<< 男子も取り上げてくれよぅ! | main | 10月!! 10月!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
timshel ・・・・町田くんはどうなってしまうのか
 
まっちーのファンってどれくらいいるのかな。(なんだ突然)

ゆづる君のファンって、
もちろん小さい頃から目立ってたから、ジュニアからのファンも多いと思うけど
2011-12年のシーズン(主にロミオ)で心を奪われた人が多いと思うのよね。
そして多分、その時にファンが爆発的に増えたと思うんだ。
(もちろん私もその一人w)

町田くんは・・・・
正直、パッとしなかったでしょ。
演技が派手で目を引くってわけでもないし、
特別ハンサムでもスタイルがいいわけでもないし。
こだわりのある演技をしてたから「通ごのみ」って感じじゃなかった?
(あくまでも私の勝手な推測です)

で、昨シーズンは最初とっても調子が良くって、町田有望っていう評判も高くて
評判通りグランプリシリーズで好成績を残し、
名前も顔もかなり知られたと思う。
だけどその後失速。

で、今シーズンを迎えたわけですが。



(濃い記事になりそうなので畳む)
 私はまっちー、昨シーズンから非常に気になりだして
山口にも行って直接見たこともあり、
ゆづる君の次という位置でずっと応援&期待をしてきたわけですけど・・・・

今シーズンのまっちーは明らかに何か違う!
前記事にも書きましたが、何か違うんです。
「来る」と予感させた昨シーズンより、さらに違う!!
何か、別次元に行った感じがします。
何があったんだまっちー!!!


昨日、近畿ブロック大会の演技が、ゲットスポーツで流れたようです。
4回転を決めて高い点数を出した、フリーの演技「火の鳥」をちょっと写したんですが
(動画で拝見しましたが)
目を見張る4回転!!
これ、ホントにまっちー!?
すごいまっすぐな軸に、ものすごい回転速度!! すごい高さ!! 着氷完璧!!
ホントに目を疑って、何度も何度も見てしまいました。

これ・・・・・・こんなの身につけちゃったの?・・・・・

織田くんの4回転も美しいですが、しなやかで柔らかいジャンプです。
まっちーのは、どちらかというとゆづる君みたいな、精密機械みたいなジャンプ。
昨シーズンのジャンプとは別人のようです。
昨シーズンまでのジャンプも、決まればステキだったけど、でも、
今シーズンのは別物!!


さらに!インタビューがあったんですが・・・・・
130930_1221~01.jpg(ゲトスポ画面より)
・・・・え、なんか、美しくない??

あのね、目張り・・・じゃないですけど、アイライナーが入ってるみたいなんですよね、下側に。
(上にもはい入ってるのかな)
そして、お肌がきれいでしょ?
町田くんは、残念ながらお肌がきれいじゃなかったけど、別人みたいにきれいでしょ?


これは終了後のインタビュー画像ですけど、・・・え、美しくなぁい?

普通に美少年、いや、美青年の仲間入りみたいなことになっちゃってない??

町田くんって、こういう美形キャラだったっけか??

・・・・と、妙な胸騒ぎが止まらない観世なのであります。


これさー。このビジュアルで、演技がハイレベルだったら、
今シーズン相当人気出ちゃうんじゃないの?
え、今、まっちーのファンってどれくらいいるの??

・・・・・・ということで、最初の質問に戻ったわけです(笑)

なんかね、自分が気に入ってるモノが、急にバージョンUPして
目を引くようになって、
これヤバくない? 人気出ちゃうんじゃない? って予感で、ドキドキする。
そういう感じなんですよね。

もちろん私なんかニワカで、まっちーを昔から応援しているファンもたくさんいて
きっと今シーズンの変化に感涙しているんじゃないかと思いますが
私もまっちーファンを名乗るはしくれとして、
本当に、今シーズンの飛躍を期待せずにはおれません!!


記事のタイトルに入れた「timshel」
まっちーがSP『エデンの東』を演技した後のインタビューで言った、キーワード。
ジョン・スタインベックの小説『エデンの東』の中に出てくることばだそうで。
この言葉を体現したいんだって。
・・・・むむむむ・・・・・・異次元・・・・・。 


もう、フィギュア日本男子はもう、
本当にうれしいやら怖いやら。
誰がどうなっても不思議はないです。
最後までこのシーズンを乗り越えたものが勝ち。もうそれしか言えない。



フィン杯開幕まであと3日。
ゆづる君の衣装と演技が見られるまであと・・・4日?5日?
織田くんや町田くんを見た時のように、いやそれ以上の衝撃で、
感動できますように!


ああっ 怖いっっ

 
| フィギュアスケート | 15:50 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:50 | - | - | pookmark |
コメント
 こんばんわ。更新ありがとうございます。

 まっちーの動画はこれから探してみますが、ジャッジスコアは確認、え、ショートの技術点50点以上って、ひえ〜???

 今にして思うとシニアに上がったかどうかという時期に(全日本で)繊細な感じで、3強の次に来る選手だなと思ってました。私はスケートと同じく素人ですがバレエを見るのが好きで自分もフラメンコやったりしていたので。
 ゆづをテレビで初めて見たとき「え、町田くん?」と思ったんですよ(今にして思うとホワイトレジェンド、こんな子が出てきたんだ〜とびっくりしました)

 SP、「エデンの東」ですか、ジェームズ・デイーンですか、うわあ・・・ロミジュリ以上の共感を得るかも。ストーリーうろ覚えなので語るのはやめておきますが、題名を聞くだけで切なくなりますよ、なにするんだまっちー!「凄く僕らしいプログラム」とどこかで語っていましたが。
 見た目も大事。体と向き合う時間も取れたのでしょう。
胸騒ぎ、いいんじゃないですか、狂おしいほどに魅せてもらいましょう。

 追伸。思い出したくもない失敗は、4つや5つは普通だと思ってました(笑)
 
| よのにょ | 2013/09/30 7:56 PM |
> よのにょ さま

ゲトスポの動画は、某まっちーファンの方のブログに載っていたのですが
転載しないでと書いてあったので・・・探してください(笑)
そしてその動画を見たよのにょさんの感想もぜひ聞きたいですっ!
技術点もすごいんですが、GOE見てください!特に4Tの!!
すごい加点ですが、動画を見ると「たしかに」と言うほどのジャンプですよ!

まっちーのヤツ、(ヤツって!w)
「エデンの東といえばジェームス・ディーンのイメージがあるでしょうが
色眼鏡をはずして僕の『エデンの東』として解釈してほしい」
なんて言いやがってるんですよ!
つまりジェームス・ディーンの映画を想起しないでくれってことでしょうかね!
その、スタインベックの小説の方を表現しているらしいんですよ。

≫狂おしいほどに魅せてもらいましょう。

いやもう、ホントに身体というか心というか、もたないです(汗)
これでゆづる君まですごい演技をしたら、もう、もう・・・・。
助けて!よのにょさん!!(笑)






| 観世 | 2013/09/30 8:15 PM |
 観世さんこんにちわ。

 お返事ありがとうございます。
動画も拝みましたしブログのほうもいくつか読んできました。「ジェームズデイーンじゃない」事も(汗)。ますますこだわりが感じられました。アイライン入れていますね。
 
 マッチーのクワド、軽い!ポンッと跳んでくるくるっ!と回ってる、文字どうりこまのよう。小柄だけど、しっかりした体型の彼でなければこうは行かないでしょう。

 ジャッジも驚く美しいジャンプだと思います。
 選手一人ひとり体も違うから、ベストな軸とか跳びかたって1人ずつちがうと思うんです。(スケーテイングも)
 
 ただ、ホントに素人考えなのですけど、ISUが理想とする形があって、それはヨーロッパ・北米系の胸板が厚くて手足の長い体型が作り出す形で、それと遠いとどんなにきれいに跳んでもGOE3はなかなかつかないと思います。そこを越えるには「この選手は凄い」という演技を何回もして「こんなのもありだ」と評価される(大輔さんのSSやゆづのアクセルのように)のが必要ではないのかなと思っとります(ホントに素人考えですが)

 >助けて!よのにょさん!!(笑)
それは私のセリフです!!!
 
| よのにょ | 2013/10/01 5:01 PM |
> よのにょ さま

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます!
反応していただけると何よりうれしいです!

すごかったでしょ、まっちーのクワド。
これがシーズン後半まで保たれることを祈ります。

そうか、ヨーロッパ・北米系ね。たしかにそうかも。
ウィアーも、点数が伸びない理由の一つは、身体つきがあるかもしれませんね。(あの方は他にもいろんな理由がありますがw)

でも、フィギュアも、バレエもそうですが
今アジア人の台頭がすごいんですよ。
アジア人もスタイル良くなってるし、技術もすごいですからね!
欧米人に比べたらたしかに華奢ですけど、
そういうのが主流になったら、この先数年で点数も自然と高くなるかもしれませんよ!

まっちーで気になるのは背の高さ。宇野くんもですけど。
やはり今の子は、スラッとスタイルがいいですから。
でも、まっちーや宇野くん、外国で言うとデニス・テンくんなんかは
スタイルのいい人にはできない独特の世界を、作り上げているんじゃないかなと思います。
その先駆者はもちろん大ちゃんですね。

いやしかし
4回転を跳ぶか跳ばないか、という2年前くらいの状態が
昨シーズンには、4回転を何回跳ぶか、というレベルになり
今シーズンは4回転3回以上はあたりまえ、
さらにそれにGOEがどのくらい付くか、というレベルになり・・・・
男子の進化はホントにおそろしい!

| 観世 | 2013/10/01 8:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH