<< 娘の帰国 | main | 誰も行ったことのない場所 >>
本日のフィギュア語り 8/13


新プログラムにもの申す


 
福岡はすっごく涼しいです!
台風が過ぎて以降、ほとんどクーラーをつけていません。
昼間もけっこう涼しいし(30度前後)、今夜も秋のような風。しあわせ〜。
このまま秋になってもかまわなくてよ?(^^)


そろそろゆづる君の新プロについて、思うところを書いておこうかな。

私は、今シーズンのプログラムは気に入らないです。
気に入らない点をまず挙げさせていただきます。

.轡隋璽箸皀侫蝓爾癲▲ラシックの王道プログラムであること。
どちらかで、今までやったことのないジャンルに挑戦してほしかった。
フリーの曲調も、ロミジュリ1、ノートルダム、ロミジュリ2、オペラ座の怪人と
短調ドラマチック路線でおんなじ。
ずっと似た曲すぎる。シチュエーションも、実らない恋、届かない想いっぽくて似てる。
オリンピックが終わった今こそ、新しい感じ、新しいジャンルの作品を見たかったです。
(パリの散歩道は新しい挑戦だったけど、あれだけなんだもの)

構成が鬼すぎること。
以前からずっと言ってますが、私はゆづる君に美しさの追求(=表現面の追求)をして欲しいんです。
あんな美しいスケーターはいない(外見的に)。そして技術も超人的。
そしたら、より作品を表現する技術を身につけて欲しいのです。
これまでいつも、技術重視で他の人ができないような鬼プログラムに挑戦してきましたが
ジャンプの失敗や体力が落ちてしまったせいで、作品の完成度はあまり高くありませんでした。
(私の個人的感想です。私がこれくらいまで表現してほしいと思ったところまで到達してくれなかった、という意味です)
それでも点数は高くて(技術的にものすごいエレメンツが入っているからね)
メダルは獲って来ましたけど、
作品としての完成度は、私には満足できるものではありませんでした。

前回の世界選手権で、町田選手の完成度の高い演技を見て
表現力をつけることに力を入れたいようなことを、言ったような気がしたんですけど・・・・
違いましたかね?
私は「ついに表現の方に力を入れるんだね!」「そうさ、やるなら今だよ!!」と喜んでいました。
でも・・・・結局彼が取ったのは、3度の4回転。
やっぱり技術の向上と、高得点の獲得を目指すんだ・・・・。そっちが優先なんだ・・・。
そう思って、がっかりしました。
(もちろんゆづる君は、同時に表現力の向上にも力を入れると思いますよ!
それはわかったうえで言っております。)

フリーの「オペラ座の怪人」は、まだ早すぎると思うこと。
「オペラ座」はですね。ファントムはですね。
もっといろんな人生経験を経てからやって欲しかったのですよ。
ゆづる君が、これを滑る能力がないとか、若くて役不足だ、というんじゃないんです。
きっと彼は、今の彼なりのファントムを創り上げるでしょう。
でもですよ! 私の個人的な希望ですが、
ファントムはもっと年齢を重ねたゆづる君で見たかったのですよ!!

佳菜子ちゃんもオペラ座を滑ります。ゆづる君と同い年ですね、佳菜子ちゃん。
しかも、女のくせにクリスティーヌじゃなくてファントムを演じるらしいです。
私は、それはいいと思うんです。新しい試みだし、おもしろそう。
だけど、そんな佳菜子ちゃんのファントムと、ゆづる君の王道ファントムとは、
全然違うんです、意味合いが。


以上のような点から、私は今回のプログラムが気に入りませんでした。
「オペラ座の怪人」と聞いて「えー・・・」と声に出てしまいましたw
ゆづるファンの皆さまは、とても興奮して楽しみにしている方が多いみたい。
そんな方々には申し訳ない私の意見ですが
これでもゆづるファンなんです。ゆづるファンだけど気に入らないんです。



そんな不満を持った私ですが
同時に、ゆづる君の覚悟というものが、ここまで大きいのかと思わされてもいます。
ゆづる君は、ただのチャンピオンじゃない。
世界大会3つを制覇した、特別なトップスケーター。
被災地の想いを背負っていくことを覚悟し、実際希望の星となっているスポーツマン。
前人未踏の世界を切り開いていく使命に燃えるアスリート。
それだけの選手が、昨年と同じレベルで停滞していられないのは当然です。

「オペラ座」だって、以前からずっとやりたいと思っていた曲だったといいます。
昨年もやろうとして、コーチ陣に却下されたとか。
そこで世界トップになって、今こそ滑りたいと思うのは当然かもしれません。
また、この過酷なスポーツ、いつ自分がどうなってしまうかわからない。
「いつかやりたい」では、やらずに終わってしまう可能性もある。

4回転ジャンプだって、今この伸び盛りの時期、身に付ける能力が高い時期に
行けるところまで行きたいという気持ちでしょう。
彼には、クワドアクセルくらいまで見えているような気がします。
それを、現役生活中に成し遂げるためには、今ここまでのことをやらなくちゃ。
そんなプランがあるのかもしれません。
他の人からしたら無謀なプランかもしれないけれど、彼はまじめに、本気で、やろうと思っているのでしょう。

この、そんじょそこらの曲じゃない、レベルのとても高い曲を選んで、ショートとフリーでそろえたのだって
世界トップとしての気概でしょう。
こういう大曲、こういう難プログラムに、自分はぶつかっていくんだ、
そして乗り越えて行くんだ、やりきってみせるという、
強い気持ちを感じる2曲です。


私は、そんなゆづる君が気の毒になってしまいます。
そこまでスケートにすべてを賭けなくてはいけないの?
もっとたくさんのことに触れ、学んで欲しい。自分自身を豊かにして欲しい。
そのうえでの演技になったら、きっともっと奥深く美しい作品ができるに違いない。
・・・・そう思ってしまいますが
たぶん彼には、「今は」そんな暇はないのでしょう。
それに、気の毒だなんていうのも、私の勝手でお節介な気持ちですよね。


とにかく、
心配も含めていろんな不満もある、今シーズンのプログラムなんですが
ゆづる君の覚悟も、つらくなるくらい伝わってくるわけで
ファンの一人として、なんといいますか、悲壮感をおぼえてしまうのであります。
せめて、ゆづる君の今シーズンの挑戦が、彼自身が楽しめるものでありますように。

(蛇足ではありますが、今シーズンのゆづる君が、
タラソワについて「鐘」や「仮面舞踏会」を踊った時の真央ちゃんに重なってしまうのです。
つらく険しい道に進まないでほしい。花のように星のように、笑顔できらめいていてほしい。
そう思ってしまいます)


衣装はどうなるんでしょうね。
ノートルダム〜ロミジュリ2 路線でないものがいいなあ。
ファントムだから、タキシードとか燕尾服をデザインした感じになるのかしら。
それは・・・今までになかった感じなのでちょっと楽しみだけど。




ホント、文句ばっかり書いてすみません。
本当は、演技も見ないうちから文句は書いちゃいけないんです。
でも、シーズン開始前はこういう気持ちでいた、というメモのつもりで、書きつけておきました。
シーズンが始まり、プログラムを目にし、シーズンが進んで完成度が上がるに従って
この想いを払拭してくれるような作品に、最後にはなってくれることを、期待したいと思います。







 
| 本日のフィギュア語り | 00:47 | comments(23) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - | pookmark |
コメント
観世さん、大いに語りましたね〜
私も、もう少し違う系統のプログラムを観たいな、とか、「パリ散」は観ていて楽しめて好きだな、とか思っていましたが、うんうんと頷いて一気に読んでしまいました。
真央ちゃんの行も、言われてみると同じ気持ちでした。はっとしました。
結弦くんも真央ちゃんも、どちらかというと、競技以外のプログラムの時は、
表情豊かで、おおらかで、個性があってって感じちゃうの。
競技用プログラムに、そういう要素を求めちゃダメなのかもしれないけれど、
高橋大輔さんや町田樹くんって、そういう域にあるじゃない。特に個性ね。
うーん。でも目が離せないの。結弦くん。
背負うものがいっぱいあるけれど、だから見守っちゃっているのかも。
納得できるシーズンになることを祈願♪
| あいらら | 2014/08/13 9:08 AM |
今日は!
現在、旦那の実家の関西に来ております。
食やテレビに飽きたのでお昼寝してます。嫁失格…

なんか今年はファントム祭りだそうですね。ちよっと楽しみです。っというか、佳菜子ちゃんはファントムなんですか?!クリスティーヌじゃなくて!?その事に一番引き付けられました!佳菜子ちゃんの踊り好きなんです。真央ちゃんのそれよりも好きかもしれないくらいです。

羽生くん、今シーズンは何かぶっ飛んだのをやってほしかったかな。今しか出来ないような。王道は平昌でいいんじゃないかな?なんて、素人は思ってます。町田君ももうファントムでもいいよ(笑)みんなファントム祭りで!

明日は大阪駅周辺を娘とぶらつく予定です。ではまた。
| えど | 2014/08/13 1:08 PM |
> あいらら さま

真央ちゃんのことは、私はコアファンでないので、本当に外側の一般人としての意見ですが
世界トップとしての力強さ、大きさ、重々しさなどを身に付けようとして、課題を与えられ
それに全力で取り組んで、確かに力はついたでしょうが
その分あの天真爛漫さが徐々に薄まってしまったような気がするんです。
最近踊った、メリーポピンズやアイ・ガット・リズムみたいなのを、18、19才の頃にやってほしかった。
・・・ゆづる君についても、数年後に振り返った時に、そんな風に思うことにならないといいな〜と思ってしまうんです。
もちろん、今シーズンのプログラムも、楽しんで彼らしく滑ってくれれば、そんなことにはならないと思うんですけどね。

まあ、何を言っても、心配性のイタイおばちゃんの取り越し苦労なのかなとは思うんですけどねっ(^▽^;)

それにしてもと思うのは、
高橋大ちゃんは実にたくさんのジャンルの作品を踊っていて、本当にすごいなと。
あんなに様々なプログラムを踊り分けて楽しませてくれるスケーターはいませんね〜。

あいららさんのブログも拝見して
「似たような作品が続いている」という点を指摘されていたので
同じことを感じてらっしゃる方がいるんだ〜と嬉しかったです。


| 観世 | 2014/08/13 3:40 PM |
> えど さま

嫁業ごくろうさまです!!
私はあさってからです! がんばります!

まっちーもファントム!!??
やだー!! ゆづる君と同じのはイヤよ〜〜!!
じゃあまっちーには、逆にクリスティーヌをやってもらうというのはどうでしょう!(爆)

そうそう、カナちゃんはファントムやるんですよ。
おもしろいですよね〜。着眼点すばらしい。
男装するのかな?(さすがにそこまでやらないか?)
でもパンツかもしれないですね、衣装。楽しみ♪

たしか無良くんもオペラ座の怪人。
そしてグレイシー・ゴールドもオペラ座らしいですよ。
彼女はきっとクリスティーヌでしょうけど。
で、この4人(羽生、無良、村上、グレイシー)は全員、NHK杯に出るんだそうですよ!


ゆづる君は、こんなに王道プロ続けちゃって
平昌には何を持ってくるつもりでしょう。
さらなる王道プロなのか、変化球なのか。
大ちゃんの「道」みたいなのが踊れるようになってくれてたらいいな〜〜。
| 観世 | 2014/08/13 3:52 PM |
観世さん、お久しぶりです。
帰省&家族サービスでちょっと日常から遠ざかっておりました。
№1ちゃんの無事ご帰宅、お慶び申し上げます(ノ^ー^)ノ
うちも春休みに小旅行させてみようかなー。

羽生くんのオペラ座、面白いと思ったんですけどねー。
チャンもダイスケも、出世作はオペラ座。
俺もオペラ座作っとく!(そしてもしかしたら俺のが一番って言われるかも!)って感じかしら(^m^)
と勝手に考えて、負けず嫌いで、羽生くんらしいなあってちょっと微笑ましくもあったのですが…。

オペラ座の企画はともかく、3クワドに一言言っていいでしょうか。

バンクーバーOPの高橋大ちゃんの4T、URで転倒、基礎点が下がってかつGOEが-3、1点になってしまいました。
同じくソチOPの4T、両足着氷でDG、基礎点は3Tの4.1、GOEが-2.1で2点。
DGがURより得点が高くなってます。
2010-2011シーズンからのルール改正で、4回転は、URの場合の減点が縮小されたんですよね?
今は、例えば4Lo、URの場合の基礎点は8.4点、転倒GOE-3でも5.4点。
3Loの基礎点5.1よりも高い点がもらえます。
ある程度飛べてさえいれば(それだけでもすごいですが)、転倒しても導入したほうが点数的には得です。
特に回りきることができる場合は。
ので、3クワドと聞いた時、あぁ、オーサーさすがだな、と思いました。
これ以上TESを上げるとしたら、これしか方法はないでしょう。

でも同時に、なんかムカムカしてきました。

うちのエースに、何させとんじゃ、って気持ちです。
もうオマエはクビじゃ!!って言いたいわ(何様)。

羽生くんがカナダにいるのは、もはや練習リンクの確保のため、だけしか理由がないんじゃないでしょうか。
大学は、関大か中京に入りなおさないかな?
ってか早稲田、プライベートリンク作れよ、と思いません?

突然ですが、私、羽生くんと同じいて座です(A型だけど)。
羽生くん、人の言うとおりにするの、大っ嫌いな性格だと思うんですけどね。ほんとは。

なお、私は皆様ほど詳しくないので、オーサーやクリケットクラブが果たした役割は多分よく分かってません。
あまり知識のない一般のスケートファンにはそう見える人もいる、というだけの話だと思って、ご容赦くださいね。
| ちこぐっち | 2014/08/13 8:56 PM |
観世さま

私はミュージカル大好きなので、今年のオペラ座の怪人まつりには興味津々です。
今回の羽生選手のオペラ座の音源は、私の思い込みかもしれませんが2004年の映画のサントラがメイン。だとするとファントム演じるのは、ジェラルド・バトラー。ひたすら格好いい、原作とは程遠いファントムです。それなら今の結弦くん的に滑れるのでは思いました。曲は確かに素晴らしいし。結弦君の憧れたオペラ座〜も映画なのかも。
 そして、アスリートとして見ると、アスリートには今しかない。次の機会はもしかしたらない事も。なら今したい演目をと思ったのかもと。ウーン、書いたけれどそれは思っていない!
 鬼プログラム、また完成形を見られないかと残念に思ったり、いつか音源を変えて完成版を見られればなど。勝手な妄想をしたり。それに映像を見る限り、体力が去年までとは違うように感じて、あの鬼プロが滑れるのは今しかないという気も。
しかし、皆さん色々考えられていてすごいです。私はまだ、ただうっとりしているだけのファンと思います。

ほんと、早稲田もっと日本の宝を大事にして!と思います。が、台所も苦しいのだと思います。マンモス化して動きが取れないのかも。寄付金も慶應ほどあこぎにとりたてないし。

 kanakoちゃん!Think of Meは本当に素敵な、クリスティーヌの歌なのにファントムで滑るなんて。そんな翻案出来るのですね!でも、曲を変えるのかもしれないですね!
 

| ikko | 2014/08/13 10:35 PM |
観世さん、こんばんは!
先日の記事で観世さんが、羽生さんの新プログラムについてNG気味なことを仰っていたので、何故なんだろうと思っていたのですが、その理由がすごく伝わってきました。

私の中でオペラ座はエリート選曲3本指のような存在で、毎年誰かが滑っている!という印象ですが、その王道に羽生さんが参戦されることは楽しみでもあります。

実は私はパトさんの2010−11シーズンの「2年越しオペラ座」が結構好きで。
その頃のパトさんはまさしく「絶対王者」ですべてのエレメンツを安心して堪能できる、そういった余裕を持って見られたからかもしれませんが、それを超える名作に仕上げてくれるのでは?!とう、そんな期待感です。

ですがそれは、観世さんも仰っていた「表現でも魅せる」ことへの大きな期待で。あまりにも鬼構成で高難度の技を大量投入されてしまっては…。

本当に個人的な思いなのですが、羽生さんはもう技術的な面では世界最高峰に達していて、そんなに労苦を負わなくても充分にハイスコアも優勝も狙える位置にいると思うのです。
だからこそオリンピックで無事にメダルもとり三冠達成の大役を果した次のシーズンは、計算機では勘定できない表現や、疲れの色ひとつ見せずフィニッシュで余裕の笑顔を見せてくれる安心感や、そういったところを固めてほしかったなと。

そしてまた次の節目(オリンピックかはわかりませんが)が近づく頃には、技術も表現も体力も敵なし!のような流れになってほしい…そんなふうに感じています。(結果としてそうなったなら、全部勝手な取り越し苦労で恥ずかしいですが;)

いっそのこと、PCSの評価項目を刷新して「曲の解釈」「振付全体のバランス」の他は「お客様+ジャッジを曲の世界に引き込んだ度合い」とか「本人がどれだけ幸せいっぱいに滑っているか」とかを入れてくれたらいいと思います。そうしたら得点をアップさせるための取り組みや作戦も変わってくるのでは…(でもこれでいくと、プルさん高橋さん町田さんの宇宙スコア的な争いになってしまう?)

ただ、先日の町田さんの「プランB」の話ではないですが、いつ何時、思うようにスケートができない身体や環境に追い込まれしまってもおかしくない状況で皆闘っていると思いますので、「やりたいときにやりたいことにチャレンジする」という羽生さんの姿勢には大賛成です。本当に、楽しみながら課題をクリアして、素敵なプログラムになったらいいですね☆
(いつもコメント長くなってしまってすみません…)
| mintblue | 2014/08/13 10:48 PM |
> ちこぐっち さま

ちこぐっちさんも家族で過ごされていましたか。
家族で過ごしていると、フィギュアのことから遠ざかって、いい具合に気持ちが薄れますよね(笑)
ふだんのめり込み過ぎなので、たまにはこうやって正気を取り戻さなきゃと思ったりします。(俺だけか?w)

それにしてもちこぐっちさんの詳しいこと!
すばらしい。点数の比較までして。さすがです。
そこまで検証してはいない私も、次のシーズンで点数を伸ばすためには、クワドを増やしたり、コンビネーションにしたりするしかないなと思っていました。
そのために2種類の4回転を彼は練習していたのですし。
だからそこはまあ、しょうがないかなとも思うんですけど
後半に入れるとかは「オイオイ」って思ったし、
その分他の部分(スピンやステップ)を削ればいいのにと思うけどどうせ削らないよね、なんて思いました。

オーサーには、止めてほしかったというか
一息つけるシーズンにしてあげて欲しかったんですけど・・・
止められなかったのかなぁ。
でもね、オーサーやクリケットが果たした役割は、多方面で大きかったと思いますよ。
カナダに渡っていなかったら、たった2年で三冠王にはなれなかったでしょう。

早稲田がリンクか〜。ANAでもいいよね!(笑)
ゆづる君が日本に帰ってきたら、どんな風になるんだろう!
ちょっと想像するとワクワクしますね♪
(でも今の人気を考えたら、海外のほうが落ち着いて練習できるのかもしれないな〜)
| 観世 | 2014/08/13 11:20 PM |
> mintblue さま

「本当に個人的な思いなのですが」のくだり、
私もまるっきり同じ意見です!
そして

≫そしてまた次の節目(オリンピックかはわかりませんが)が近づく頃には、技術も表現も体力も敵なし!のような流れになってほしい…そんなふうに感じています。(結果としてそうなったなら、全部勝手な取り越し苦労で恥ずかしいですが;)

この部分も、取り越し苦労で恥ずかしい所まで含めて、まったく同じです!
本当に、そんなスケーターになってもらいたい。
そのためにも表現の幅を広げてほしい、またそのために人間的に豊かになって欲しい。
そう願ってやまないんですが・・・。

この(オリンピック明けの)時期にこの鬼プログラムというのは
オーサーがやれと言ったのではなく、ゆづる君がやりたいと言ったのだと思います。
4回転3回も、SPでの後半の4Tも、たしかゆづる君がやりたいと言ったんですよね?
周囲はたぶん、そんなに突き進まなくてもと、少しは思ってるんじゃないかと思うんですけど
彼が停滞を恐れているのかなぁと・・・どうでしょうね。

平昌までの4年間の間に、1年位、成績や過酷なエレメンツは二の次にして、
見たことのない羽生結弦を見せてもらえるようなプログラムを
思いっきり楽しく滑ってほしいなと思ったりします。
だけど・・・今季の2プロは2年位持ち越すのかな〜と思ったりもするんですよね〜。大作だから。

| 観世 | 2014/08/14 12:05 AM |
> ikko さま

ミュージカルファンには楽しいでしょうね〜、今回のファントム騒動。
歌詞入りや歌詞なし、使う部分も、比較できて面白そう。
ひたすらかっこいいファントム! そんなのもあるんですね。
ikkoさんは詳しいから、具体的にいろんなファントムが頭に浮かんで、楽しいだろうなぁ。

どんなプログラムになるか、ただうっとり待つのももちろんいいと思います!
ひねくれて文句言ってる私ですが、半分はもちろん楽しみで
ステキな完成度の高いプログラムになって「私が見くびっていましたゴメンナサイ!」って思えたら
私にとってもそれが一番幸せです(笑)

佳菜子ちゃんや無良くんのプログラムとも比較されるかもしれないし
あるいは過去プロ(大ちゃんやパトリック)とも比べられるでしょう。
シェイリーンの振り付けがどんな新しいファントムを創り出してくれるか、楽しみです。
ikkoさんには、またミュージカル通の視点から、いろいろご意見を伺いたいです〜!

(コメント、まちがいを見つけて書き直したので、順番が前後しました。ゴメンナサイ)


| 観世 | 2014/08/14 12:44 AM |
観世さま

おはようございます。
私はオペラ座の怪人のファンではない思うのです!熱く語っておいて何!なのですが。ロイドウェーバーの曲はゴージャスだけれど、素晴らしい部分もあるけれど、ラミンとシエラのオペラ座は好きだけれど、JOJのThe Music of the Nightは最高だけれど、所詮よくできた作り物と思うから。
本当に好きなのは、ロンドンオリジナルのレミゼラブルです。オペラ座を見た後、お口直しと、レミゼを少し聞き、ホッとしているので。
でもフィギュアスケートではレミゼは見たくないかも。メリチャリかイギリスなら大丈夫だと思うけれど、日本や中国では再現不可能な世界というか、見たくないです。レミゼもジャンバルジャンを演じる人の魂によって変わるので、何でも好きなわけではなく!
朝から連投ごめんなさい!今言わないと言えなそうな気がして。。。
どうぞ読み流してくださいませ&#10071;&#65039;
| ikko | 2014/08/14 8:57 AM |
> ikko さま

もちろん好き嫌いはあると思いますが
それ以前に、ミュージカルの知識皆無(特に外国のことについては)の私には、ikkoさんのお話し、とっても興味深いです!
レミゼがジャンバルジャンを演じる人の魂によって変わるというのは、なるほどと思いました!
そして、日本では再現不可能というのも。
そういう視点、すごく参考になります。ありがとうございます!

ikkoさん、素敵コンサートのチケット手に入りそうですか?
当日券なんかは出ないのですか?
チケット譲渡サイトとかもありますよ。
ぜひぜひ、手に入れられてJOJ様の歌声が聴けますように。

| 観世 | 2014/08/14 9:56 AM |
観世さん、こんにちは。長男の嫁でも親戚付き合いがあまりないため、のんびりとしています。
羽生君の新プロ・・・、いろいろ私も考えていたら一日たってしまいました。
 私が新プロの内容を聞いて思ったのは、羽生君は根っからの勝負師、アスリートなんだなぁということ。勝ち続けたい、と彼は言ってますよね。そして今回の鬼プロのジャンプ構成。アーティスト、というよりアスリートの感覚が強いために、この構成にした気がします。または他の選手がしてるなら、俺だって!というのもあるかも。
 でもジャンプの基礎点が高い選手が必ず勝つわけでもないですよね。
 あと表現力の基準の難しさ、あいまいさ。これは
フィギアだけでなく、新体操、シンクロナイスドスイミングなどでも同じだと思いますが、究極は審査員の好みのような気がします。羽生君もあるレベル
には達していると思いますが、そこからどこまで伸びるかは誰にも予想できないのではないでしょうか。それを考えるとジャンプで基礎点は確保したい
のもわからないでもないです。
 でもね、私も観世さん同様もっと伝わる演技が見たいのです。もともと羽生君は好きだったけど、恋に落ちてしまったのは、ニースを見た時から。しかーしフィギアにドはまりしたのは、まっちの白夜
行を見てからなのです。本当に衝撃を受けてびっくりしました。または高橋君のニースのプロを見て、
私はいままで何をしてたのか!、とこれまた驚きました。羽生君にもそんな演技ができるようになってほしいと思うのは、外野のおせっかいなのかなぁ。
 高橋君もまっちも根がアーティストのような気が
します。まあ年齢とともに磨かれるところもあるでしょうし。
 あとは人生経験が表現力に繋がってくると思います。だから恋愛(!)もしていいと、私は思います。自分のジュリエットがいたら、ロミオは違ってくるでしょうから。
 まあ羽生君が好きで、なまじ才能があるからあれこれ思って、心配してしまう。でも彼は自分ができることを全力でしているのですから、私も自分の仕事などきちんとしつつ、これからも応援し続けます。もちろん、まっちも!
| るり姫 | 2014/08/14 11:03 AM |
観世さん、こんにちわ。
明日から嫁稼業ごくろうさまです。頑張ってくださいね。あ、1番ちゃん楽しくて有意義ないホームステイで良かったですね。

 さて、新プログラムが気に入らないなんてなんてこというの!
とはいいません。第一印象がほとんど同じですから。
 SPが出た時点で、これはシェイちゃんがはじけたプロを作ってくれるはずと思い込んでたせいもあったんでしょう。おまけに3クワドって、どれだけファンの寿命を縮めたら気が済むの?・・・て。

 でも、キャッチできた練習風景を見て、ころっと方針転換。とっても楽しみにしています。
 中学生のときに聞いてこの曲でやりたいと思ったというから、ストーリーやファントムの屈折した心理まで掘り下げてはいないかもしれないけど、 ikko 様のお話に納得しました。解釈については、彼の言葉を待ちたいです。続きます。
| よのにょ | 2014/08/14 4:44 PM |
続きです。

 ジャンプ構成については、まちがいなく彼自身の選択でしょう。
トウループに手ごたえがあったから、ということですがニュース映像を見ると通し練習ではないけれど曲かけで4T、4S,4Tー2Tいずれも安定感があります。胸板が厚くなり大腿部や臀部は昨年の今頃とはくらべものにならないたくましさです。
 観世さんの言うように、彼は大真面目に4年後のゴールに向けて理想のスケートを完成させるというマラソンのスタートを切ったのだと思います。

 ちこぐっち様も言うように、結弦くんは人の言うとおりにするのは嫌い、というか自分の考えを貫くタイプだと思います。OPでも、ブライアン(オーサーコーチ)はサルコウを抜くようぎりぎりまで説得したけれど結弦さんが押し通したというエピソードが伝わっています。
 
 ニースロミオがスタートなので、それ以前のブライアンについては良く知りませんが、彼はとことん生徒(海外記事ではそう表現されています)の意思を大事にします。もうちょっと踏み込んでアドバイスしてやってよ!っていいたいぐらい。それは本人に聞き入れる気持ちがなければ何を言っても無駄だと知っているからでしょうね。
 その証拠に彼がクリケットに行って間もないころ(学ぼうという意識が強いとき)は徹底的にスケーテイングから指導し、13ワールドの後には体作りを提案し、成果を挙げました。
 ちこぐっちさんの言うように、一般のスケートファンの方には知られていないと思います。私だって、他の選手のことはよくわかりませんもん。 
 でも、結弦さんに夢中になってから読んだいくつものインタビューに見るブライアンの印象はいつも同じで、ぶれないのです。クビにはしないでくださいなw続く
| よのにょ | 2014/08/14 5:14 PM |
続きです。ああ予想以上の長さです。
 だから、ブライアンもとめられなかったのだと思います、観世さんも言うように。
 男って、バカな生き物らしいです。与作さんに言わせれば。

 2転倒ぐらいあっても勝つ試合もあるだろうし、負けたら負けたで、色々言われるだろうし、そんな結弦さんを見るのはファンもつらい。でも、4年後のために「臥薪嘗胆」だと思って覚悟を決めているおろかな私です。
 富山のアイスショーのコラボ「タイムトラベラー」のような透明感と気品あふれる表現が競技でもできるといいな。

 長文大変失礼しました。週末に仙台ローカルで結弦さんのFSについて特集があるようなので、情報キャッチできたら追加しますね・・・いらないよねw

 
| よのにょ | 2014/08/14 5:35 PM |
言い忘れた。
 観世さん、優しいなあ。
 結弦さんに、笑顔できらめいていて欲しい、なんて泣けちゃった
じゃないですか。
 
 マッチーもきらめいていられますように・・・ちょっと違うかな。
| よのにょ | 2014/08/14 5:44 PM |
> るり姫 さま

まったく、恋の一つもして欲しいですよホントに!

大ちゃんやまっちーがアーティスト、ゆづる君はアスリートという意見は、多くの方が言われますよね。
確かにそうだとは思いますが、
あいららさんも言われているように、
ゆづる君はショーなどではあんなに表情豊かに美しく心をこめて演じることができるんですもの。
あるいは「ホワイト・レジェンド」くらい完成されたら、あんなにすばらしい作品になるんですもの。
アーティスティックな面も十分伸びるし、伸びたらどんなに魅力があるかと思うんですよ。

でもまあ、全部いっぺんにできないのもわかってます。
アスリートゆづる君は、技術習得がやはり一番と思っているのかもしれません。
ファンも気長に待てばいいのでしょうけど・・・
無理だけが心配なんですよね。

まっちーの白夜行は本当に衝撃でしたよね。
白夜行を創ったことと、エデンの東を仕上げたことが、彼の大きな転機になったと思います。
ゆづる君にもそんな「ビックリ」するような演技を期待したいです。
もしかしたら、今シーズンのプログラムがそうかもしれないしね。

≫自分ができることを全力でしている

まったくです。それは間違いありません。
私たちも、彼の頑張りを思って、自分のするべきことをがんばらないといけませんね!
本当におっしゃる通りです。心を入れ替えよう(笑)


| 観世 | 2014/08/14 10:08 PM |
> よのにょ さん!

コメントいっぱいでビックリしました!
投稿途中で消えたりするから分割してくださったんですね。
お手数おかけしますm(__)m

また、皆さんのコメントを熟読したうえでのご意見。
本当にありがとうございます。
皆さん、良いことを言ってくれてますよね〜。
そうそう、そうなのよ!と、いつも読みながら相槌をうっています。

よのにょさんくらいは「なんてこというの!」って言うかなと思いましたヨ(笑)
私は特にの「まだ早い」感が強いのです。
今シーズンもいいけど、5年後くらいにまた滑ってほしいくらいです。(現役続けていますように!)

「タイムトラベラー」、すごく良かったですよね!
ああして美しい曲でスーッとやってるだけで溜息が出るようなスケーターなんですから
あの路線でプログラムを創って、表現に力を入れてみたらいいのに。
4回転は挑戦するものじゃなくて、演技の一部として存在したらいいのに。
・・・まあ、いつかそんなスケートを見せてくれる日も来るでしょう。

まっちーは今きらめきの絶頂だと、私は思ってます!!
たぶん、今シーズンもこのまま行くでしょう。心配してないです。
オフシーズンの充実ぶりからも、今が彼の この世の春。
充分にその魅力を見せつけるプログラムを披露してくれることを期待しています。
そして1回くらいは、ゆづる君を抑えて金メダルを獲らせてあげたいーー!!!
今シーズンが一番大きなチャンスだと思ってます。
うーん、今シーズンは、ちょっとまっちー贔屓かもっ!
(え、昨シーズンからじゅうぶんまっちー贔屓だった??ww)




| 観世 | 2014/08/14 10:20 PM |
観世さま

今日は、20日からの仕事の準備で人が集まったりで、パソコンにはやっと今向かえました。
JOJさまのソロコンサートは、日時が合わず断念しましたが、(追加公演あれば!)ミュージカルミーツシンフォニーは三階席ですが、取りました。三階のバルコニー席は初めてなので、どんなに見えるか聞こえるか楽しみです。右サイドなので音の聞こえ方が心配ですが、きっと日本で聞ける幸せに舞い上がってしまうので!
10/1にレポいたしますね!でもあまり物事を細かく見ないで、気持ち先行なのできちんとしたコメントにはならないと思いますが。
yuzuru君のオペラ座の事についても、合っていたらよいのですが、違っているかの知れないので、書いてから心配になりました。
 私もyuzuruくんにはもっといろいろ経験したら、と思うのですが、その反面多分そういう経験しなくても、生来の勘でそういう事が表現できる類まれな才能かなと思ったりもするのです。
色々なパワーがすべて羽生結弦めがけて殺到しているような。
 頑張っているに決まっている選手たちの勝敗を見るのは辛いですね。誰よりも頑張ってその結果、一位を勝ち得ますように!
 観世さま、本当に素敵なブログありがとうございます。集まってこられる皆さまのお話にも、同感したり教えられたり、考える事沢山。とてもワクワクしています。
| ikko | 2014/08/15 12:22 AM |
> ikko さま

こんなにコメ欄が充実してるブログもありませんよね〜(笑)
本当に皆さん、お詳しく、しかもフィギュア愛・選手愛が強くて
勉強にもなるし、あたたかい応援の気持ちが伝わってくるし
コメントを読むと楽しく幸せな気持ちになれます(*^^*)
皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
しかもうちのブログの良い所は、いろんな選手について公平目線で語ってるところ!

JOJ様、断念したんですか。
でもそのミュージカル・・・の方も、JOJ様に加え石丸さんや新妻さんが出るというやつでしょう?すっごく羨ましい!
(日本のミュージカルのことなら少〜しだけわかりますw)
3階席だろうと、行くと行かないでは大違い!
ゆづる君のおかげで、良いコンサートを逃さずに済んでよかったですね♪
| 観世 | 2014/08/15 9:22 AM |
後からこっそり感想を。
はい、ノートルダムやロミジュリ2に似てるなぁ~と思いました(^^;)
ノートルダム寄りでモダンバレエっぽさを薄くした感じ(どんなんだ)

個人的に競技ではノートルダムの完成形を見れなかったと思ってるので、その意味では、今度こそ進化した完成形が見れるかもと期待しています。
そこに狂気の香りがあればいうことなし、なんて。
体力やペース配分は大丈夫なのか、という懸念はまぁ、毎年のことですね(汗)

4回転x3 については、本人の挑戦する意欲もですが、4年後も見据えているのかなと。ジュニアでも2種跳ぶ選手もいます。この先どうなるかわからないけど、手札は多いにこしたことはないし。

願わくば、FSのステップシークエンスがSPと同レベルなんて高望みしないので、あれの6~7割ぐらいあれば...などと上から目線でごめんなさい。やっぱり全体の印象にも影響すると思うんですよ~
ウィルソンプロはその辺、私、あまりピンとこなかったのですが、それは当時の彼の技術やペース配分の問題のようにも思うので...ああ、やっぱり体力問題にいきついてしまいます(-_-;)

平昌後、プロに進む意思は固そうですね。
もっと見たいけど、重圧や苦労、困難を想像すると、なぁ。
相変わらず観光とかしてないみたいですが、きっと彼なりのペースがあるんですよ(^^;) モモさんのGifted Children の記事を読ませて頂きましたが、成る程!でした。トップアスリート達が経験するものも、それによる成長速度も凄そう。
勿論、彼のプライベートは守られてほしいし、いつか大リーグの田中投手の投げる試合を見に行けたらいいなと思います。
長文失礼しました。
| 空色羊 | 2014/08/23 12:27 PM |
> 空色羊 さま

今頃お返事を(笑) 遅くなってごめんなさい。

私もノートルダムは完成形を見られなかったと思っています。
ロミジュリ2も、世界選手権で4回転ジャンプは2つ決めましたが、表現の面では非常に不満だったので、完成したとは思っていません。
そして今度のオペラ座。今度こそ完成型は見られるのか。
私の場合、完成形というと、エレメンツをほぼ失敗なくこなしたうえで、世界観まで見せてもらいたいというものなので
非常にハードルは高いです。
ゆづる君はエレメンツの方で、他の人に不可能なものすごいことばかりやっているので、なかなか世界観まで到達する完成形を創るのは難しいのかもしれません。
(半分あきらめている私がいますw)
体力も問題になってきますしね、たしかに。

それでも彼の超人ぶりは、それを期待させてしまうのですけれどね。

私は、早くプロになってもいいんじゃないかと思っています。
このまま、平昌の次までなんて言って異次元な技に挑んでたら、絶対身体を壊します。
試合も好きでしょうけど、彼なら、男子ですが真央ちゃんなみにショー興行も成功し、
被災地復興への力添えはもちろん、いろんなことができると思うんですよね。
そう、彼なりのペースがあって、それは凡人が周りでわいわい言ったところで、崩すことはできないし、崩してはいけないんだと思います。

ここ数日の、外部のミーハー的騒動や、
被災地を訪問した相変わらず真摯で謙虚なゆづる君を見たりするにつけ
いろんなことを考えさせられます。

| 観世 | 2014/08/30 11:32 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH