<< 本日のフィギュア語り 11/3 | main | シイの木の思い出 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
西日本 東日本
JUGEMテーマ:フィギュアスケート

西日本選手権で、ものすごい点数(非公認ながら世界歴代4位)を出す
ショートプログラムを滑ったまっちー。
今日はフリースケーティング。
結果は・・・・あまり良くなかったようです。
転倒が2回だか3回だか。ジャンプの失敗も2〜3回。
点数は147.71。 総合は241.37で優勝でした。
フリーの点数はふがいないと思っているかもしれませんが
あんまりすごい点ばかり出すと、不安になるので
私はちょっと安心しました。

それよりも、
フェンスに激突して腰を痛がっていたとか
ジャンプミスの後に靴を気にしていたとか
そちらの方が気になります。何ともないといいんだけど。
どうかケガや事故にだけは十分気をつけてください。
そしてもし、どこか不調があれば、ロシア杯までによく治してね!!

フィギュアって、もちろん本人が急に崩れることもあるし
ケガや病気、靴の故障で、一発でダメになってしまうこともある。
それは全選手に言えることなんですけど
怖い競技だな〜と思います。その分ハラハラ度合いも増すので、ホント、心臓に悪いです。
どうかどの選手も、万全の体調で
ケガなく、アクシデントなく、試合に臨めますように!!

しかし、昨日「集中するために」とインタビューを断ったのも
強い意志の表れでいい、と私は書きましたが
ずっと良い演技をして、良い点を出していることで、なにか
精神的に不安定になっていたのかもしれませんね。
がんばれまっちー! 
スケアメの時のような確たる自信を持って、ロシア杯にのぞめることを祈ってます!!


本日の「すぽると!」で、
安藤美姫ちゃん、町田樹くんが取り上げられるようです。
よかったらご覧くださいね!

フジテレビ系列 23:55〜


(追記)
スポニチ記事より。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/11/03/kiji/K20131103006942210.html

町田樹 合計241・37点で全日本へ 西日本選手権

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカで優勝し、ソチ冬季五輪代表の有力候補に台頭した男子の町田樹(関大)が3日、京都アクアリーナで行われた西日本選手権を合計241・37点の高得点で制し、代表最終選考会となる12月下旬の全日本選手権進出を決めた。

 23歳の町田は2カ月間で最大5試合に出場する可能性がある過密日程を考慮し、今大会に向けては練習量を減らし「気楽にやる試合と位置付けた」と言う。4回転―3回転の2連続ジャンプを決めた前日のショートプログラムから一転し、フリーでは挑戦を1度にとどめた4回転などジャンプで3度転倒と苦しんだ。「気にしていない。失敗があって、また頑張ろうという気持ちになった」と前向きだった。

 次の大会となるGP最終戦のロシア杯(22、23日・モスクワ)に向け「メダルを手に入れて(GP上位6人の)ファイナル(12月・福岡)に行きたい」と意欲満々。
試合後にファンに囲まれるなど注目度は高まるが「たくさん報道もされてうれしいが、勘違いするなと自分に言い聞かせてやりたい」と謙虚に話した。


もう、最後のセリフがねー。 惚れるわぁ、まっちー。


続きで東日本のこと。

東日本では、注目の安藤美姫ちゃんが試合に出場しました。
結果は惨憺たるものだったようで・・・。
26名中13位。フリーでよほどの演技をしないと、5位以内は難しいでしょう。
(5位以内に入らないと、全日本選手権に出られません)

子供を産んだことのある女性は、「そうだよね、やっぱりきついよね」と思っているのではないでしょうか。
出産と、1歳までの育児というのは、そりゃもう大変です。
特に第1子ともなれば
今まで体験しなかった、新しくて大変なことの連続です。
赤ちゃんを、誰が育てているのかは知りませんが、母親は美姫ちゃんなわけで
母性や責任感というのは、どうしてもあふれ出るものではないでしょうか。
赤ちゃんにも気持ちを砕き(たとえこまごましたお世話は別の人がしているとしても)
スケートにもオリンピックに向かうという凡人にはわからないレベルの気持ちも持って
どちらにも取り組むのは
なかなか・・・・・なかなか難しいことだと思いますよ。(特に精神的に)

これが、子供がもう1歳を過ぎたとか
2人目であるとか、
来年がオリンピックだとかなら、
美姫ちゃんの能力をもってしたら、まだ調整できたかもしれない。
でもねー。
大変なことだと思います。今の状況は。
私は、一般主婦として言わせてもらえば、
赤ちゃんをしっかり見てあげてほしいと思います。
いや、精一杯見ているだろうとは思いますよ。思いますけど
それでもね。そう思ってしまう。
赤ちゃんにとっては、一生を左右する大事な時なのよ・・・って。

ま、まだ明日のフリーで奇跡的挽回が起こる可能性もあるわけなのですが
もしそうならなかった場合、全日本出場が無理だとなった場合
美姫ちゃんはどうするんだろう。
そしてもし5位以内に入って、全日本に出られるとなった場合でも
美姫ちゃんも赤ちゃんも、しっかり暮らしていけるんだろうか。
美姫ちゃんは安定した精神でスケートに取り組めるんだろうか・・・・。

一般主婦の私としては、もう赤ちゃんとゆっくり過ごしてほしいな〜、と思ってしまうな。
美姫ちゃんファンの方、ごめんね。スケートをやめろっていう意味じゃないのよ。
赤ちゃんの「今」を大切にしてあげて欲しいだけです。
そしてそれは、美姫ちゃんにとっても幸せなことなんじゃないかな。
ま、素人考えですからね。凡人の私と、美姫ちゃんが全然違うのはわかってるんですけどね。
 
| フィギュアスケート | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH