<< まっちーがものすごいことに・・・・!?(追記アリ) | main | ペルセウス座流星群を見に♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「プラットホーム」への愛
今日は子供たちとカラオケへ行きました。
娘No.2はいないので、No.1と3を連れて。

No.1はものすごく歌が好きで、合唱団にも入ってるからうまいです。
カラオケも大大大好き
No.3は、まだ小学生だしそこまでではないんですけど
『関ジャニ8の仕分け』だかなんだかというテレビ番組が好きで
そこでカラオケ対戦みたいのやるでしょ。あれが大好きで。
昨日それを見たもんで、彼女もカラオケ行きたい行きたいと。

というわけでカラオケに行きました。
いつものことながら、娘が30曲くらい歌って(よく喉がもつものだと感心)
親は歌っても1〜2曲。
今日は、昨日の番組の影響もあって、採点モードでやりました(笑)
No.1は、何歌っても90点以上くらい出すんですよ。すごいですよ(^^)

さて、かく言う私もまあまあ歌はうまいみたいです。(自画自賛すみません)
人からうまいと言われるし、歌ってくれとかも言われるし。

で、親も歌うかということになったので、
私はSalyuの「プラットホーム」を選びました。
これは、堤さんの主演映画「地下鉄に乗って」のテーマソング
そして、当時私の心の支えともなった曲なのです。
大好きな曲です。
携帯の着信も、もう何年もこの曲です。

これを歌うと言ったら、娘が
「よし、私も歌う! お母さん、勝負だ!!と言いだしました。
なので、関ジャニの番組よろしく、2回続けて入れ、
最初に私が、次に娘が歌って、点数を競うことになりました。

なにせ大好きな、思い入れもいっぱいの曲ですので、私も真剣に歌いました。
でも、ふだん歌を歌ってるわけでなし、声が安定しなくて、
なかなか思うような声が出ない。
うーむ、微妙だ・・・・・・ と思いながら歌い終え
採点を待ちました。そしたら・・・・・



130811_1505~01.jpg
ばばんっ!!

なんと! 本日最高得点を記録!!
うわー、スゲー俺!!(笑)

娘が「はぁっ!? なんこれ!? なんで!?
と驚愕の表情。
「くっそー、よぉし!!と気合いを入れてのぞみました。

娘はまっすぐな声で、高音部も裏声を使わないし、声量もあり、
うらやましいほど上手でした。
歌い終わって、さて点数は・・・・・
130811_1511~01.jpg

おっとぉー! オイラの勝ちっ!!

「ぐわぁぁぁーーー!! 負けたーーー! 
なんでぇぇーー!
と悔しがる娘。
かなり自信があったんでしょう。
実際、私も娘の方がうまいと思いましたけどね。
なんでしょう、機械との相性かな(^^;)
まあ、プラットホームは思い入れのある曲なので
「思い入れ度が違うんだな!」と言っておきました。




ここからはイタイ語り 私の「プラットホーム」への思い入れについてです。
堤ファンでない人は回れ右!(笑)


「プラットホーム」は・・・・・

自分が福岡に来てしまい、堤さんからも演劇からも疎遠になりそうになって
一方で堤さんは、人気も実力も一流となって、さかんに活躍するようになり・・・・。
もう何をどうしても届かない、
すごく遠い人になってしまってどう応援していいかわからない、
人気が出るのはうれしいし、大好きなのに変わりはないんだけど、
どうしたらいいのかわからない。
演劇にもどう関わっていけばいいのかわからない。もう関わるのやめようか。
そんな気持ちになった時があったんです。
しばらく、自分の気持ちの置き所に悩んで・・・・。

そんな時、「プラットホーム」の曲と、「地下鉄に乗って」の映画のストーリーが
気持ちに響いたのです。

あのとき あたしが選んだ道の端は
途切れて 見えなくなってしまっても

あなたを呼ぶ そのために 歌い続ければ
隔てられた世界にも
二人のプラットホームは きっとあらわれる
そこでまた 出会ってる

あなたを思い出したら ただそれだけでも 命がまた動き出す
  (歌詞抜粋)


「地下鉄に乗って」は、
不思議な絆に結ばれた二人が、時空を超えて、出会い、愛し合い、
そして別れる(消える)
でも想いは(おぼえていなくても)残っている
そんな話です。

思い続けていれば、どこかでどんな形かで、出会える(近づける)ことがあるかもしれない。
(これは会って仲良くなりたいとかそういうのではなくて
存在をもっと身近に感じられるようになる、という風な意味です)
そう、まったくレベルは違うとはいえ
同じ時期に演劇を志していた私と堤くん。
道はかけ離れてしまい、彼は大俳優になって、
私は主婦となり、一観客、一ファンになってしまったけれど
彼が役者として成功して、第一線で活躍していることは私のファンとしての幸せ。
彼を思い、彼を見ることで元気が出る、生きる力がもらえるのはまちがいないんだ。

そんなことを思わせてくれたのが、この歌であり、この映画でした。
演劇も、できる範囲のことをがんばってしていれば
いつか道が見える時がきっと来る。そう信じることにしよう。
そんな風に思うことができるようになりました。
実際その後2年位は、福岡でけっこう演劇の勉強をしてたんですが
ここ数年はまたパッタリとできなくなってしまっています。
・・・・それもしかたないかな、また出来る時になったらがんばろうって
今は思ってますけどね。

そして今、堤さんは福岡にも来てくれたし
TWO DOGS PROJECT もできたし、楽しく応援することができるようになって
マイペースながら幸せだなって思ってます。
堤さんにも、PROJECTメンバーにも感謝ですが
この歌が私の支えであることは、変わりないんですよ(^^)



そんな、大切な歌、「プラットホーム」。
そう簡単に負けるわけにはいかないのでした(笑)
『覚悟の重さが違うのだ!!』 (←吉原御免状より)


おしまい!



| ミーハーな話 | 21:59 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:59 | - | - | pookmark |
コメント
観世さま
パチパチ~。
なかなか、深いですなー。

私も、この歌には少し思い出があります。(観世さんとは、格段の違いですが)
映画から、この歌を知ってCDを買ったらコンサートのチケットが優先的に買える?とか、の特典があって…。
歌手の事知らずに福岡へ。
泊まり掛けで、この曲に誘われて…。コンサートを決めました。
若い人に混じって、スタンディング。
最後の方でこの曲を聴いて落涙(T-T)。
不思議な透き通った声に感動しました。
なぜ、コンサートに行くときめたのか? 今考えてもわからないのですが。
あの映画も、あの歌も大切な思い出なのです。
博多部会の方で、あのコンサートにいらした方はありますか?
もしかしたら、その時から私達は観世会だったのでしょうか?
| リン | 2013/08/12 8:21 AM |
> リン さま

「観世会」ってなんですか!(爆笑)

おお〜、リンさんにもそんな思い出が・・・。
Salyuのコンサートに行かれたのですね!
あの人の声は不思議ですよね。ちょっとハスキーで。
この曲が映画の主題歌になった当時、「稀有な歌声」と、けっこう取り上げられたりしてましたし
この曲を作曲した小林武史という人も超一流の人だし
話題になったんですよね。
私はのちにアルバムを買いましたが
ほぼ全曲を小林武史氏が作曲
歌詞の多くを一青窈が作詞してました。

私はコンサートに行ったことはありませんし
アルバムもその1枚きりしか持ってません。
でもたまに、テレビなんかで彼女の声が流れてくると、反応しちゃいます(^^)
誰かコンサート行った人いるかしら。
| 観世 | 2013/08/12 9:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH