<< 発表会でのハプニング | main | フィギュアへリハビリ中(笑) >>
見たい!見たい!
いろんな所から来る演劇などのお知らせメールの中から。
見たいもの2つ。

1つめ。
映画「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」
http://paganini-movie.com/main.html

パガニーニですよ、皆さん。
 
はい、羽生さんご登場ありがとう。

パガニーニは言わずと知れた天才ヴァイオリニストですが
その映画を、本当の天才ヴァイオリニストが演じるようです。
えらいハンサムだという噂。

しかし・・・パガニーニの生き方には興味がありますが
このテの映画は、たいがい面白くない(笑)
予告動画を見ても、イマイチそそられませんが
久しぶりに映画を見たい気もするし、福岡でも上映するし、パガニーニだしw
行ってみようかなと思っています。
来週のレディースデーにでも。


もう1つ。
舞台「小指の思い出」
http://l-tike.com/play/koyubi/?cid=jmapp140708engeki_html003

これは、夢の遊眠社の作品で、たしかテレビで見たんでした。
野田さんが女装したんですよね。
私は最初に雑誌か本でその写真を見たのですが、そのあまりの美しさに衝撃を受けたものでした。

もっとも遊眠社らしい作品の一つと言えると思います。
粕羽聖子(カスバセイコ)というのが野田さんの役でしたが
カスパーハウザーから取っています。
(カスパーハウザーについては各自お調べくださいw)
そしてその子どもたちが、正月、三月、六月。

上に紹介したあらすじの中に出て来る「子どもの時間が取り戻せる白い実」というのは唇に乗せたハミガキ粉のことで
「アルプスから凧に乗」るんだけど、その凧の糸は小指の指紋がほどけたもので

そういう話なの(笑) とてもじゃないけどうまく説明できない。

「小指の思い出」とか「走れメルス」「野獣降臨」なんかは
非常に当時の野田秀樹色、遊眠社色が強い。
現在の野田作品にもその色は残っているけれど、
あの自由な思考と話の飛躍の距離のすごさ、あそこまでの疾走感は、もう見られない。

今これをやって、ウケるのかどうかは知らない。
だけど、遊眠社にハマったものとしては、ものすっごく見たい。
東京だから見れないけど(;;)

演出が、新進気鋭の若手劇団「マームとジプシー」の藤田貴大さん。
藤田さんもたくさん賞も獲るし、最近勢いがあるなあ。
マームとジプシー、おもしろんだろうか。(見たことない)
そして野田さんが演じた粕羽聖子に、飴屋法水さん。
主役の赤木圭一郎に、勝地涼くん。
勝地くんは最近、キャラ壊れてるからね(笑) 「あまちゃん」の前髪クネオですよ(笑)
シリアスもコメディーもいける役者さんになってきたから、いいかもしれない。
(ちなみにオリジナルの時は、上杉祥三さんがやりました)

松重豊さんも出るんだね。何の役だろう。

そして、舞台「半神」とセットチケットも売り出されています。
「半神」は、ご存知 萩尾望都のマンガが原作の舞台ですが
今回はすべてのキャストを韓国人俳優でやるんだって。演出は野田さんで。
こちらも、もし行ける方がいたら、セットチケットでご覧になったらいかがでしょう。


最近、東京芸術劇場では、野田さんの作品のリバイバル上演がいくつもあって
そのたびに歯噛みしています。
東京にいたなら、全部見にいってやるのに。
この前悔しかったのは「障子の国のティンカーベル」。
毬谷友子さんが演じました。
これは遊眠社では上演していない作品で、
私が大学生の当時、脚本のみ発行されていました。
私は脚本を読みながら、その上演風景を想像して一人で泣いたものです(笑)

そのうち「白夜の女騎士(ワルキューレ)」もやるだろうか。
もしやったら、これは絶対見に行きたいです。遠征してでも。
私が初めて、野田秀樹と夢の遊眠社の舞台を、ナマで見た作品ですから。
(一度蜷川さんの演出で再演されたんだけど、違うもののような気がしたし
子育てに忙しくて見に行かれませんでした。)
(今ちょっと調べたら、蜷川版の主役は松潤だった!! そりゃ違うわw)


わぁ、野田秀樹オタクぶりをずいぶん発揮してしまった(^^;)

 
| 映画 | 23:32 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:32 | - | - | pookmark |
コメント
ういーっす。
パガニーニの、私も見たいです。息子と行きたい。
(でも彼は行きたくないと言いそうw)
私が好きなサウンドシアターって朗読劇でも昔パガニーニ題材にした舞台があったらしくて、それも再演してくれないかなぁと思ってるんだけど(山寺さんとか出てたやつ)
パガニーニって面白そうよね。

遊眠社の名前を久々に聞いてとても懐かしかったですw
まあ、私は全然知らないんだがwww
| ぶう | 2014/07/09 8:20 AM |
> ぶうさん

残念でしたー。R指定でしたーww
12だったかな、15だったかな。どっちにしても息子さんは見れません。
なぜR指定なんだかわからないけど。

遊眠社は知らなくても
遊眠社にトチ狂っていた私は知っているアナタ(笑)
私も思い出したり書いたりしながら、ものすごく懐かしかった。
| 観世 | 2014/07/09 8:56 AM |
えー、PG12でしょー。親と一緒ならOKってやつじゃないの?
エッチな場面多いのかなぁ。
あとはギャンブルの場面とかかなぁ。。。
まあ、行くとしてもこちらでは隣の市で来月からでした(笑)
観に行ったら感想待ってます。
うちのパガニーニは練習が嫌いで困ってます。辞めたいを連発してて辞めさせたくないおいらとしては胸が痛い。
| ぶう | 2014/07/09 12:12 PM |
> ぶうさん

あ、そうなの?ごめんごめん。よく見てないからw
PG12なら親同伴ならOKだね。
そちらが来月公開なら、私の感想を待ってから行きなさい(笑)

うーむ、ついに辞めたくなったか。
よくがんばったけどねぇ、これまで。
ここで踏ん張れるかどうかだと思うけど、本当に嫌なことを無理にさせるのもどうかと思うしね。
練習しなくても細々とでも続けさせておくのがいいと思うけど
お金もかかるからなぁ〜。

せめておばあちゃんが生きている間はやってもらいたいんだが・・・(^^;)
| 観世 | 2014/07/09 12:45 PM |
観世様こんばんは、前回のコメントにお返事頂いて有難うございます。鳩様のインタビューは毎回楽しみに読ませて頂くのですが今回は軽々しく感想を書く事もできずそのままになってしまいましたが今回もしっかり読ませて頂きました、それとお嬢様のバレエ教室の発表会のお話しは凄く一所懸命な生徒の皆さまが格好良く感じました。ところで私にも演劇にはまっていた時期があり野田秀樹さんの作品は三作DVDとテレビ放送で拝見しました、オイル・ザキャラクター・表へ出ろいっ!の三作でいずれも内容の濃さと結末で腑に落ちる「そうだったんだ」と言う感じで観た後の満足感が大きかったですしその時の話題の事件に絡めたりしていて凄く考えさせられる作品だったと思います。三作ともそれぞれに好きな役者さんが出られていた事も切っ掛けで観た作品だったのですがどれも魅力的な作品達でした 毎回楽しく読ませて頂き有難うございます長々とコメント失礼しました
| ビジョン | 2014/07/10 2:24 AM |
> ビジョン さま

野田さんの作品を見たことがあるのですね。
私は「ザ・キャラクター」はナマで見ました。
「表に出ろいっ!」は女優さんがWキャストで、両方録画して楽しみました。
あれに出ていた黒木華ちゃんが、今や実力派女優ですね。華ちゃんの進化も、まっちーに負けないくらいすごいと思います。
最近の野田さんの作品は、社会問題を背景にした作品が多いですね。
若い頃は、今思うとそうでもなかった(笑)
でも彼は天才ですから、ものすごい知識量と想像力をもって、壮大で深い作品を創り上げます。
そんな野田さんに、まっちーとの共通点を見出してしまうのですから、私がハマリすぎて目が曇っているのか、それともまっちーがホントにすごいのか・・・?(笑)

鳩さんのインタビューは、いつもまっちーの本当の姿を垣間見せてくれると思います。
ちょっと普通のマスコミ・インタビューからは窺い知れない部分も見えますね。ミステリアスな人です。
全日本の体調のくだりは、絶句しました。神様が守って下さったとしか思えません。

| 観世 | 2014/07/10 11:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH