<< オススメ番組のお知らせ(笑) | main | 「生さだ」騒ぎ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「スピリットベア」感動しました
今日は合唱団役員親子で、忘年会の食事会があり
こちらが非常に楽しく盛り上がりまして、帰宅したのが10時半。
子供たちが風呂に入ったり寝る支度をしたりして
自由時間ができたのが11時半過ぎ。
ダンナが風呂に入ったので、昨日ご紹介した「スピリットベア」の録画を
見始めました。
1時間半の番組なので、このままいったら1時過ぎまでかかる・・・・と
半分寝落ち覚悟で見始めたのですが

もう、すばらしかった!!
さすがNHK!!
(NHK大好きです)
堤さんもいいんだけど、堤さんは抜きにしても
内容的に私のツボを押さえまくりの内容で
結局目をギンギンさせて前のめりになって見ました(笑)

番組途中に風呂から上がったダンナも、しばらく楽しそうに見ていましたが
彼はさすがにラスト20分くらいは寝落ちしました。


私はですね、先住民の生活や文化に非常に興味があります。(特にアイヌが好きです。)
好きだからって特段知識があるわけではないんですが、すごく興味があります。
映画も「ダンス・ウィズ・ウルブス」(ケビン・コスナー主演)なんか大好きで、
セリフを覚えるほど見ました(笑)

今日も、カナダの森に棲むクマの話かと思ったら、むしろ
そのクマを敬いながら生きて来て、これからは守って行こうとしている、先住民族の話でした。

オープニングから神話の一節を紹介。
バンクーバーでは、先住民の暮らしや文化にまつわるものを展示している博物館を紹介。
そして、堤さんはスピリットベアを探すべく
先住民族が今も暮らす集落へ行きます。ホテルやお店もない、人口百数十人の村。

もう、神話を聞かされたり、トーテムポールを見たりした時点で、私はハート目です♪


カナダは、有名な東の方の地域(五大湖周辺など)はよく紹介されるような気がしますが
太平洋側、バンクーバーの上の方の自然の豊かな所は、あまり紹介されてないと思います。
国立公園・・・でもなかったようで、たぶん観光地としては整備がそれほどされていないんでしょう。
気候もきびしいのかもしれません。
でも・・・・・あんなに入り組んだフィヨルド、深い森、苔の蒸す森林、
おびただしい数のサケが遡上する河、
なにより美しい森、海、氷河。
そんな中に現れる野生動物・・・。
それらの映像に感動しっぱなしでした。

スピリットベアという白いクマは、黒クマから生まれますが、アルビノ種ではない。
ずっと昔、氷河に覆われていた頃に、保護色として栄えた白い色のクマの遺伝子が残っていて
数世代に1度、白いクマとなって現れるらしいです。
ヨーロッパ人が入植し、動物の毛皮なども獲るようになって
白いクマの噂も流れ、罠がしかけられたりするようになったため
先住民の人々は、白いクマの話を(知られないように)タブーにするようになったそうです。
家で「白いクマ」と口に出すと、ひどく叱られたとか。
しかし22年前に、長老が、ある動物学者の案内をするように村の若者に命じた。
これからは保護をしていかなければならないという決断だったようです。

ヨーロッパ人の持ち込んだ天然痘などによって、先住民族は激減し
多くの集落も消えてしまった。
森も破壊され、木々は伐採され、動物は毛皮目当てに狩られた。
そのような中で、暮らしと自然を守る方法を探りながら、先住民族の人たちは生き残って今に至る。
たくさんのものは失われたかもしれないけれど、護られたものもある。
そして、それを未来へと繋げていかなければいけません。
その象徴が、スピリットベアなんだと思いました。
いつまでも、この美しく愛らしい白いクマが暮らしていける、森であるように
豊かな地球であるように
願わずにはいられません。


そんな番組だったんです。
非常に満足でした。
再放送、もしあったらまた紹介しますので、見逃した方はぜひ見てくださいね!!


夜中なのに、取り急ぎ感動を書き付けておきたくて、簡単に書きました。
おやすみなさい。




 
| テレビ番組 | 02:05 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 02:05 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんは!
どちらに書こうか悩んで、こちらにw
私は当日ライブに誘われてたので、つい先ほど見ました(^^;

スピリットベアはクロクマの隔世遺伝のようですね(^^)
真っ黒から真っ白が生まれる。不思議な光景です。
ワタリガラスの伝承を信じることが自然のように思えます(^^)

最後のトーテムポールの光景。
地面は緑の絨毯。朽ちかけていてもそびえ立つトーテムポール。1人感動していました。
自然を敬い、共に生きた人々の想いが刻み込まれているのでしょうね。
映像でこんなですから、実際に見たら離れがたい(去りがたい?)という堤さんのお言葉も納得してしまいます。

あの地域に
石油系の工事が入りそうでしたね。。。
あれは絶対にやめて頂きたい!!!
全てを貪り尽くそうとする人の業。。
何でそうなるのでしょう。。
あの神秘の森が無事であってほしいです。。
| みゆき | 2013/12/30 12:30 AM |
今年もよろしくお願いします。
やっと観ましたスピリットベア!すごく良かったですね♪新年早々いいものを観させてもらいました!自分でもあまり意識したことなかったんですが、カナダのこの風景がすごく良かった!好きかもって!


スピリットベアに出会えた堤さんもすごいですが、シロクマがこっち(人間)のことを気にする風でもなく、ひょうひょうとしたたたずまいがなんとも可愛くて、すご〜く癒やされました。

堤さんの「なで肩ね〜俺と一緒ね〜」には笑ってしまいました。堤さんの言い方も可愛くて♪

無口だったお父様とのエピソードも聞けましたね。でも堤さんは娘ちゃんといっぱいスキンシップをとるお父さんになるんだろうなあって思いましたよ。

堤さんってドキュメンタリー番組に合いますよね!合うって言い方変だけど、お声もいいからナレーションも兼ねれるし、年に一回はこんな素敵な番組やって欲しい!NHKさん恒例にして下さい。

| じゅん | 2014/01/02 9:55 AM |
> みゆき さま、 じゅん さま

お返事遅くなったうえに、一緒のお返事ごめんなさい!

とってもいい番組でしたよね。
私の琴線に触れまくりだったんですよ〜。
そういう場所に堤さんが行ってくれて、紹介してくれたうれしさ♪

堤さんはああいう所に行くと、無防備でナチュラルになりますね。
落ち着くんでしょうね。あるいはしがらみから解放されるのかも。

軽く英語をしゃべっていたのもツボでした。
意外とうまいなと思いました(笑)

私も、堤さんはドキュメンタリー番組に合ってると思います。
なんかあの、子供みたいにキラキラした感じで
何に出会えるんだろうっていう、ワクワクした気持ちを見せながら
それでいて自然や歴史への畏怖や尊敬の感情をかもしだすことができるですよね。
・・・・って、ファンだからそうやっていい感じに見えるのかな〜(^^;)

ラストシーンで、巨大なトーテムポールを見上げながら
「去りがたい・・・」というナレーションをバックに
緑の中に座り込んでいる堤さんが、とってもステキでした。
あれ、ポスターにして壁に貼りたい(笑)

お父さんネタ、よく話に出ますが
お父さんのことを思い出しながら、自分はどんな父親になろうかと考えながら
お子さんに向かっているのかもしれませんね。
スキンシップ取る、やさしい楽しいお父さんになるに決まってます。
だって、あのガイドさんの息子クンの心も、すっかり掴んで仲良くしてましたもんね!

あー、またいろいろ語りたくなってきた。
もう1回見返して、今度は堤さんのことメインで
あちらのブログに感想書きたいです!



| 観世 | 2014/01/03 1:18 AM |
(≧∇≦)ぜひ書いて欲しいです。このままスルーするにはもったいない番組ですよ〜
| じゅん | 2014/01/03 10:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH