<< インハイと 全米と カナダ (2) | main | 好きつら党の小部屋 #8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
BLUE TOKYO
 JUGEMテーマ:町田樹

全米の男子フリーの記事を書こうと思っていたんだけど
昨日は娘No.1が、学校で発表するものの資料を作ると言ってパソコンを占拠。
私はタブレットからはまだうまく投稿できない。
そして今朝は9時からお仕事。
・・・というわけで書けてない(; ;)

でも、全米はすばらしかったし、後日ぜったい書きます。
そんな日延べをしている間に、なんと今度は欧州選手権が始まってしまうのですがっ!!
欧州も、注目選手がいっぱい出ていますからぜひ見たい。

ま、慌てず書いて行こうと思います。




さて、昨日コメント欄で情報をいただいたのですが
BLUE TOKYO のツイッターに、まっちーの名前が一瞬載りました。
観覧に来てくれたという記事だったのですが
夜にはまっちーの名前は消されていました。
まぁ、明らかにまっちーが削除を依頼したんでしょう(笑)
別に知られたっていいやん、と思うようなことですけどね。
なんだろう、EXILEや浜崎あゆみと並列されることに、恐縮でもしたのかしら。

でもおかげで、BLUE TOKYO という素敵なパフォーマンス・ユニットを知ることができました。
(恵子さん、情報ありがとうございました)

彼らは、青森山田高校や青森大学の新体操部出身者で作られている
新体操を舞台パフォーマンスとして見せるグループのようですね。
新体操とストリートダンスを融合させている、ともあります。

公式HPはこちら。
http://bluetokyo.jp/

HPに貼ってある動画もぜひご覧ください。
遠くて暗くて見づらいですが、かっこいいです。
これ、すぐに東京とか世界で人気出ると思いますね!
実際、すでにトップアーティストと共演したり、バックで踊ったりしているみたいですけど。
(カルピスのCMに全身タイツで出ているらしいですよ。私は見たことないけど)


まっちーがきっかけで、こういう新しい知識が得られること
ステキな世界をのぞかせてもらって感動できることは
とてもうれしいことです。
スケートの時だって、「エデンの東」を読んだ人、「白夜行」を読んだ人、
「第九」をあらためてフルオーケストラで聴いた人が
何千人いたことでしょう。(・・・そんなにいないかな?? ^^;)
そういう影響力があるんですから
まっちーも、彼にしかできない情報発信をしてくれたらいいな〜と思いますけどね。

まあ、現役時代も「ツイッターで見たとかつぶやかれたりするのは嫌だ」みたいなことを言っていた気がするので
今回も、個人で行ったのかもしれないし、
おおっぴらにはされたくなかったんでしょう。
それでも、まっちーが行ったという情報がなかったら
私は BLUE TOKYO を知ることはなかったので、
まっちーにステキなことを教えてもらって、ありがとうという気分です(^^)


さて、このBLUE TOKYO のプロデュースにも関わっていて
青森山田高校新体操部の監督をしている、荒川さんという男性がいます。
この方が、WEBマガジン「トウキョウダンスマガジン」の中で、インタビューを受けていて
それが、まっちーが言っていることとまったく同じで!!
読みながらびっくりして、紹介したいと思ったんですが
・・・・・一度閉じてしまって、その後そのインタビュー記事が見つけられないのです(;;)
すみません、また見つけたら書きますね。
要はセカンドキャリアのことなんですが、
「あなたはまっちーですか!?」と言いたくなるほど、まったく同じ悩みというか懸念を抱えていらっしゃる。
こういうこともまっちーはアンテナでキャッチして、
今回舞台を見に行ったのかもしれないし
何か、荒川さんなり、BLUE TOKYO の関係者なりと、有意義なお話でもしたんじゃないかしら、と思わされました。

また見つけたらご紹介しますね。



ではお仕事行ってきます!






| スポーツ | 08:21 | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:21 | - | - | pookmark |
コメント
観世様、好きつら党員の皆様、初めまして。
生存情報ではないのですが、町田さんの情報をお知らせしたいと思い、思いきってメールしました。
すでにご存知の方もおられるかもしれませんが、「NATTS」(ナッツ)という関西の南海電鉄のフリーペーパー1月号の「ここ!NATTS」というコーナーの中で、りんスポでスケートを始めよう!という記事があるんですが、その先生役が町田樹さんなんです!
イラストとの共演?でかわいい記事なんですが、「町田先生の初心者スケート教室」だなんてうらやましすぎる内容でした。
インタビューも少しあって、その中には、「ここは僕のホームリンクです。」とあるので、まだ現役時代の取材だと思います。
南海電鉄、NATTSで検索すると記事を見ることも出来ますし、バックナンバーも送って頂けるようです。
観世様や皆様の、町田さんに対する深い愛情あるいろいろなコメントをいつも楽しませていただいています。
私の場合は、気持ちを自覚する前に突然去られてしまい、後になってから、これは恋だったんだ…と気付いた感じです。笑(NATTSのことをあるブログ記事で見つけて、わざわざ大阪のなんばまで行くくらいには好きだったようです。笑)
今さらながら、過去の動画を見たり、インタビューを読んだりして、現在までの過程を追いかけています。
ファンのみならず?衝撃的な引退発表で、
町田さんが意図されていたかは分かりませんが、ふと、あれは印象的な引退発表の研究の実験だったのではないか?とまで考えてしまいます。
ファン…突然極北に置き去りにされて驚き、嘆き→ほんの少し落ち着き、プログラムや発言の意味を考える→未来を応援しつつも複雑な気持ち→過去の動画を見て現役時代を再確認→生存情報を求め一喜一憂→ふとしたことで極北に引き戻され、ループ状態…これじゃ忘れられるわけがないですよねぇ。笑
世間の人には、アスリートのセカンドキャリア問題に対しての最高のプレゼンテーションになったと思います。…きっとフィギュア選手以外の人についてもみなさん考えられたのでは?
なんだかとりとめのない長文で大変失礼いたしました。


| めーやん | 2015/01/28 11:51 AM |
観世さん、初めまして。
お探しの記事、こちらでしょうか。
男子新体操 〜 ハジケル若き表現者たち。 〜
http://www.tokyo-dance-magazine.com/people/aomoriyamada/

男子新体操はいつか生で見たいと思っていました。私も、公演があるんだと今回知りました。まちだ氏に感謝です。きょうで1か月、まだまだ辛くて辛くて・・・。
| clover | 2015/01/28 4:45 PM |
> めーやん さま

わーい、今日は新しいお客様がいっぱいで嬉しいな♪
ようこそいらっしゃいませ。
ステキな情報ありがとうございます!!ちっとも知りませんでした。
早速見せていただきました。「情報は12月29日現在のものです」とありますので、全日本直前くらいのものかもしれませんね。
あー、こんなのを見ると、今でも普通にりんスポで練習しているような錯覚に陥ってしまいます(;;)

ホントにね。こんなに本気で恋していただなんて、現役時代はまったく気づきませんでした。
そりゃ好きだったけどさ。我ながらここまでとは。やられた(笑)
こんな気持ちは町田ファンじゃなきゃわからないでしょうね〜。
私も周りの人にはよく説明できませんf^^;)
極北ループ、私もまったく一緒ですよ。
それでも、少しは起伏が穏やかになってきました。

コメントありがとうございました!
NATTS の記事、みんな喜ぶと思います!!
(それともみんなすでに知っていたかしら??)
またいらしてくださいね♪

| 観世 | 2015/01/28 6:16 PM |
> clover さま

いらっしゃいませ!!
そうそう、この記事ですよっ!!
ダンスマガジンの別の記事を読んで、あれ〜?これじゃないぞ〜〜??と悩んでいました。
教えて下さってありがとうございます!
cloverさんも読まれましたよね? 新体操をフィギュアスケートに置き換えると、まったくまっちーの言っていることと同じじゃないですか?

よーし、これで記事が書けるぞ!

そう、今日で1ヶ月ですね。
1ヶ月前のこの日の21時すぎ、私たちは死刑を宣告されたのでした(言い過ぎ)
あー、黙とうでもしようかしら(笑)
(まっちーにじゃないですよ、私たちの悲しみに対してです)

コメントありがとうございました!!

| 観世 | 2015/01/28 6:19 PM |
観世さん&好きツラ党の皆さん、今晩は。
今日であの集団失恋騒動(笑)から一ヶ月か〜なんてちょっと感傷的になっていたのですが、ここにくるといろいろ楽しいお話が聞けて嬉しいです^^

BLUE TOKYO 初めて知りましたが面白いですね! 町田さんにはぜひ革新的なショーをプロデュースして欲しいなと勝手に思っているんですが、こういう話を聞くとますます期待が膨らみますね。
でも、来場情報は出されたくないというところがとことん頑固だな(笑)と思うとともに、オフィス・樹まで公開しちゃってた五輪シーズンはほんとに特殊な状況だったんだな、あんなこと長く続けられるはずがなかったんだな、と改めて感じます。
でもあの時の様に、自分が成し遂げたいことの為にはメディアを巻き込むことが必要だと判断すれば、また何か仕掛けてくる日がくるのかもしれませんね。(いや、お部屋公開とかはしてくれなくていいんですけど、なにを考えてるのか、なにをしようとしているのかは知りたいな〜なんて)

興味深い情報ありがとうございました。
| はる | 2015/01/28 8:13 PM |
観世様

お忙しい中、お返事ありがとうございました。
NATTSの記事、喜んでいただけたようで良かったです。

極北ループ、なんだかせつない歌のタイトルみたいですね。笑
少しずつ気持ちの起伏が穏やかになってこられたようですが、これには恐ろしい永遠の呪縛が仕掛けられていますよ。寂しいながらも落ち着いてきたと思っていた年末には第九が流れ、強制的に極北へ…
毎年末には必ず思い出せということですか!
やっぱりすべては彼の計画通りなのでは?!笑

BLUE TOKYO、また新しいものを知ることができてうれしかったです。
男子新体操は、女子のイメージと違って、アクロバティックで力強くてかっこいいですよね。
競技生活の先を考えているまっちーにはいろいろと参考になったのでは。

あの日からもう一ヶ月なんですね。
みんなで悲しみに黙祷を捧げましょうか?笑
| めーやん | 2015/01/28 9:29 PM |
こんばんは。BLUE TOKYOさんのご紹介、ありがとうございます!見に行ったときにはすでにお名前は削除されてしまった後で残念でしたが、町田さんは本当にいろいろな世界を教えてくれますね。

今日は28日。1か月が経ったのですね。あの衝撃からの時間を思い返すとあっという間のようにも感じ、物凄く長かったようにも感じ…黙祷の気持ち、私も感じました。

先ほどYahooさんのリアルタイム検索から、素敵なサイトを教えてもらいました。Inside Skatingさんというサイトの情報で、町田さんの引退について書かれています。
(昨年末に書かれたものですからすでにご覧になっている(こちらでもどなたか紹介されている?)かもしれないですが…。)

http://www.insideskating.net/2014/12/30/news/world-silver-medalist-tatsuki-machida-abruptly-retires

英語はそんなに得意でないので記事の解読はまだ途中なのですが、とにかく写真が美しく、練習の風景まで取り上げられていて、また写真に時折添えられたコメントが心に響くものがあって。(写真はGPFが中心(すべて?)です)
GPFの頃に抱いていた不安、想像以上に高い第九の壁や体調不良で全日本に間に合うだろうかとか、いま思えば本当に可愛い苦悩でした。

Japan OpenとCaOIを見に行ったとき、同席の友人に「町田さんについては、スコアとか順位とか1つ1つの技の完璧度などに私はあまり拘っていない。ただ其処に居て滑っている姿が在るだけでありがたい」と言ったのですが、「姿が在るだけで…」にまさかこんなに早く終止符が打たれてしまうとは。
「28日」はこれから毎月感傷の日になりそうで怖いです。。
| mintblue | 2015/01/28 10:15 PM |
こんばんは、早速BLUE TOKYO 記事にして頂きありがとうございます!荒川監督のインタビューとても興味深く拝見しました。名前消えてましたね。でもお陰で公演に行きたくなりました。 12月28日私誕生日だったんですが忘れられない切ない日となりました(泣)用があって出先の為、観世さんのブログで知ったのでした。 まっちーがらみで…「サティのうた」という番組が30日AM9:00〜BSプレミアムで放送されます。パントマイマーらがみせるダンスと芝居でその人生をたどる。という内容です。
少しでもまっちーに関わってる事、感じたいので見ようと思います。 こんな時間になってしまい失礼しました。
| 恵子 | 2015/01/29 12:18 AM |
> はる さま

そうそう、まっちーのプロデュース業、楽しみですよね!(やるかどうか知らないけどw)
やったとしたら、マスコミもうまく使ってしまうような気がします。
というか、「あの町田樹が!」とマスコミが飛びついてくれそう。
そしてマスコミや世間の期待以上のものを提供してくれるんだぜっ!(←夢いっぱい)

五輪シーズンは本当にすべてを賭けていたんでしょうね。
気持ちが張っていたから頑張れたでしょうけど、つらかっただろうなとも思います。
「あんなこと長く続けられなかった」・・・私もそう思います。

| 観世 | 2015/01/29 10:30 AM |
> めーやん さま

「恐ろしい永遠の呪縛」いやぁぁ〜〜!(ToT)
たしかに年末になり第九が流れるたびに、あのつらい失恋を思い出すのでしょうね。 
みんなで鎮魂祭をしたらいいと思うよ!(私たちの魂を鎮めるお祭りね)

でもね、この呪いはまっちーなら解けるかもしれないと思うんですよ。
例えば今年か来年の年末に、あっと驚くウキウキしちゃうようなことをまっちーがしてくれるとか!
(それが何かは全く想像つきませんが)
そしたら、悲しい失恋の思い出も、甘酸っぱい青春(?)の思い出くらいになったり・・・・・しないかな??(笑)

| 観世 | 2015/01/29 10:36 AM |
> mintblue さま

ステキな記事紹介ありがとうございました。
私も英語はできないので、ざっくりしかわかりませんが
最後に、世界選手権に出ないことを非常に残念がっていますね。「belive」という言葉を出して。
本文中は、ファイナルや全日本でのまっちーのコメントが主みたいですが。
(たらさんが訳してくれるといいな〜〜)

WFS66号でも、ミルズ先生が「世界でもっともすばらしいスケーターになれると自分を信じてほしい。日本のみなさんも樹を信じてほしい」と言っていました。(ええ、私は心底信じていました。)
海外でも、そのように思い、「タツキ自身もっと信じてほしかった」みたいな文章が書かれていることは、うれしかったです。
そして、本当にすばらしい写真がいっぱいですね!
思いだすなぁ、ファイナル。

私はね〜、本当にファイナルで勝ってほしかったんですよ!
本人は出る気持ちさえ薄かったかもしれませんが
私は、全日本の前にゆづと一騎打ちして、倒してほしかったんです。
「彼に隙があれば狙うし」とまっちーは言っていました。
今シーズンは図らずも、ゆづには隙ができていたんですよ、ケガをしたりして。(ゆづ本人のせいではないのですが)
私はまっちー金メダルの大チャンスの年だと思っていました。今しかない、くらいの気持ちでした。
でも結果として、万全の演技をしたのはゆづで、まっちーは最下位に沈んだ。
あの時は本当に悔しかったです。
GPFの写真や記事を見ると、あの時の悔しさがよみがえります。
そしてねー、なんとか気持ちを持ち直して、全日本を全力で応援してたら、あれですもん(T T)

いかんいかん、恨み節が出てしまった(^^:)




| 観世 | 2015/01/29 10:51 AM |
> 恵子 さま

なんと!あの日が誕生日!!
まっちーのやつ、誕生日プレゼントどころか、ひどい思い出をプレゼントしてくれましたねっ!(怒)
恵子さんは、誕生日のたびにまっちーのことを思い出すハメに・・・(;;)
めーやんさんじゃないけど、永遠の呪縛じゃないですかっ!
なんて奴だ、タツキ!!

またステキな番組を教えて下さってありがとうございます。
私も見てみよう♪
ジュトゥヴ、流れるといいですね(^^)
そしてBLUE TOKYO、私も見に行きたいです!
もう少し有名になったら、地方まで回って来てくれないかな。

| 観世 | 2015/01/29 10:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH