<< スケアメFS速報(3) 総括 | main | まっちーフィーバーは来るだろうか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
町田樹ってどんなスケーターなのか

今日はグランプリファイナル福岡の一般発売日で
あと2枚手に入れたい私は、
セブンイレブンの端末でトライ。
12時ちょうどくらいにアクセスしたのに・・・・売り切れでした。
どういうことだ! こんなんで誰か取れるのか!?
どうせ取れないならテレビCMとかするな!
(空色羊さん取れたかなあ・・・)


私はスケアメの動画を見まして
それから表彰式の動画も見ました。
昨年は日本人3人が独占した表彰台。
一番低い所に「ちょこん」って感じで立っていたまっちー。
それが、今年は日本人でただ一人
中央の一番高い所に泰然と立っている・・・・。
感慨深いです(;_;)
  
(それにしても、顔ちっちゃいな、まっちー!)




さて、それでは急に注目されだした町田樹選手について
ここに遊びに来てくれる、フィギュアにはあまり興味のない人のために(笑)
どんな男なのか、ちょっと解説しておきましょうね。

 
私ももともと芸術家肌なのは知ってましたが
ここまでか!と笑ってしまうような記事がけっこう最近出ていますので、ご紹介。


【スポーツ報知】より抜粋
 「いい演技でまとめたら90点を超える自信はあった」と話す男の素顔は、日本フィギュア界きっての哲学家。
6日に都内で行われたGPシリーズの会見では、
今季のテーマを「ティムシェル(エデンの東に出てくるヘブライ語)。汝、治むることをあたう」と力説。
司会の松岡修造氏(45)らの目を点にさせた。

 ディーンの映画も全ては見ていないというが、一方で米作家スタインベック原作の小説を熟読。
「『エデンの東』イコール(映画の)ジェームズ・ディーンという金科玉条(きんかぎょくじょう=規則や法律の意味)を振り払いたい」と難解な四字熟語を駆使し、本家超えまで宣言した。


【日刊スポーツ】より抜粋
足にはスケート靴、手には哲学書。異色のスケーターが、ソチ五輪の代表争いに堂々と名乗りを上げた。
言い回しは理知的で、一般的アスリートのそれとは一線を画す。
「目指しているのは、純粋芸術としてのフィギュアスケート。スケート人生のテーマです」。
競技性を超えたところで、1つの作品を作り上げる表現者でありたい。

 趣味の読書は、かばんに必ず2冊の本を忍ばせる。遠征など移動が多く「どんどん読んじゃいますね」。
ドイツの哲学者ヘーゲルの「美学講義」が愛読書。
美的価値を問う学問への傾倒は、フィギュアにも美的完成度を求めるようになった。
今季のSP「エデンの東」の着想を得たのは1年以上前。
「五輪シーズン、僕自身のスケーター20周年」に温めていた演目だ。

 すぐに滑らなかった理由は
「著者のスタインベックの言葉が精読できていなかった。深く理解してから表現したかったので」。
作品は映画で有名だが、「『エデンの東』=(俳優の)ジェームス・ディーンという色眼鏡を外して、僕のエデンとして解釈してほしい」と願う。
「小説の舞台のサリナスに吹く風や、雄大な自然をリンクの上に描きたい」という。

 だからこそ、90点超えの演技にも「70〜80%」。
4回転−3回転の連続ジャンプの成功も、喜びは控えめだ。

 小説の舞台である米国でSPを初披露し、「とても幸せな3分間だった」と充実感はある。
その小説の中で最も好きな言葉は「Timshel」。日本語訳は「汝(なんじ)、治むることを能(あた)う」で、
町田は「自分の運命は自分で切り開くこと」と解釈する。
「ソチ五輪からは一番遠い存在」と認めるからこそ、その言葉が力を与えてくれる。


どうですか!!こんなスケーターおらんでしょ(笑)
まっちーは多分、昨シーズンでここにたどりついたから、強くなったんだと思うんですよね。
自分こそ、理想の形を体現できる者だと確信したんじゃないでしょうか。
他の誰にもできない、僕こそ、僕の理想のスケートを実現しうる。
「汝、治むることを能う」=「あなたは(その世界を)統治することができる」
・・・というのは私の解釈ですけど(^^;)

信念を持つと、人間は強いですからね。


あとね、アニメとかが好きな人にはこんな紹介はどうでしょう。
某掲示板に書いてあったんですが
「リヴァイ兵長、スケート滑ってないで早く巨人を倒してください」
爆笑しました。
リヴァイ兵長というのは、マンガ『進撃の巨人』に出てくる主要キャラクターです。
私はこのマンガ、あんまり一生懸命は見てないんですけど、大まかにはわかります。
すごい人気のあるマンガなんですよね。
で、リヴァイ兵長は巨人を倒す戦闘チームのトップみたいな人で
小柄で、暗い目をしてるんですけど、ものすごく強い。倒せない巨人はいない、みたいな。
そんでもってすごいクール。
こんな人です。


人気キャラみたいですけど、
でもまっちーはこんな暗い目の人じゃないよ!(笑) 
(そしてこんな失礼なことを言う人でもないよ!)
まあ、髪型は若干似てますが。
あと、人並みはずれた身体能力と、こだわりの強そうなところは、ちょっと共通点を感じるけどねw

進撃好きな人は、ぜひ「リヴァイー!」と叫んで応援してくださいww(やめれ)

**********************************

優勝インタビューは英語で答え、
日本語メッセージでは
「僕の立場ではこの優勝がアドバンテージとは言えない」と
また気を引き締めるコメント。
頼もしいですね。
でも綺麗事じゃなくて本音かも。
昨シーズンの失速の反省もあるだろうし。
次のシリーズ戦は、一番最後のロシア杯。
まだ1ヶ月以上も先です。
ここで調子をキープ、あるいは向上させられるか
リズムを崩してしまうか
そこが、今季のまっちーがホンモノかどうかの分かれ目なんじゃないかと思います。
ロシア杯はまたすごいメンツだしね!

次の試合(ロステレコム杯@ロシア)は、11月22〜24日あたり。
もしまっちーに興味持った方がいたら、ぜひまた応援してくださいネ!
そして今夜のスケートアメリカのテレビ放送も、
まっちーの世界観を想像しながら、ぜひ彼の演技を楽しんでいただきたいと思います。



 

| フィギュアスケート | 14:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:36 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちわ。
 
 先ほど、昨日の録画を編集していたら、フリーの前の映像を見た娘が「町田くんのこんな顔見たことないわ〜」。去年は「虎視眈々」という雰囲気は漂わせていましたけどね、今年は演技前からドヤ顔ですよドヤ顔!。衣装のふさふさも絶賛していました。娘も息子も夫も(汗)リヴァイ兵長を熟知していると思うのですが、反応が怖くてまだきいていません。
 
 職場ではあるお姉さまから「あの男の子(まっちーのこと)きれいだったね」、他にも「あの新人すごい」(新人ではありませんと訂正しておきました)と話題になりました。
 以上、報告しておきます。
 
 それから確認です。私が当てたのはまっちーとアーロン君の台のりで、リッポン選手小塚選手ははずしました
 
 アーロン君はまだまだ「走って跳んで」という選手だといわれてますね。でもあのスピードとジャンプなので、特にフリーでポーンと点数が出るのは仕方が無いです。
 そんな彼がステップシークエンスで必死に表情を作っているように見えてかわいいなあと思っていました。なんたって今年の彼のLpはシェイリーンお姉さまの振り付けだから、「そんな誘い方じゃ女はついてこないわよ!」とかビシビシしごかれて頑張ったんじゃないかと想像してしまって。

 確かにロステレコムまで空きますが、大丈夫でしょう、町田選手は。
 今夜はなんとエキシビジョンまで地上波で放送がある。ネットでも見ることはできるけど、やっぱり大画面で見たいから嬉しいです。スケカナもやってくれるかな。
 
| よのにょ | 2013/10/21 5:06 PM |
> よのにょ さま

ああ、すみません、よのにょさん5位くらいまで予想してたからね(^^)
リッポン君を当てた!と思い込んでました。

アーロン君は、表情もですけど
いろんな細かいところが・・・・ジャンプやスピンの入りや出、スピンの軸、つなぎ等々、雑に見えて
姑のように眉をひそめてしまいました(笑)
それでも、要所要所でチラッとアピールしたりするところは魅力的なんだから、困っちゃいます。
町田くんじゃないけど、コンパルソリとかやって繊細な表現にも挑戦してみたらどうかしら。(お節介w)

まっちーのエキシビションは「白夜行」。
東野圭吾好きの妹にも勧めてみました。見てくれるかな。
左手の色がやばいんですよ〜。

スケカナはたしか、エキシビションだけ生放送でしたよ! CSですけど。
フリーの放送よりエキシの方が、テレビで先に見れちゃうんですよ(笑)
ゆづる君、まちがいなく出てくれると信じてますが
エキシナンバーは何でしょうね??

| 観世 | 2013/10/21 5:40 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH