<< 世界選手権 男子シングル終了 | main | 好きつら党の小部屋 #17 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
世界選手権 男子シングル終了

では、ヴォロノフさん以降の最終グループについて。


デニス・テン
昨日のショートで、まさかの「曲の冒頭が出なくてやり直し」というアクシデントに見舞われたテン君。
ショートのオープニングは、あの「チャラリラリラ〜♪」という音が
テン君の作品世界に引き込むきっかけなのにね。ひどいよね。
思ったより低い結果のショートでしたが
フリーは四大陸の好調そのままの、素敵な演技でした。
彼の作品は、悠久に広がる絵巻物を見ているようです。
壮大でロマンチック。強くて美しくて気高い。
引き込まれます。すばらしいプログラムだと思います。

それにしてもカメラ!!
上半身がカッコイイ時に足を映すとか、もう!!怒り
「ギャー!!ガーン」と叫んだぜよ、私は。

演技後にポーズをとる姿が、これまた誰かさんを思い出させて・・・(;;)
好きつら党はつらいよw


ゆづる君
よくここまでの完成度で演じたと思います。
出るとなったら、ここまでやってしまうのが羽生結弦。さすがですね。
でももう、ケガやら何やらのことは言わずに、演技について意見を言わせていただきます。
今日のファントムは、私は好きでしたね。
今までのファントムは、いわば「かっこつけているゆづる君」という感じ。
そしてファントムを演じている時と、そうでない時の差があって
技術を見せている時はアスリート、時々急にファントムを「演じ」てる。
そんな感じを今までは受けていました。
これは昨年のロミジュリでも感じていました。
だけど今日は、ずっとファントムでいるように見えたし、演じている不自然さもほとんど感じられなかった。
クリスティーヌが魅了されて思わずついていってしまうようなファントム。
それを感じることができました。
たぶん・・・・「悪そうだった」、というと言い方がおかしいですが(笑)
ゆづる君の中に、苦しさとか悔しさとかやりきれなさとか、
そんな、ある意味"まがまがしいもの"がちゃんと生まれて、存在して
それが見えるようになったのではないかと感じたのです。
10代までのゆづる君は、優等生で一生懸命で、勝ちたいということだけでまっすぐ頑張って、結果も残してきた。
天使のようであり、神様に選ばれた人のようであり、輝く存在であった。
しかし今季、いろんな思うようにならないことがあって、彼もいろいろ考えたり悩んだり苦しんだりしたでしょう。
そういう、いわば闇の部分・・・これは彼の人間的成長だと思うのですが
そういうものを少しまとうことができて、
それが見えたような気がしたのです。

苦しかっただろうけど、本人も言っているように
このシーズンは彼にとって、大きなターニングポイントになるシーズンだったかもしれません。


ゆづについていつまでも書きそうなので、この辺でやめて、次。

ハビエル・フェルナンデス
私は、昨日のショートがすごく良かったと思ったんですよ!ハビ君。
ものすごく仕上げてきたと。
このペースでフリーを滑れば、相当いけるぞと。
だから1位予想をしました。
4回転はもうちょっとだったけれど、私の予想通り、ほぼミスのない良い演技でした!
ゆづる君を上回った点数を出した時の、キスクラでのハビ君の顔!
あんなハビ君、見たことない。
本当に良かった。世界チャンピオンだよ、ハビ君。おめでとう!!


ハン・ヤン
最初の3A-3Tがものすごくて、拍手喝采してしまったんだけれど
後が崩れてしまって残念でした。
中国の期待を一身に背負って、ジジュンちゃん同様たいへんだったでしょう。
まだまだ若いハンヤン君。平昌では恐ろしい存在になりそうです。


ジェイソン・ブラウン君
きれいだった。ただただ、美しくて感動しました。
ハビとハンヤンの後だったから、余計に美しい動きが際立ったのかもしれないけれど。
ほぼノーミス。すばらしいスピン、バレエジャンプ。細部までこだわった動き。
非の打ちどころがない、と私は思いました。
私はやっぱり、こういう美しい演技、美しい作品が好きだなあ。たとえ4回転はなくても。
ミーシャ以上に涙があふれてきました。
私の今回の、フリー演技での1位はジェイソン君。2位はミーシャでした。
本当にすばらしかったよ、ジェイソン君。感動しました。ありがとう。
ラストを飾るにふさわしい演技でした。


というわけで、世界選手権が終わりました。
ゆづる君が、去年のまっちーと同じ色のメダルを首に下げていました。
また、去年と同じように、1位と2位の選手がとーっても仲良しで、うれしそうでした。

いつまでも未練がましくすみません。
とても楽しく興奮した試合でしたけど、どうしても心の隅の寂しさはぬぐいきれませんでした。


では駆け足でしたが、これにて。
明日も1日仕事なので、早く寝なくっちゃ!
せめて夢でまっちーに会いたいですわ。 はー、つらい・・・(;;)

 
| フィギュアスケート | 00:37 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:37 | - | - | pookmark |
コメント
観世さま

早々の記事アップ、ありがとうございます!今年のワールド、全体に楽しくは見ましたが、私も何度も「ここにいる競技者・樹くんが見たかった…」とちくちくと胸が痛み辛かったです。あのラベンダーを、あの第九を、世界に披露してほしかった…!

結弦くんはさすがですね。よくぞここまでと感服するばかりです。来シーズンに向けて、とにかく身体をしっかりとケアしてほしいです(国別のチケット取っているのですが、もう結弦くんは今回は辞退でいいのではと個人的には思っています)。

今回、個人的にはミーシャの演技も心に残りました。フリーは音楽もプロも、樹くんにもピッタリではと思うのですが。見ていて樹くんが躍ったらどうだろうと頭の中でシミュレーションしてしまいました。そしてミーシャのフリー後、実況の西岡アナがミーシャの演技が終わった後に「アーティストからあえてアスリート寄りにし、成功」といったことを話して、これは五輪シーズンの樹くんと同じ…。

こうして書き込ませていただく場を設けていただき、本当に気持ちが救われます。ワールドのテレビ放映終了後、どうにも樹くんの演技が見たくてたまらなくなり、五輪や全日本の演技を見直していました。それではまた…。
| シェリー | 2015/03/29 1:05 AM |
観世さんこんばんは(^^)
遅くにお邪魔してすみません。明日お仕事とのことなので、コメ返気になさらないで下さい。
観世さんの順位予想、見事に当たりましたね!
ゆづるくんの順位は少し残念でしたが、少しホッとしている自分もいます。なぜならこのまま、ずっと優勝しつづけていたら、それこそ大変。一度ここで、色々な事を見直すいい機会に恵まれたと思ってもらえたらいいですね。実際、ゆづるくんは、来シーズンは「身体を作り直す」と言ってました。是非とも体調は万全を心掛けて欲しいです。
観世さんのおっしゃるように、ゆづるくんにとっては、これがスケート人生でのターニングポイントになるでしょう。
彼の演技についての観世さんの見方、なんだかすごく鋭いですね!
確かに、今のゆづるくんはスケーティング技術に重点を置いているようです。理数系が得意な彼は、ジャンプなどの技術を数学や物理的な視点で結びつけ、自身の身体の動きに生かそうとしている。いわば「頭脳派スケーター」だと思います。そこに自身の感情を取り込んでいるといった感じでしょうか。
でも彼は「アーティスト」の魂も忘れていないはず。今日の演技には、アーティストのゆづるくんも存在していたのでしょうね。
四回転が決まらず、かなり悔しかったとは思いますが、それでもリンクから引き上げてくる時に、自分の腕や足を優しく叩きながら「ありがとう、ありがとう」と言っているゆづるくんが、とても素敵でした。
以前の彼は悔しそうに自分の足を叩いていましたね。「山あり谷あり」(ゆづるくん談)の中でも、常に感謝の気持ちを忘れない彼の姿に感動しました。
スケーターとしても人間としても進化し成長し続けるゆづるくんを変わらず応援していきたい私です。
来シーズンは、どんなプログラムになるんでしょうね。同じプログラムに今年出来なかった演技構成にするんでしょうか(^^;
とにかく、ゆづるくん今シーズンお疲れ様でした。まずは身体を労り、自分を誉めてやって下さい。
観世さんもゆづるくんの記事を様々な視点で書いて下さりありがとうございます!来シーズンも楽しみにしています(^^)
| なおみ | 2015/03/29 1:40 AM |
観世さん、おはようございます。昨朝は生存確認いただいてありがとうございました。。(動揺やら何やらで誤記もあり、名前まで間違えていて恥ずかしい限りです;)今日もお仕事という中でたいへんと思うのに、すべての演技を思い出せるくらい詳細な総括、ありがとうございます!

まずはハビさんおめでとう。後半4Sのコンビネーションのリカバリを決めた時、良い意味でぞっとしました。本当にすごかった…ビッグタイトルを手にできてよかったです。それからデニスさん。FPは圧巻の1位でしたね!!静かに引き込むたおやかさも、観客を躍らせるような高揚感も1つのプログラムに詰め込まれていて、さらに振付の一部のようにジャンプを跳ぶ。町田さんを思い起こさせる曲への憑依感も素晴らしく、ここまで海外スケーターさんに惚れたのはパトさん以来2人めです!

私もミーシャさんブラウンくんの「演ずることの美しさ」心に響きました。特にブラウンくんは4回転無しで4位はすごいです。あそこまで情感を極めれば感動も呼ぶし評価もされる。果敢に高難度ジャンプに挑む姿勢ももちろん素晴らしいですが、こういった構成で結果が出ると表現面も大切にする選手がたくさん増えそうで、嬉しいですね〜

それから羽生くん。私も観世さんのコメントに激しく同意です。これまでは、外側から勢いよく投げ込まれる「すごさ」「華麗さ」ばかりに目が行ってしまっていたのですが、今回は内側から訴えかける深さ、重みを感じました。ああ本当にこれで怖いものなしだ、としみじみ思いました。それと同時に、こんなにたいへんなことが続いて身体も万全でない中で、優勝以外に3枠の道が残されていない状況になってしまって、演技が始まった瞬間からなぜかずっと「申し訳ない、ごめんね」と胸の内で何度も呟いていました。

そんな訳で世間の皆様から何を言われるか怖くて仕方ありませんが、私には小塚さんの演技は嬉しかった。あのSPからよく持ち直してくれたと思いました。冒頭での転倒の減点と、3連にならなかったことがいろいろな意味で悔やまれる結果になりましたが、終盤のジャンプは全日本よりも流れがあって、最後のステップには全身全霊の想いと小塚さんならではの高潔さが溢れていたように感じました。
町田さんが突然目の前から姿を消してしまって愕然としていた私を、その後の3か月の間ずっと支え励ましてくれた小塚さんには、ただ感謝の言葉しかありません。ご本人の胸中を思うといたたまれませんが、もしいま目の前に小塚さんがいたら、深々を頭を下げて御礼を言いたいです。
(ここ暫く、小塚さんのことばかり書いてしまって、しかも今日も長文で、いろいろすみませんでした…)
| mintblue | 2015/03/29 7:32 AM |
観世さん、現地観戦の皆様、お茶の間観戦の皆様、お疲れ様でした。
それぞれのレポ、素晴らしく、楽しませてもらいました。

女子は3Aの幕開け、男子は四回転を複数種複数回、すごい時代です。
マッチーがいたらと何度も思った大会でしたが、やはり引き際だったのかとも・・・

一言だけゆづる君。
私は、ミュージカル・ファントムが大好きですが、今回のゆづる君に初めてファントムを感じました。哀しくて、美しい。。

でも、やっぱりマッチーに出てもらいたかったなー^_^
| Moko | 2015/03/29 8:04 AM |
観世さんお仕事お疲れ様です(^^)
またまたお邪魔しちゃいました。
今朝の新聞を読んだら、ゆづるくん、腹部の傷がどうやらまだ癒えていなかったようです。
糸がまだ残る、腫れたままの傷口に薬を塗っていたそうで…そんな傷口の影響もあってか4回転に高さや回転が生み出せなかったらしい事が書かれていました。腹部、お臍の下の部分を「丹田(たんでん)」と言いますが、ここは身体の内外のバランスを保つには大切な部分。ここを意識した呼吸をすることで、血流を整えたりと体の内側からも健康を保つことが出来るそうです。ゆづるくんは、今回、この部分がかなり弱くなっていたと思いますので、お腹に力が入らず、練習再開直後に右足を捻挫したり、ジャンプが決まらなかったのではないでしょうか。本人も「足がふわふわしていた」と言ってました。
身体の重心ともいえる部分に力が入らなければ、足腰にも影響が出る事は容易に想像できますね。
来シーズン、身体を作り直す時には、傷口をしっかり直すと共に、丹田も意識して外側だけでなく内側からも、健康を取り戻して欲しいと思いました。
| なおみ | 2015/03/29 2:30 PM |
ミーシャもアモもエキシに出ますよ!
ボーヤンも!(やった!)

日本の選手はゆづるくんと知子ちゃんだけですね。
トリはデュハラド。
理華ちゃんとshibsがいないのがスッゴく残念(>_<)
| ふみどう | 2015/03/29 2:35 PM |
こんばんは。世界選手権見てたら、町田くんの演技が見たくなって、動画めぐりしてました。やっと涙が止まったと思ったのに…やはり寂しくて辛くて泣いてしまいました。まだダメですね。
| まるちゃん | 2015/03/29 7:52 PM |
観世さま


とうとう今年が終わりました。
やはり羽生選手の銀が。。。
よく、やってくれたと思うのに辛くて。
 今回がファントムらしかった?!そうかもしれない!まだ、LIVEしか見ていないけれど見なおします。
最後の表情だけは印象に残っていて、少し大人になって、心の中を覗き込むような。
キスクラでマスクを外してみたり。
やはり私には誰よりも美しかったです。スケート自体ではないけれど。

| ikko | 2015/03/29 8:07 PM |
観世さま、さっき小部屋#17も拝見しました。お気持ちわかります・・・全日本での引退に納得していたはずの私も、世選が始まったら「やっぱり、ここで第九を演じて欲しかった!」という思いが強くなりましたし、神エデン記念日には、動画を何度か見て涙しました。エキシビのエンディングも見ましたよ。飛び立った鳥は町田くんのイメージだったのかな・・・?

しかし、激動のシーズンの締めくくりとなった世選、なかなかドラマチックでしたね。ヘンテコなあだ名をつけながら、ざっくりまとめてみました。

世選まとめ(男子)
1位:天然愛妻家(フェルナンデス)本人はビックリでも、皆さん納得の金!羽生くんを妻に例えるも、まだ独身w 天才肌で練習嫌いって、ミキティと似た者同士か。
2位:跳ぶ闘争心(羽生結弦)壁を超え続けるリアルスポ根主人公。競技で戦う姿勢は、彼の人生観そのもの。でも、お体お大事にね。平壌まであと3年。
3位:踊る愛国心(デニス・テン)一国の期待を一身に背負いつつ、クールに熱く舞う。国の将来も自分の第2の人生も考えている所も好感度大。
その他:心酔系ミーシャGとラブリー・ブラウンは、安定の自分色全開。残念だったのは、日本人2人と、繊細すぎる軍人コフトゥンと、やれば出来る子ジョシュアと、減った日本男子枠。

あと、酷いカメラワーク!テンくんの「これから行くよ」目線も、ちゃんと正面から捉えて欲しかった(怒)上から撮るスピンは目が回るし。天上カメラもいい時はいいんですよ、まっちーの世選神エデンの上からステップシークエンスには心を掴まれたし、引退後EXエデンも、いい所で天上カメラになってた。ダメだと思った悲恋涙の上からショットも、誕生日にgoogle風に加工されててGJでしたし。あっ、世選と関係なくなってる・・・閑話休題。

世選まとめ(女子)
1位:男前女帝(トゥクタミシェワ)今大会、唯一の神演技は彼女のSP。あのクワド皇帝を彷彿とさせる女版フィギュア進化促進派ジャンパー。
2位:コンパクトな努力家(宮田知子)塵も積もれば山となる。努力が報われた人を見るのは、感慨深い。赤いサイゴン、似合ってました。
3位:発熱ティーン(ラジオノワ)かわいいけど、今回はあまり印象に残ってない。でも、38度の熱でも戦うところが、あの宇宙人を彷彿とさせる・・・
その他:気になるのは佳菜子ちゃんの進退と、出るたび伸びる本郷理華。残念だったのは、世選に出なかったリプニツカヤと長洲未来、そして男子と引き替えお見せしない方が良かった控え室。

あとは国別対抗がありますけど、私としては今季は終了気分。以前はOP、世選、全日本の一部を見るだけだったのに、今季はGPシリーズと四大陸も見て、他国のナショナルも見て(一部のみ)、ジュニアの子の動画もチェックして、フィギュア雑誌を買って読むようになるとは!某小部屋ブログにもハマっていますし(笑)これも全部まっちーの仕業なのですが、おかげさまで充実したシーズンとなりました。ちょっと淋しくなりますが、これからまっちーのいるショー・シーズンが始まると思えば、そんなに悪くないですよね?(長文失礼致しました)
| IC | 2015/03/30 1:42 AM |
平壌じゃなくて、平昌でした!(お恥ずかしい)
| IC | 2015/03/30 2:38 AM |
皆様、すっかりお返事遅れまして、申し訳ありません。


> シェリー さま
ミーシャ良かったですよね! 
ミーシャも表現することが好きだというところから入ったスケーターだと思いますが、
そういう選手はやはりジャンプがそこまで得意でなかったりするので(彰生くんとかもそうだと思います)
トップクラスにまで上がるのは大変。
そこを、大きな決意で乗り越えたのが、ミーシャであり、まっちーであったと思います。かっこいいですよね。
昨年の世界選手権ではフリーにも進めなかったんですよ。
それが6位入賞。ステキです(^^)


> なおみ さま
今回のゆづる君の演技にはいろいろと考えさせられました。
彼の演技はこれから変わっていくのではないかという気がしました。
お腹の傷もまだ癒えていないんですか!医者に言われた完治の期間から考えたら、糸が残っているというのはおかしいですね・・・。
お腹はともかく、私は脚が心配です。
本当にこの夏は、ショーを控えてもらいたいです。
来季はまた過酷なプログラムに挑戦すると言っていますから、まずは身体のケアを。(と何万人の人が思っていることでしょう)
試合後に身体を叩いてお礼を言っていたのは、印象的でした。
だけど、乱暴に扱った身体にいくらお礼を言ってもダメ!ちゃんと大切にしてあげないとね(笑)


> mintblue さま
こづ、素敵でしたよ。
全日本の時ほどの演技とはいかなかったですが、技術的ミス以外は同じくらいの気迫と完成度だったと思います。
こづも無良くんも、フリーはよく頑張ったと思いました。
でも、やはりジャンプのミス、技術点の伸び悩み(PCSも本当に下がってしまいましたね)は、成績を考える上ではどうしても響いてくる。
そのうえで、あの上位の化け物ジャンパーたちに食いついていく気力がこづにあるか、
そもそもその必要性もあるのかどうか・・・。
ジェイソン君だって4回転ナシであれだけの結果を残しました。
こづのスケーティングがあれば、4回転はたとえ1本でも、他で勝負ができるのではないかと思ったり
いややはり男たるもの、4回転を跳びたいのだろうかと思ったり・・・。
まあ、今後のことはこづの決意を待つしかありませんね。
だけどね、こづは今シーズン、苦しかったかもしれないけどすごく成長した、変わったと思いました。
男になりましたよね。(大西先生かw)


> Moko さま
よかったですよね、ゆづのファントム。
来シーズンはどうするんだろう。持ち越すのかな。
技の難度を上げるとともに、もう少し磨いてもいいプログラムかなと思いますが。
まっちーのことは・・・・言わずもがな(;;)


> ふみどう さま
エキシも見て来るのかー。うらやましいなー。
理華ちゃんには出て欲しかったですね! 
なんでボーヤンが出るの? ・・・あ、中国だからか! 得したね、ふみどうさん!


> まるちゃん さま
私もダメでした(;;)
世選は世選、まっちーロスはまっちーロスです。
また小部屋にも来て下さい。


長くなったので、いったんこれにて。



| 観世 | 2015/03/30 9:04 AM |
> ikko さま

やっぱり金メダルでなかったのは悔しいですか?(^^)
でも私は、少し前にも書いたように、金メダルの申し子みたいな重圧から少し解放してあげたかったし
ゆづなら来年以降、2連覇、3連覇もできると思うので、
今回はこれでよかった、むしろここまでできることこそすごい、と素直に思えました。
また今回は、ハビ君の演技をほめてあげたい!
ショートもフリーもよくやりました。特にショート、私はあのプログラム嫌いなのですが(笑)、それでも「いい!」と思ってしまいましたもん。
よく仕上げてありました。

私は、今回のゆづる君にちょっと違うものを感じて、この先が楽しみになりましたよ(^^)
ikkoさんは、まずはもちろん 待ちに待ちに待ち望んだゆづの演技する姿に感動というのが一番だったでしょうが
落ち着いて何度かご覧になったら、
今回の演技はどうだったか、
また、今までのゆづる君と比べてどうだったか、
感想を聞かせてくださいませ。

| 観世 | 2015/03/30 6:21 PM |
> IC さま

おお! いつもながらすばらしい言葉選びですね!
私はこういう、タイトルをつけるとか、短い言葉でまとめるとかが苦手なので、
本当に感心します、その感性と語彙力!!
何かそういう、言葉を使ったお仕事をされているのですか??

カメラワーク酷かったですね!
プログラムをわかっていない撮り方ですよ!四大陸でちゃんと予習しなきゃダメじゃないか!!

某小部屋ブログにはまっているとのこと、ありがとうございます。
そうです、全部まっちーのせいです。まっちーがいなかったらこんなブログにはなっていなかったのです(笑)
ショーシーズンに入って行きますね。去年までは全てのショーの出演者をチェックし
放送されたショーは全部録画していましたが
今年からはそこまではやらないような気がします。
それでも、まっちーが出てくれることは、砂漠にオアシスのようなうれしさです(^^) 楽しみですね。

| 観世 | 2015/03/30 6:27 PM |
観世さま

やっと先ほど、見直しをしました。
悔しいというより、残念だったのは、間違いなく金メダルの演技ではなかったこと、なのです。

羽生選手のスケートは、やはり本調子でなく、着氷もいつもに比べるとがつっとしていたり。腕の動きも足を補っているように見えたり。色々なマイナス面と折り合っているようで、そこが、ファントムらしく見えるかもと思ったり。
でもこれも次のSTEPなのだと思います。
たった5回のファントムでしたが、毎回変えてきて、子供時代から、壮年までのファントムを見せてもらいました。
待ちに待ちましたが、あっという間に終わりました。もう次を待ち焦がれ(そうです)。いいな、マッチーはショーが決定していて。きっと期待を裏切らないすてきなものを見せてくれるし。院生バイトではなくて、アイスショーこそマッチーの居る場所だと思うのです。でもワールドの件では激しく同感です。
| ikko | 2015/03/31 1:12 AM |
今回のカメラワークにはほんと、「あれれ?この動きの時にそこからのを映しちゃうの!?」と何度思わされたことか…。

ハビちゃんのショートでの「ぐりんぐりん」(笑、おわかりいただけるでしょうか?)する手つきを正面からうつさないとか、デニスくんのフリー後半、ここで風景を変えていくよ、という切替の「笑顔」をうつさないとか…。
ハンくんのショートも!
いたるところで、うぅぅぅぅ。

それはさておき、ブラウン君が4位にきたことがものすごくうれしかったです。4回転を飛ばなくてもここまで入って来られると、魅せてくれましたね!
僕を見て!滑っているこんなに幸せな僕を見て!と、スケートを滑れる幸せを全身で表すブラウン君が素敵です。

そしてそして、最後のフィギュアPVとも言える映像では泣かされました。
まっちーの引退表明を入れてくるだなんて…。
永久保存版にしたいと思います。

とりとめのない文章になってしまってすみません。
| 若奈 | 2015/03/31 3:22 PM |
観世さま、
お忙しい中コメント返しを頂き、ありがとうございました!(このコメントにはお返事頂かなくても大丈夫ですよ)

文章や詩を書くのが趣味ですが、特に生業としているわけではございません・・・いつもツラツラと書き連ねてしまって、お恥ずかしいです。観世さんの気さくに話しかけるような語調も、笑いどころ&泣きどころ満載でメリハリある表現も、ひとりひとりの読者への配慮が感じられる暖かみのあるコメントも、素敵です。言葉だけでこんなに人が集まり憩える小部屋を作れるなんて、素晴らしい!と思います。無理せず、続けて頂ければ、本当に嬉しいです。

P.S. まだ書いていなかったと思うので、娘No.2さんの合格と、娘No.3さんの卒業おめでとうございます!まるで、2013年全日本のまっちーのように、体調不良の中、みごと虹をつかみましたね。観世さんのご家族話も笑いどころ&泣きどころ満載で、素敵だなーと思います。
| IC | 2015/04/01 12:55 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH