<< 極北の春祭(7) PIW 4/26 | main | 強化選手発表! >>
本日のフィギュア・・・じゃない、町田語りw
JUGEMテーマ:町田樹

昨日はたくさんのレポ、感想、本当にありがとうございました!
こんなに、まっちーへの皆さんの熱い思いが語られてるブログは他にないよー!(> <)

私も何度も読み返し、報道写真などのまっちーのビジュアルを思い浮かべては
まるで目の前で実際にショーを見たかのような満足感をおぼえて
本当にありがたく思っています。

そうは言っても、雰囲気は心いっぱいに広がりますが
やはりどんな技をどんな順番、どんな流れでやったのか、まではわかるはずもなく
そこは「百聞は一見にしかず」というところで、理解できないのは仕方ありません。
そう思うと
世紀の大演技を見逃しているようで・・・・。
2014世選のエデンとか、スケアメの第九とか
「これを知らない人は絶対人生損してる!!」なんて思ったわけですが
同様に、私は非常に今 人生の損をしている!見なくてはいけないものを見逃している!!
という焦燥感すら覚えて、悲しくなります。

でも、行けないものは行けない・・・(T T)
まっちー、地方公演もなにとぞお願い申し上げます。
まっちーがINするなら6月の鹿児島行きます!!(爆)
・・・・・・・・・・・・・・・・・来ないだろうなーorz


(これ以降の内容およびコメントには、演技内容が含まれていますので
ネタバレが嫌な方は読まないでくださいね)












 
まっちーが現役時代よりも痩せていたという情報を聞いて
きっとまたものすごく自分を追い込んで、作品を作り上げたのだなぁと想像しています。
ショーは自分にとって(点数を気にせず芸術表現ができるから)とても大切な場、と言っていました。
だから手を抜くはずなどないのです。
ましてや、あれだけの力を持っていながら、また周囲から期待もされていながら
突如として引退をし、少なからず迷惑や失望感を与えたことに対し
いい加減な作品、演技ではなく、
「これがやりたいから現役を退きました」と胸を張れるだけのものを見せたいでしょう。
結果、ジャンプもたくさん入れ、つなぎもしっかり入れ、美しい表現はもちろん入れ
6分という長さの大作を作り上げた。
これをさらに完璧に披露しなければ、自分がめざす芸術としてのフィギュアスケートを示すことはできない。
私の勝手な想像ですが
まっちーはそれくらいの覚悟を持って、強い気持ちで
このプログラムを作り上げ、披露したのではないでしょうかね。

「研究活動の一環として」ショーに出たいというのは、
大学の研究だと私は思っていたけど、
違うね、『自分の芸術の研究』活動の一環なんだな。
だって、あんなすごい作品が、スポーツ科学の研究であるわけがないよ〜〜(笑)


大学院に通い、勉強をしながら、それだけの作品を作り上げる。たった一人で。
6分もある作品を練習したら、そりゃあ体力も激しく消耗する事でしょう。
さらには、慣れない土地で一人暮らし。
練習リンクの予約(貸切とか)だって、一人でやってるんでしょうかね?
りんスポみたいなわけにはいかないでしょう?
そんな事務的な雑事もある、たぶん大学のこまごましたこともある。
そんな中で、よくあれだけの、観客にスタオベさせ涙を流させるほどの作品を創ったものだと、
ただただ、その意志の強さと能力の高さに感嘆します。
こんなすごい人だとは思わなかったな〜、正直。2〜3年前までは。

でも、だからさらに痩せてしまったんじゃないかと思うと、心配。
どこまで自分を追い込んでしまうのかと。


まっちーは、今も戦っているんだと思う。
ゆづる君は、世界トップに君臨するべく、スケートに全てを捧げて打ち込んでいる。
それはまっちーも同じだと思う。
芸術としてのフィギュアスケートの世界に足を踏み入れ、その最先端を切り拓いていくために
そのジャンルで世界のトップに君臨すべく、スケートに打ち込んでいる。
きっとゆづる君は、今のまっちーの姿や、作られた作品を見て、「負けたくない」と思うんじゃないかな。
「こいつに負けたくない」って。
試合で同じ場で戦うことはなくなってしまったし、4回転ジャンプはまっちーはもう跳ばないかもしれないけれど
ゆづる君は、もし自分がまっちーほどの感動を観客に与えられないとしたら、
悔しがり、負けたくないと思うはず。
そういう意味で、二人はまだ戦っているんじゃないかと思った。
ゆづる君だけじゃない、
現役続行を視野に入れているこづだって、間近でまっちーのプログラムと演技を見て、どう思うだろうか。
タツキがここまで作り上げ、ここまで演じてみせる、こんなに観客に感動を与えている。
自分だってこれに負けられない、と、絶対思うんじゃないかな。
演技だけじゃない、取り組む姿勢だってそう。
私だったら、同じ世界にいる人(ライバルに値する人)が、自分以上のことをしたら
これに負けられないって絶対思う。

だから、まっちーは、現役選手にも絶対刺激を与えていると思うんだ。


新しいプログラムのタイトルは「継ぐ者」。
まっちー自身が、これまでのフィギュアスケートを「継ぐ者」であり
同時に新しい世界を切り拓く者でもある。
そしてまっちーの切り拓いた世界を、誰かが継いでいくかもしれない。
まっちーは、この先も継いでいく価値のあるだけの世界を、切り拓き構築していかなくてはならない。

人間は誰もが何らかの「継承者」と言え、その人生を全うする過程で、「受け継ぐ者」と「受け渡す者」の両者を経験することになるはずです。人から人へと連なる、過去へも未来へも永遠と続く、その連綿たる連鎖の中に存在すること

まっちーはそれだけの価値のある分野を作り上げる気概を持って
今の自分の取り組みに立ち向かっていると思うのです。


新しい道を一人で切り拓くというのは
どれほど孤独でつらい作業で、どれほど強い気持ちが必要なことだろうかと思う。
それをやり遂げているまっちーを尊敬するとともに、心配にもなる。
誰か、まっちーをバックアップする態勢を作ってあげてくれないかなぁ。
それをまっちーが(学生だからとか言って辞退とかしないで)受け入れて
より作品を創りやすい環境に身を置いてくれないかなぁ。
今すぐでなくても、数年先にそんな風になって、もっとまっちーの取り組みが高く評価されるようになってほしい。
老婆心ながらそんなことを思ったりしました。

まぁ、私の想像など軽々超えていくまっちーは
そんな将来的ビジョンまでちゃんと考えているかもしれないけどね。


PIWの作品のことを聞いて、まっちーの様子を聞いて
感激しながらも、そんなことを考えていた2日間でありました。



あー、語った語った。
くっそー、PIW見てえっっっ!!!




 
| PIW2015 極北の春祭 | 08:38 | comments(22) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:38 | - | - | pookmark |
コメント
観世様、皆様、おはようございます、お久しぶです。

乗り遅れ気味の私ですが、ここ数日は皆様のレポートを読み
ドキドキの毎日を過ごしいます。

しかし!!!今朝は、観世様の記事を読んで、感動しております。
いつもながらの率直さとユーモアはさることながら、
深い考察とまっちーへの愛が溢れています。
今さらですが、私はどうしても競技者=町田樹に思いが残り
なかなかショーには心が向かいませんでした。
でも、皆様の熱い思いと今日の記事で、今はTV放映を心待ちにしています。
観世様、皆様、ありがとう!

まっちー、頑張れ!(身体には気をつけて^_^)



| Moko | 2015/04/27 9:54 AM |
脱字、ゴメンなさい。ひさびさでキンチョー^_^;
| Moko | 2015/04/27 10:20 AM |
こんにちは。観世さん東京公演行こうよ。私もやっぱりもう一度見たいから、ダンナに交渉中です。絶対生で見ないと後悔するよ。
| まるちゃん | 2015/04/27 10:25 AM |
観世さま、おはようございます♪
25日午前と26日両公演を見てきました。

観世さんの愛あふれる素晴らしい文章と、
皆様の素晴らしいレポを読んでしまったので、
文章力のない私は恥ずかしくて何も書けませんが(汗)
樹くんの演技を見て、その美しさに森林と青い空が浮かんだんですよね。

彼の振り付けした「白夜行」も美しかったけど、
消えてしまいそうな悲しさを感じました。

今回は美しいけど自然と一体化したような
清々しい美しさを感じました。

私はバレエの事はよく解らないので、
偉そうに思われたらごめんなさい。
まさに氷上のバレエダンサーだと思いました。
素晴らしい表現者ですよね。


観世さん、ご都合が付けば是非是非東京公演行って下さい。
バレエに詳しい観世さんがどのような感想をもたれるのか、
私も是非聞きたいです!

| Lavender | 2015/04/27 10:54 AM |
観世さま

先ほどのコメントですが、
ネタバレになるかもしれないので、
削除をお願いします。

ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません。
よろしくお願い致します。
| Lavender | 2015/04/27 11:30 AM |
> Lavender さま

コメントありがとうございます。
またご配慮ありがとうございます。
そう言われたら私の文章もネタバレになるかもしれないので
本文の方にその旨書き入れまして、
コメントは残しておきましょうね(^ ^)

| 観世 | 2015/04/27 11:48 AM |
観世さまみなさま

PIWレポや感想色々ありがとうございます。一緒に会場にいる気分を味わっています。朝の観世さまの記事を読みまっちーのサイトの継ぐ者を読み返して涙してしまいました。引退の悲しいやるせない涙とは違ううまく言い顕せない涙でした。
まっちー(とはもう呼べない位の存在かもしれませんが敢えて呼びたいです)のこれからの全てに思いを馳せながらずっと見守っていきたいと思いました。想像だけで心を頂かれてしまってます。
生でまっちーを見る事はほぼあきらめている私ですが、PIW東京行きを考えたいと思い始めました(99.9%無理だ)鹿児島なら日帰りできるのに!刑事くんや川原星くん中塩美悠ちゃんが出るなら鹿児島考えようかな?観世さまいかがですか?

| のどあめ | 2015/04/27 12:00 PM |
さっき動画サイトで町田くんの使った今井顕さんのピアノ聞いてみました。聞いてたら、やはりこの音源を選んだ理由わかる気がします。演奏聞いてるだけなのに涙が溢れました。
| まるちゃん | 2015/04/27 12:21 PM |
> Moko さま

お久しぶりです!
私もそうでした。いつも公言しているように、私は試合が好きで
あの制約の中でどれだけのものを見せてくれるかと、競技特有の悲喜こもごもが大好きでしたので
そこにまっちーがいなくなることに、すごい喪失感を覚えていました。
でも今回の演技と取り組む姿勢を見て、
まっちーが競技の世界を後にしたのは、新しい世界に進むためだったんだと納得できました。
競技の世界は、彼には狭すぎたんだなとさえ思います。

テレビ放送で全貌が見られるのが楽しみですねっ!!
| 観世 | 2015/04/27 12:55 PM |
> まるちゃん さま

行けないーー。さすがに行けないよーーー(T T)
フィギュアに何の関心も無い私の妹が、新横浜に勤めているんですよ。
「なんかスケートやってるみたいね」と教えてくれます。
うあああーーー、身体が入れ替わりたいーーーー!!!

まっちーは音源にもいつもこだわりますね。
音楽も好きですもんね。
たくさんのたくさんの演奏を聴いて、選んでいるのだろうなと思うと
それだけでも膨大な時間と労力を使うわけですから
本当に、作品に対するこだわりの強さに感心します。芸術家ですね。
今井先生も、そうやって選んでもらって、あれほどの演技をしてもらうのですから、嬉しいんじゃないかしら(*^^*)
| 観世 | 2015/04/27 12:59 PM |
> あらためまして、Lavender さま

公演、見に行かれたのですね!
なんでしょう、みんなが「精霊」「聖霊」とか、「妖精」とか、あるいは「大地の精」だとか
自然を想起させ、しかも人智を超えたものをイメージさせる表現をされるのですが
Lavenderさんも、森や空が浮かんだのですね。自然と一体化したような演技なのですね。
あとは「息をのむ」とか「吸い寄せられる」とか。
・・・本当にすごいものを作ってきたんですね〜・・・。

バレエを見たようだという感想も多いですね。
私はそんなにバレエには詳しくないですけど、
ネオスポのニュースで映ったわずかな動きの中にも、バレエの腕の動き(ポールドブラ)が見てとれました。
ミルズ先生の教えを継承しているのかな〜と想像したり。

東京・・・遠い・・・無理・・・・(;;)
| 観世 | 2015/04/27 1:08 PM |
> のどあめ さま

ねー、鹿児島なら少々無理すればねー!
あと、広島とかでもいいですよ。
昨日の八木沼さんの生中継ラジオでは、広島で昔PIWをやった時のことがちらっと話されたみたいです。
広島なら行けるよー。広島ならきっと星くんも刑事くんも出られる。
そしてまっちーは地元である!!!
よし、広島だ!! まっちーカモーン!(T0T)

| 観世 | 2015/04/27 1:11 PM |
観世さん、町田くんは来年修士論文で忙しくなると思うので今年ほど出ないかもしれません。また実は…なんて言われたら後悔するから見れるときは行くべきです。私もだから今年1人で行ってきました。
| まるちゃん | 2015/04/27 1:18 PM |
観世さま、皆さま、こんにちは〜!
初日、2日目と、行かれた皆様の力の入ったレポで、まだ行ってないのに行ったような臨場感を味わわせて頂いてます! 本当にありがとうございます〜!(「言葉に表せない…」とおっしゃっている方も、すごく素直な感情なんだろうな〜と思います。)
私は、5月に行くので、あらかじめ様子を知って、心構えが少しでも出来て良かったです。(いきなり見ていたら衝撃的すぎて死んじゃいそう。笑)
それにしても、「出会いの広場」を企画した観世さまご自身が、NEWまっちーを見られないなんて…!!(なんとかならないんですか?…ならないか…)
絶対、西にも来て欲しいですよね〜!(あー、でも、PIW鹿児島はDOIとかぶってるんですよ〜!なので、まっちーは…スケジュールもっと調整してよー!と思いますね。)
そうそう、国のスポーツ立国宣言?みたいなのの中に、選手へのセカンドキャリア支援として、大学院進学の費用補助の制度もあるみたいですよ。(研究報告をしたり、競技のPR活動したりの条件付きですが。こういうの利用する選手もいるのかもしれませんね。)
私がすっごい大金持ちなら、通年リンクいっぱい作って、いくらでも支援するのにな〜!(←無いし、ムリムリ!!笑)
…でも、スケート好きな方なら、皆さん一度はそう思われるのでは?笑

それでは、週末、緑の妖精に会いに行って来ます〜!(もともと行かないつもりだったのに抜けがけスミマセン…)
| めーやん | 2015/04/27 2:01 PM |
こんばんは〜!追伸です。
PIW鹿児島とDOIについてですが、ショーの企画をする人が、日程が(なるべく)かぶらないようにスケジュール調整してよ〜と言いたかったんです!(まっちーに言ってるわけじゃないですよ〜言葉足らずですみません。)
そして、DOI、羽生くんin、「人間卒業さん(笑)」の競演〜!
な、何かが起こる!?
| めーやん | 2015/04/27 8:56 PM |
お久し振りです 観世さん。
人事異動により、慣れない業務で半泣きの一ヶ月…
乗りきれたのは 五月になったら 町田さんの演技が見れる…とそれだけを糧にがんばってきました。

せっかく見に行くんだから 情報シャットアウトで…
は無理でした。このブログのコメント欄を読み、他の方のブログを読み、ツイッター検索しまくり(笑) 得た情報は

髪長い!おお あの特徴的なラインは保たれているらしいぞ!ていうかかえって痩せてないか?とか
何、6分の演技?ジャンプ六種類いれてきた?表現が美しい。感動した
第九からちゃんと繋がっている、素晴らしすぎて人間とは思えない、妖精だと思う!
という感想が溢れかえってました。

…なんか凄いな、町田さん。
観世さんも書いてらっしゃるように、新しい環境で、学業を本分としながら
観客の期待に200%の力で答えるなんて
ただひたすら尊敬します。

私も慣れない仕事に泣いてる場合じゃないですね!
町田さんみたいには絶対に無理だけど(笑)
新しい職場で 自分のできる事をがんばりたいと思います。(町田さんより○年も長く生きているんだから!)


…さっき気づきましたが、チケットとりはしたものの
交通手段&ホテルの予約してないことに気づきました…。ま、なんとかなると思います…。






| ひじき | 2015/04/27 11:36 PM |
観世さん、皆様、おはようございます。

皆さんのコメントを見て感動が更に上書きされ、まだ来週まで祭は続く~とウキウキしてました。
でもこの記事見て、興奮と感動に舞い上がりすぎな自分をちょっと反省しました。
町田君の大変さには思い至らず…そうですね、きっと今でも懸命に戦っているんですね…。だからこそあんな演技を魅せられるのでしょう。
観世さんの洞察力と深い愛に感服ですm(__)m

それから前記事のコメ返、待ち合わせ場所変更の件、申し訳ないなんてとんでもないですよ~。企画して頂いた事がありがたいんですし、会えた方もいらっしゃるんですから!

昨日早速シューベルトのCD注文しました。
届いたら何度も聞き込んで皆さんのコメントも反芻して、町田さんの世界を追体験したいと思います。

これからの公演を町田さん他皆さんが無事終えられます様に。それから、一人でも多くの好きつら党員の出会いがあります様に。それから、それから、1日でも早くテレビで放送されて、町田さんの思いが、多くの人に伝わります様に!

観世さん、いつもありがとうございます。


| おおとら | 2015/04/28 6:42 AM |
> めーやん さま

DOIも、FaOIもゆづINらしいじゃないですか。
あんまり出過ぎないようにしてくださいよー、ゆづるさん!
きっとどこかでゆづまち公演ありますね。
チケット争奪戦が大変なことになりそう!

めーやんさんももうすぐ「NEWまっちー」(←笑いました)のご尊顔を拝するわけですねっ!
抜けがけだなんてとんでもない!
私が行けない分、一人でも多くの人に、一回でも多く、まっちーの演技を見てもらいたいです。
めーやんさんの壊れ具合が楽しみだなぁ(笑)

「セカンドキャリア支援の国の制度」っていうの、興味深いですね。
フィギュアは特に今まで、そういうのと縁がなかったような気がするんですよ。研究職みたいなのに就かれる人が少なかったのかな。
まっちーがこうして自分のセカンドキャリアや、学生スケーターとしての現状をアピールしているのは
けっこう異質な感じがしますし、
そのこと自体が良い問題提起になっている気がします。
私たちも、まっちーがこんな風じゃなかったら、そんなことに興味持たなかったですもんね。
| 観世 | 2015/04/28 9:46 AM |
> ひじき さま

お久しぶりです!!お忙しかったのですね。
新しいお仕事には慣れましたでしょうか。
がんばったご褒美のPIW、楽しみですね!

今回のまっちーは、事前情報を入れて行った方が身のためだと思います(笑)
だって衝撃的すぎるもの。
少し情報を入れて、覚悟して行った方が、よりまっちーの思いを受け止められるし、じっくり見られるような気がしますね。
情報無しで行ったらたぶん、幻みたいに終わっちゃうんじゃないかな。
それはそれですごい体験かもしれないけれど。

交通手段はともかく、ホテルは確保した方がいいんじゃないですか!? ゴールデンウィークだし!
まぁいざとなったら、新横浜からいくつか離れた駅まで出れば、きっとありますよ、ホテル。

| 観世 | 2015/04/28 9:52 AM |
> おおとら さま

どうも好きな選手には感情移入が強すぎて・・・イタイ文章すみません(^^;)
でもねー、まっちーの「思いつめすぎる性格」(by 大西先生)と、理想の高さと
食べないとどんどん痩せちゃう体質が心配なんですよねー。
って身内かwww

とりあえずは、今回の作品をショーで披露して、評判も高いので
少しホッとしてゆったりしてくれたらいいんですけどね。

でも、細すぎてアイライン入れすぎて髪が長すぎて作品に入り込みすぎるまっちーだからこそ、
妖精に見えちゃうのかもしれなくて、それが素敵なんだけど(*^^*)

≫1日でも早くテレビで放送されて、町田さんの思いが、多くの人に伝わります様に!

私も激しくそう思います!!

| 観世 | 2015/04/28 9:59 AM |
観世さま、こんにちは。観戦を明日に控えネタバレを控えることも出来ず皆さまのレポでもう心は半分持ってかれてる状態です。心して立ち向かわなければとシューベルト聴いていましたら、うちの犬もタブレットの前に来て静かにしていました。癒されるのかしら?
この即興曲ですが、えどさまが見たガタカという映画の他に、愛アムールという映画にも使われているようです。今回のcinemaのテーマとはたまたまでしょうか。継ぐ者というテーマ、曲名でないところダンスではよくありますがフィギュアではなかったんですね。いろいろ深いテーマですね。


またアーロンくんもやはりTatsuki Machidaに影響されてミルズプロだったようですね。なんか嬉しくて涙出てしまいました。
| 恵子 | 2015/04/28 11:28 AM |
> 恵子 さま

いよいよ明日ですか! 楽しみですね!!
感想お待ちしてます♪

あのシューベルトの曲が、そんな映画に使われているとは。知りませんでした。
でもまっちーは、映画と結びつけるのは嫌がるかも。
幻想曲の時も、「ラベンダーの咲く庭でとは関係ない」と言い
エデンの時も「ジェームス・ディーンの映画は見てもいない」と言ってませんでしたっけ。

アーロン君のことも、うれしい記事でした。
まっちーの足跡は大きいですね。


| 観世 | 2015/04/29 12:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH