<< インハイと 全米と カナダ (1) | main | BLUE TOKYO >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
インハイと 全米と カナダ (2)
 
今日(日曜日)になってから、
しまった!! 昨日のスターズ・オン・アイス 見逃した!!
無良くんを娘と見ようと思ったのに!!! とショックを受け
新聞のテレビ欄を見たら・・・・・
うちの方では放送はありませんでした。
ひでーな。
ひでーけど、よかった、やらなかったならしょうがない。
2月のBS放送を待ちます。



では前記事の続き。
カナダ選手権はさらっと。
ナム・ニューエンくんが、ぶっちぎり優勝しました。
これだけ勝たれてしまうと、
クリケットクラブは「虎の穴」みたいですね。 虎だ!虎になるんだ!!(古いw)

なぜこんなに強いんでしょうね、クリケットの選手は。
プログラムが点数を取れるように作られているんでしょうかね。
出る点数が天文学的数字すぎて、誰も追いつけない感じなんでちょっと引く(笑)
だけど、もちろん失敗すれば点数は出ない訳ですから(バルセロナ世選でのハビくんのように)
選手が強いのは大前提です。
高度なプログラムをこなせる力があるから、強い。それはもちろんです。
でも、ちゃんと演技するとものすご〜い点数が出るのは
やっぱりそう(=点数が出るように)作られているんでしょうねぇ。

しかしエントリーされた選手を見ると、
パトリック・チャンのスペシャル感と、彼のいない穴の大きさを思わずにはおられませんね。
さらには、ケビン・レイノルズ君がフリーで棄権してしまいました。
いまだになかなか靴が合わないうえ、今回は腰の故障だとか。
万全の状態で滑れる日が、また来るのでしょうか。
ジャンプに加えて表現がすばらしくなって、トップクラスまで登りつめたところだったのに。
ケビンの回復、復帰を心から祈り、待っています。



では、続いて全米選手権について、もうちょっと力入れて語りましょう。
 
 全米は、好きな選手がたくさん出ているので楽しみでしたよ。
ブラウン、アボット、リッポン、アーロン、それからネイサン君。
ライブ放送は見られなかったので、先に結果を見てしまいました。
で、昨晩、主要な選手を中心に放送を見ました。

リッポン君は4Lzを跳んだね! あと少しだったけど、認定はされました。

ジェイソン・ブラウン君は、さすが大人気。
10月のスケートアメリカを思い出しました。
ジェイソン君はきれいですね、スピンも、バレエジャンプも、ステップ中のポーズも。

アーロン君は、全身レオタード白バージョンみたいな衣装。筋肉が浮き上がるよw
力技でぐいぐい決めて行きました。
最初は表情が冴えなくて緊張してるのかなと思いましたが
後半になるにつれて生き生きとしてきて、最後は「アーロンワールドだ〜」と思わせてくれました。
表現力もだいぶフィギュアスケーターっぽくなってきました(笑)

アボットは、またヒゲを生やしていたw (←こういうのはプロトコル見てもわからない!)
真っ青なシャツ。スケアメのサラリーマンよりはよかった。
アボちゃんは、最近お父様を亡くされたんですよね。
試合の時、アボちゃんが滑る直前にいつも「GO! ALEXANDER!」と叫んでくれていたお父さん。
(声をかけられる方ではないそうです。
亡くなられたのは実のお父様で、声を掛けられるのは実父ではないとのこと。
詳しくはナツさんのコメントをご覧ください。
まちがったことを書いて大変失礼いたしました。ナツさん、ありがとうございましたm(__)m)

演技のあと、空に向かって投げキスするアボちゃんにじーんとしました。
滑りはあいかわらずノーブルで美しい。
ジャンプも大きなミスがなく、大人のプログラムをよくまとめて表現して、滑り切りました。

ネイサン君もかっこよかった! 音楽を拾うというか、音楽に踊りを乗せるというか
そういうのがとても上手ですね。身体能力も高そう。
あまり高い点が出ませんでしたが、もうちょっと後の滑走順だったらもう少し出たかもしれない・・・なんて思ってしまった。(わかりませんが)
今回はやらなかったけど、4回転とかを入れてきたら、またすごい点数が出そうです。


さあ、そんな魅力的な選手がたくさん好演技をしたわけですが

私が一番感動したのは、ジョシュア・ファリス君!!!
今回90点を出して、2位につけました!アボットの上ですよ!
ファリス君は、失礼ながらパッとしたところがなかったので、これまで私は興味をあまり持っていませんでした。
何か一つ「おっ!?」と思えるところがあれば、注目するんですが
あまり私の琴線に引っかからない選手でした。
それが、今回の演技は!! すばらしかったです! 
うまく説明できないんですが、とても落ち着いていて、音楽とプログラムに溶け込んでいました。
構成も、スピンを前半に持って来たりしているんですが
スピンがまた素晴らしかったですね、美しくて。
曲も、とても彼に合っていました。
いや〜、こんな素敵なプログラムをこれまで滑っていましたっけ?ファリスくん??
そしてですよ! 私が一番胸を打たれたのは!!
フィニッシュポーズ直前に、3Lzを跳んだこと!!
フィニッシュの10秒前くらいですよ! 極北ルッツですよ!!(T T)
しかも美しく決めました!
いや〜、本当にすばらしかった。
これまで彼は、どうしてこういう演技ができなかったんでしょう?
これからはこんな演技が続くでしょうか?
フリースケーティングは明日の早朝!!
家族の出勤や投稿でドタバタする時間帯ですが、ぜひ見たい。(Jスポで生放送です)




全米選手権の解説は、杉爺こと杉田秀男さん。
相変わらず冷静で辛口。(でもアボちゃんは大好きなのか、絶賛していた)
杉田さんの解説を聞いていると、「『競技は競技』なのだなあ」と思わされます。
つまり、エッジがどうだった、回転が足りていた足りていない、姿勢がどうだ、
こういうところはプラスだが、こういうところはマイナスなので、トータルでゼロだ、
・・・みたいな解説なんですよね。
こんな冷静な判断で見ていたら
まっちーの第九は・・・(とすぐ考えてしまう私)
グランプリファイナルや、全日本の第九は、冷たくマイナス点を挙げられ
点数が伸びなかったのも納得するような、厳しい解説が成されてしまうのじゃないかしら。
そうやって冷静に見たら、やっぱり完成度という点では低かったんだと思うな。

たしかにたくさんのものが伝わってきて、感動したし、私はあのプログラムと演技が大好き。
でも「競技」として冷静に見た場合は、やはりあのくらいの点数だろうし
それは残念だった。完成して高得点を出すまでやりきれなかったことは。

ま、まっちーが満足したんだからいいんだろうけど。
そこらへんのことは、いつまでたっても、かすかなモヤモヤは消えない。
いつも頭のどこかで、グジグジと考えてる。
杉爺の解説を聞いて、またいろんなことグジグジ考え出してしまった。
もう、仕方ないんだけどね。
・・・・またそういったことについては、書く機会があったら改めて書きたいです。


 
| フィギュアスケート | 00:18 | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:18 | - | - | pookmark |
コメント
おはようございます。
ケビンくん本当に残念。靴問題を聞く度に、どうにかならないものかと思います。

ツルスケ大好きな杉田さん。他所でまっちーの全日本SPのスケーティングに対するお言葉見ました。
『競技は競技』
そうそう。観客と専門家は違う。
だから私は、私の基準で楽しんだり感動したりしようと思います。あまり考えちゃうとフィギュア自体が楽しめなくなってしまうので。

ということで今度は嬉しい話題を。

今朝のスポーツ欄、中塩美悠さんが優勝。
「町田さんみたいな素晴らしい選手になってオリンピックに出たい」とコメントしてくださってます。
中塩さんおめでとう〜。そしてどうもありがとう〜。
| こう | 2015/01/26 9:01 AM |
すみません。
中塩さんが優勝したのはインターハイ。
他にもまっちー絡みのコメントされてます。
| こう | 2015/01/26 9:05 AM |
おはようございます。
初めてコメントさせていただきます。

アボット選手の亡くなられたお父様は、実のお父様です。

アボット選手の演技前に「GO!」と叫ばれるのは、お母様の再婚相手、義理のお父様でご存命です。

誤解されている方が多いようですので、取り急ぎご報告まで。
| ナツ | 2015/01/26 9:20 AM |
> ナツ さま

コメント、ご指摘ありがとうございます!
全然知りませんでした。大変失礼いたしました。
「お父様」と聞いて、イコール声を掛けられる方と思い、それ以外の想像を全くいたしませんでした。
不勉強でまちがったことを書きましてすみません。すぐに訂正させていただきます。
ありがとうございました。

| 観世 | 2015/01/26 9:32 AM |
おはようございます〜
こうさんも触れて下さってますが、中塩選手の優勝コメントが樹くんへのリスペクトにあふれていて、とても嬉しかったです。うちの朝刊では「初めてスケート靴を履いた時から一緒に練習した。私も、町田選手みたいになりたい」でした。
普通に新聞読んでいて、町田樹とか町田選手とかいう文字を見ると、心の準備が出来てなくてドキドキします(笑)
樹くんの背中を見て、ちゃんと後輩が育っていて嬉しいですね。

あと、観世さんが成仏してない「第九」ね(笑)
宜しかったらこちらの記事を読んでみて下さい。ブログ主様は町田ファンではない方ですが、引退と第九について触れて下さっています。

http://ameblo.jp/casablanca4399/entry-11970281034.html

第九をきちんと競技として捉えた上で、だからこそ町田のあの演技から受け取った感想を書いて下さっています。私はこの記事を読んで、随分消化できたというか町田が「すべてを捧げたつもり」といっていた事が咀嚼できたような気がします。
| mako | 2015/01/26 9:48 AM |
おはようございます。今日は仕事休みです。こんな日は朝から涙腺壊れてぐしゃぐしゃになっています。YouTubeで演技やインタビュー見るたびにもう新しいものは出ないんだってね。今日はしばらくつかっています。
| まるちゃん | 2015/01/26 10:14 AM |
こんにちは!そして、美悠ちゃん優勝おめでとう!!
全日本ではミスが多かったフリーを修正しての勝利。本人も満足しているでしょう。
大学に進んで、練習環境が改善したらもっと伸びそうですよね。
先日の中国新聞に町田君の記事がありました。選手人生の総括といった記事でした。もう新聞記事も読めないんだ、と思うとやっぱり寂しい。イカンイカン。
もう完全に町田君を見れないわけでもないし、動画など有難いものがあるのだから、よしとしないと。
でも、やっぱり寂しーい。好きだー。
| るり姫 | 2015/01/26 12:58 PM |
皆様、こんにちは。

中塩さんに先輩から素敵なお花が送られていましたよ。
http://instagram.com/p/yTWqMVlM8v/

私も先週の土曜日は極北の日でした。

医者に行くために車を出して、行きは大丈夫でしたが帰り家に着く少し前に幻想曲が始まってしまいました。
ラベンダーを入れっぱなしなんですから当然なんですが。

家に着いても終わらないけれど途中で切れないので
ガレージに入れて聞いていました。
頭の中では樹君が熱く、激しく愛を届けるために踊っている。
もう泣けて泣けて。
「なんて奴なんだ、樹は!」
涙目で車を降りましたが、その日は寂しくて、悲しくて。

夜、羊さんの様子を見に来たら何人も同じ人が。
あの日は全国的に極北の日だったのかしら。

観世さんに感謝です。
家族にも誰にもリアルでは言えないのだから
小部屋はありがたいです。
| mitsu | 2015/01/26 6:21 PM |
> こう さま、mako さま、mitsu さま

美悠ちゃんがらみのまっちー情報、ご提供ありがとうございます!
なんだー、美悠ちゃんも尊敬してくれてるし、永井選手はエデン滑ってくれてるし
若い選手にめっちゃ慕われてるやん、まっちー!(≧▽≦)♪
うれしいですね。
美悠ちゃんへのお花は、弥生さんからのものでしょうけど
あんな花に埋もれてまっちーの名前があるだけでときめいてしまいます〜(笑)

そしてこうさん、makoさん。
第九は成仏していないというか・・・
私にとって「競技として未完成だったこと」についての未練は、永久に消えないと思います。
毎日いろいろ考えていますが
結果的にはあのモンスターを倒し切れなかったのだ、
いやあるいは、倒せないことをわかっていて作ったのではないか、と考えたりしています。
ではなぜ作ったのか・・・・。
その辺のこと、またうまく書けそうだったら書きたいと思います。
いずれにしても、全米選手権にはいろいろ考えさせられました。
すばらしい試合でしたよ(^^)


> まるちゃん さま、るり姫 さま、それから再び mitsu さま

まだまだ極北の日々は続きますね(;;)
だけど、春が少しずつ近づいてくるように
まっちーの情報もぽつりぽつりとでも出て、心がちょっぴりずつでも暖かくなっていったらな〜と期待しています。

私は今日は幻想曲が見たくなって、1度見たんですが
このすばらしいプログラムを、たった4回しか滑らなかったのか!!と悲しくなりました。
エデンだってあんなに滑ったし、火の鳥は2年滑ったというのに、
たったの4回!! もったいなさすぎる!! 
白夜行より少ないよ!! わーん!(> <)

| 観世 | 2015/01/26 10:38 PM |
はじめまして、去年のGPSあたりからずっと拝見し、さかのぼって読ませて頂きまっちーの事更に深く知る事ができ感謝しています。昨日BLUE TOKYOのFacebookに町田樹の名前が!しかも浜松あゆみの隣に。青森まで見に行ってたんですね?BLUE TOKYは新体操のパフォーマンス集団なんですがまっちーの研究はすでに始まっているのだと極北はもう終わったんだ新しい道を切り開いて極北から解放されたんだと自分を納得させています。真央ちゃんがオリンピックはもういいって言ってたし。まっちーも見たBLUE TOKYO 先程YouTubeで見ましたがめっちゃパワフルなステージです。なんか嬉しくて初コメントしてしまいました。又お邪魔させて下さい。
| 恵子 | 2015/01/27 11:29 AM |
お返事ありがとうございました♪私も色々な方の思いやコメントに触れる事で、自分の着地点を見定めてるような感じなので、観世さんの思いもまとまったら読んでみたいです。辛くなるといけないので、無理はなさらずに^^
幻想曲と第九をワールドはおろか国別でも見れると思っていた私は甘かったんだなあ・・・(だって長野小さいしさ)

ところでタツキヤマネコは元気にあちこち出歩いてるみたいで、何よりですな(笑)
| mako | 2015/01/27 12:58 PM |
> 恵子 さま

初コメントありがとうございます!
古い記事まで読んで下さったとのこと、感謝です。
そして教えて下さったBLUE TOKYO、私もさっそく見たり調べたりさせていただきました!
すごく素敵ですね!こんなグループがあっただなんて。
いろんな有名な方が見に来たりコラボしたりしているところを見ると、ダンス界ではすでに有名なんでしょうね。
(しかもまっちーのアンテナにも引っかかっていたんですね〜^^)
私、男子新体操も大好きなんです!(私の地元福岡や、九州の鹿児島には、高校新体操部で有名なチームもあります)
こんど記事でも、BLUE TOKYO取り上げさせていただきたいと思います!
ステキなこと教えて下さってありがとうございました。ワクワクしています♪

どうぞまた遊びにきてくださいね!


| 観世 | 2015/01/27 3:26 PM |
お返事ありがとうございます!すみません字が間違ってました。浜崎と打ったつもりが、浜松になってました。観世さんに喜んで頂けてとても嬉しくてルンルンして犬の散歩に行ってきました。 観世さんのブログに救われた一人なんですよ私も。下松にまっちーを見に行ったあたりからもう小説のように泣いたり笑ったりしながら(勿論皆さんのコメントも)読みました。動画巡りで下松でのドンスト見つけた時はあーここに観世さん居たんだなとか思いを馳せこのまっちーがオリンピックや世界選手権に出たなんてと涙流して見ました!毎日今までの動画見ては涙しています。今更ですがまっちーがスカーフを用意してた事を思えば全日本に向かう前に決めてたんだなと思いました。決断は28日朝なんだろうけど。私にはGPFの第九が一番心に響いた(無関心な夫が凄い!って言った)のと全日本の第九は別次元な感謝の舞いに感じました。
| 恵子 | 2015/01/27 5:49 PM |
観世さまこんばんは^^
お子さまのインフルの全快、観世さんの元気な様子、何よりです
お忙しい中こうして毎日更新、コメント返しされていて心配する反面、パワーの源になってるんだろうなと嬉しく思っています


名前だったりメロディだったりあとまっちーをふと思い出す様々な事象から抜け出せずにいる反面、日常に紛れて『大丈夫になりつつあるかな…』と感じていました

でも
関大訪問から始まり中塩選手へのお花とかの情報が入ってきて嬉しさでいっぱいになりショーや振り付けまっちーの舞台構成へ期待が広がる自分、
『今だけでこれから学業に専念するまっちーの情報なんてないんだぞ…』と言い聞かせてる自分…、もうごちゃ混ぜですよ…(笑)(←自制心をかけてしまうたちで(汗))


先日コメントした日、実はなぜか観世さんの記事を全日本まで遡ってしまい一人でわーわー泣いていました(家族に分からないようトイレで(汗))

でもそれ以前には言えなかった『ありがとう』が演技を見て泣く今ですがでも言えるんです
なぜかな?
それは観世さんそして ここの好きつら党の皆様がいて下さるからだと感じています


アボット選手、ケビンくん大好き、ジェイソンくんも好きでショックやら楽しみやら色々です
羽生くんもワールドではやらかしてくれそうで、あと何よりまっちーの想いも背負って戦ってくれるであろう日本…
ワールド会場にまっちーの姿は見れないけど見てしまうでしょう^^

なんかうまく言えないけど本当にフィギュアスケートっていいなぁ…


空気読まずにそして長文のワケわからないようなコメですみませんm(_ _)m(汗)

| きっとずっと好きつら | 2015/01/27 8:35 PM |
> 恵子 さま、きっとずっと好きつら さま

記事を読み返していただいてありがとうございます。
実は、自分の書いたものではありますが、私もよく読み返しています。
以前の記事は、ほんの去年・一昨年のことなのに、すごく懐かしいし、自分のワクワクがまぶしかったりします。
楽しかったな〜。あんな思いをさせてもらえることはそうそう無いですよね。
私も、悲しみは悲しみとしてありますが、本当にまっちーにいは感謝の気持ちでいっぱいです。
幸せだったもん。すごくすごく、楽しかった。

以前の記事まで読んで喜んでいただけるのは、
ブロガーとしてこのうえなく光栄なことです。ありがとうございます。
好きつらさんが「パワーの源」と言って下さいましたが
そうですね、心の支えですね、ここは。
ここで自分の気持ちを吐露することができて、皆さんにご意見をいただけて、一緒に泣いたり励まし合ったりできて。
心の支え、よりどころです。
皆様、ありがとうございます。
これからもよろしくお願い致しますm(__)m

| 観世 | 2015/01/27 9:47 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH