<< 扇田昭彦さん 亡くなる | main | ひな >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
継ぐ者として 〜扇田昭彦さん追悼〜
 (ほぼ同じ文章で、演劇ブログ Main Hall の方にも掲載しました)

たいそうなタイトルをつけましたが
このブログは町田ファンが多く来ていらっしゃると思うので
「継ぐ者」という一言で分かってもらえることもたくさんあると思い、
こうつけてみました。

また、フィギュアファンの方は、扇田さんのことは知らない方が多く
読んでもつまらないかもしれませんが
私にとって大切な先生でしたので、
もう少し語らせてください。

それからご本人は「扇田さん」と呼んでほしいと言っておられましたが
私にとっては『師』でありますので
やっぱり「扇田先生」と書かせてもらいます。



一言で言えば、「こんな人になりたい」という人でした。

扇田先生はもともと朝日新聞の記者で
たまたま、芸能関係の部署に配属されて
演劇が好きだったこともあり、取材をしたり批評を書いたりされるようになりました。
当時(たぶんもう40年以上前)のことですから、今のように情報がすぐ得られるわけではないし
テレビ放送も無い。
扇田先生はたくさんの舞台に足を運ばれました。
その中で、唐十郎、野田秀樹という才能を目にし、
当時異端と見られていた彼らの作品を、正当に評価しました。
扇田先生というのは、そういう「新しい才能」が大好きでした。
もう少し最近では、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんや、松尾スズキさんも評価していた。
驚くべきは、奇をてらったものが好きだったわけではなく、
ちゃんと力がある若手を見抜いていたこと。
その証拠に、彼らは今、みんな日本の演劇界の実力者となっています。
そうかと思えば蜷川幸雄さん、井上ひさしさんといった巨匠に対しても
同じように接し、公平な評価をされていました。
あのやわらかな風貌からはなかなか想像できませんが、あれでけっこう武闘派で(笑)
ダメなものはダメと(自分で思ったら)書いて発表したりするので
蜷川さんと大ゲンカしたり、出入り禁止だったかな?そんなこと言われたりして。


 


扇田先生の強味(と私が思うところ)は
たくさんの演劇をじかにその目で見られてきているところです。
当時の劇場の雰囲気はもちろん、作品に与えた当時の社会の様子を、その目で見て来ている。そこで生きて来ている。
それをたくさんの記録に残しています。
さらに、現在は現在の作品の評価、現代社会におけるその作品の意義づけなどを
時代に則し、いつも冷静な目線で書かれていました。

たくさんの経験と豊富な知識。
おだやかで知的な風貌。
誰にでもわけ隔てなく接する態度。
私のような者にも、怪訝な目線を向けることなど一度も無く
まるで旧知の友人のように接してくれました。
それでいて、評価は冷静で厳しい。
劇評を見ていただいた時にも、どの部分が良くて、どこが悪いか、足りないか
きちんと厳しく説明してくださいました。

私は扇田先生のようになりたかった。
たくさんの舞台を見て、それをなるべく記録して
新しい人や新しい作品が出れば、それに対して正しい評価をして、将来を期待する。
そういう演劇人でありたいと思いました。
劇評を書く時にも、誰が読んでもわかりやすく、おもしろく
その舞台 見てみたいな、と思えるようなものを書きたい、
それでいてきちんと、演劇の情報やその舞台の意義も記したい。
そう考えながら書くように心がけていました。

私も子育てや他のことが忙しくなって、ずっと劇評を書いているわけにもいかなくなったり
福岡の演劇シーンも盛り上がるどころかやや低迷気味であったりして
ここ最近は演劇の勉強は怠けていたと言わざるをえません。

そんな中で、このようなブログを書いてもいるのですが
ブログを書くにあたっても、いつも私の文章の基本は
扇田先生に教えていただいたことでした。

読んでおもしろいように。わかりやすい文章であるように。
おもしろそうだから私も見てみようと、読者の人に思ってもらえるように。
批判的はものは書かない。努力していることを否定しない。
新しい才能、新しい世界を見つけたら、それが本当に価値あるものかどうか見極める。
価値あるものであったら、信念をもってそれを紹介する。
つまり、自分の審美眼を信じる。

私が芸術に接する時の基準、文章を書くときの基準は
すべて扇田先生から学んだことだと言っても過言ではありません。
ちゃんとした劇評を書く時にも、別に先生に見せるのではないですが
迷った時には「これを読んだら先生はなんと言うだろう」「先生だったらどんな書き方、持って行き方をするだろう」と
そこへ立ち戻りながら書いていました。

私の心の支え。私の基準であり、目標でした。


扇田先生には数回教えていただいただけで、とても「弟子」「生徒」などと言える立場ではないのですが
私は(何度も言っていますが)勝手に「心の師」としていました。
その先生が亡くなった今
私はどうしたらいいのか。


こんな時に、町田くんが「継ぐ者」というタイトルの作品を滑っていて
それにインスパイアされているのですから
不思議なつながりだと思います。

『人間は誰もが何らかの「継承者」と言え、
その人生を全うする過程で、
「受け継ぐ者」と「受け渡す者」の両者を経験することになるはずです。
人から人へと連なる、過去へも未来へも永遠と続く、その連綿たる連鎖の中に存在する』


私は一介の主婦にすぎませんが
扇田先生の教えを少しでも受け、それを目標にものを書いて来たものとして
先生の姿勢やものの見方を、私なりに受け継ぎ、自分の人生で生かし
できる範囲で何かを残していくこと。
それが、私がしなければならないことなのだろうなと思います。

町田くんのことばが、本当に響いて来ました。
扇田先生とお知り合いになれ、教えを受けることができた幸せと意義を、
忘れずに生きていかなければならないな
いや、"ならない" じゃない、
そうして生きていけばいいんだな、と思えました。
別に、これからすごい劇評を書くぞ!とか、先生の遺志を継いで演劇の歴史を刻むぞ!なんていう大仰なことじゃなくて
先生の教えを胸に、
自分のできることを、できる範囲でしながら、生きていこう、
私も扇田先生の教えを、ほんの少しでも「継ぐ者」の一人として、
誇らかに(笑) がんばっていこうと思えたのでした。

そして、たとえばこのブログに訪れてくれた人が
あるいは自分の子どもたちが
私が書いたものによって何かへの興味が広がったり、新しい世界を見つけたりしてくれることがあったら
私も何かを「受け渡す」ことになるのかもしれない。
それは演劇のことではないかもしれないけれど
扇田先生の教えによって、書いているこの文章が、何かを誰かに伝えられたのだとしたら
それでいいのかもしれない。

今、そんな風に思っています。


だから、これからも書きつづけようと思っています。
ブログも、演劇に関する文章も。



扇田先生のご冥福をお祈りします。
先生、これからもずっと私の側にいてください。
・・・というか、勝手に私の心の傍らに置かせていただきます。
これまでもそうだったように(*^^*)






 
| 舞台・演劇 | 08:34 | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:34 | - | - | pookmark |
コメント
観世さん。おはようございます。

この度は、お悔み申し上げます。
観世さんの思いの深さは、扇田先生に伝わっていることと思います。

「批判」を使わずに「批評」をするということは、難しいことだと思います。
それを実行できる扇田先生の度量の大きさとお人柄に胸が熱くなりました。
私、昔美術系の学校に通っていたんですが、
一人だけクラス全員の作品を否定しない先生がいらっしゃってて
扇田先生のお話を読んでいるうちに、昔を思い出し思わず涙しました。

観世さんの文章は大好きです。
これからもこのブログが更新されることを、楽しみにしております。
| クロミミ | 2015/05/24 9:29 AM |
大切な先生がご逝去なさったと聞き、かけることばも見つからないのですがお悔やみ申し上げます。そして私が観世さまと出逢うきっかけの原点を作って下さった扇田昭彦先生に感謝します。

| のどあめ | 2015/05/24 10:30 AM |
観世様の心のお師匠様の突然の訃報とのこと、ご心痛お察し申し上げます。

観世様の読んでいて本当にほっと出来る文章が大好きです。
こちらにおじゃまするようになってから、自分も経験したいという気持ちになり、観世様が書かれる文に確実に影響も受けてきたと思いますよ私。この年で。


そしてあらためて町田君の書く文章をもっと読んでみたいなという気持ちになってます。テレビの前の発言はもういらないから、HPであの頭の中の思考の断片でも見せてくれないかな、と。彼の硬い文章がけっこう好きだったりするので。
| えど | 2015/05/24 1:04 PM |
> クロミミ さま、 のどあめ さま、 えど さま

お悔やみと、私への励ましの言葉、
ありがとうございます。
もし皆さんが私の書くものを面白いと、少しでも思ってくださるのなら
それは扇田先生の教えが生きているからでしょうし
こうしてものを書く場があるのも、何かのご縁であり有難いことだと思っています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

また、町田ファンであったおかげで「継ぐ」という意識を持てたことも、不思議でありがたい縁だと思っています。
まっちー、ありがとう。あなたのファンで良かった。
支えられました。


| 観世 | 2015/05/24 1:18 PM |
観世さん、こんにちは、町田くんファンのはなです。お心お察しいたします。今回、観世さんが書かれた記事を読んで、どうして観世さんがここまで詳しく分析し、それを伝えてくださるのか、腑に落ちました。

小さな意識って、きっと積み重なっていくと現実的な動きになっていくと思うんです。町田さんも、もしかしたら観世さんのブログを見ることがあるかもしれない。可能性としては0じゃない。もし、そんなことがあったら、心動くんじゃないかな、って思いました。引退の文で、”社会から真に必要とされる人材になる”ことを目指していると表明した彼ですから、彼という存在が社会にポジティブなものを生み出していたら、それはきっと嬉しいにちがいない、と。
| はな | 2015/05/24 2:07 PM |
こんばんは。観世さんのお師匠様の突然の訃報、ご心痛お察し申し上げます。私も社会人一年生のときの上司が一昨年突然亡くなりました。プラネタリウムのナレーターの修行中の私を世界的に有名な天文観測者の上司は指導してくれました。私が突然退職したときも新しい道を応援してくれて、ときどきは天文観測の講座で会ったりして、いつかはまた一緒に宇宙の話しができると思っていたのに…悲しくて空を見上げては涙することがあります。でも上司が好きだった小惑星や星座を私もいつまでも好きでいようと思います。今はパートの主婦ですが、36年前にマイクを持ってブラネタリウムで機械を使ってナレーションしてたことと上司のことを思い出しました。観世さんも先生のことを思い出しながらまた演劇批評してゆく継ぐ者ですね。今日は長々すみませんでした。
| まるちゃん | 2015/05/24 8:50 PM |
こんばんは。
この度は、お悔やみ申し上げます。
昔、時々お芝居を観に行っていた時期があり、その頃に扇田先生のお名前を見聞きした記憶があります。
観世さんの心のお師匠様だったのですね。ご冥福をお祈りいたします。

長らく生の舞台を観る事から離れていましたが、去年、何気なく観に行ったアイスショーで
樹くんの生演技で心を持って行かれてしまったおかげですっかり生観戦にハマってしまい
さらには、久々にお芝居やダンスなども観に行きたい熱が出てきているところです。
人が丹精込めて演じ、作り上げる舞台はとてもパワフルで魅力的で刺激的で
優れた劇評はさらに味わい深さや新たな視点を与えてくれるものと思います。
私にとっては観世さんのブログもそういうものの1つです。
扇田先生・観世さん・樹くん・・・引き渡す者と受け継ぐ者の環が、今日も私の心に豊かさをくれています。
この不思議で素敵なご縁に心から感謝です。
| 睡蓮 | 2015/05/24 9:57 PM |
観世さん、こんばんは。

大好きな方とのお別れ、
ご心痛お察し申し上げます。

なんて声をかけて良いのか分りません。

観世さんの文章、大好きですよ。
あの後すぐ、劇評のブログも読ませて頂きました。
とても愛があるな、素敵だなって思いました。
本当ですよ。
先生から受け継がれたものだったのですね。
| toko | 2015/05/24 11:22 PM |
観世さん

昨日はメールで連絡してくださりありがとうございました。

デマであってほしいという願いも虚しく、今朝の新聞にも訃報が(涙)‥また胸がぐぐぐっと‥まだまだ第一線で活躍していただきたかった。。扇田さんを襲った病魔が憎いです。

ただただ残念でしょうがないのですが、去年の講座を受講していて本当によかったと思っています。“関係者向け”みたいにチラシにあったから、難しいのかなと思っていたところを、観世さんが問い合わせてくれたんですよね。おかげでまたご一緒に扇田さんのお話を聴くことができました。深く感謝です。


観世さん、悲しみの中で、一晩で文章を綴られたのですね。。扇田さんへの思いが一層伝わってきます。

私も落ち着いたら、ブログで扇田さんのこと綴ろうと思います。じゃないと、へたれではありますが、ブログ続けられない気持ちです。

私は作家の松井今朝子さんのブログの読者なのですが、そこにも扇田さんのことがありました。http://www.kesako.jp/kesako_archives/2015/05/3408.html

福岡の劇団のブログにも
http://anton-crew.com/news/?no=r244

悲しいですね。。
| ちひろ | 2015/05/24 11:49 PM |
> はな さま

あたたかい励ましのメッセージ、ありがとうございます。
本当に、まっちーの今回の作品と、あのコンセプトがなかったらこのように捉えることはできなかったと思います。
まっちーに感謝です。
こんな風に彼の言葉でポジティブになれていることを
まっちー本人が知ったら、
喜んでくれますかね?(^^)

| 観世 | 2015/05/24 11:52 PM |
> まるちゃん さま

まるちゃんさんも、大切な「師」を亡くされたご経験がおありなのですね。
なんでしょう、別にいつも会っていたわけではないのに
もう会えないと思うだけで、たいへんな喪失感です。
その人のこと、その人から受け継いだことを、忘れたくはないですね。まるちゃんさんが夜空を見上げられる気持ち、すごくよくわかります。
メッセージありがとうございました。
| 観世 | 2015/05/25 12:00 AM |
> 睡蓮 さま

私のブログのことをそんな風に言って下さって、本当にうれしいです。感謝いたします。
やはりナマの魅力、そこで演じている生身の演者を見られる感動、同じ空間に存在できる喜び、
そういうものは何にも代えがたいですね。
フィギュアはちょっとお値段が高いですし、テレビ放送も多くありますから、無理しなくてもいいけれど
やはり一度は見ておくべきですね。あの音、緊張感、雰囲気と迫力、美しさ・・・。
舞台も同様です。
これからも拙い文章ながら、そんな感動を少しでも伝えられるといいなと思いながら、綴っていきたいと思います。
メッセージ、本当にうれしかったです。ありがとうございました。

| 観世 | 2015/05/25 12:05 AM |
> toko さま

メッセージありがとうございます。
劇評の方も読んでくださったとのこと、ありがとうございました。
劇評はブログと違って、私も真剣に内容や構成を考え、時間をかけて書いています。
最近、舞台を見に行けないこともあって怠けていましたが
扇田先生に笑われないように、こちらも少しずつがんばっていきたいと思いました。
私の文章を好きだと言って下さって、本当にうれしいです。
これからも私らしく、楽しい文章を綴れたらと思っています。

| 観世 | 2015/05/25 12:10 AM |
> ちひろ さま

コメントありがとうございます。
もうね〜、ちひろさん・・・・(;;)
この悲しみをもっとも共有できるのがちひろさんです。
言葉にならない喪失感ですよね。
へたれな気持ち、わかります。これからどうやって劇評を書いていこう、と途方に暮れてしまいます。

昨秋の講座、本当に行っておいてよかった。
夜の飲み会に参加できなかったことが、今になって悔やまれます。
あの、会場で挨拶させていただいた時の「やぁこんにちは!」と言って下さった笑顔は、忘れられません。

自分でこの記事を書きながら泣きました。
書きながら、どれほど自分が扇田先生の教えを支えにしていたのかを、自分で思い知ったのです。

追悼記事、紹介して下さってありがとうございました。
Main Hallにもほぼ同じ記事を載せたのですが
「因幡屋ブログ」さんというブログでも追悼記事があって、そちらに転載しました。
演劇関係者が、これから続々と追悼記事を上げるのではないかと思っています。

お別れの会が開かれるとのこと。行きたい〜〜。

| 観世 | 2015/05/25 12:18 AM |
観世さん こんばんは。

この度はお悔やみ申し上げます。

ケラさんのツイッターに『追悼の言葉はFBに。こんなに寂しいことはない。』とありました。
私はFBはやっていないので 追悼文は見ることができませんが、彼の悲しみが伝わりました。

今から5年前、ママ友が30代の若さで急に旅立ってしまいました。彼女も私も初めての子育てで 地域のママ会で子供が3ヵ月の頃に出会いました。お互い初めての子育てで慣れないことに悪戦苦闘しつつ、たわいもない話でワイワイしながら 公園で過ごす毎日でした。子供が別々の中学校に進学したため会う機会が減っていたところ 他のママ友から彼女が亡くなったとの連絡が入り、娘と一緒に泣き崩れました。たまに 彼女の子供達に町中ですれ違うことがありますが、今日も以前と変わらず『○ちゃんママ〜、こんにちは!』と声をかけてくれました。
素直に育っている彼女の子供達、彼女の立派な継承者なんだなぁと思いました。

町田くんの『継ぐ者』をあたらめて読み、自分も継承者として 1日1分1秒を大切にしたいと思いました。

睡蓮さんもおっしってらっしゃいましたが、観世さんのところにおじゃまさせてもらうようになった不思議なご縁、私も感謝しています。

観世さんの記事、私も好きです!

いろんなジャンルの記事、楽しみにしています!


| ちゃんどぅ | 2015/05/25 12:44 AM |
観世さんへ、扇田先生のお悔やみを申し上げます。
あの日、演劇ファン全ての知り合いの間で激震が走りました。
唐突のお別れで、誰ひとり扇田先生のご様子を存じ上げず‥

演劇を愛する者で、扇田先生に触れない者はないのではないでしょうか。
全ての表現は、観るものがいることで広がって行くと思っています。
扇田先生の積み上げていらしたひとつひとつの文章が、当時の空気を届けてくれました。
その場にいなかった者として、今はもう消えてしまった表現に触れることが出来ました。

もう、扇田先生の見せて下さる新しい文章や瞬間に立ち会えない。愕然とします。
扇田先生のお仕事があったから、今この体にあるものがあります。
観世さんも私も、己の表現を磨いて参りましょう。

まとまらない文章ですみません。
まだ動揺しています。
惜しまれて惜しまれてたまりません。
| かな | 2015/05/25 4:49 AM |
> ちゃんどぅ さま

お返事遅くなってごめんなさい。
ケラさんも悲しまれていることでしょう。
扇田さんは劇団健康からナイロン100℃、そして現在の演出の仕事に至るまで、高くケラさんを評価しておられました。

ママ友が若くして亡くなられるのはつらいですね。
お子さんたち、たくさん苦労をされ悲しい思いもされたでしょうが、よくまっすぐ育ってくださったと思います。
お母様の生き方を継いでいるのですね。
そういう意識を持って生きるのって、すごく大切なことですね。

励ましのおことば、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
| 観世 | 2015/05/26 12:13 AM |
> かな さま

本当に突然のことでした。想像もしていませんでした。
まっちーの引退にも負けない、唐突さと衝撃でした。

TLなどを見ていると、本当にたくさんの人が扇田先生を劇場で見かけ、その文章を読み、好意と信頼を寄せていたことが感じられます。
これだけの人に目撃されているということは、いかにたくさん劇場に足を運ばれていたかということ。
現場主義。それが私の一番尊敬するところです。

扇田先生の書くものをもう読むことができない。お話を聞くことができない。
何より寂しいです。
「継いでいかなければならない」とは思いますが
扇田先生の代わりは誰にもできないというのも、また事実だと思います。

それでも、先生のことを忘れずに、これからも細々とでも書き続けて行きたいと思っています。
励ましのメッセージ、ありがとうございましたm(__)m
| 観世 | 2015/05/26 12:22 AM |
おはようございます。
扇田先生、本当に素敵な方だったのですね。
そして、思いがけない訃報の前の、まっちーの「継ぐ者」という作品とそれに込められた思い…こういう不思議なめぐり合わせのようなものが何かあるんでしょうか?
観世さまが、扇田先生を「心の師」として傍に置かれている限り、先生の志は消えないと思います。(他に影響を受けられた方も含めて。)
劇評とはまた違うのかもしれませんが、観世さまのブログの文章が楽しく、取り上げる対象への愛情を感じられるのは、いつも先生からの教えを心に留めて書かれているからなのですね。
そんなに大きなものをもらった方が、急に亡くなられるなんて、本当にお辛いことだと思います。
扇田先生のご冥福を心よりお祈りいたします。
| めーやん | 2015/05/26 8:15 AM |
> めーやん さま

ありがとうございます。
本当に、「継ぐ者」には力をもらいました。不思議な巡りあわせです。
「まっちー自身のことだよなー」と思って見ていたのに、
急に自分のこととして捉えられ、それに励まされるだなんて。

扇田先生の遺したものを継いでいる人は、たぶんものすごくたくさんいると思います。
大きな足跡と指標を残した方でした。

| 観世 | 2015/05/26 5:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH