<< 「継ぐ者」アナトミア (6) | main | いっぱいある!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
好きつら党の小部屋 #21
JUGEMテーマ:町田樹


今日はプライベートでも気が重くなることがあったので、
ローテンションですよ。



きららさん 再見(サイチェン)。





 

許可なく記事にしてごめんなさい、きららさん。


コメントで、ブログ「きらきら雑記」さんが6月で閉鎖をすると、教えていただきました。

「きらきら雑記」はまっちーのファンブログで
3年以上前からまっちーを応援しているきららさんが管理人。
http://ameblo.jp/mitan326/

まっちーが引退を表明し、氷から去った時
ブログも同時に閉鎖・消去すると宣言されました。
けれど、記録として残しておいてほしいという読者の熱い要望によって
記事の更新は止まりましたが、ブログは消さずに残しておいてくれていました。
過去記事には、貴重なまっちーとの交流の記録や、
きららさんの真摯な目で見た演技評など、
大切な思い出となる文章が多く綴られていました。


今回、「継ぐ者」の公演を見て、ブログを閉鎖することを決心されたきららさん。
その「継ぐ者」を見ての感想が書かれているのを読んで、私は涙がこみあげてきました。


その時に樹さんは「今までにありがとう」そして「未来にありがとう」と
過去の自分や周りにサヨナラを伝えたかったのかなと思ってしまって。
当たり前だけど、もうファンではなくて傍観者でしかいられない自分が悲しくて寂しかった。
                  (きらきら雑記より)



きららさんは以前から潔い方で
まっちーのことも長く応援して来ていらっしゃるから、深く理解しておられて
その言葉はいつも謙虚で、時には厳しくて、まっすぐまっちーを信じて見つめているのがわかるものでした。

そのきららさんが『サヨナラ』を感じたということが、私にはショックでした。
きららさんがそう言うならそうなのかもしれない、と ふと思ってしまったら、涙が。


ただただ優しくて切なくて懐かしくて、でもやっぱりサヨナラって伝えてるんだ。
もうファンとして応援する事はないけれど、私がずっとスケートを好きでいられたら
スケーターとしての形ではないかもしれないけれど、いつかまたきっと出逢える。
そんな不思議な気持ちになりました。

                  (きらきら雑記より)


そう言われてみたら、どこかでそんな気がしていたのかもしれません。
「継ぐ者」を見た時の怖い感じ、遠くへ行ってしまう感じ、この世のものではない感じは
お別れを感じ取ってしまったから?
・・・・そう思うと、やめてやめてと心で叫んでいました。
これ以上どこかへ行かないで。
もうこれで滑らないだなんて言わないで。


きららさんは、そういうご自分の気持ちに正直に従い
過去としっかり決別する、過去記事も消すとおっしゃっています。
きららさんらしい。そして町田樹ファンの理想的な在り方だと思います。


私はそこまでまだ思いきれません。
コメントで書いて下さった人もいましたが、
まっちーを好きになって、さあこれから!という時に引退されてしまったニワカの身としては
まだとてもサヨナラを言う気にはなれません。
あと1つでも2つでも新しいプログラムを作ってくれる、どこかのショーで披露してくれる。
「継ぐ者」だって、きっと海外でも滑ってくれる。きっとたくさんの賞賛を浴びる。
そう信じたい。


私も正直、いつまでまっちーの記事を書いていられるかなと思うことがあります。
PIW東京が終わってしまって、もう姿も見かけることがなくなり、何の取材にも答えないのだとしたら
何を書いたらいいのか。
滑っていない、表現をしていないまっちーを、いつまでも応援し続けられるのか。
自分でもわかりません。
でも、きららさんのように、今サヨナラを言う決心はつかないので
もう少し、好きつら党の皆さんと一緒に、彼を見つめていたいと思っています。
記事は・・・・だんだん減るかもしれないけどね。



きららさん、ありがとうございました。
私をはじめ、多くの町田ファンの心の支えだったと思います。
また一つ、町田くんの足跡が消えてしまうのが淋しくてたまりませんが
きららさんらしい幕引きだと思います。
町田くん同様、かっこいいです。

町田くんがいつか、どこかに帰ってきたら、一緒に喜びましょうね。

再見、きららさん。 
今までありがとうございました。


 
| 好きつら党の小部屋 | 22:44 | comments(25) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:44 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんは。私もきららさんのブログ大好きでした。今年になってからは記事の更新はなかったけど…貴重な町田くんの記録なので残してほしかったです。毎日携帯やテレビで継ぐ者見ています。彼の演技はまだまだ見たい。10月のカーニバルオンアイス出てくれないかな。出るならチケット頑張って取ります。来年もプリンスだけは出てほしいな。そうして町田くんの世界観を理解したいよ。
| まるちゃん | 2015/06/24 11:10 PM |
連続してコメントすみません。
観世さんまで悲しいこと書かないで下さい(T△T)
もう泣いてしまいます。大泣きです。
きらきら雑記のきららさんの書かれるブログ大好きですが、
私はサヨナラだとは思っていません。

町田くんが引退して、一度きららさんが筆を置かれたとき、
未熟者ではあるけれど、代わりに私が町田くんが院を卒業して
皆の前に姿を表すまでブログを続けるぞ!と決意したものでした。
まぁ、あっと言う間にショー出演のニュースが出て
「あれっw?」という嬉しい肩すかしw
町田くんの意外性は本当にあなどれません!
きっと、観世さんも、きららさんも、
みんなが喜べる未来がくるって私も信じてます!
| クロミミ | 2015/06/24 11:13 PM |
観世さん みなさん こんばんは

実は今朝がた好きつら党員様から閉鎖の事を聞き泣きそうになりました
きららさんのブログは引退後、観世さんに教えて頂いて知ることができたのです
一番初めの記事から読み、町田さんがまだ世に知られていないころからのことがつづられていて本当に勉強になりましたし、その時の雰囲気も知ることができて、とても貴重なブログでした
去年のシーズン始まりくらいまで読んだところでいったん中断していたんですが、数日前たまたま「継ぐ者」を見て町田さんのファンになったという方と知り合い、きらきら雑感と観世さんのブログをおすすめしたんです

で私も続きを読もうと思って見たらすでに記事が削除されていて(まだ閉鎖の宣言はなかった)胸騒ぎがしたんですが本当に消してしまうとは…
競技者時代の町田さんを知らないファンもこれからたくさん増えてくると思うので、その意味ではどうしても残しておいてほしかった
私自身、競技者として苦しみながら成長していった町田さんの過去を知ることで今の町田さんを感じ取れる部分も少なからずあったので、本当に本当に残念としかいいようがありません
| はなたぶ | 2015/06/24 11:20 PM |
> まるちゃん さま

ホント、来年もPIWだけは出て欲しいですね。なんなら新横だけでもいいから。
CaOIも出てくれたらうれしいなあ。
きららさんの記録が消えてしまうの、本当に残念ですね(;;)
| 観世 | 2015/06/25 12:03 AM |
> クロミミ さま

やーん、ブログ開こうとしたんですか!
開いてくれたらよかったのに。

私はスケーター町田樹が好きなので、どんな形でも、どんなに回数が少なくてもいいので、ずっと滑っていて欲しいです。
お別れなんて、とても無理。極北逆戻りですよ。
彼は「表現者」だと思うので、表現をしないと死んでしまう人だと思うので(笑)
まだしばらくは滑ってくれると、強く信じております!


| 観世 | 2015/06/25 12:05 AM |
> はなたぶ さま

きららさんって、私の勝手な想像ですが
まっちーと似た率直さと頑固さがあるような気がします。
記事もすでに削除し始めたとのこと。決心は固いのだなと思います。
まっちーの引退同様、きっと止められません。
さびしいですね。

うちのブログは、ただ感情を綴っているだけで、キチンとした記録もなくて
とてもきららさんの代わりにはなりませんが
もうしばらくは、グダグダとまっちーのことを記していきたいと思っています。

| 観世 | 2015/06/25 12:10 AM |
きらきら雑記さんが閉鎖されると先日知って、観世さんにお伝えしなくては・・・と思いながら怖くて勇気が出なくて、ごめんなさい。私自身がとてもショックを受けていたようです。
今まであたたかく誠実に樹くんを見守ってこられたきららさんが演技からサヨナラを感じ、そしてご自身も潔く去られる。ほんとうにきららさんらしく、でもそれがとても寂しい。その中で希望のある言葉・・・再見と仰って下さいました。「またどこかでひょっこりと。」お会いしたいです。

それから、私は樹くんからのメッセージ...
皆様から応援頂くことを何よりの喜びにして、精進して参ります...
この言葉を素直にそのまま受け取って、これからも静かにあたたかく見守りたいです。彼が研究過程でできた作品を披露したい、誰かに見てもらいたいと思ったときは見てあげたい。拍手で応えたい。研究成果を受けとめてあげたい。
だから観世さん、まだまだ一緒に見ていましょうよ。今は学生だから露出は少ないけれど、将来のことはわかりませんもの。

それにしても久しぶりにガツンとやられました。も〜やだこの年末からあがったり下がったりする好きつら道(泣)
| mako | 2015/06/25 12:13 AM |
観世さん 皆さま

お久しぶりです!!
「きらきら雑記」様のブログ閉鎖のお知らせ、
大変、ショックです。

まっちーと同じで、ちょいちょいサインを出していた気がします・・。
だから、驚きではないですけど、でも、ショックは大きいです。

子供みたいにダダこねたくなってしまいます・・・。
待って、行かないで!置いていかないで!! って。。
切ないのは嫌いです。泣

きらら様のおっしゃる通り、
過去のアーカイヴは、まっちー自身がWEBサイト作ってくれたから…。
そこは救いですよね。くうぅ〜ケロヨシめっ!!

最近、Je te veuxにハマってます。。ちょっとホっとするからかな。
| toko | 2015/06/25 1:09 AM |
きららさま、とうとう記事も消してしまわれるのですね。ただただ寂しいです。眠れなくてここに来てしまいました。でも明日早いので頑張って寝ます。
私もまだここにお邪魔させてくださいね。よろしくお願いいたします
| のどあめ | 2015/06/25 1:34 AM |
おはようございます。
「きらきら雑記」さんが閉鎖されることをこちらへのコメントで知って大変驚きました。
引退後に自覚した「ニワカ中のニワカ」にとっては、まっちーのこれまでの歩みを知ることの出来る本当に貴重な場所でした。
きららさんの真摯で暖かい目線がすごく好きだっただけに、まさかこんなに突然閉鎖してしまわれるとは思いもよらず…まさに、まっちーファンの鑑のような潔さですね。
「演技からさよならを感じた…」とおっしゃっていて、きららさんがそう感じ取られたことがすごく寂しかったです。
私は、現役時代への頑なまでの線引きを感じましたが、まだまだきららさんのようには思い切れません。
PIW東京後の状況は全く分かりませんが、まっちーのこれからを見守っていきたいと思います。
あ、もしかして、観世さまが生で演技をご覧になったら、きららさんのように?または、違う面からのメッセージを感じ取って、気持ちにケリを付けてしまわれたりする…?(だとすれば、ぜひ見て頂きたいのにちょっと複雑かも?笑)
いつか…はあるのかもしれませんが、まだしばらくはこちらで「好きつら」を叫ばせて下さい。お願いします。
| めーやん | 2015/06/25 11:35 AM |
> mako さま

ホント、きついですね好きつら道。
このお年頃のご婦人には特に(^^;)

「皆様から応援頂くことを何よりの喜びにして、精進して参ります...」
そうですね、たしかにそう言っていました。
まっちーは立場をわきまえようとしているだけで
私たちを拒絶しているわけではありませんね。
そう信じて、私も応援していこうと思います。
何度も書きますが、私はスケーター町田樹が好きなので
研究やらなんやらもいいですが、なるべく長く滑っていて欲しいと願っていますし
滑り続ける限りは、応援し続けたいと思っています。

| 観世 | 2015/06/25 4:26 PM |
> toko さま

お久しぶりです〜。
そうですね、きららさんは何度かサインを出しておられたし、
その出し方もまっちーの歩みとシンクロするかのようなものでした。
ですから今回の閉鎖も、きららさんらしい、あのブログを閉じるには今のタイミングがふさわしい、と思えますが
それでも消えてしまうことが淋しくて残念でたまりません。

私は Je te veux 、楽譜を買ったのですが
時々思い出したように弾いていて、ようやく3分の1くらい弾けるようになりました(^^)

| 観世 | 2015/06/25 4:29 PM |
> のどあめ さま

昨晩は寝つけましたか?
まっちーに関するものが1つずつ消えていくのは、本当にやるせなく、
時間を止めてほしい、いやいっそ巻き戻してあの引退も撤回してほしい、などと
センチメンタルな気分になってしまいます。
梅雨で、空が暗いからかなぁ(笑)

私たちは往生際が悪いですけど(笑)もうちょっと好きつらしましょうね。



| 観世 | 2015/06/25 4:32 PM |
> めーやん さま

私はたぶん、生の演技を見たら余計に思いきれなくなるんじゃないでしょうか。
きららさんは何度も試合にもショーにも足を運び、調子の良し悪しまで見分けられるくらいで、まっちーの気持ちまで推し量れるほどの方ですが
私は生のまっちーの演技を見たら、ただ感激して未練たらたらになるんじゃないかと思いますよ。
・・・この先、ホントに見る機会があるんだろうか、ナマ演技(;;)

| 観世 | 2015/06/25 4:35 PM |
こんにちは
きららさんのブログ閉鎖に驚き何度も何度もきららさんの文章を読みました。きららさんの気持ち、、、何と言っていいか、ただただ寂しいです。
もう決めてしまった事ですので何を言っても仕方ないですが、私はDOIでは「今もこれからもずっと樹くんを応援しているよ」という気持ちで見守っていました。彼のスケートが、競技者の時も今のアイスショーでの演技もやっぱり大好きだからずっとファンでいたいです。彼はまだまだアイスショーには出る訳で、ファンとして応援しなくては可哀相じゃないですか。
観世さん、絶対に町田樹の生演技、観るときが来ますから、諦めないで!(真矢みきかっ)
| 恵子 | 2015/06/25 7:45 PM |
観世さま、皆さま、こんばんは。

きららさんのblogはまっちー引退のちょっと前に知って、
引退発表後も時間を見つけては過去記事を読んで勉強させて頂いていたので、
閉鎖はとても淋しいし残念です。まだ読み切れていないところもあるし、
私のような超ニワカとは全然違う視点なご意見も多く、とても勉強になっていたし、
また過去のいろんなエピソードを知ることも出来て嬉しかった。
最後の方のエントリーで、すっかり世界のトップの仲間入りをするまでに
成長した姿を見てきて、引退発表より前からblogやめようと思っていたということを
書かれていらしたので、今まで残していて下さっただけでも感謝しないと
いけないかなとも思っています。
でも、やっぱり貴重な記録、すぱっと閉鎖されてしまうのは残念。

淋しいのと、何だか複雑なのと、うまく気持ちがまとまらないのですが・・・
きららさんのように長く見て応援してこられた方は単純に羨ましいし、
あんな風にずっと暖かく見守って来られて、とても尊敬もしています。
あの潔さも凄いなと思いますが、私は往生際が悪くて、とてもあんな風にはできないし、
PIWやDOIでのまっちーの演技を見て、別にサヨナラと言われていると感じてもいません。

何か昨日はTwitter上でも、今のまっちーのファンとの距離の取り方とか
こちら側のファンとしての在り方とかがちょっと話題になっていたようで、
そんなファンの皆さんのそれぞれのスタンスなどを傍観しつつ、
うーむと唸っていたみたいなタイミングでもあり、いろいろ考えてしまいましたが・・・
結局、誰かのファンになって、愛し、応援する、その形はその人それぞれ。
決して自分と違う考え方を受け入れられないとかではなく、あくまで私は、
これからも自分のやり方でまっちーのことを想い、陰ながら見守り応援していくだけだな、
と、改めて思った次第です。
まっちーという存在に出会えたのは、もちろん彼がスケート選手だったからに他なりません。
恵子さまと同じく、競技でもショーでも彼のスケートが大好きだし、彼を通じて、より一層
スケートというもの自体にハマってもいます。でも気づいたら、私はどうやら町田樹という
人間そのものにすっかり惚れ込んでしまっているみたいなので、以前のコメントにも書かせて
頂きましたが、彼が好きなことを思う存分やって、幸せにしてくれていたら、それでいい。
私もmakoさまと同じく、オフィシャルの文面をそのまんま受け取っていて、
応援してもらうことは何よりの喜びで、お心も受け取ってくれると言ってくれてるんだから、
これからもいくらでも捧げていきたいと思います。
好きだから、応援したい気持ちを止めることなんてできないし!
それに、クロミミさまの仰るように、彼の意外性は侮れないどころか、その塊みたいな人だと
私は思っているし(笑)、観世さまも仰っている通り、あんなに「表現しなきゃ死んじゃう」
みたいな人だから(笑)、今後も絶対出て来ずにはいられない気がしています。
今はいろいろ線引きをきっちりし過ぎなくらいしてるけど、
実はしゃべりたくてうずうずしてる気もしないでもないし(笑)。

気づいたらまたダラダラとこんな長文に(汗)大変申し訳ありません!
そんなこんなんで、こうして「好きつら」を叫ばせて頂ける場を提供して下さっている
観世さまには、感謝してもし足りない私です。結局一番言いたかったのはコレだっ!
本当にありがとうございます!
| 亜樹 | 2015/06/25 9:34 PM |
こんばんは。

亜樹さんの書かれていたコメントにとても共感いたします。
町田君は本当に「表現」せずには生きていけない人だと、私も思います。
今までも本当に、町田君は一歩二歩どころじゃない、1キロくらい先を行っていて、私達ファンの、しかも彼をかなり深く知って想っているファンの方々でさえも想像のつかない様な世界を持って、現れてきてくれましたよね。
エデンも、第九も、継ぐ者も…

競技者を引退して、想像するととても悲しいですが、もしかしたら今後町田君自らが演技を披露する事は無くなるかもしれない…
私はそれを覚悟してして(←コレある意味かなり虚勢を張っていますが)、でもそれ以上に、私は町田君が今後みせてくれるであろう新しいフィギュアスケートの世界に期待しまくっています!
舞台芸術としてのフィギュアスケート…バレエやオペラとの融合、あるいは演劇やサーカスとのコラボなのか…常設の町田樹劇場リンクがあって、一年中美しいものをみせてくれるかもしれません。
想像するだけでワクワクします!

私の唯一の心配は、私がちゃんと町田君の世界を最後まで見届けられるか、ということです(笑)
だって息子と言っても良いくらいの年齢差なんですもん(笑)
世界で活躍するダンディ樹を、おばあちゃんになった私は目を細めて見ていたいです。
それまで元気に頑張らねば(笑)

すいません、かなり妄想の入った独り言コメントになってしまいました…
| ヒロウシ | 2015/06/25 11:05 PM |
> 恵子 さま

そうですね、応援してあげなきゃかわいそう!
応援を力にして頑張るまっちーですものね。
そして、ナマで見る時を諦めないでとのお言葉、うれしかったです!ありがとうございます。
信じて待ちたいと思います(^^)

まっちー! ずっと待ってるよ!!


| 観世 | 2015/06/25 11:41 PM |
観世様、皆様、こんばんは。

このところたてこんでなかなかおじゃまできず、クワドラプルのときにも参加しそびれてしまったのですが(ちゃんと買ってます!)、少しだけ。

私も公式サイトにある言葉を素直に受け取って、樹くんを自分のスタンスで応援し続けたいと思います。この夏で終わりなら、あれだけこだわり満載の公式サイト作ったり、そこに「アイスショーおよびテレビ放映等を通じ、」と記すかなあ?と。もうさんざんやきもきさせられたので(勝手にこちらがやきもきですが)、もう今後はひたすら待つのみです。

個人的には、PIW横浜は「初舞台を成功させる!アイスショーの新しい世界を開くこれが第一歩!」という意気込みを、DOIは「現役のようにスケートに時間は避けないからか本調子ではないけれど、本当にスケートが大好きなんだ」といったことを感じました。演技を見てどう受け取るかは本当に人それぞれ。どれが正しく、どれが間違っているとも言えませんよね。

観世さん、どうぞこれからもお気が向くまま小部屋お願いします!
| シェリー | 2015/06/25 11:52 PM |
> 亜樹 さま

心のこもった、すばらしいコメントをありがとうございました。

私もサヨナラと言われているようには感じませんでした。
ただきららさんの書かれたものを読んで、そう受け取る人もいるのだ、たしかにあの演技を見てそう思ってもおかしくない、と感じたら、とても悲しくなってしまったのです。
(ちょっと自分自身の気持ちも弱っていたせいもありまして ^^;)

私は堤さんのファンを20年以上やっていますが
堤さんと何かコンタクトを持てたことは一度もありません。
舞台の上以外のナマの堤さんを見た事すら、1度くらいしかありません。
彼からファンに向かって「応援ありがとう」なんて言われたことも、たぶんほとんどありません。
本当に何の見返りもなく、ただ好きだから、彼にたくさん力をもらえたから、ずっと応援してきました。
彼がその応援を裏切ることなく、苦しみながらもまっすぐぶれずに役者の道を進んで、実力派俳優になったことも、本当にうれしい。

まっちーに対しても同じです。
彼がなんのサービスもしてくれなくたって、
私はスケーターの彼が好きなのですから、すばらしいスケートを滑ってくれるだけで満足ですし
その生き方も大好きなので、自分の夢に向かって迷わず一心に進んで行ってくれさえすれば
それをいくらでも応援したいと思っています。
(でも、しゃべりたくてうずうずしていて、そのうちいーっぱいしゃべってくれたらいいなぁ!と、亜樹さんのコメントを読んで思いました! まっちーのトークもすごく魅力的ですもんね!)

亜樹さんのコメントを読んで、「そうそう!」と思いながら、元気をいただきました。
これからも、お心を捧げ続けなくちゃいけませんね!そうします!!

こちらこそ、皆さんのブログに力をもらったり、気づかせてもらったりすることばかりです。
ありがとうございますm(__)m
| 観世 | 2015/06/25 11:53 PM |
> ヒロウシ さま

本当にずいぶん先を走って行くまっちー。
この先も想像もつかないことをやってくれるのかもしれませんね!

そしてヒロウシさん、私も同じですよ、
「町田君の世界を最後まで見届けられるか」心配になってしまうんですよ。
最近急に、もし近いうちに(自分が)死んでしまったら、まっちーがこの先成し遂げることが見られない、なんて思って心配になったりするんですよ。
こんな感情は初めてです。自分よりずいぶん若い子を応援するということが初めてだからかもしれません。

だけど、ヒロウシさんの「世界で活躍するダンディ樹」にすごくウケてしまいました! なんか目に浮かぶようで(笑)
おばあちゃんになっても、そんな彼を見てワクワクできたら、幸せですよね!!

| 観世 | 2015/06/26 12:01 AM |
> シェリー さま

お久しぶりです!お忙しかったのですね。

そうですね、DOIは、スケート大好きなんだ、僕が心を込めて滑る姿を見て欲しい、という気持ちが感じられるような気がします。
ちょっと美しすぎて遠い感じも(私は)受けてしまいましたが
それでも何度もリピしてしまうのは、そんなまっちーを見て幸せだからだと思います。

変に悲しく捉えちゃいけませんね。
ちょっと自分が弱っていたのと、きららさんのブログ閉鎖とのショックで、悲しい気持ちになってしまっていました。

小部屋、また時々開きますので、遠慮なく愛を語りに来て下さい♪
私の熱さ(ウザさ?w)も、小部屋の時は2割増しになってると思います(笑)
| 観世 | 2015/06/26 12:07 AM |
観世さん、皆さまこんばんは。水曜、木曜とたてこんでいるうちに、すっかり出遅れてしまいました;
(観世さん、ここ数日本当にたいへんな思いをされたのですね…今朝すごく心配になりましたが、その後復調された!という記事拝見してほっとしました!でも心労重ならないよう、どうかご自愛くださいね。。)

きららさんのブログ、私も本当にお世話になりました。
訪問し始めたときは、町田さんの御親戚やご近所の方の知り合いなど、とても近しい処に居られる方なのかと思いました。
それくらい、全身全霊で町田さんを大切にし、それでいて決して盲目的でなく、時には愛ある厳しい言葉も発信されていて。
そんなきららさんが、町田さんの軌跡そのものを表すようなブログを閉鎖されるのは、本当に淋しいです。

観世さんも仰るように、私もきららさんと町田さんがとても似ていらっしゃるなと感じました。
愕然という言葉でも足りないくらい痛烈な引退から約半年間、本当にお辛かったと思います。それでも多くの人が訪れることができるよう、すぐに閉鎖せず暫くの猶予期間をくださった。
町田さんが、2014年の世界選手権で競技者としてもうほとんどのことをやり遂げたと考えながらも、「私なりの御礼の気持ちの一端としても、二つのプログラムを制作し、演じてきた」(最後の関大サイトでのメッセージ)、とういうその姿勢と、完全に重なってしまいました。(飛躍しすぎかもしれませんが…)

今だから勇気を出して白状してしまうと、私はPIWの初演で、決別を宣告されたような恐怖に陥りました。
何度も「畏怖」という言葉を使ってしまったのですが、少なくともそれまでの町田さんに、そんな気の遠くなるような言葉を思い浮かべたことはありませんでした。
それまで私が見ていた町田さんは、前に上に進むために、人間臭く必死に走りながら、誰よりも繊細で行き届いた美しい所作と力強い閃光のようなジャンプで、自身の世界を体現する生々しい至極のスケーター。それがあの継ぐ者の初演を見た時に、私の思いを遥かに超えすぎて完全に手の届かない天上人にでもなってしまったような、ものすごい喪失感がありました。

でもその翌日、2日おいて3回めと、心の準備をして町田さんの演技に臨むうちに、「怖」の思いは消えて、「慈愛」「崇高」といった、まだ自分がそのスケートを愛し続けていてもいいのだという、安らかさに満たされていきました。
もしかすると私は4月25日に一瞬だけ町田さんから「さよなら」を言われ、翌日に「再見」をいただけたのかもしれません。

…何やら支離滅裂になってきましたが、大きな壁を越えられたようなので、私も「さよなら」はとても言えません!!
もう暫く、できるだけ長く、町田さんが表現したいもの、世に送り出したいものを待ちながら、町田さんを応援していきたいと思います☆
| mintblue | 2015/06/26 9:52 PM |
観世さま
みなさま

こんにちは。
数日間の旅から戻ってきましたら、きらきらさんのブログ閉鎖の記事が…(T_T)

私がきららさんのブログを知ったのはまっちー引退の数日後でした。閉鎖の宣言をされていたのがその後も残されていたので、たまに訪れては過去の記事を読み、その思いの深さに胸を熱くさせていました。

観世さんやみなさんのコメントを読ませて頂いて、私もみなさまの思いに共感したり、色々な思いが渦巻いて、暫くパソコンの前で固まっていました。

そして私の中で沸いた思いが、「さよならは言わない」でした。

まっちーを愛し応援してきた全てのファンにとって、彼の引退とどう向き合い、今後の自分の在り方をどう築くかが、共通した命題だったと思います。その在り方はファン歴の長さや思いの深さなどによってそれぞれなんだと思います。きららさんは長年真摯に本当に愛情深く見守り続けてきた方なので、それこそ「強いリセット」が必要だったのかな…と勝手に推察しています。

私は、これまで今後のまっちーのゆく道を応援しよう、と自分に言い聞かせていました。そして今回のことをきっかけに今後の私の在り方が決まったような気がします。

これからも、ファンとしてまっちーの行く道を応援します。

競技者としてはやりきったかもしれない、でも表現者としては決してやりきってはいないはず。少ない頻度かもしれないけど、身体が動く限りこれからも演技を見せてくれるはず。

これまで迷える仔羊のような気持ちでいたのが、観世さんやみなさんのおかげで、今はこれでいいんじゃないかな、と気持ちが凪いて落ち着いた感じです。

観世さん、考える機会を下さって毎度毎度感謝です!きららさんのブログ閉鎖はこちらで知りました。知らせてくださってありがとうございましたm(_ _)m
これからも気持ちの赴くまま、気が済むまで、まっちー愛を発信してください。一緒に語らせてくださいね(^^)/~~~






| 三毛猫 | 2015/06/28 5:20 PM |
> 三毛猫 さま

お、ご旅行行かれていたのですね! 楽しんで来られましたか?(^^)

そうなんですよね、応援の仕方は人それぞれ。
たとえば応援をやめてしまう、他の人のファンになるというのも一つの選択肢で、それは責められません。
だけど私も、まっちーを応援し続けていくつもりです。
もちろん現役時代のような情報量はないとは思いますが、
まっちーが自分の道を頑張って進んでいることは絶対間違いないので、
その姿がたま〜〜にしか見えなくても(そういえば以前ツシマヤマネコに例えたことがあったw)
静かに応援を続けていきたいと思っています。
次にどんな姿で現れてくれるのかを楽しみにしながら。
きっときららさんも、ブログではお会いできなくなりますが、同じようにずっと応援していらっしゃることでしょう。

ええ、これからも書きますよ、まっちーのこと。絡んでくださいね〜♪

| 観世 | 2015/06/29 8:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanze.jugem.jp/trackback/2826
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH