<< ソチフィギュア雑誌、何買った? | main | お誕生日とチャレンジカップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
本日のフィギュア語り 3/9
JUGEMテーマ:フィギュアスケート


私は手フェチではない (全力応援!町田樹 *


*世界選手権に向けて、まっちーを精一杯応援することにしました!



 
手がきれいな男性に魅かれる女性は多いようですが
私はほとんど興味がありません。
きれいだなーと思うことはあっても、
それでウットリしたり、好きになったりすることはありません。

俳優で言うと、少し前に長谷川博巳くんが
手が美しいと評判になりました。
鈴木京香と共演して話題になった「セカンド・バージン」でも
手がきれいなのが恋に堕ちる決め手の1つになってました。

ゆづる君の手も人気ありますよね。すごくキレイだって。好きな人も多いでしょ?
あの萌え袖からのぞく、白くて細く長い指ね(笑)
わかりますよ。

さて、手フェチではない私ですが
私のダンナの手はものすごくキレイです。(なんの話ww)
手フェチでない私が妻でいるのは、宝の持ち腐れであります。
50を超えた今でもキレイですよ。
彼の手だけは、女を落とせるかもしれないと思います。いやマジでww

そんなキレイな手を見慣れているので、私は
長谷川くんの手もゆづる君の手も、それほどとは思いません。
うちのダンナの方がキレイやん、と思うくらいです。
そもそもが、あまりどうでもいい(笑)
私が愛する堤真一様だって、手はゴツく男らしいですからね。別に気になりません。


そんな、手に興味のない私が美しいと思うのが
町田樹の手です!
もちろん普段(オフアイスの時)は、他の方々同様どうでもいいのですがw
演技中の手はとても美しいと思います。
別に、細くて美しい手をしているわけじゃないですよ。けっこう普通の手です。
でも演技する時には、「何かを出す」んですw

そもそも、彼は身体のラインが美しいのですが、あれはバレリーナの美しさだと思います。
手も、首のラインから肩、腕、そして手の指先までトータルで美しいのです。

バレエは手指の使い方、腕の角度、曲がり方や外側への回し方など
非常に細かく決められています。
数センチの差で、この角度は美しい、この角度は美しくない、というのがあります。
たとえば白鳥の湖なんかで、踊り子がそろって踊る時も、寸分たがわぬ角度で踊らされます。
「美しいのはココ!」というのが決まっているのです。
まっちーはそこを押さえていると、私は感じています。
バレエをそこまで学んだわけではないと思うので、
たぶん自分で何度もポーズを取って見つけ出したのでしょう。
(その証拠に、数年前の演技は、手や腕の表現は確かに気をつけてしていますが、今ほど美しくありません)

中でも手については・・・
まっちーは手が大きく見えます。
それは、身体が小柄で、顔も小さいからだと思います。
身体つきに比較して、手が大きく見える。
さらに、指を指先までそらせて表現します。特に親指。
親指がよく開くんですよね。そして、たぶんちょっと長い。
指がそって良く開くと、そのラインの延長上まで伸びて見える錯覚を感じるはずです。
だから手も大きく見えるし、演技的にも手指の先に余韻みたいなものがある。
それが美しい広がりを感じさせると私は思っています。

今日、男子シングルの総集編をやっていたので見たのですが
そういう手に関しては、ぜんぜんダメなのがハビエル・フェルナンデス君(笑)
今度見てみてください。手の先の表現をもうちょっと気を付けたほうがいいよ、ハビ君。
それからパトリックも。ほとんどパーで開いているだけです。
パトリックは、首から腕、背中の使い方が固くて単調なので、そこも(私にとって)イマイチです。
(※バレエっぽければそれがベストかというと、そんなことはないと思っているので
  パトリックの動きが悪いと言っているわけではありません。)

ゆづる君は、手は美しいですけど、まだまだそれを表現に使い切れているとは思いません。
ところどころは気をつけているけれど、そうでないところは普通ですもん。
今日買ったNumber PLUSの、”レジェンドが語る”のポール・ワイリーさんのコメントの中に
こうありました。
「彼は思い切りよく滑るだけに、下手をするとそれがちょっと投げやりで雑に見えるところもあります。
また観客に向かって表現しようと努力しているのが見えるのですが、
今の彼の演技はまだあと少し心が伝わってこないところがある。」
その通りだと思います。
ま、ゆづる君はまだまだこれからの選手。
きっとどんどん変わって行って、表現も磨かれていくことと思います。

また大ちゃんは・・・・大ちゃんは不思議なスケーターだと思うんですけど
「どこが」美しい、かっこいいというのではない、全体が美しくかっこいいです。
たぶんバレエ的ではない。
ダンス的かなぁ、もしかしたらそうかもしれない。
でも何かの基礎を持っているからとかではないし、
指先まで表現をしようとすごく気を付けてるわけでもないと思うんです。
手だってごついでしょ? 足だってそんなに細くも長くもないですよ。
それなのにトータルでかっこいい。美しい。誰にも真似できない。
彼はすごいですよね。ただただ魅了されてしまう。
もちろん技術もすばらしいですが、何もしていない時でも、氷上に立っているだけでも美しい。
一番の武器は・・・やっぱり顔(目)かなと思ってしまうんですけどね(^^)

そんなトップスケーターと比較しても
まっちーの演技の美しさは特別だと思っています。

まっちーと同じような美しさ、魅力を持っているのは
個人的にはジェイソン・ブラウン君だと思います。
彼も手を意識して使って表現しています。
そして何とも言えない身体の動きの柔らかさ、美しさ。
彼もラインが美しく、身体が外に開いている人だと思います。


さて、そんな風にまっちーの手の美しさに気づいてしまうと
演技中の細かい手の動きにいちいち魅了されてしまい、うっとりするようになってしまいました。
特に「火の鳥」では、腕全体が羽根になっていて、手先の表現が秀逸です。
見れば見るほど、色気のようなものを感じるようになります。
大ちゃんの演技の色気とはまた全然違うんですよね。

どこが、というのは長くなるのでまた次の機会に(笑)

さらに、私が一番好きなのは、
まっちーが演技後などに感極まって顔を覆ったりしたときに、親指の腱が浮き出て見えるんですが
そのスジが好き!!
140309_0111~01.jpg
・・・という変態な領域にまで入って来てしまいまして
もう自分でもどうしたらいいかわかりません(爆)

まあ、変態目線は置いといて
ぜひまっちーの手の使い方の美しさ、他の選手との違いに、注目していただき、
その妖しさにあなたもハマっていただきたいと思います。


・・・・・・と書くだけ書いたけど
こんなの読む人いるのか!?(T▽T)


まっちーは手だけでなく、胸・背中を中心とした上半身が美しいので
その辺についても、懲りもせずまた語ろうと思います、そのうち。



 
| 本日のフィギュア語り | 00:47 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:47 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。
雑誌なんかのことに何度もすみません。(本屋のさが?)
読み飛ばして下さい。ressは結構です。

能登直さんはフリーカメラメンですよね。
ソチにはJMPA(日本雑誌協会)と契約して派遣されたのかな?
(どなたかお詳しいといいのですが)
なので、いろんな雑誌で能登さんの写真が使われています。
週刊朝日の特集号の表紙もそうだし、同中の真央ちゃんや大輔さん、朝日2/28号とか、どうでもいい女性雑誌の記事とか。(使わないで!)
これらは御名がありませんが、Sportivaには雑誌もwebにもあるので集英社とはまた別契約なのかも。
あ、Numberは通常号には写真ごとに記名があるけど、PLUSにはフォトグラファーの一員として載っていますね。
表紙は佐貫直哉さん。(この方はNumberのカメラマンみたい。)
裏表紙の真央ちゃんは能登さん。中の写真も記名して欲しかったなぁ。
町田君とかあっこちゃん、かなちゃんの写真もいくつかは能登さんのだと思うんだけど。
ゆづる君からスピンオフして指田さんのファンになったみたく、能登さんにも傾倒しそうです。
ホームページのワンコの写真がいいんだ!これが!
能登さんの写真、ゆづる君の安心しきった眼差しが!泣けます!(馬鹿?)
Sportivaでハビと一緒に写っている大笑いした写真がスキ^^

下らぬことをぐだぐだスミマセン。
お嬢様、いよいよ来週ですね。
人生に一度きりの高校受験。楽しんで下さい(無理か^^)




| ふみどう | 2014/03/09 12:08 PM |
> ふみどう さま

うーん、レスしちゃう(笑)
能登さんのことは、ゆづる君ファンですからもちろん知っていますが、
他のカメラマンさんのことはよく知らないです。
ふみどうさん、何でもよくご存知ですねー。
能登さんはフリーで、いろんなお仕事もしていますが
ご縁があるおかげで、ゆづる君を(小さい頃から)ずっと撮り続けていらして、
そういうカメラマンさんがいるというのは、ゆづる君にとってもファンにとってもうれしいことですね(^^)
おお、ホームページもあるんだ〜。

受験、いよいよあさってです。
レベル的には届いているので、落ち着いて実力を出してくれれば心配ないと思っています。
ゆづる君の「パリ散」のように華麗に!フィニッシュを決めてくれ!!


| 観世 | 2014/03/09 2:08 PM |
観世さんこんばんわ

コメ入れる私も長すぎキケンw
箇条書きにしてみよう

1、今度、ご主人様の手を公開してください
2、坂東玉三郎さんの手はきれいだと思います。
3、私はまっちーの「ぱー」もきれいだと思います。閉じた姿勢からパッ!と広げてくるりと回る、とか(目に浮かぶ)
4、バレリーナ森下洋子さんがこんなことを言っていた「日本人で西洋人のように手も足も長くない。どうしたら少しでも大きく長く見えるか考えている」
5、大輔さんの武器は短い足である
大変、観世さんがボコボコにされそうw標準的な日本人の長さから言えば十分長いといえますが、海外のスケーターさんから見ると重心が下で、腰から下の動きだけでも美しい足裁きと吸い付くようなスケーテイングを可能にしているのではないか、と思っています。ロカビリーなんかはすぽっ!すぽっ!というかんじに私には見えました。
 バレエじゃないですね、ベテランの積み重ねでたどり着いた「ザ・ダイスケムーブメント」とでも呼ぶしかないか・・・。

今日、初めて受験生のははらしい書き込みを拝見しました。
入試も華麗に「ゆづる」で決まりますように。
| よのにょ | 2014/03/09 10:26 PM |
> よのにょ さま

ダンナの手ぇ〜〜!?
そうですな、うまく写真撮れたら載せましょうか(笑)

玉三郎さんの手はキレイですし、
女形をする俳優さんや、日本舞踊の方の手はキレイですよね。
あれは手つきの勉強をしてのタマモノだと思います。
女形に関して言えば、体型まで変えますからね。肩を落としてなで肩にしたり。

森下さんの話、わかります。
私の友人にも、とても小柄な子がいましたが、バレエがとても上手でした。
彼女は手の爪をけっこう伸ばしていましたが、それは
「1ミリでも指を長く見せるため」と言っていたのを覚えています。
また、脚をあげて(アラベスクとか)、その足先の足首の角度ですね。
脚のラインから放物線上に伸びて行くように伸ばしていました。
それも「少しでも脚が長く見えるため」と言っていました。
バレエダンサーはそういう意識を持って、身体を見せようとしている。それを知って感心したものです。
「1ミリでも長く、美しく」と。

大ちゃんの足の長さには触れずにおきますがっ!
でもバランスとれててカッコイイんですもん、彼は。
むしろアボット君とか、ゆづる君もそうだけど
重心高すぎて不安定さを感じることがありますよ、私は。
そう、足さばきですよね、かっこいいしキレがある。
長さじゃないんですよ!
「ザ・ダイスケムーブメント」! なるほど!言い得て妙!!


え、こう見えてちゃんとやってますよ、受験生の母(笑)
ブログに書かないだけで。
とにかく彼女は心配性なので、「大丈夫大丈夫」と言ったり、そういう雰囲気を作ることに専心しています。
一緒にうろたえることのないように。
まあ大丈夫でしょう、力は届いていると思うので(^^)
応援ありがとうございます!


| 観世 | 2014/03/09 11:50 PM |
初めまして、お邪魔いたします。
偶然、同じようなタイミングで町田くんにハマって行きました。
町田くんは贔屓てすが、常に他の選手のことも一緒に書いて下さって
おかげさまで競技に楽しく関われています。

演劇に好きなだけ行けた時代、舞台上で見てきた堤さんの記憶を取り出して差し上げられたらお礼にならないだろうかと阿呆なことを考える程感謝しております。

町田くんに関していつも、そうそう!と思いつつ拝読しています。
特に全日本以降、指先までの美しさが加速しているように感じています。
演技中にどれだけ、どういう意識をして彼はあの表現に辿り着いたのでしょう。
ソチの団体フリーの時は愛するジェーニャの演技よりも印象に残った程でした。

本田武史が今でも好きです。綺麗な滑りと演技に入ったときの表現力。
町田くんはリンクに入ったときから出るまで目が離せません。
佐藤一門(?)が好きなので、小塚くんもアボットも大好きです。
町田くんがコンパルソリーに取り組んでいることが嬉しくて
スケーティングがどんどん綺麗になって、それが演技の底上げをしている気がしています。

いろんなことに自分で気が付いてやってみる。
やってみたら結果が出て自信がついたら次に向かう。
この短期間で巡ってきたチャンスを怯まずに掴む町田くんは素敵です。
是非また町田くんについて考察を読ませて下さい。
なにしろ大変読みやすく面白い文章で、楽しく拝読しております。

お子さまの実力が十二分に発揮される日でありますように。
突然やってきて長文をぶち、失礼いたしました。
| かな | 2014/03/10 1:33 AM |
今回の記事、ツボです。まっちーは、本当に身体をキレイに使い、美しくあること意識していて、見てるこちらも気持ちいいです。演技が終わったとたんに姿勢が悪くなって、素の自分を出したままの姿で退場する選手もいますが、まっちーは退場する姿も美しい!それに加え、エキシビションの楽しいプロも魅力的。ソチのエアーギターはカッコ良かった!なのに、カメラアングル悪すぎでした。親指のスジは世選でチェックします。本は中止なんですか。出版より彼のスケート見られる事が数倍嬉しいですから。ってどんだけまっちーが好きなんでしょう。まっちー記事、楽しみにしてます。
| 草花 | 2014/03/10 8:23 AM |
> かな さま

ようこそいらっしゃいませ!
コメントくださりありがとうございます。

私は2〜3年前から熱心に見始めたニワカなので
本田くんも好きだったんですけど、どんな演技をしてどれくらいの成績を取ってたか等は知らないんですよ。
今さら見て「本田くんってかっこよかったんだ!」と思ったりしてます。
かなさんはもっと前から、一人の選手だけでなく広い視点で見て来られたのですね。
いろいろと教えていただきたいです〜。
そして町田選手が、そんなかなさんのおメガネにかなったこと、光栄に思います(^^)

町田選手は今年、本当に奇跡のように飛躍しました。
おっしゃる通り、コンパルソリの習得によりスケーティングが向上していること
それに伴ってジャンプが安定し、(本田くんも言ってましたが)そのおかげでジャンプ以外の、表現力や作品の完成度に力と気持ちを配分することができています。
それが今季の大きな成長だと思います。
本当に、あの小さなまっちーがジェーニャと対等に戦えただなんて、感涙です。
今季手に入れた世界的評価をベースに、
あと1〜2年はもっと向上して、本当の世界トップクラスの選手となれるはず。
楽しみでたまりません。

なんと、堤さんの昔の舞台も見ておられるのですね!
ぜひ下さい、昔の記憶!(笑)
今もステキですけど、若い頃の堤さんは本当にステキでした。

文章、読みやすいと言ってくださって、とてもうれしいです。
そう言ってもらえる文章を書きたいといつも思っているので。
表現力と語彙が乏しいのが悩みの種ですが
これからも楽しい記事を書けるようにがんばります!

またぜひ遊びにいらしてください♪
こちらこそ、長々とお返事失礼いたしました。
| 観世 | 2014/03/10 8:32 AM |
わー。
考察ありがとうございます。成る程〜。
これからの演技を見る楽しみが増えました。
町田君、昨日はお誕生日だったので、これは観世様を介した
「逆バースデイプレゼント」
ですね。

>手も、首のラインから肩、腕、そして手の指先までトータルで美しいのです。

確かに。私が目を奪われたあの手も、胸のラインやトータルの流れがあってこその美しさだと思います。



>まー、それにしてもどの雑誌を見ても美しいですね、ゆづる君。
 よくもまあこんなに美しい子が存在するもんだと思ってしまいます。

美容院で、担当の方のお嬢さんが
「漫画に出てくる男の子って実際はいないと思ってたんだけど、いるんだねー!羽生くん」
と言ってらしたそうです。


>よのにょ様

初めまして。こちらでご挨拶を失礼します。
いつも観世様とのやり取りを楽しく拝見しています。


そうそう、ご存知かもしれませんが、今週のFM「マイ・オリンピック」は羽生くんです。
朝から涼やかなお声が心地よいです。

| こう | 2014/03/10 8:32 AM |
> 草花 さま

よかった、喜んでいただけて。
こんなコアな記事書いたら、引かれるかと思ってビクビク(笑)

そうそう、リンクに入ってから出るまでが町田劇場なのです。そこも素敵だと思います。
ことに演技後のお辞儀は、私はこれもバレエを意識しているのではないかな〜と思うんですよね。
これに関しては、また別の記事で語ろうと思います!

ソチのカメラアングルは本当に悪すぎでした!
あれ、他のカメラの映像も使って、もっと良いバージョンで放送してほしい!
エアギターだって、最初ずっと背中ばかり映していて
もうギターが終わる頃にようやく正面から映したりして
テレビの前で「オイッ!!」と怒鳴った私でした(笑)

草花さんは「ロシュフォールの恋人たち」見たことありますか?
こちらもぜひオススメ。
暑苦しいけど、情熱的な演技に胸が苦しくなるほどです。
またどこかのEXで見たいです!
| 観世 | 2014/03/10 8:52 AM |
> こう さま

またいらしていただけて嬉しいです(^^)
技術的な知識が乏しいので、インプレッションのみの勝手な考察でお恥ずかしいのですが
興味持って楽しく見ていただければいいかなと。
「ココが好きっ!」というだけでもいいと思うんですよね。

まっちーの演技を見た時に
「あ、観世さんが言ってたのはこれね!」
「観世さん今頃ココを見て悶えてるのね」
なんて思ってもらえたら嬉しいなと思って、書いておりますw
くだらない考察でごめんなさい(^^;)


あ、ラジオ今日からゆづる君でしたか!
しまった、聞き損ねた。情報ありがとうございます!
明日も出るかな。明日は聞いてみます。
ホントに、ゆづる君は現実離れしたルックスです。
ゴツい筋肉つけずに頑張っているところがすごい。
いつまであの妖精のような体型と、大理石のようなお肌でいられるでしょうか。
平昌までの4年間、どんな風に変化するかも、ちょっと楽しみだな〜(^^)
けっこう精悍で男らしくなったりして。


| 観世 | 2014/03/10 9:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH