<< キシリトールの破壊力 | main | 東・西日本選手権大会! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
本日のフィギュア語り 10/21
JUGEMテーマ:フィギュアスケート


まっちーに癒されたり癒されなかったり
(けっこうくだらない記事w)



 
あーーー。疲れたーーーー。
明日はPTAの打ち合わせの、けっこうハードなやつがあり
資料もできるだけそろえて行かなくてはならないので
(ずっと逃げていたわけですが)今日は頑張って仕事をしていました。

で、疲れてしまったので今日の記事はちょっとおかしいかもしれないです。


さて、疲れたので、いい加減この辺で仕事はやめようと思い
まっちー情報を探しに行ったらば

こんなのありました。
日刊スポーツ特設ページw
「町田語録」
http://www.nikkansports.com/sports/figure/machida/goroku/

まっちーの特集ページと並んでこれがあります。
なんじゃこれ(笑) 
この語録ページを作りたいがために、まっちーページを作ったでしょう、担当の人!

しかも語録、ちょいちょい間違ってるし(爆)
まっちーがGPFで、一歩下がれば死だと思った時に見たのは「絶壁」だし。
絶景が見えてどうするよwww

しかしこのページに必要以上に力が入っていることについて〜(笑)

そして一緒に作られているゆづる君のページには、関連ニュースもいっぱいあって(まっちーは1個w)
特設ページはフォト特集だという!
まっちーは語録、ゆづる君はブロマイド。それぞれのウリはそれってことか!

もうね、こういう扱い自体が、私は癒されますね(笑)
このね、なんとなく吹き出してしまうというか、ニヤニヤせずには正視できないというか
もはやそういうのが嬉しくなっている危険な私。やっぱり沼ですわ。

ありがとう日刊スポーツさん。
それに、ゆづと並んで「まっちーが」取り上げられるだなんて。
小塚くんや無良くんをさしおいてですよ。(まあランキング的にもゆづの次はまっちーなんだけど)

あー、これで疲れも癒されて、ニヤニヤしながら眠りにつけるわ〜(気持ち悪い)



壊れた私はこれくらいにしておいて

さあ、スケアメまであと3日と迫ってきました。
まっちーもそろそろアメリカへ発つ頃でしょう。
毎日新聞さんに記事が載っていました。
私が取っている朝日新聞にも、GPS開幕の記事がありましたが
「オペラ座の怪人が流行り」「ボーカル曲解禁」ということがメインで
なんと、他の選手のインタなどは載っているのに、まっちーには触れず!!
こら!朝日新聞! 初戦に登場する人を一番に取り上げなくてどうする!
しかも朝日のくせに!! 放映権持っとろーが!!
・・・いや、きっと数日中に、大きくまっちー特集をやってくれるんだ。そう信じていよう。

毎日新聞の記事をあげておきます。
リンク先だけを貼っておくと、のちのち見たときに記事が見れなくなっていて
残念な思いをするということを学んだので
記事は一応全文貼るようにしようと思っている今シーズンです。

 

<フィギュア>町田、さらなる飛躍へ GP第1戦24日から

毎日新聞 10月21日(火)10時51分配信

 今季のフィギュアスケートは、24〜26日(日本時間25〜27日)のグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ(シカゴ)で本格的に幕を開ける。スケートアメリカには昨季の世界選手権で銀メダルを獲得した町田樹(たつき)=関大=が出場。日本男子フィギュア界を引っ張ってきた高橋大輔が現役引退を表明。ベテランの域に達した24歳の町田にはけん引役も求められるが、「あぐらをかけば失敗することは分かっている」と気負いはない。

 急成長を遂げた昨季は、初物尽くしだった。GPシリーズで2連勝。全日本選手権で2位に入り、五輪と世界選手権の初切符をそれぞれ獲得した。2月のソチ五輪は5位だったが、自国開催となった3月の世界選手権ではショートプログラム(SP)、フリーともに自己ベストをマークしてソチ五輪で金メダルに輝いた羽生結弦(ANA)に次ぐ2位に食い込んだ。

 「自分の演技ができれば、世界のトップスリーに入ることはできる」と手応えをつかむ一方、五輪は銅メダルのデニス・テン(カザフスタン)に合計でわずか1・68点差。SPでのジャンプミスが最後まで響き「(五輪の)メダルを持っているか持っていないかでは大きな違い」と悔しさも残った。

 2018年平昌五輪まで現役を続けるかどうかは未定で、「一年一年しっかりやっていきたい」。オフには目玉になる大技を開発しようと4−4回転ジャンプや4回転ルッツにも挑戦していたが、「爆発的な成長力はない」と断念し、技の質や表現力、プログラムの完成度を磨くことに集中した。大西勝敬コーチ(60)は「隙(すき)がなくなってきた」と評する。

 SPは「バイオリンと管弦楽のための幻想曲」、フリーはベートーベン「交響曲第9番」のいずれも新演目。「五輪シーズンだから盛り上がったじゃなく、昨季以上に上昇志向でいきたい」と、さらなる飛躍を胸に秘め、今季に臨む。【藤田健志、福田智沙】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141021-00000014-mai-spo



わああー!、まっちー、4−4とかやめてください!!
4Lzはちょっと見てみたかったけど。
 

「町田語録」には癒されたけど
基本、全然落ち着かず、そわそわそわそわしているワタクシです。癒されてないです。
油断すると顔がゆるんだりこわばったりします(笑)
(まあ何せねぇ〜、演技は信じているとしても
衣装が怖いんだよね、衣装が。何色なんでしょうか。)

明日の打ち合わせでは、油断しないで話に集中しなくっちゃ!



 
| 本日のフィギュア語り | 00:14 | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:14 | - | - | pookmark |
コメント
絶景ですか!

ここ数日観世さんの記事に笑わせてもらってます。
衣裳どうでしょうねぇ。見切れ画像に慣らされている身としてはラベンダー色のシャツとかで現れたら思わず画像をモノトーンに変えちゃうかも。

なんて、私も笑いは緊張の裏返し状態です。

スレ違いですが、バッハのゴルトベルク変奏曲が好きです。
GA○KTさんのキノコCMで流れる度にはっとしてしまいます。
| こう | 2014/10/22 9:38 AM |
今晩は観世様!
キシリトールCMがいきなりテレビから目に飛び込んできた、この破壊力ときたら・・
この昭和臭は・・・!?
いいの?羽生ファンはこれでいいの?!(笑)
モンハンとかは家族に「羽生君のCMだよー!」って声をかけてたけど、これは
テレビの前でこちらが固まってしまいましたw
昭和臭は町田樹の専売特許だと思っていたのに、羽生君まで・・・。
極北のモノクロ映像も、わたしとしたら、うわぁ〜・・・って感じで。「ドビシッ」w
って映像もこちらが視線を逸らせて嵐が過ぎ去るのを待ってるような感じでした。
GPSのバナーもきれいな女子選手を前面にもってきてあげてって思ってしまうほう
なので(笑)

ゲットスポーツ見ました。
今週末が楽しみで仕方ないですね!(っと同時に小心者の私はかなり怖くなってますが)
垣間見れた練習風景だけでもワクワク感がたまりませんね。どんな振り付けなんだろぉ
黒っぽい練習着で町田君が滑ってる姿が好きなのですが、衣装がそんなのだったら
いいな〜。でもエデンのバージョン1の衣装もシンプルだけど好き。なんだ、なんでも
好きなんじゃん(爆)
でも、観世さんも言ってる通り、髪型は練習時のナチュラルヘアで私も十分なのに
きっと、がっつり気合入れてくるんだろなぁ。自然なままで十分いいのに〜
東伏見のPIWでうちの娘が見直したぐらいで、一般人の好みは違うのに。
まあ、どうぞ「芸術家町田樹」の心ゆくまでやってくださいなw。

観世さんの上げて下さった毎日の記事読みました。うちも朝日なのでうれしいです。
情報は楽屋頼みなので助かってます。
4−4!?4ルッツ!驚きでした。
やっぱり町田君にはアスリートの血も流れてるんだなぁって。
いろいろためして、自分の限界を探っていたんですね。
ゲットスポーツの「4回転の種類を増やす進化をする力は自分には残っていない」
聞いてて、なんか切なくなったのを思い出しました。正直な人だなって。そういう限界
を自分で悟るのは辛いだろうな。怪我と隣り合わせのスポーツですものね、こっちの方向に自分の可能性を広げることが難しいと悟ったら、違う方向に可能性を求める。強い人ですね。

羽生君に勝ちたいと言ってる顔が生き生きしてていいなぁ。
確か、アエラだったか「結弦にはかなわないなと思ってる」って前は発言してましたよね。
それが、隙あらば抜かす、だなんて。ホントに自信を持つって大切だし、そういうものを
持っている人って輝いてるなって思います。
町田君が言うところのチャレンジングな作品、スケートアメリカ本当に楽しみです!!
(テレビで、フィンランド杯を見て、実はロシアのトゥクタミシェワ選手に興味を
もって、ちょっと楽しみにしてるんです。スケアメ出ますよね、確か。連戦みたいだけ
どすごいなぁと。)
そうそう、あのテレビのまっちーコーナーのラスト、「あっ、コレも読まなきゃ」のシーン、
絶対、スタッフもまっちー愛のある方たちだと思いましたよ(笑)


ところで!!最近発見したことですが、スケート連盟のHPをなにげなく見にいったんです。そしたら、10月末からの東日本選手権でしたっけ、あの会場がかつで子供達と数回滑りに行ったリンクだったんです!それも結構職場に近い。やだ、どうしよう!私はごくごくライトなフィギュア好きで、そこまでスケオ・・・げほっげほっごほっ!
あ〜ん!31日は研修があって早退できないし・・・!
| えど | 2014/10/22 6:46 PM |
町田選手、出発したそうですね。
陰ながら応援させていただきます。
PB的にはテン君との一騎打ち。
でも、点数や順位より、どんなプログラムなのか、ですよね。
もちろん美しくねりあげられた演技を見せyていただけるものと信じています
| よのにょ | 2014/10/22 9:29 PM |
> こう さま

バッハ、いいですよね〜♪ ゴルトベルグもいいですね!
子供の頃は退屈な音楽と思っていましたが、大人になってからどんどん好きになります、バッハ。

「ラベンダーの咲く庭で」の曲なので、紫をイメージしがちですよね。
オーソドックスに紫で来るか、まったく違う色で来るか。
恋のストーリーのようなので、男らしい衣装じゃないかと思いますけどね、オールタイツとかじゃなくて。
ううう、想像つかなくてドキドキします!

| 観世 | 2014/10/22 9:33 PM |
> えど さま

本文より長いコメントありがとうございます!(笑)
いやいや、本当にたくさん書いてくださって、感激です。

「力は残っていない」発言は、ちょっと胸がキュンとしましたが
えどさんの言う通りだと思います。

≫こっちの方向に自分の可能性を広げることが難しいと悟ったら、違う方向に可能性を求める。強い人ですね。

本当です。強く冷静な人ですね。
年齢や、ケガのリスクや、残された時間などを考えたうえで、ベストな作品を作り、ベストな演技をすることを選択したのですね。
もう少し若かったら跳びたかったに違いないですけどね、4−4も。

トゥクタミちゃんは今シーズン注目ですよ!
プログラムもいいし、彼女自身がイキイキしています。何か自信を身に付けたようです。
ロシア勢は若い子の台頭が激しいですが、今季はトゥクタミちゃんが来るかもしれません!

そして、東日本選手権!!
そんなに身近なリンクなら、ぜひ見に行ってください!
シニアの大きな大会と違って、選手がすごく身近に感じられて楽しいですよ♪
リンクのすぐ側の席で見られるし。安いし。会社帰りにふらっと寄っても全然大丈夫。のはず。
私も西日本選手権を見に行く予定です。今年は福岡なので!
あとで記事を書きたいと思っています。
ジュニア選手にも注目株いっぱいですよ♪

| 観世 | 2014/10/22 9:43 PM |
> よのにょ さま

はい、今朝出発したみたいです。
陰ながらなんて言わず、おおっぴらに応援してください!
まっちーの調子いかんで、ゆづる君との対決が面白くなるかどうかが決まるんですから!
スケアメ、メンバーを見ると、けっこう芸術的なスケーターが多い気がします。
美しいプログラムの応酬になったらいいな。
そのうえでまっちーが優勝しますように!
個人的には、テンくんを倒してもらいたい〜! テン君、今季の調子はどうなんだろう・・・。

| 観世 | 2014/10/22 9:46 PM |
えどさま

初めまして、横から失礼します。
「アクアリンクちば」は東伏見みたいに寒いですか?


観世さん

まさにそう、大人になってからどんどん好きになりました。




| こう | 2014/10/22 10:31 PM |
私もまっちーとテンくんの対決が一番楽しみです!
まっちーは柔らかくしなやかな体幹の良さ、テンくんは強靭でバネを感じる体幹の良さ。
2人とも踊りごころがあって、プログラムもいつもオシャレ!!

…顔もカワイイ!(≧▽≦)
今週は日が経つのが遅いわーー。
| ちこぐっち | 2014/10/22 10:34 PM |
観世さん、こんばんは。日刊スポーツさんの語録見ました!
あのクローズアップの仕方も笑えましたし、写真のチョイスも抜群できっとコアなファン記者がいるんだろうな〜と思いました。開幕直前の緊張感をいい意味で裏切ってくれる面白い企画ですね!!

私も4ルッツはぜひ、見たかった!と思いました。
町田さんのルッツは踏切り姿勢から着氷までのトータルバランスが世界一(言い過ぎ?!)なので、これが4回転となったら最強の美しさだろうと。。でも未開の芸術表現の高みをめざすことは、難易度の高いジャンプを実現することよりも遥かに、町田さんだけに与えられた特権のようにも思えます。

スケアメまであと3日、私も妙な幸福感に浸ったり急に反転してどきどきしたり。シーズン開幕がこれほど楽しみすぎる年はありません。私が思うよりも少し早く現地に向かわれたような気がするので、来場予定の舞台監督(?)ミルズさんに、明日明後日はしっかり出来栄えを見ていただこうとしているのかも、とか想像しています。

SPの衣装、本当に気になりますね。何となく…ですが、割とエデン後期に似ているのではないかと思います。
「極北」という言葉にはどことなく「白と黒」のみの装飾が少ない世界が感じられて。
そこにほんの一筋だけ、ラインストーンかスパンコールか異素材の布か何かで、ラベンダーを意識した淡い紫のラインや模様が刻まれているような。(襟があったら最近のショーでのロシュフォールに近いかも?!)

・・・で、全然違う結果になってもそれはそれで喜んでいる自分が土曜日に居る、みたいな気がします。結局何でもいいみたいです;
| mintblue | 2014/10/22 10:50 PM |
こう様、今晩は、はじめまして!

行ったのはかなり昔なんです。
当時から変わっていないのか、改装されたのか、全くわからないのですが、当時はがっつりダウンは着込んでいましたね。只、滑っていると暑くはなってきましたが。自分は尻餅のほうが多かったですが…でも常設リンクですし、寒さ対策はいるのでは、と思います。わたしは東伏見でも、薄手のダウンは着てましたし。この頃寒いですしね。
でも、あそこは私の記憶に間違いがないなら、リンクしかないんですよ。リンクの回りには通路しかなかったかと。改装したのかなぁ?どうなんだろ?
こう様は行かれるのですか?
どうしよう、行ったら行ったでまるまる一日中いそうで怖いw

| えど | 2014/10/23 12:18 AM |
えど様

詳しい説明をありがとうございます。
ダウンひざ掛けは必要ですね。
都合がついたら男子フリーを観戦しようかと思っていたんですが、観世さんの東西選手権の記事を読むと女子も見たいし、Jrにも行きたいし・・
うーん、困ったわ。


観世さん

コメント欄お借りしました。ありがとうございます。

日刊スポーツの担当さん、仕事が速いですね、もう昨日と違う言葉に迎えられました(笑)
| こう | 2014/10/23 5:09 PM |
> ちこぐっち さま

えー、私は今週は日にちが経つのが遅い・・・・
水曜や木曜なんか無ければいいのに!(笑)

テン君、しっかり演技できるといいですね。ちょっと復調具合が不安みたい。
| 観世 | 2014/10/23 8:58 PM |
> mintblue さま

ミルズ先生はもう、振付師というよりも半分コーチみたいになってるようですね。
大西先生にはバレエは教えられないだろうしw
そちらの指導はミルズ先生が専門にしているのではないでしょうか。

衣装は、このあと記事にしようかと思ってるんですが
どんな色、どんなデザインでしょうね。
まっちーの衣装は想像しづらい!私服もアレだし!(笑)

あらっ、ここにも「結局なんでもいい」人が!(笑)
| 観世 | 2014/10/23 9:02 PM |
> こう さま、えど さま

東日本大会行けそうですか?
行かれたら、レポお願いします!
女子もいいですよ〜。こうさん、エデンは見ておかないと!(笑)

そうなの、日刊スポーツさんたら、この調子で語録を増やすつもりかしら?
でも語録というより、単なるコメントだと思うんですけど・・・
日刊スポーツさんも「結局なんでもいい人」か!?(笑)
| 観世 | 2014/10/23 9:06 PM |
こんばんは

ひろのさんのYONDEMILL新刊を読み始めました。
トップはまっちー。羽生君、こづ。

いろいろ言われる青嶋さんだけど、私はやっぱり好きです。
観世さんと同じく、こちらが欲している言葉を下さるから。

さて、泣いてきます。
| ふみどう | 2014/10/23 9:20 PM |
> ふみどう さま

あの電子書籍ですか?
私も読みたい〜。でも読まない(笑)

ひろのさんの文章は情景が目に浮かぶようで引きつけられます。
ちょっと脚色が劇画調で、苦手な人もいるかもしれないけれど、そこはご愛嬌。
ああいう「生きた感じの描写」は、のちのち読み返した時に、
当時のその人像を浮かび上がらせることができるんじゃないでしょうか。

ただ、鵜呑みにしてはいけなかったりする(笑) 主観が強すぎるのもたしかです。

| 観世 | 2014/10/24 12:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH