<< いざ! イムズ!! | main | 「孤高のメス」舞台挨拶レポ  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「孤高のメス」試写会
JUGEMテーマ:邦画

100501_1538~02.jpg
行ってきましたよ!
これは、試写会に行くとあるポスター。
かっこいいですねっ(≧∇≦)


とても良い映画でした。

いろんな見方ができる映画だと思うんです。
医者、看護婦、患者、患者の母、働く女性、田舎の病院(施設)に勤める人…

私は働く女性目線が一番共感。(私は仕事はしてないけど、主婦も働く女性という意味で)
当麻先生に出会って、看護婦の中村さんは人生が変わるんだけど、
真っ直ぐな生き方って、周りの人を変える力を持ってるんだな、
人一人の力や影響力ってすごいんだな、と。
自分もその可能性があると思うと、
なんか一生懸命生きてみよう!って思った。

ちょっと説明がおかしいので追記を。
働いてたり、主婦でもそうだけど
たいへんな職場、たいへんな同僚、たいへんなご近所さんとかいて
気が滅入ることも多いじゃないですか。
中村看護士もそうだったのが、
当麻先生に出会って、本当に劇的に人生が変わるわけですよ。
当麻先生は、すごく偉ぶってたり口が上手だったりするわけじゃない、
圧倒的な能力と信念を持っていて、ただまっすぐに医療に取り組んでいるだけ。
だけど周りを変えていく。
中村看護士はそんな人に出会えて、人生が180度変わって、どれほど幸せだったか。
かなうことなら、私も当麻先生みたいに真摯にしっかり生きることで
周りも、そんな生き方っていいなと思ってくれるような
そんな人間になれたらすばらしいな・・・と。
周りの人がどうこうじゃない、自分自身が
そんな人間を目指して、一生懸命生きていけたらな、生きていきたいな、と
思ったことでありました。


あと、母目線はつらすぎたので、心に蓋を。

手術シーンは、評判通り
メチャメチャ素晴らしかった!!!
見た人みんながびっくりするに違いないよ。

本当に、どの年代にも楽しめる映画です。
暗い、重いばかりではないです。面白くて笑えたりもしますよ。
成島監督の脚本、とてもいいと思います。
本当に丁寧に作られているのが、よくわかります。

ぜひ皆さん、見に行って下さい!!



舞台挨拶については後ほど…
| 演劇以外のコトの感想 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH