<< 発表会でのハプニング | main | 見たい!見たい! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
発表会でのハプニング
遅くなっちゃったけど、明日はまた書ける時間がなさそうなので
がんばって書いておきます。


発表会当日は、やることがたくさん。
スタッフ的にもたくさんありますが
出演者は、メイク(バレエメイク)、地塗り(上半身にファンデーションを塗る)
ウォーミングアップ、部分的な練習、ポーズ写真の撮影、集合写真の撮影。
さらに、本番では衣装を縫いつけるんですよね。何かの拍子にホックがはずれたりしたら大変なので。
トウシューズも同様です。
衣装の背中と、トウシューズの結び目を縫い付けます。

そんなことをしながら、お昼過ぎには開場・開演です。


さて、私は進行担当なので、舞台裏に近い所に基本的に居ながら
全体の流れの把握、遅れている時には急がせたり、先生方に時間の報告をしたり
そんなことをやっています。

もうすぐ最後の挨拶の練習と、集合写真を撮るという頃(開場30分前くらい)
係のお母さんの一人が
「観世さん、No.3ちゃんが、お母さんを呼んでくれと言ってます」と呼びに来てくれました。
No.3のいる楽屋は、舞台裏から少し離れた所にあります。
もうなんでも自分でできるし、楽屋担当のお母さん方もいるので、
私が何か手伝うことなんか無いのですが
なぜ呼んだりするんだろう? 何の用だよ、もうすぐ練習や写真撮影だというのに!

そう思いながら、子どもの楽屋へ行ってみました。




 
楽屋に行くと、まだ衣装も着ないでレオタード姿の娘No.3。
「何?どうした」と聞くと


「・・・生理になった。」


ガーーーーーーーーン!!!!!ショック

マジか!!!  今か!!!


えええええーーーーあせ

どうする? どうするよ???


バレエの下着というのは、バレエ用のショーツに、タイツをはき、
その上からボディーファンデーションという水着のような形のを着ています。
全部汚したと言います。

とりあえず、ショーツだ。しかしショーツなんか誰か持ってるのか!?
そしてボディーファンデだ。
ボディーファンデは家に予備があるので、急いでダンナに電話をしたら、まだ家を出る前だった。
持ってきてもらうように頼む。

親しいお母さんに事情を離して、ショーツが無いかなというと、
いろいろ聞いてサッと持ってきてくれた。○○ちゃんが持ってたよ!と言って。
持ってる人いるんだな〜、ショーツの予備。ありがとうございます!!!

ショーツとナプキンを持って娘の所に行き、トイレに行かせると
すぐ出て来た。
トウシューズが縫い付けてあって、タイツが脱げないという。
んもう!!!わーん
でもナプキンはあてたので、開演までこれでいい、タイツは後で替える、と言う。
集合写真があるからね、仕方ない。

娘は衣装を身につけ、写真を撮りに舞台へ向かいました。私も仕事があるので舞台袖へ。
写真を撮り終わった娘に、ダンナが持ってきてくれたボディーファンデを渡し
「開場したら着替えなさい」と言うと
「いい、もう衣装も着たから、1幕はこのままでいい。2幕の衣装に着替える時に替える」と言います。
いや、だって怖くないの?気持ち悪くないの?
時間があるんだから今替えればいいじゃないの!
オロオロして何度もそんなことを言っていたら
「いいの!後で替えるからっ!!怒りと、怒られてしまいました・・・・・やじるし

だって・・・おかーさんは心配じゃないの・・・・泣く
バレエは高く足を上げたり、ジャンプをしたりするじゃないですか。
気持ちも悪いだろうし、万が一のことを考えたら、集中して演技できないんじゃないか。
そんなことばかり心配なわけですよ。

でも、娘に一喝されてしまったので、仕方ありません。

舞台袖で一幕を見守っていました。

一幕の彼女のプログラムは、楽しそうに踊る内容のものです。
楽しそうになんか踊れるのかしらと、不安でした。

しかし娘は、しれっと出て来て、いつも通りニコニコと踊りはじめました。
さらには、途中、ステップで下がって行って、くるっと回る所があるのですが
なんだか回らないで手をひらひらっとさせてニコッとしました。
・・・・ん!!??ビックリ なんですか、今の?? 間違えた??
でもその後も動じることなく、フツーに踊りきって、無事に終わりました。

ハケてきた娘に、大丈夫だった?と聞くと「大丈夫」と。
「途中、なんか変じゃなかった?」と聞くと
「右に回るか左に回るか、忘れちゃった!てへ」だって。

・・・・それを、まるで手を動かす振りだったかのように、何事もなくごまかした娘・・・。
すげえ度胸。(さすがに表情は「やっちまった」みたいな顔はしてましたけどネ)
生理で動揺するどころか、全然平常心。

結局、何事もなく、踊りの失敗もなく、3幕の最後まで踊りきったのでした。

いつもより2倍の大きさで心臓がドキドキしていたのは、私だけでしたよ。



発表会が終わってから、なんともなかったの?と聞いたら
さすがに始まってしまった時は動揺して、
友だちに話しかけられても気付かずにいたので
「No.3ちゃんっ!?」と肩を叩かれ、ハッとしたりしたそうです(笑)
それでも舞台では、いつも通りの演技をしたのですから、ホントにすごいです。
いつの間に、こんなに度胸が据わったんだろう、この子。
昔は人見知りで、モジモジしてて、お遊戯会などでも隣りの子ばっかり見て踊るような子だったのに。


いやしかし、本当に焦りました。
女性にはつきもののことですが、アスリートだったり、舞台に上がる人には
本当に大変なことです。
大人で本格的にやっている人なら、薬でずらすとかもありますけど、まだ子供ですしね。
まぁ幸い、彼女は腹痛や気分の悪さ、気持ちの不安定さはほとんどないので
そういう面では助かりました。


舞台途中で、通りかかったうちの先生に、泣きそうになりながら実はかくかくしかじかと話したら
「まあ!びっくり でもやってる途中じゃなくてよかったわよ!!」
と、あっけらかんと言われ
・・・そ、そうね・・・と少し元気が出ました。
そうね、ポジティブに考えなくちゃ!
でもさ、自分のことはどうにでもポジティブに考えたり諦めたりってできるけど
子どものことになると、なかなかそんな軽い気持ちにはなれないですよ。
親はねー、心配ですよ、いろいろとやっぱり。


そんなハプニングもこっそりあった、今回の発表会。
でも、娘の強さを思い知りました。
こいつは、案外勝手に生きていくかも。 ・・・と思いました。



 
| 子ども・子育て | 01:32 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:32 | - | - | pookmark |
コメント
観世さま

あのNo.3ちゃんの晴れ舞台を
見たかったです!

お疲れさまでした!
充実感いっぱい、ハプニング満載。
これこそ、舞台ですね!

なんだか、劇場の人になってる。

いま、演劇がはやりだとか。
演劇ユニットなんかを
立ち上げたりされそうですね!
幕引きとか、できますけど。ウソ。
| リン | 2014/07/08 8:29 AM |
> リン さま

リンさんは会ったことありますもんね!
あの時は子ども子どもしてましたけど、たった2年弱でずいぶん大人っぽくなりましたよ。
また会っていただきたいですね!

前回までは、小さい子組の親だったので、言われたことしかやらないような関わり方だったのですが
今回中枢の方で働き、子どももだいぶ大きな作品を踊るようになりましたら
こんなにドラマティックなことがあるんだと、感動でした。
でもとってもいい発表会だった気がします。
次回(2年後)がまた楽しみです(^^)


・・・じゃあリンさんには、K村社長のポジションを差し上げます。
すべてを取り仕切ってください。よろしくお願いしますww
| 観世 | 2014/07/08 10:55 PM |
観世さん
怒濤の数日間、お疲れさまでした。
舞台は生き物。いろんなハプニングが起こるもんですね。
娘No.3ちゃんも。。。

娘の晴舞台の当日にって、、、絶句。
心配するのは親だもん、当然ですよ。
男って、こういう心配は無くてウラヤマシイ(笑)

観世さん、身体をゆっくり休めてね。
台風きているし、外出控えて。
あ、博多の祇園山笠は、大丈夫なんだろうか!?
| あいらら | 2014/07/08 11:11 PM |
> あいらら さま

まさしく絶句でした。
こんなことは本当は覚悟しておかなきゃいけないのに
まだまだ気持ちが甘かったですね。
でもおかげで、次からはもうちょっとうまく対応できると思います。


祇園山笠はねー、たいへんですよ!
あれは飾り山という大きなやつを、外に(道や広場に)飾ってあるんですが
今日のニュースで、流の人たちがどうするか相談してましたよ。
人形だけ取り外そうか、全部解体しようかって。
今までこんなことなくて、初めてなんですって、台風対策なんか。

山笠ももう祭り期間に入っていて、毎日なにかと行事があるはずなんですが
それも延期したりするのかな・・・いや、しないだろうな。やる日が決まっているでしょうから。
どうなることやら。
台風が逸れてくれるとありがたいんだけど。
| 観世 | 2014/07/08 11:37 PM |
観世さん おはようございます。

 更新されてからすぐ読ませていただいてはいたのですが、あまりの出来事に・・・絶句!
  
 お嬢さんも観世さんも頑張りましたね。進行?やりいの、お母さんやりいの。
 普通に生活していても、生理のばか〜もういやっ!と思ったこと数知れず。それでも昔の「汚いもの」扱いだった時代の女性たちに比べると楽になりましたかね。

 忘れちゃったをなんとなくごまかしたというお嬢さん、いつぞやのあっ子ちゃんを思い出しました(時間が余って、アドリブで振り付けをつけたしたという)。将来有望!
| よのにょ | 2014/07/09 6:09 AM |
> よのにょ さま

ねー、女の子はこれが怖い。
実は前回から数えて、もしかしたら・・・とは思ってたんですが
朝の時点で無かったので、よかった〜と安心しちゃってたんです。
まさかあんなタイミングで来るとは・・・。

そうですよ、今は何でも良くできているし、周りの理解もある。
昔の人なんかどうしていたんだろうと思いますよね。
ほんの50年前だって、こうはいかなかったと思いますよ。

うーん、ホントに彼女の肝のすわり具合には驚きました。
あんな子だと思ってなかったの。もっとオロオロする子だと思ってたんです。
頼もしいな〜と思ったと同時に、ちょっぴり淋しかったり・・・。
| 観世 | 2014/07/09 12:48 PM |
こんばんは。
発表会でのハプニング、,皚△眸笑ましく読ませていただきました。
微笑ましく・・・だなんてごめんなさい!
でも、どの母&娘さんのエピソードも目に浮かぶようで。お人柄まで想像できたり。
私は、子供がいないので(女の子が欲しかった;)なおさらなんですよーー。

そして、小さい頃、バレエを習ってみたかった(*^^*)
母の趣味で日本舞踊を習わされていた私。イヤでイヤでやっと辞めさせてもらった後、
お友達のバレエの発表会に招待されて・・・
まぁ、女の子だったらあんなん見たら憧れますよね。
だけど、日舞を辞めた手前、口が裂けてもバレエやりたいなんて言えませんでしたよー。
子供ながらに、ちゃんとわかるんですね〜

台風どうでしょうね?
私は長崎ですが、天気図見ると意外と近い所にいるみたいなのに
まだ、そうでもない感じ〜
報道過熱し過ぎじゃない?って思うくらい。
| ゆきは | 2014/07/09 8:59 PM |
> ゆきは さま

日本舞踊を習っていたなんて、すごいじゃないですか!!
でもバレエに憧れる気持ちはすごくわかります。
私も体操とかバレエとか、身体表現が好きでしたが
何せ身体が硬く、運動神経も鈍く、やる勇気がありませんでした。
大学の時に急に始めたんですけどね(笑)周囲はビックリしたみたいですけど。

今、娘がバレエを一生懸命やってくれていて
足を頭の上まで上げてくれたり、クルクル回ってくれたり
私がやりたいと思っていたことを体現してくれているので嬉しかったりします。

ゆきはさん、長崎ですか。そろそろ暴風圏内に入るのでは?
福岡も明日どうなるかですね。
報道は過熱気味ですけど、わざと大げさに言うようになったんじゃないですかね〜、最近。
とはいえ、お互い気を付けましょう!
| 観世 | 2014/07/10 12:09 AM |
観世さん、お仕事お疲れさまでした。
´△汎匹鵑如緊張して感動しました。

娘さんには、観世さんが子供時代にやりたかった気持ちが
伝わってるんじゃないでしょか。
その上で応援してくれていると思えたらパワーが出ます。
ピンチでも、何より自分の「やりたい」気持ちを
信じられる、冷静に行動できる強さをお持ちなのでは。

頼もしいですね。それを受け止めるお母さんは強くなるはずだ!
娘さんがすぐ観世さんに連絡して、あれこれ間に合ったのも良かったですね。
舞台に立つって凄いことだと思います。
私も裏方気質なので、支えるのはいくらでも!と思っちゃいました。

何はともあれ、皆さまお疲れさまでした!
観世さん、おすそわけありがとうございます!
| かな | 2014/07/10 3:12 AM |
> かな さま

フィギュアを好きになり、いろんな選手の人生模様・人間模様に感心を持つようになったせいか
スポーツや芸術に関わる子どもと親、という関係性を、自分に当てはめるようになり
こういう心境なのね〜、と、少しだけわかるようになった気がします。
子どもの一番のファンであり、世界一ステキだと思っており
その一方でまだまだだと思っており
舞台に出るとなれば、この子に任せておけばいいという気持ちと
どうか失敗しないで納得のいく結果となるようにと、自分の身を引き換えにするような思いで祈る気持ちと
そういう相反した思いにさいなまれます。
私なんかたかだか発表会だから、全然ちょっとした気持ちなんですけど
大きな大会だったり、世界的な選手だったりした場合
それは胸が潰れる思いでしょう。
でも、程度の差はあれ、同じような気持ちなんじゃないかな。たとえ大選手だとしても、親にとってはただの我が子ですからね。

そして子どもが、親が思っていた以上のことを成し遂げた時の感動と、寂寥感ね。
なんで寂しいのでしょうね、親って。

でもこんな思いになったのは今回が初めて。前回のNo.2の時は全然感じなかった。
No.2はもう辞めるつもりでいたからでしょうね、きっと。
No.3は、まだまだこれからだから、先のことまで考えてこんな気持ちになるんでしょう。
| 観世 | 2014/07/10 11:40 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH