<< 梅雨の中休み | main | うわっ!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Tatsuki Archive (ソチ五輪団体戦FS)
JUGEMテーマ:町田樹

今日であの引退発表から6ヶ月なんですってね。
なんだかめくるめく感じで過ぎて行ったけど、私にとってはとても長かった気がする。



おととい。夜中に針仕事をしていて、眠くなりそうだったので、
なにかまっちーの演技でも流しながらやろうと思い、
最近見ていないものを・・・と思って、偶然HDDの中にあったソチ団体戦のフリーを見た。


まっちーは団体戦の男子フリーに選ばれた。
ショートはゆづる君。
あともう一人、男子選手は大ちゃんがいたんだけど、団体戦には大ちゃんではなくまっちーが選ばれた。
日程的に、団体戦フリーを滑ると、そのすぐ数日後に男子個人戦があるので
疲労などを考慮し気の毒がる報道もあったけれど
私は、あれほど望んでやって来たオリンピックで、個人戦以外にもう1回滑らせてもらえるのだから
きっとまっちーは喜んでいるんじゃないかなと(勝手に)思っていた。
また、個人戦前に一度プログラムを滑れるというのも、良い経験だと思ったし。

団体戦のショートでは、ゆづる君がものすごい点数を出して、プルシェンコまで押さえて1位に立った。
その後、ペアやダンスを経て、日本の順位は下がって行った。
まっちーが滑る時にはたしか、もう金メダルは無理そうだったけれど
表彰台はまだ可能性がある、くらいの状態じゃなかったかな。

まっちーはプルシェンコの後だった。
ジェーニャはものすごい観客の声援を受け、高い点数を出した。
(正直、ちょっと出すぎ? 観客の声援分上乗せ?と思わないでもなかった)

その熱狂の後の、まっちーの演技。





 
ソチの映像はYouTubeには上がっていないんですが
探せばあることはあります。見ていない方はどうぞ探してご覧になってください(^^;)



この時はまだ演技前の準備が1分間あって、
まっちーはそれをギリギリまで使って準備。
(後で、50秒過ぎくらいまで使ったので、仲間が心配したようだ、とか言ってました)

最初のポーズにつくと、拍手が湧き起ります。日本の応援団だったのでしょうかね。
この拍手を聞くと、私もうれしくなります。

演技は、過去記事にもあるのですが、最初本当に硬くて。
今見返しても、本当に顔が固まっています。
中盤を過ぎるくらいまでずっと同じ顔(笑) 目線も下を向きがちです。

それがですよ。
後半に入って3Aを跳び、その後3Lzを決めます。
その後審判席側に向かって来て、ショートサイドコーナーからロングサイドに入る瞬間に
不敵に笑いだすのですよ。

150629_1605~01.jpg
ここがかっこよくて!
そこからは少し表情も表現力も出て来ます。
最後の3-2-2 が 3-2-1 になってしまい、「あちゃー」な顔をするんですが
今見ると、あちゃーな顔が出るくらい平常心を取り戻していたのかもしれません。
その後もやや微笑みながらも、時折苦痛に顔をゆがめて、ラストまで踊りきります。
フィニッシュポーズは、すごい勢いで羽根を広げてみせました。

150629_1607~01.jpg  150629_1608~02.jpg
ためて・・・・ ぶわぁっ!!

真一文字に結んだ口。全然ハァハァとかしていない。
解説のの本田先生も言っていましたが、後半になってもスピードも落ちず
まだまだ滑れるという感じさえするほどの気迫でした。

そしてお辞儀が、とてもうれしそうで。
まず審判側に、片手ずつ手を広げてたっぷりとお辞儀をします。(この時の顔はわからない)
そして反対を向き、観客に向かってお辞儀をするのに、顔がアップになりますが
本当にうれしそうな顔をしているんですよね。
150629_1612~01.jpg
ようやくソチで・・・夢に見た舞台で、演技をした実感が湧いたのかなぁ。よくわかりませんが
とにかくとても幸せそうな良い顔です。

点数は、ケヴィン・レイノルズ君に少し及ばず、3位。
(チャッキー、出ていたんだよね〜 ;;)
その後のインタビューを見ても、個人戦への意気込みを聞いても
本気でジェーニャを倒す、メダルを獲る、という気持ちを持っていたのだなと思いますし
本当に強い強い気持ちで、オリンピックに臨んでいたのだなと感じられます。
強い人だなぁ。


ソチの演技は、個人戦はつらくて実はほとんど見返せないのですが
団体の「火の鳥」はよく見返します。雄々しく、カッコイイと思います。



ソチで戦った後、「自分は世界選手権でメダルが獲れる選手だとわかった」と発言。
まだまだ伸びしろがあると自覚し
大西先生も驚くほどに練習し、進化して、
あの世界選手権での銀メダルに。


さらに、世界選手権の後のインタビューではこのように言っています。
http://sports.yahoo.co.jp/sports/figureskate/all/1314/columndtl/201403300006-spnavi

「来シーズンの僕は最終的には、直感ですけど今の僕を軽く超えています。
(どう超えているのか?)まあ、たぶん見てもらえれば分かると思います。それに点数も付いてきたらうれしいですね。
たぶん皆さんも『去年までとは別人だな』と思ってもらえるような作品ができると強く確信しています。」



これを当時読んだ時には、
世界選手権まででも別人のようになってしまっていたのだから
これ以上どうなるというんだ?というくらい、その先の進化は想像できませんでした。

だけど、「来シーズンの最終的な僕」・・・イコール、「継ぐ者」でありますが
おっしゃる通り、それまでの彼を軽く超えてしまっていた。
「幻想曲」「第九」でも驚くほど変わったけれど、「継ぐ者」でさらにそれを超えた。
(点数は、もうつけてもらえなかったけれどね 笑)

こうして振り返ると、見えていたんだな・・・と思いますね。
彼には、この先自分がどうなるかが見えていて
その道筋を一歩一歩着実に進んで、望む姿への変貌を遂げた。
私などには想像もできなかった姿が
すでに昨年の世界選手権の頃には、彼自身には見えていたのかもしれません。
なんだか・・・怖いくらいです。


今、彼にはどんな未来の自分の姿が、見えているのかなあ。



  *   *   *

こんな風に、時々昔の演技を見返したりした時に
「アーカイブ」として感想を記しておこうと思います。
当時リアルタイムで見たのとは、少し違う視点で見られそうな気もするので、
それもおもしろいかなと。



 
| フィギュアスケート | 15:35 | comments(25) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:35 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。
今日は仕事がお休みで、家事なんかをしてました。
スケートの今シーズンも大晦日に向けてツィートでも総括みたいなものも流れてますが、(私のTL上はほとんど町田君関連ですが(*'▽')

私は町田君はバンクーバー前の全日本からの4年間にいろいろと集約していたのではないかと勝手に思いをはせていました。
町田君が前にカッティングエッジでソチまでの4年間単位で競技の区切りをつけたいと言っていたし。
町田君の中で自分自身をどう飛翔させるか葛藤していたと思うし。個人的にはむちゃくちゃ普通の感覚を持った、一人の男性だと思っています。
なかなか九州で町田君を生で見られることはないけど、少しでも有意義な学生生活を過ごしてほしいと思います。
| わらびー | 2015/06/29 4:23 PM |
こんにちは。観世さん、私はまだ動画はオリンピックや最後の全日本の演技は冷静に見ることができないです。半年たったらよけいに悲しくなって涙もろくなってしまいました。今は継ぐ者だけを見ています。彼のいたシーズンが終わってしまうのが悲しいです。いつか表に出てきたら町田くん引退の真相を語るのでしょうか?それまで絶対忘れてなんかやらないよ。
| まるちゃん | 2015/06/29 5:10 PM |
こんにちは〜!
ソチの団体戦フリーのまっちーですか…当時フィギュアに興味はあったものの、なんとなく流し見程度の見方だった自分にバックドロップしてやりたい…!!(笑)
その人はあと一年も見られないんだぞー!と。(ホント私のバカ…涙)
まっちーを認識したのはソチのエキシのドンストいう王道なんですが、それでも、まだ沼には落ちて無かったし。
今思い出してみると、無自覚だった自分に対する悔しさしかない…
こんな風に備忘録?のように書いて下さるのは、その後のことを考えると辛い気持ちもありますが、うれしくもあったりします。
今思うと…的なインタビューもあったりするんでしょうね。
当時のまっちーはどこまで考えていたんでしょうか?

ところで、針仕事の眠気覚ましに?流し見されていたようですが、針仕事ははかどりましたか?(見入っちゃって進まなかったんじゃ?笑)
| めーやん | 2015/06/29 6:08 PM |
観世さんこんにちわ アーカイブ、面白い試みですね。試合の時はどきどきが先行して、表情などまったく記憶になかったり、せっかく録画をとっても見返さなかったりするので。ソチは全部とってあるので、見返してみよう…。相変わらずおめでたい毎日です。時々頭を冷やしに来たいと思うので、よろしくお願いします(*^^*ゞ
| よのにょ | 2015/06/29 6:22 PM |
> わらびー さま

こんばんは〜!
そうですね、バンクーバーは補欠になったんですよね。そこでオリンピックを具体的に意識したとか。
でも最初の2年は、自分の弱さに克てなかったですもんね。
全日本9位で奮起したこと、大西先生に出会ったこと、ミルズ先生に振り付けてもらったこと、
それらを得て、自分がこの先どう「なれる」かが見えてきたんじゃないかなぁ。
そしてそれを具現化した、超人的な努力。

私も、まっちーは基本、普通の人だと思います。タレントとかにはなれない人。
だけど普通の人があそこまでやれないのも事実。
普通の人が、燃え上がるような2年間?3年間?を見せてくれて、また存在をひそめてしまうことに
翻弄されちゃってるワタクシでございます(^^;)
| 観世 | 2015/06/29 8:14 PM |
> まるちゃん さま

まるちゃんさんのような方もいますよねー。
私も、幻想曲と第九はまだキビシイかな(^^;)
それに、致命的な失敗をした演技も見返せないです。ソチのショートもそう。

少し前の作品で、成績が良かったものなら、なんかちょっと忘れちゃってる部分もあるので、見返せる気がします。
次に見たいなと思っているのは、2013スケアメの「火の鳥」。
SPはすばらしい「エデンの東」で、ガッツポーズと雄叫びが出たのは覚えているんだけど
FSでどんな「火の鳥」だったかがよく思い出せなくて。
たしかこちらも良い演技だったはずなんですよ。
| 観世 | 2015/06/29 8:17 PM |
> めーやん さま

めーやんさんみたいな人もたくさんいますよねー(笑)
実は私も、応援はしていたけれど、ここまでのレベルの選手と思っていたかと考えると
本当にそう信じられたのは銀メダルを獲った2014世選。
だからそれ以前は、本当に失礼なんですが、見る意識が少し低かったと思うんですよね。
今、まっちーの素晴らしさを心底信じられる目線で、昔の演技を見てみたいっていうのもありましてね。

針仕事は、もちろん演技中は手が止まってしまったんですけど
見たおかげで目が覚めましたので、ちゃんとやり遂げることができましたー(^^)

| 観世 | 2015/06/29 8:21 PM |
> よのにょ さま

ねー、少し経ってから見ると、あの興奮のるつぼの時には見えなかったものが見えそうな気がして。
ゆづる君も、ソチではSPがすごかったですもんね。(団体・個人とも)
一体なにがそんなにすごかったのか、実はよく覚えていない(笑)
こちらも見返してみたい気がします。
(あの、ミスが多かったFSの方が印象に残っているんですよね〜、私。)

頭を冷やすだなんて。
私の方がよのにょさんの何倍ものぼせておりますから(汗)
でも激動のシーズンも終わり、少し落ち着けそうな気もしています。

| 観世 | 2015/06/29 8:26 PM |
こんにちは(^^)

アーカイブ、またまたとても興味深いコンテンツですね!

私、俄かファンなもので、ソチのまっちーはドンストが一番印象に残っていてほかは記憶としてはおぼろげなのです、すみません(^_^;)

でも団体戦のまっちーはとても立派だと感じたのを覚えています。何せプルシェンコの次、ものすごい会場の雰囲気の中で気持ちを落ち着かせるなんて至難の業。オリンピックでの初めての演技をそんな中で立派にやり遂げたのではないかと感心しました。(そのころはまだその程度と言えばその程度の感想)

今思えばリアルタイムでソチのまっちーをもっと真剣に観ておくべきだったと悔やんでいます(T_T)
写真のまっちーの笑顔、観世さんの仰るとおりとても幸せそう!いい顔してる!

次はどの演技でしょうか?楽しみにしてますね〜。
| 三毛猫 | 2015/06/29 8:29 PM |
観世さん、皆さまこんばんは。素敵な企画をありがとうございます!アーカイブ…いいですね〜☆
どうも最近、なぜなのか町田さんの演技を見ようとすると、9割がた幻想曲で、火の鳥は暫く見返せていませんでした。ですのでより新鮮な気持ちで記事拝見しました!

ソチ五輪団体戦といえば、普通に仕事に行かなければいけない月曜の朝だったので、一日やり終えて自宅に戻るまでは、決して休憩時間に携帯でネット検索しないとか、オリンピックの話をしている人の傍に近づないとか、あれこれ画策して情報断ちしたことを思い出します。(結果を知っていたら、そんなことしなくても良かったのに!という感じですが…)

初オリンピックで冒頭の4回転をズバッと決めたあの迫力、本当に忘れられません。今となっては羽生くんがいますからもう目立たない記録なのですが、日本人で五輪で4回転を認定された選手は、ほとんどいないみたいです。

当時はSPの3Lzの悲劇の原因が、この団体戦のFSでの疲れによるものではないかと、とても複雑な気持ちがしていました。
でもこうして観世さんの記事を拝見して、滑り終えた直後の町田さんが本当に嬉しそうな表情をしていたことを思ったら、それはそれ、これはこれなのだと。今さらながらそう思えました。
町田さんが多くの壁を乗り越え、決死の努力で手にした五輪への切符、その大舞台に立ち充分に及第点と思える演技を、まさしく「世界全国」のオーディエンスの皆様にお届けできたこと。
そのことが、町田さんにはどれほど嬉しかったことか。

プルさんの棄権などもあったので、オリンピックでFSを滑ったのはこの世で(?)ただ3人しかいない!いま思うとそれもまた凄く貴重なことだなあと思ったりします。(遥か昔、団体戦がなければ…)
ぜひ2013年のスケアメ火の鳥、また見てください。町田さん史上最高の「鳥お辞儀」がもれなく(?!)ついてます!!
| mintblue | 2015/06/29 9:54 PM |
たびたびすみません!!
先ほどのコメント、「プルさんの棄権などもあったので、オリンピックでFSを滑ったのはこの世で(?)ただ3人しかいない!」となってしまっていますが、「オリンピックでFSを2回滑ったのはこの世で(?)ただ3人しかいない!」と書きたかったのです;
失礼いたしました…
| mintblue | 2015/06/29 9:59 PM |
観世さん 皆さま
こんばんは〜
アーカイブいいですね!

ソチの団体戦はなぜかハードディスクから消えてしまって…
観ることができません。
緊張と喜びが交互に現れたあの演技
そうそう!雄々しくて、素敵でした。
最後の心のこもった羽ばたきfinishはとても印象的で覚えています。

自分まで、とてつもなく緊張しました。
私が緊張しても全く意味ないですけどね。

好きな選手がオリンピックに出場する!
ワクワクしながら深夜に起きて待ってる!
なんて経験が初めてだったので
(スポーツに大して興味がないので今後もなかなかないと思います)
なんだか新鮮で嬉しかったのを覚えています。

観世さんは、ソチの個人戦は見返せなんですね。
私もショートは辛くて、見返せませんが
特にルッツに失敗した後のステップが辛すぎる。><

フリーの火の鳥は、良く観ますよ〜
本田さんが後からどんどん力が湧いてくるような演技
って解説してましたが、本当に湧いてくるようでした。
泥臭いと、ご本人はおっしゃってましたけど、
私はそんなところも好きです。

好きで何度も観てしまう演技、
辛くて見返せない演技、、
崇高すぎて迂闊に見返せない演技、、ありますよねぇ。

次のレビューはどの演技かな・・・楽しみです♪
| toko | 2015/06/29 10:23 PM |
観世さんこんばんは
PIW東京までのまっちー日照りの中、観世さんの樹アーカイブはオアシスのようでした。
なにせとんでもないニワカなのでオリンピックの時はフィギュアスケートみてませんでしたし^^;
20年にも及ぶ選手生活を彼は自分の力をだしきって走り抜いたんですよね。人間として尊敬します。
大西コーチのインタビューでもオリンピック前が辛かったとのことですが、団体戦(プル様のあとなんて誰も滑りたくないですよね^^;)はどれほど彼にプレッシャーを与えたのか想像もつきません。
今でも「なんで引退したんだよ〜」と身勝手に嘆いていますが、まっちーのこれまでの競技生活を想うと本当にお疲れ様と言いたい気持ちになります。
そして新たな道を爆走しているであろう彼を陰からこっそり応援したいです。

観世さん素敵なオアシスをありがとうございます!
| 結花 | 2015/06/29 11:05 PM |
半年ですか〜
極北やら祝祭やら、嵐のような半年だったような。
いよいよ今月いっぱいで町田選手がいた最後のシーズンが終わっちゃうと思うと、感無量です。

このところ、2013〜2015年の映像をずっとリピートしてました。
バンクーバーの補欠の一位になった時、絶対にソチに行って欲しい!ってすごく思ったので、ソチでの演技を観られたのは本当に嬉しかったです。
個人戦はもうあと一歩だったけど、しっかりワールドの銀にも繋げたし、しっかりいろいろ学んでいたんだなっていうのが後になってどんどん分かってくるのも嬉しい。
あの自信なさげで弱っちい男の子(←あえてこう言うw)が、こんなに強靭な男性に成長して夢を叶えて、おばちゃんは嬉しいよ!って、どんだけ嬉しいんだ^^;;

今シーズンが終わると思うと、沼底でもっとめそめそするんじゃないかと思ってたんですよ。
樹くんはジュニアの頃から応援してたので8年くらいみてきてて、いるのが当たり前っていう感覚だったし。
でも、いろいろ見返していると、ものすごーくたくさんのものを貰っていたのを改めて感じて、感謝の念しか出てこなくて、すっかり幸せになってしまって。
本当に良いファン人生でした。もちろん、これからもずーっと、ファンです!(誇らかに宣言)
・・・何だか大晦日イブのせいか、浮足立ってますね〜失礼しました^^;

アーカイブ、宝箱を時々そっと開けてみるような感じで良いですね。楽しみにしてます♪
| 睡蓮 | 2015/06/29 11:40 PM |
ソチは何故か団体戦に興味薄な上、特に男子は
大ちゃん出れて良かったね〜
羽生さんどうなる事やらね〜→へ〜ホントに金取っちゃった〜
町田さんマスコミ扱い悪いし髪型イマイチだけど頑張れ〜→やだ〜EX一番良かったよ〜
と、非常に非情な心持ちだった為、最近になって検索したらまっちー結構応援されてたんですね!
(そりゃそうでしょ〜ゴメンなさい^_^確かこどもの入試と被ってた様な)
皆さんご存知でしょうが、ほぼ日刊イトイ新聞が面白かったです!
手羽先、手羽元、胸肉!
そんな風に応援されてたなんて…出遅れた。もっと早くまっちーの火の鳥の魅力に気づいていたら…
| ゆう | 2015/06/29 11:56 PM |
観世様、皆様、こんばんは。素敵な企画ですね^^

ソチフリーの団体戦、ドキドキしながらテレビの前でリアルタイムで応援していたときを思い出しました。プルシェンコの後で歓声がすごくて、大西先生の言葉もよく聞こえなかったと後で取材で答えていたような。世界選手権のような舞台を経験してなくていきなり五輪、それも最終滑走でプルシェンコの後、普通の男子選手ならびびって帰りそうです(あ、このまま帰ろうかと思ったって後で言ってましたっけ^^;)

団体戦では応援席や、日本人選手のキスクラでかわいらしい姿がけっこう見られましたよね。団体戦参加は大変だったと思いますが、引退してしまった今となっては、イベント運営などでいろいろ学んできたのかなあとは思います。

私が樹くんに魅かれるのは、彼の人間性や芸術性などはもちろんですが、あのすさまじい努力です。ゲームに夢中でスケート靴を忘れていったこともあったのに、自分からゲームを処分したエピソードもありましたね。でも、スケートの練習に行くのにゲームだけ持ってきた樹少年に対して、弥生お母様はどう対処したのでしょう〜? 機会があれば、お母様に子育てについてお聞きしたいことがいろいろです。

観世さん、“ボランティア”の件、あたたかいお言葉ありがとうございました。うれしかったです。
| シェリー | 2015/06/30 12:39 AM |
おはようございます。通勤の電車内からです。ツイッター上で町田くんの写真をたくさんアップしてた町田樹写真館さんが今日でやめるそうです。他にも何人かのかたがやめるみたいです。ショックだよ。
| まるちゃん | 2015/06/30 7:31 AM |
あっ、町田記事!
いいですね、あの日あの時の先を今語るのは。当時を思い出します。

この時ゆづくんは大丈夫な気がしていたので、町田くんの応援に集中しました。
リアルタイムで見ていて、ロシアのリンクで団体でジェーニャの次かよ!
大丈夫〜〜?!と思って、もう手なんか組んで祈りながら見ていました。
そうなんです。前半は表情も動きも硬くって、後半に解放されて。
確かスタートポジションにつくまでギリギリ時間を使うんですよね。
後で「一番弱い自分が出てきた」とか言ってましたね。

立派でした、町田くん。この過酷な状況でちゃんと勝ちに行ってました。
全日本で2位となり、よっしゃー!と思って応援していたのですが、そうなんです。
失礼ながら私も、あれっ、町田くんて凄い?と初めて意識した瞬間でした。
オリンピックで化ける人がいるんですけど、まさにそれ。
1.5点差でメダルに届いていたかもしれない試合。
そのタラレバはハビエルくんや他の選手にも当てはまるのですが、けど堂々の5位。

全日本の前くらいから、周りの人に町田くんて選手が凄いよ強いよと言いふらして
軽く見てくれた人全員に、町田くん惜しかったね、頑張ったね、彼はいいねと言ってもらったり
町田くんて誰?と聞いた人にはこんこんと町田演技の魅力を語り...楽しかったです。

明日の7月1日を前に、Twitter上で結構な人数の沼民を見送りました。
会うは別れの始まりとは言いますが、切なく寂しい気分になりました。
けど、独り独りフィギュアスケートの楽しみ方は違うのだからと思い直しました。

ソチ団体男子FPは、間違いなく町田樹選手の最終進化の始まりの瞬間でした。
| かな | 2015/06/30 8:58 AM |
皆様、おはようございます!
たくさんのコメントいただけてびっくりです。
アーカイブは不定期ですけど、時々書いていきたいと思います。

毎度すみません、まとめてお返事させていただきます。



> 三毛猫 さま

ソチのまっちーは、やはり大ちゃんやゆづる君ほどは取り上げられませんでしたし、
語録は強気でしたけど、実績という面では信頼もイマイチだったかもしれません。
そんな中で、あれだけの大役を果たしたのです。本人はどれほど高い志を持っていたかと思うと、少々軽く見ていた自分が申し訳なくなるんですよね〜。
だけど、当時の三毛猫さんが「立派だと思った」と伺って、うれしくなりました(^^)


> mintblue さま

たしかに! ソチでFPを2回も滑ったのは3人だけなんですね!
まっちーはそういう特別な記録を、実はけっこう持ってるんじゃないかしら。
世界選手権初出場銀メダルだって、すごい記録ですよね。(他に誰かいましたっけ?)
トップでの活躍時期が短いから幻みたいですけど、すごい記録を残してるスケーターなんですよね〜!
2013火の鳥は、最高にトリトリしいお辞儀の方じゃなくて(あれはSPがFUYAだった2012スケアメでは?)
SPが「エデンの東」だった時の方ですよ。
あの時は・・・どんなおじぎでしたっけ? それもよく覚えていないワタクシ(^^;)
今度見ますから、一緒に復習しましょうっ!


> toko さま

ソチの個人フリーは、テン君を少しでも上回って欲しいと祈りながら点数を見て、
届かなかったから本当に悔しくて。
その思い出が強くて、実はあまりどんな演技だったか覚えていないんですよね、火の鳥(^^;)
あれもまたいつか、じっくり見返してみよう。
その他に私が見られないのは、2013グランプリファイナル福岡のSP。2012全日本の演技(9位だったやつ)。
あと、ゆづる君の中国杯フリー(笑)


> 結花 さま

オリンピックでフィギュアを見ていなかった!!?(@ @)
それはすごい。むしろその後ここまでファンになったことがすごい(笑)
もしどこかで映像が見られるようでしたら、まっちー一人ではなくて全部の選手を見て、試合全体の流れを見て欲しいと思います。
あの異様な雰囲気が伝わってくると、まっちーの頑張りがさらに胸を打ちます。
ただ・・・ソチの映像って規制が厳しいのか、なかなか無いんですよね・・・。


> 睡蓮 さま

睡蓮さんは長く町田ファンをしていらしたのですね。
古参のファンのかたの方が、ロス感は少ないというか、
彼への感謝や、前途を祝福する感が強いように思います。さすがです。
ニワカはあきらめが悪くていけませんね(笑 私含む)
そんな私ですけど、本当にたくさんのものをまっちーから受け取りました。
こんなに私に影響を与えたスポーツ選手は初めてです。感謝しています。
これからの彼の歩みも楽しみですし、
まだまだ演技もしてくれると信じて待ちたいと思います。


| 観世 | 2015/06/30 10:38 AM |
> ゆう さま

うーん、ソチの髪型はねー、ちょっと残念でしたねー。
同じ髪型でも、世界選手権の時くらいが良かったんだけど、伸び具合が。
日刊イトイ新聞の記事、私知りません!
そんなこと書いてあったんですか? 探してみよう!!
イトイさん、今のまっちーと対談してくれないかな。イトイさんならまっちーも良さそうじゃない?
KENJIの部屋には出ないと思うけどさ。


> シェリー さま

オリンピックでの試合以外のまっちーは、たいへんかわいらしゅうございました。
応援もですし、女子の試合で本を読む様子、閉会式に入ってくる時のはしゃぎっぷり、でも席に着くなりトイレ(?)に立っちゃう様子、
その他、UPされた動画や写真でもかわいかったですね。
たくさんのことを学び、楽しいこともたくさんあった、貴重ですばらしい機会だったのでしょうね。
私もまっちーの努力する姿を、心底尊敬します。あの努力は「普通の男の子」にはできないです。だから特別なんですよね。
まっちーに本を出してもらうとしたら、私はどんな努力をどれほどしたかを書いてほしいです。きっと信じられないような内容を目にすることになるんじゃないかしら。
そしてまた、それを読んで泣くんだわ、私(笑)


> かな さま

本当に、あの頃はやはり認知度が低かったですよね。(私たちもです)
こんなすごいスケーターだったんだと心から思えたと思ったら、すぐ引退。
それも残念で思いきれない一因ですね、私なんかは。
トップでもう1年位活躍して、不動の評価を手にして欲しかったなぁ・・・。
ま、そんなものまっちーには要らなかったんでしょうけど。
でも、ソチで注目を集めた後にさらに進化した、さらに高い所へ登って行ったのは、これまたものすごいことですよね。
だって普通、オリンピックが最高で、満足しちゃうものですよ。
そこもすごいんだよな〜、まっちー。普通の男の子じゃないんだよな〜〜。


| 観世 | 2015/06/30 10:51 AM |
> まるちゃん さま

そうですか、写真館さんも。
(まるちゃんさん、写真館引き継いだら? 笑)
この前、町田樹botさんも引退されましたよね。
皆さん、気持ちの持ち方に区切りをつけるのでしょうね。
でも応援をやめるわけではないと思いますよ。
また、何かでまっちーが出て来た時・・・たとえば新作を発表したとか、研究発表が公式サイトに載ったとか
そういうときにはうわぁっ!と盛り上がるんじゃないかしら。
それはそれで楽しみな気がします。
とりあえず、PIW東京の時には、また情報がたくさん上がりますよ。

うちは、派手にではないし、情報も遅いですけど
細く長く応援していきますので(笑)いつでもなんでも呟いて行かれてください。

| 観世 | 2015/06/30 10:55 AM |
こんにちは

随分昔のようですがまだ去年のことなんですよね。硬い表情ばかり思い出してほとんど見返していないのですが、ほんとにいい顔してますね。今思うとオリンピックという短い期間でさえ(団体戦FSだけでも)凄いジェットコースターに乗ってたんですね。私もよく振り落とされずに今日まで来ました(笑)
オリンピックで思った通りの結果は残せなかったかもしれないけど、結果以上のインパクトを色んな人に残したんだなと思いながら沢山のコメントを読ませていただきました。

| のどあめ | 2015/06/30 11:36 AM |
こんにちは
昨日は名残惜しげにきららさんのブログをにいって世界選手権後のインタビューを読んだら観世さんも!で、「来シーズンの僕は最終的には直感ですけど今の僕を軽く超えています。」に改めて凄いなって。この時には「継ぐ者」曲も決めて振付も考えていたのだろうか。観世さんのおっしゃる通り、彼自身には見えていたのかと、、、。
 今日地元の百貨店で時間調整の為本屋でフィギュア本見たりフラフラしていたら絵のコーナーに「風色の天使」があって一瞬うろたえてしまいました。お母様が樹に似ていると言った可愛いぶたさんと樹くんが重なりなんだか泣きそうになりそそくさとその場から立ち去ってしまいあきらかに挙動不審な人間でした。(笑)ちなみにお値段は17000円位でした。今シーズン最後の日に「天使」に会えた事、嬉しいよりもなんか別な感動というか胸がいっぱいになりました。
| 恵子 | 2015/06/30 2:55 PM |
> のどあめ さま

本当にこの1〜2年のことは、5〜6年かかったかのような錯覚を覚えてしまいます。
かつてこんなに劇的に変化して、世界トップの成績を出して、突然消えた選手なんていませんよね。
インパクトは本当に、フィギュア史にも残ると言ってもいいくらいですよ。
最近はこんないい顔をあまり見ていない気がします。引退の時が一番すがすがしくていい顔だったかな。
ショーの時にもいい顔見せて欲しいですよね!!

| 観世 | 2015/07/02 4:19 PM |
> 恵子 さま

あのブタさん「風色の天使」っていうんですね。
こんど福岡に展示会が来るとめーやんさんに教えていただいたので、私も行って見てこようと思います。
あのブタがタツキに見えるのは、やはり母親ならではですよね。

17000円は払えないけど、ポストカードくらいなら、あったら買ってこようかな。

| 観世 | 2015/07/02 4:22 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanze.jugem.jp/trackback/2832
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH