気がつけばロールシャッハ
 ぼんやりしていたら、
KKP公演「ロールシャッハ」が明日初日を迎えることになっていた。

小林さんのサイトも、夏にリニューアルしてからとんと行ってなかったが
久しぶりに行ったらメッセージも2つも出ていて

「KKP」という言い方を、「小林賢太郎演劇作品」と名称替えしたそうな。

・・・・えー。 なんかどうなの、それ

小林賢太郎テレビとか、小林賢太郎演劇作品とか
やけに名前を出しますな、最近。


私は、小林さんの作品群の中で、もともとKKPは好きではなく
「演劇というジャンルで見たら、決して水準が高いとは言えないぞ!」と辛口でありました。
まあ、「KKP」すなわち「Kobayashi Kentaro Produce」ってことだから
こういう作品をそうジャンル分けしてるわけだから
いいとしよう、みたいな見方でしたよ。
それが
はっきり「演劇作品」などというジャンルにしてしまったら
よけい文句を言いそうですよ。

ま、今回は見に行かないからいいけど。
見にいかないのに文句を言ってはいけないわけで。
DVDになるのを楽しみにしています。


とはいえ、けなしてばかりいないでですね
推薦もしておきましょう(笑)
小林さんに加えて、久ヶ沢のアニキ、竹井さん、オレンヂくん改め・・・なんだっけ(爆)
ああ、辻本耕志くん
魅力的な俳優陣です。
音楽は徳澤青弦さん。  衣装は伊賀ちゃん
相変わらずの強力布陣ですね。

あとは賢太郎さんの脚本の出来によr・・・・・・・


小林賢太郎演劇公演 「ロールシャッハ」は、明日10月6日〜、下北沢本多劇場にて!
その後全国を回ります。
追記にて、賢太郎さんのメッセージより、
作品のあらすじみたいなものについてを抜き書き。


 

『ロールシャッハ』というタイトルは、
心理学で用いられる " ロールシャッハ・テスト " からつけました。
インクの染みによって描かれた偶然の形。
これが中心線をさかいに左右対称になっています。
その図柄は人によって、またその人の心理状態によって解釈が変わる、
というものです。
私たちの生活の中にも「人によって解釈が違うこと」って沢山あります。
ときには同じ事実なのに真反対に解釈されることも。
それはまるで線対称の図柄の右と左のように。
答えが一つじゃない場合、どっちも正解ってこともあるわけですから、
コミュニケーションが不足すると矛盾や対立が生まれたりします。

それは遠い遠い、もしかしたらもの凄く近い、
どこかの世界のどこかの国の、ある「作戦」の物語。

登場人物は見た目も中身もまったく違うタイプの4人。
何が起こっても解釈は全員バラバラ。
そんな4人がひとつのことを協力して成し遂げなければなりません。
当然「すっ」とはいきません。
はたして「作戦」は成功?失敗?それとも…。

こんなとこです。
あまりにもざっくばらんな予告。
基本的に僕の作品には予備知識がいりませんから、安心していらっしゃって。
劇場の客席に座ってリラックスしてれば、
丁寧に『ロールシャッハ』の世界へとエスコートします。


              ―――以上、HP『小林賢太郎のしごと』 messageより抜粋。



| ラーメンズっぽい話 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH