<< 500001を踏んだのは・・・ | main | 5月の台風 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
昨日見たもの

昨日見たもの。

娘の文化祭。

フィギュアスケートTV。

小林賢太郎テレビ7。

ローザンヌ国際バレエコンクール放送。(途中まで)

・・・・・いとをかし。  
               枕草子風。

うーむ、盛りだくさんであったなあ。



娘の文化祭は、晴天に恵まれ、楽しんでまいりました。
二人の娘の関わるものを見て回り、その他に見たいだしものを見たりして、
かなり駆け足で回りました。

まず一番最初に見たのは、ピアノコンサート
この高校には全国大会上位レベルの演奏者がいて、その腕前を披露してくれるのです。
今年は2名。女の子がリストの「ラ・カンパネラ」、男の子が「スペイン狂詩曲」を弾いてくれました。
超絶うまかったです!!特に男の子!!
彼は、ほわんとした、にこにこっとした細身の男の子なんですけど
全国2位だか3位だかの実力の持ち主。
音や技術ももちろんですが、弾き方がカッコイイんですよねっ!
ああー、こんな風に息子にピアノを弾かせたかったよ〜。息子が生まれなかったよ〜(;;)
女の子の方も上手でした(カンパネラ弾くくらいですからね!)が、
最初は緊張したのか、かなり音をはずしていました。後半はとても良くなりました。
久しぶりに、すばらしいピアノ演奏を聴いて感激しました。
(ホントに、この高校の子は頭がいいだけじゃなくて、いろんなことが超絶できるんですよね。
おまけに顔がかわいかったりかっこよかったりもして
いるんだねー、天が何物も与える人って。)


その後、娘No.1の、くだんの発表を見に行きました。
予想に反して、お客さんはいっぱいで、狭い教室でしたが立ち見までいました!
さらに、娘が呼んだのか知りませんが、他校の娘の友達も何人も来ていて、挨拶されてビックリ。

娘の発表は、カミュと言うからどんなに小難しいことをこねくり回すのかと思ったら
そんなことありませんでした。
カミュが著した「ペスト」という小説があって、
ペストが流行って社会が混乱し、政治的な問題や人間不信や、そんないろんなことが起こる話らしいのですが
それが現代に通じている、というような内容。
現在、エボラ出血熱が大流行し、ISがテロ行為を行い、社会が不安な状態に陥っている。
この状況は、カミュが描いた「ペスト」の世界とよく似ている。
自分個人ではどうしようもできないこと、これすなわちカミュの説いた「不条理」。
不条理な状況に置かれた時に大切なことはなにか。
それは「これはおかしい」と思い続けること。信念を曲げずに否定の気持ちを持ち続けることである。

・・・・・とまあ、こんな内容でした。

わかりやすく、端的によくまとめていたと思います。
つーか、「ペスト」なんかいつ読んだんだろうと思いました(笑)
は〜、いいなぁ、高校生。
こういう背伸び、大好き(^^)


その後は、生物部に寄って、娘No.2の捕獲したらしき、ウミウシアメフラシを観察w
特にアメフラシは立派で、つかまえて喜ぶNo.2が目に浮かぶようでした(笑)
生物部の顧問らしき先生が、喜々としてボルボックスを顕微鏡で見せてくれました(笑)



 ←ボルボックス


展示では、お化け屋敷になっている教室が4つくらいあるんですが
どこもすごい人気で、長蛇の列。
なんか、彼氏と一緒に入ってキャーってしたり
女の子同志3〜4人で入ってキャーってしたりするのが、楽しいらしいよ。
私が高校の頃にもお化け屋敷はあったけど、彼氏と入ったりはしなかったなぁ。


午後は演劇部のステージを見ました。
これは実質3年生の卒業公演。
3年生全員が出た劇でしたが、・・・うーん、ちょっと内輪ウケ的というか
訴えたいテーマがないのと、脚本のメリハリ(起承転結がとか)が甘くて、少し飽きました。
ま、こんなもんかもしれませんね、高校演劇は。
演劇のことを説教しだすとキリがないし酷評になるので、やめておきます(笑)


以上が、娘の文化祭ダイジェストでした。




 
家に帰って、フィギュアスケートTVの録画を見ました。
すごくおもしろかった♪ 
これ、構成だれがしているんだろう。スケオタが満足するようにちゃんと作られてるよね!
フィギュアスケートTVについては、長くなるのでまた改めて。


娘No.3が寝る前に、一緒にローザンヌの番組を少し見ました。
今年は日本人は入賞しなかったんでしょうね。
まっちーのおかげでバレエの勉強を深めたせいか(笑)
去年よりもずっといろんなものが見えました。
ローザンヌというのは、若いバレエダンサーの将来性を見るコンクール。
現時点で完成されたダンサーである必要はありません。
そうやって見ると、本選に残ったダンサーは本当に皆さん魅力的。
技術がものすごくしっかりしている人、身体のラインが美しい人、表情が魅力的な人、
手足がものすごく長い人。
解説の先生が「うちのバレエ団で使ってみたい、育ててみたいと思わせる人材を高く評価する」というようなことを言っていましたが
わかるー、この人がもっとうまくなって大きな舞台で踊る所を見たい!と
思わせるようなダンサーばかりでしたね。
15才の選手なんかは、たしかにまだ技術が危うかったり、身体ができあがっていない感じがしたりするのですが
これから育てると思えば、非常に魅力的な素材です。
おもしろいなーと思いました。

娘が踊ったことがあるヴァリエーション(小品)も踊られたりして
娘は「すごい・・・すごい・・・」と感心しきりでした。
うむ。よく見て学びたまえ。

これはまだ途中までしか見ていないし、コンテンポラリー部門をまだ見ていないので
これから見るのが楽しみです。



長くなったけど、最後に「小林賢太郎テレビ」。
久しぶりに見たわー、賢太郎さん。
相変わらずあざといわー。顔としゃべり方が(笑)
今回はねー、ちょっと毒舌ですけど「ネタ切れですか?」と思っちゃいましたねー。
樹里ちゃんとのコントでは、ポツネンの音楽を使っていたし
(ポツネンの音楽はポツネンを思い浮かべてしまうので、やめてほしい。曲聴いただけで涙が出たりするw)
ポツネンの、指で階段をのぼるやつもやってたし
(架空の)虫を捕まえるというシチュエーションも、どこかでやった気がするし。
「ザパン語」なんかは、いかにも賢太郎さんが好きそうなやつでしたね。
そして超絶、顔がウザかったですね(爆) ←ほめてますw
最後の、NHKからのお題も、今回はいつもほどの出来ではなかった気がするな〜。
上からでゴメンネー(笑)

コント番組は今NHKでは「LIFE」をやってるけど、
まあ、LIFEの方が一般ウケはするでしょうね!

すいません、さっぱりわからないでしょう?感想(笑)
いったいどんな番組かなと思う方、NHKオンデマンドで配信がされてるんじゃないでしょうか。



 
| 平凡な日常 | 23:41 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:41 | - | - | pookmark |
コメント
観世さん こんばんは。

まずは 50万ヒットおめでとうございます!
私もキリ番を狙っていたのですが、全然ダメでした…
三毛猫さん、すごいですね! おめでとうございます〜!


お嬢さま方の文化祭、春なんですね!
No.1ちゃんの カミュのことが書いてあるところをうちの娘が読んで 『どんなこと発表するのかな、読んでみたいな…』って言ってました。なぜ気になるのか聞いてみたら『私は井戸の中のかえるちゃんだから…』と…
娘は中高一貫校の女子校で6年間メンバーがほとんど変わらないので かえるちゃん…
同世代の子達がどんな考えをするのか、気になることがあるようなのです。

カミュといえば、娘は定番の 『異邦人』を読んでましたが、No.1ちゃんは『ペスト』!
いいですね、『転落』とかも読んでるのかな(笑)


賢太郎テレビ 見ました!

確かに『LIFE』とか『七人のコント侍』のほうが一般ウケするでしょうね、年に一回だから(でしたっけ…?) 賢太郎さんにはもっと 胸やけするくらい濃いものをやってもらいたいなぁ…って思いました。(うざい顔は、よかったです)
ポツネンの音楽使うのはナシだと思いました…

終わったあと 無性に『ラジオ体操』が見たくなって 見てから寝ました(その後に、まっちーをみましたが…)


過去の記事、まっちーも含めラーメンズのも 読ませていただきます!

遅い時間に長くなってごめんなさい。
| ちゃんどぅ | 2015/05/12 1:49 AM |
> ちゃんどぅ さま

うああ、過去のラーメンズ記事は恥ずかしいのでほどほどにっ!
ラジオ体操ってあれですか、ラジオ体操を知らない人が初めてやってみる ってやつ。
懐かしいですね。「こばけんテレビ1」だったでしょうか。2かな?
ポツネンの音楽は私は大好きで、CDを持ってまして、かなり聴いたので
耳についてしまっていていけません。(徳澤青弦さんも好きです♪)

お嬢さん、中高一貫の女子校なんですね。
中高一貫は、やはり学生生活にゆとりがあっていいって言いますよね。
うちは中学に慣れたと思ったら受験、高校に慣れたと思ったら受験で、本当に忙しいです。

カミュにもくわしいのね、ちゃんどぅさん! 私はカミュ読んだことない(^^;)
読書量は、娘の方が断然多いように思います。
読書ネタで言ったら、去年の夏に「アルジャーノンに花束を」を勧めまして、
(ドラマ化などされてますけど、原作はまぁまぁ読みごたえあるし、哲学的ですよね)
それを読んだ娘は感動して、美術の作品のテーマにしまして、
それもなにかに入賞しておりました。
まっちーじゃないですけど、読書は人生を広げますね(^^)

| 観世 | 2015/05/12 8:04 AM |
50万ヒットおめでとうございます。

先ほど フィギュアスケートTV観ました。
見応えありましたね、盒況がマイルドでした。あれからどんどん色気を増して行ったのだなー。
皆さんさすがでしたが、演技と技術を盛り立てる音楽も素晴らしく、聞き覚えある曲ばかり。
タンゴロクサーヌは「ムーランルージュ」から。
何の曲だっけと検索して、プルシェンコ様のプログラムもYouTubeで見てしまい、改めて、私の好みのお顔だと実感。
あっこちゃんのパガニーニは「ある日どこかで」ロミジュリはもとよりで。
映画好きの私には、その映画にまつわる記憶が蘇りつつ、目の前で繰り広げられる生身のパフォーマンスにさらなる感動が広がる、なんともおいしい感覚。
この番組を紹介していただいて感謝しております。ホント、フィギュアスケートというものは、スポーツという括りでいいのでしょうか。



そして、実は、

文化祭見て参りました。
発表拝見しました。
すごいなー、論理も通っているし、視点も的確。何より、カミュを読んでいる、素晴らしい。
(カミュの他の作品は・・・変身だな。
ちがう!それはカフカだ、深く反省)
長くなりました。失礼しました。
| YOU | 2015/05/12 10:55 AM |
> YOU さま

YOUさんの 正体見たり 枯れ尾花。 違う。知り合いの母。
もー・・・本日一番のショックな出来事でした。
ホント恥ずかしい。
恥ずかしいけど仕方ない。これからもよろしくお願いします。
一緒にスケートの試合行って下さい♪

そうそう、大ちゃんだって最初から色気があったわけじゃない。
フィギュア選手って花が開くように変化するんだな〜と、改めて実感しました。
映画好きな人には、良い映画曲がたくさん使われていますから、フィギュアは楽しいでしょうね!
私はあんまり映画(特に洋画)の知識がなくて、
「あーこれ良い曲だな〜」とフィギュアを見てから映画を知ったりします。
まっちーや明子ちゃんが使った「ラベンダーの咲く庭で」もそうでした。
自分の知識や世界が広がって楽しいです(^^)

| 観世 | 2015/05/12 4:26 PM |
観世さん、こんばんは。かなりの時間差でこちらの記事へのコメントすみません…

1娘さんの発表の全貌をご紹介いただいてありがとうございます!どんなお話だったのか本当に気になっていまして。。
とても客観的に、冷静に今の世の中の問題を見つめて、それをカミュに重ね合わせて分析されるなんて…すごいです!

大げさかもしれませんが、こういった問題を真正面から考えてくれる高校生がいらっしゃるなんて、まだまだ日本の未来は明るい!そう思えました。

小林賢太郎テレビのご紹介もありがとうございます。
オンデマンドもやはり有料なのですね;
でも1年に1度だけ、という見出しをNHKのWebページで見て、ものすごいプレミア感がありました。(観世さん的にはいつもよりは「あと一歩」の内容だったようですが…)

こちらのブログにご訪問すると、スケートのみならずいろいろな世界が自分にも広がるようで、本当に楽しいです。いつもありがとうございます♪
| mintblue | 2015/05/13 10:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH