<< 極北の春祭(1) いよいよ春祭開催! | main | 【お詫び】好きつら党の皆様へお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
極北の春祭(2) PIW 4/25
JUGEMテーマ:町田樹

PIW 4月25日公演!!

まっちー、おかえりっ!!!(≧▽≦)



みなさんのレポ、コメント欄にてお待ちしてます♪

(この先ショーを見に行かれる方でネタバレが嫌な方は、コメントを読まないでね!)
| PIW2015 極北の春祭 | 10:20 | comments(18) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:20 | - | - | pookmark |
コメント
まさかの、ブログ主がコメントトップバッターw

家族と一緒に買い物&ランチをしながらも
10:50くらいからそわそわし始め、青いタオルを握りしめ
11:00になったら耐えきれずに、娘No.1に「 まっちーが、まっちーが出て来る時間だよぉ・・・」と漏らし
(娘:「あそう。よかったね。」)

もうその後はボンヤリしちゃって
好きつら党の皆さんは会えたかなー などと遠い目をしております。

かすかに流れてくるツイッターなどの情報で
まっちーは確かに演技を披露したようなので
これで私もだんだんと冷静になって、情報を待てると思います。

はぁ〜、まったくカラダに悪い男だよ。
| 観世 | 2015/04/25 12:11 PM |
観世さま
祭りの広場を作っていただきありがとうございます!自宅で極北の春祭参加させてい
だきます1公演目終わった頃でしょうか?
好きつら現地のの皆さまのレポ楽しみにしてます。
| のどあめ | 2015/04/25 1:30 PM |
ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150425-00000033-dal-spo

ふれあいでもお話しすらしなかったのかしら。
インタビューも欠席だなんて、声やコメントを聞く機会はないのかもしれませんね。
すごいこだわり(笑)
でも演技は大作だったみたいですね!

私は好きつら党の皆様がお会いできたかどうかが、気になって仕方ありません。
もし待ち合わせ場所がわかりづらかったら、
よりわかりやすい場所をご提案くださいませm(_ _)m
| 観世 | 2015/04/25 2:16 PM |
コメントは出した様です。
毎日新聞芳賀さんって方検索してみて下さい。
| ゆう | 2015/04/25 2:38 PM |
行ってきました!帰りの電車の中ですので、取り急ぎ手短に。。家に帰ったらもっと詳しくお届けします。

町田さん、完全に主役級のお取り扱いでした。オープニングの入りは一番最初、演技順はゲストスケーターでトリ!
オープニングはジュトヴの衣装でバレエジャンプ美しかった…
町田さんが現世にいることがやっと信じられました。6分新プロはバレエ堪能した気持ちです。。
乗り換えが近いので、また後ほど……
| mintblue | 2015/04/25 2:53 PM |
> ゆう さま

情報ありがとうございます!
記事に上げました。
これ、事務局を通じてってことは文書で出したんでしょうね。
声を聞かせろよぉ〜(笑)


> mintblue さま

おつかれさまでした!
まずは無事にお帰りになり、ゆっくり消化されて、レポをよろしくお願いしますね♪
お客様の反応とかも知りたいです(^^)
| 観世 | 2015/04/25 3:14 PM |
皆さんこんにちは!

午前の部行ってきました。
町田くん、去年に生で見た時よりオーラが強くなって、一回り大きくなってた感じでした。
一回転倒したけど、素敵な作品でした。皆さんスタオベでしたよ!多分この回では一番!

ふれあいがお手振りしながらサーッと一周して終わりだったので、写真が全然撮れなくて皆さんガッカリしてました。もうちょいサービスしろよって感じかな。

休憩時間に待ち合わせ場所に行ってみたけど、トイレ待ちの列と同化してしまってよくわかりませんでした。明日も行くので探してみます。
| みやび | 2015/04/25 3:34 PM |
tatsuki machida は森の精のようでした。

ピリっと張りつめた空気の中で華麗に舞いました。
美しかったです。

お衣裳は白の袖口にギャザーの入ったワンピース?でウエストで斜めにダークグリーンのパンツと切り替えてあり、その切り替え線に別布のフリルかなにかが挟み込まれている。

非常に凝った造りのお衣裳。

ヘアスタイルはゆるーくウエーブが出たセミロング。

グリーンのライトに照らされます。

彼だけ神秘的で別世界でした。

初回だったせいか、殆ど笑顔なしで寂しかったです。
声も聞けません。

ラストの群舞は可愛らしく自信なさげに遅れ気味に踊っていました。

ふれあいは最初のうちにガードされつつ観客から遠くを手を振って一回りでお終い。
混乱の起きる隙などない早さでした。
そのあと、普通に他のメンバーのふれあいは続いていました。
| mitsu | 2015/04/25 4:09 PM |
観世様 皆様 こんにちは
初日午前の部、家族に黙ってこっそり…見て参りました。町田さん素晴らしかったです。言葉にできません。どうしましょう?、乙女のように美しくて頼もしさも溢れる青年を!。(「黒蜥蜴」が頭をよぎりました。)周りの観客が「まっちー!本物出た!出た〜!」と手をとりあう中で、私も夢を見ているようでした。町田さんは二部にご出演。照明も凝っていましたし、衣装等、バレエの舞台を見たようです。新しさも感じました。まだ気持ちが舞い上がっています。帰り際に、記者らしき方達が「あれ何?シューベルト?。またちょっと凄いね」みたいな会話をなさっているのを聞きました。もしかしたら、好みの別れるところが有るかもしれませんが、新プロ、私は大好きです。お顔がほっそりなさったままでしたが、良い表情でいらして安心しました。私は文章が下手なので詳しくは書けませんが、観世様がおっしゃったとおり、町田さんは綺麗でした。小塚さんがとても良かったです。感動しました。織田さんも楽しい「ダースベイダー」でした。フィギュアの生徒さんたちも可愛らしかったですよ。もう一度見られるので、次はもっと落ち着いて見るようにいたします。
| navis | 2015/04/25 4:14 PM |
観世さん、みなさまこんばんは。今日お越しになった皆様にお会いできず、すみませんでした…
せめてもの罪滅ぼし(?)に、本日のレポートをお届けします。。
町田さん中心にまとめてもあまりにも長くなり、非常に読みづらいと思いますので、これから5つに分けてコメント投稿させてください;
(分けたからといって長すぎることに変わりはないのですが…何かのお役に立てれば幸いです。)

【レポ1】オープニング編

席は東側1列めのやや南寄り。S席ですが想像以上にリンクが近くて驚きました。近くまでくればスケーターさんの表情も見えます。
私の記憶が早くも混乱していなければ、町田さんはPIWチーム以外のメンバー(ゲストスケーター)で最初の登場でした。
前半に演技するスケーターはオープニングに出ないことが多いようなので、このときに「ああ町田さん後半だ!!」と思いました。
北ゲートから姿を現した瞬間、南サイドを中心にうねるような歓声、大喝采!

しかも男性の野太い声も聞こえて。老若男女幅広い方々に愛されていること、町田さん再臨にどれほどの期待が寄せられているかを、まさしく肌身で感じられて、それだけで涙出そうになりました。(ですがガン見しないと勿体ないので、泣きません)
照明の色でちょっとわかりづらかったのですが、あの衣装はジュトゥヴかなと思いました。昨年のPIWのプログラム…東京公演のことを懐かしく思ったりしました。でもその当時よりも遥かに、お客様の歓声は強烈でした。

いきなり北から南側まで一気にすーっと滑り込んで、キレのある美しいジャンプ!
(テレビほど近くでは見えないので、種類ははっきり見分けられませんでした。ルッツ3回転だったような…)
髪型は限りなく全日本の頃のスタイル・長さに近いように見えました。相変わらず細くて身体のラインが美しくて。学業とともにきっちり練習も積んでこられたんだろうなあ…と思いました。
のっけから凄いものを見せつけられ、独特の「町田さん走り」で北の出口に戻られて、そのときはまだ「幻か?」という感じでした。
| mintblue | 2015/04/25 10:26 PM |
【レポ2】新プログラム披露編(1)

EテレでN響アワーなどをよく聞き流している割に、クラシックにあまり詳しくない私。この曲は、どこかで聞いたことあるかも?くらいで、ほとんど知りませんでした。それだけに、曲の流れや展開も予測できず、そこに町田さん初披露の動きときて、もう心臓どきどきしていました。
衣装はすでに動画やニュースなどで上がっているようですが、実際に見た時は、ライトの関係もあって黒か緑かわかりませんでした。
でも途中からたぶん緑!と思った瞬間、衣装にも情景が感じられました。足元から腰上までは深い木々を湛えた森、上半身はたちこめる霧、そして腰回り中心に斜めに射しこむ気高い光。

登場した瞬間から、もう何かこの世のものを超越したような姿でした。大歓声も拍手も、飲み込むような凛とした空気。
あまりにも神々しくて、本当にこの方は人間なのか?とさえ思いました。
古代ギリシャやローマの時代から永らく最高傑作と崇められている彫像に、生命が吹き込まれて氷の上を舞う。時に激しく、時に静かに、時間のひだを縫って風を紡いでいくかのように、全身から思いを繰り出して新しい世界を生み出す。
(自宅に戻ってから町田さんのコンセプトを拝見して、さらに納得です…狙いどおりになっていると思います!)

これはもはや、スケートではなくて天上から降臨した生命体による崇高な舞踊。
もはや訳のわからない表現になってきてしまいましたが、それほどに体型、姿勢、衣装、もちろんまったく褪せることのない高い技術と美しい所作が融合して、芸術作品としての「完全美」を現していたと思いました。
| mintblue | 2015/04/25 10:28 PM |
【レポ3】新プログラム披露編(2)

いつもショープログラムは、あっという間に終わってしまうという印象がありましたが、このプロは確かにとても長いと思いました。(6分だったのですね)
だから途中から、これほど長く、町田さんを眺めることができて本当にいいのか?!というおかしな不安感にもかられました。

…と言いますか、実は始まったときから、ものすごい怖れを抱きました。見て喜んで幸せな気持ちになるというよりも、まさしく畏怖です。重厚な音楽とともに紡がれる町田さんの一挙一動に、底なし沼のように引きずり込まれる。で、戻ってこられる気がしない。
そして長いと感じながらも終わった瞬間には、何か幻を見たような不思議な感覚と、もっと見ていたかったという思いでいっぱいになりました。

場内は、この日一番のスタオべでした。私の視界に入る限りの人のほとんどが、立ち上がっていたように思います。
以前、スケアメ第九初披露の時期あたりのコメントで、「美と崇高の違い」のようなことを書きました。
「想定できる理想として心地よく感じられるのが美」で、「想像を絶することによって何らかの恐怖や苦しみを味わいながらも、引き込まれて心を奪われるのが崇高」という説があって、まさにこのプログラムは私にとって「崇高」でした。

ジャンプは6回くらい跳んだ?と思っていましたら(胸がいっぱいすぎて数えている余裕はなく;)、ご紹介の記事を見たら6種類すべてを盛り込まれていたんですね!ショープログラムとしては本当に異例と思います。
コンビネーションはなかった(たぶん)ものの、そのうち5回はほぼ完璧に着氷できるなんて。(アクセルは本当はトリプル予定だったかも?)配置にもまた意味がありそうなので、明日はそのあたりも冷静に見られたらなあと思います。

指先からつま先まで行き届いた丁寧な動きはもちろん健在で、バレエジャンプやレイバックスピン(ジュトゥヴと同じタイプの)など、ひとつひとつの技も美しく、このプロの時間を少し短縮したらそのままフリープログラムにできそうですよ!!(もう一度、競技もいかがですか…町田さん;)
| mintblue | 2015/04/25 10:33 PM |
【レポ4】フィナーレ&ふれあいタイム編

新プロの衣装のまま、フィナーレに登場。この後の番外編に関連しますが、小塚さんのすぐ後でした。
小塚さんが最後に披露した、北サイドでの横開脚バレエジャンプの美しさによる動悸がさめやらないまま、町田さんが現れるものですから、この瞬間が一番心臓に来ました。
(小塚さんが出口にひけて町田さんと入れ替わる瞬間に、さりげなく町田さんを紹介するかのように手を伸べていたのがツボでした)

オープニングの時と動きというか軌道は似ていたように思いますが、ライトがすっかり明るくなった処であの衣装を再確認すると、まったく違った印象になるから不思議です。演技中は畏怖さえ感じる神々しさでしたが、ここではすっかりやわらかなミューズでした。
一瞬不本意な足さばきになった様子だったとき、微かに苦笑しているのが見えて、ああ町田さん人間だ!と、安心というか嬉しくなりました。

そしてここでも再び、主役級のお取り扱いです!まずお客様の歓声!また南サイドから怒涛のような喝采。
そしてPIWチームとゲストスケーターさんはそれぞれ別の列を作って滑ってくるのですが、座長の荒川さんのすぐ隣。
これまでご本人の意図か成り行きか、町田さんは端っこの方で恥ずかしそうにしている印象があったのですが、逃げも隠れもできない(そんな気はないか;)ど真ん中のポジションでした。

このショー全体が、町田さん再臨を心から喜び、それを待ち望んでいたお客様の心も汲んで演出されていたような気さえして、本当にありがたかったです。2年前の春に「自分は6番手…」などと仰っていたことを考えると、町田さんは本当に現代の奇跡です。

PIWチーム全員とリンクに上がったときは南西の角が町田さんのポジション。東側の私の席からは遠かった!
しかも小塚さんが(たびたびすみません;)北西の間の角にいたものですから、どちらを見ていいのかもうさっぱりわからず、目線挙動不審者状態に。そして、いつフィナーレが終わったのかわからないまま、ふれあいタイムに突入。

私はEX席ではないため、ふれあいエリアのリンクサイドに行くには若干移動が必要で、その1〜2分くらいの間に町田さんは消えていました…
周りの方の話によると、手を振りながらさーーーーっと周回し、特に立ち止まりもせず、誰とも個人的には話さず、あっというまに出口に行かれたと。せめて1枚でも、遠くからでもお写真を、と意気込んでいた私にはあまりに衝撃的な幕切れでした。

ですが…また救われました。救われた以上のものも貰いました。「番外編」最後に書かせてください。(すみません、これは町田さんレポでなくなります。お許しください。。。)
| mintblue | 2015/04/25 10:37 PM |
【レポ5】番外編

ほとんど私の覚書き日記状態になって申し訳ありません。

写真好きの私としては、まさか話はできないまでも、遠くからズームきかせてお写真は絶対に!と楽しみにしていたため、町田さんをあっという間に見失い、かなりの動揺と意気消沈。ですが、最後の力を振り絞ってリンクサイドへ。

1列目にはさすがに行けず、かなりの人波で諦めかけましたが、小塚さんに声をかけることができてプレゼントを渡し、握手もしていただけました。
(「トークショー行きました!」「えっ、ホントですか」「はい楽しかったです」「ありがとうございます」という感じで15秒くらい…1メートル足らずの距離で見る小塚さんはさらに上品な美青年で、改めて見惚れました)

この日のふれあいタイムは、小塚さんひとりが超ロングラン。スケーターさんたちは皆さん北→西→南→東の順に回ったのですが、安藤さん、織田さん、明子さんなどはたくさんのファンに声をかけられたりしつつもスムーズに周回しているのに、小塚さんだけまったく南東まで辿りつく気配がない…

お目当ての方にプレゼントを渡したら、最前列や2列目からは身を退いて後ろの人たちに場所を譲る、というマナーになっているようですが、何しろその小塚さん待ち状態なものですから、ファンの方々は身動きがとれません。

ですが、小塚さんのファンの方(に限らないかもですが)本当に皆さん優しく、控えめな大人の方が多いなあと思いました。

待っている間もそれぞれ口々に熱心に小塚さんリスペクトの言葉を話してはいるのですが、一人大声をあげて目立とうとする人や、押し合いへし合いする人もなく、健気に到着を待ち、ふれあえたらなるべくすぐに脇に退けて写真を撮る…という感じで。そうでなければ、人ごみが苦手な私はすぐに逃げ帰っていたと思います。

小塚さんが更に痩せたように見えて心配になりましたが、ようやく生でフラメンコを見ることができ、後半のオープニングで超絶イーグルも堪能し、もう言うことはありません…先日のフィギュアスケートTVでは質問に答えていただけて、この4月は本当に小塚さんを身近に、生身の人間として感じられる機会に恵まれて幸せでした。(できれば町田さんもまた、身近な距離に降りてきてくださるといいのですが・・・)

長々とすみませんでした…;以上でレポ、終わります。。
| mintblue | 2015/04/25 10:43 PM |
観世様、皆様、こんばんは!
遅ればせながら、やっと自由な時間ができたので午前の部のコメントさせていただきます!

まっちーの新プロ素晴らしかったです!
もう曲名もお写真もデイリースポーツであがってますね!
暗闇の中、氷上に現れライトアップされた瞬間、最初の全身を柔軟に使った独特なポーズに一気に引き込まれました!
そして、そこからは音楽を奏でるようにスピードに乗って全身を使いながら何かを語りかけるように舞い踊り、ジャンプも跳びまくってました!
ジャンプは一回転倒ありましたけど、あとはきれいに決まってました!
樹ラインがますます際立つ衣装(≧∇≦)に身を包み、ライトに照らされてキラキラ光を振りまきながら舞い滑る樹君!
もう、すっかり見惚れてしまって6分間もあったそうなんですが、あっという間に終わったような気がしました!もっと、ずっと見ていたい!もちろんスタオベ!
その日1番の大歓声とスタオベだったと思います!

そして、ふれあいタイム!
まっちー、一周笑顔でお手振りして風の如く去って行きました〜(^_^;)え?これで終わり??
ふれあいタイムに出るってこれだったのね!
お花、プレゼント受け取らず、どうやってふれあいタイムするのか想像つきませんでしたけど、こういうことか(>_<)
まあ、確かに出ては…いるか…(>_<)
まっちー、一学生としての立場に徹底してました。寂しいと言えば寂しいけど、まつちーの気持ちを尊重したいと思います!もうちょっと上手いことやれば世間受けもいいのに(^_^;)と、おばさんは余計なこと思ってしまいますが、不器用でまっすぐなのがまっちーらしいから仕方ない!

まっちーの去った後の触れ合いを見てましたが、小塚君すごく色男で素敵でかっこよかったです!写真何枚も撮ってしまいました!織田君もサービス精神の塊みたいで自然と笑顔になってきました!もちろん明子さん、美姫ちゃん、荒川さん、本田さん、新葉ちゃん、書ききれないけど皆さん素敵でした!
テレビでは、あまりわからなかったのですがプリンスアイスチームの群舞もすごく迫力あって楽しくて盛り上がってました!手拍子と拍手のし過ぎで手が痛くなったくらいです!

そして、休憩時間に好きつら党集合場所の北側の東西をつなぐ通路を探してウロウロしてたのですが北側まで行くと行き止まりになっててわからず、結局係員の方に聞くと東西をつなぐ通路は一本だけで、南側にしかないですと言うことでした!今から行かれる方は、ご注意下さいね。

それで南側の通路の真ん中辺りにできるだけ青をアピールするように立っていると…なんと「観世さんですか?」のお声が!!mitsu様と無事にお会いすることができました!感激(≧∇≦)あまり時間もなかったので、ご挨拶と少しお話しただけでゆっくりお話もできず、終わったらまた探せばお会いできるだろうと油断して休憩時間終了の知らせにバタバタとお別れしてしまい、終了後結局探し切れずそのままになってしまい失礼してしまいました!でも束の間でしたけど、まるで奇跡のようで嬉しかったです。mitsu様、観世様ありがとうございました!









| かず | 2015/04/25 11:11 PM |
25日公演から2日(24時を回ったので3日?)たちました。

何の予備知識も持たずに見に行き、それでも今までの作品を上回る感動を受けて帰ってきました。家に戻ってから公式HPの作品コンセプト等を読み、ああこれだったんだと納得して眠りにつきました。

翌朝目覚めた時、改めて衝撃を受けている自分に気がつき驚きました。「氷上の哲学者」と言われながらも、今まで私の目に見えていたのは唯の哲学好のスケーターでした。

でもこれは違う。哲学者がスケートという身体表現をとおして哲学そのものを現しているのではないか ?
確かに妖艶で美しい。でもそれだけではなく、更に深い精神性が加わっているのではないか ?
もう一度この目でしかと確かめなくては。今日も見たい!! そう思いながらこの2日過ごしました。29日が待ち遠しいです。


| くう | 2015/04/28 12:25 AM |
> かず さま

すっかりお返事遅くなってしまって申し訳ありません!!
レポありがとうございます。
mitsuさんとお会いできたこと、よかったです〜。
ウロウロしてくださってありがとうございました!

まっちーもこの日の初演が一番緊張したと思うんですよ。
そんな中でそこまでの感動を与えられる演技をするとは、さすがですね。
さらに振り付けも自分。あれだけの(6分にもわたる)作品を創る能力。しかも観客に感動を与えられる作品です。
すごいですよねー。よく頑張ったと思います。

見るたびに、毎回前回を超えるものを見せてくれるまっちー。
これは最高だ!と思っていても、次にはさらにすごいものを見せてくれる。
彼はどこまで行くんでしょうね。まだまだやりたいことがいっぱいあるのかな。

ショー自体もすばらしかったみたいですね。
演出や構成もとても良かったという評判を聞きます。
すてきな時間を過ごせてよかったですね(^^)


| 観世 | 2015/04/28 10:05 AM |
> くう さま

すっごくくうさんの気持ちが伝わってきます!
翌朝目覚めても残っている衝撃。
今日も見たい、今日も見たいと思わせる。
そんなまっちーの演技は、本当にすごいんだろうなと思って心が震えます。
いよいよ明日、もう一度見られますね。
前回よりじっくりとみられて、深く理解することができるのではないでしょうか。
くうさんの2回目の感想も、楽しみにしています!!

| 観世 | 2015/04/28 10:08 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH