<< 放送コンクールに出場するんだそうです。娘が。 | main | だめだ、忙しすぎる・・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
一意専心: 他に心を動かされず、ひたすら一つのことに心を集中すること

久しぶりにフィギュアのたわごとをつらつらつぶやきます。
何だか最近、うまくフィギュア記事が書けなくて(シーズン前なせい?w)
まとまりがない記事になりそうですが、まあ気持ちのメモということで。
ゆづる君とまっちーへの気持ちを少し。


私は、フィギュアファンにしては、あまり演技を見返さない方だと思います。
試合後やショー後、1日2日は見るんですが、その後はあまり見ないです。
去年の試合の録画も、してありますけど、ほとんど見ることはありません。
なんかこう・・・色褪せて見えちゃうんですよね。
特に試合なんかは、見た時の感動とドキドキ感がMAXで
その後どんなに見返しても、あの時の感動が100%は甦って来ない。
だからじゃないかな。
(あと、見始めるとエンドレスになってしまうので、そんな時間は無い、というのもある)

そんな中でも、お気に入りのものは何度か見ます。
ゆづる君で言うと、2012年の世界選手権のロミオはもちろん
昨シーズンのフィンランディアのノートルダムの鐘NHK杯EXの花になれ
THE ICE 2012 の男子グループナンバーもよく見るなあ(^^)

その他に見返すのが、町田くんです。
まっちーは、試合のは濃かったり、失敗が多かったりするので(笑)、EXが多いですね。
特にロシュフォールの恋人たち(中国杯EX)が大好きだし
それからやっぱり、今シーズンEXの白夜行(この前のFaOIの録画)ですね。

数日前、FaOIの中から、その「白夜行」と、ゆづる君のコラボプロ「Story」を見ました。
その後思い立って、昨シーズン世界選手権 グランプリファイナル(ごめんbujinoさん、まだまちがってた 汗) の、ゆづる君のFS「ノートルダム」を見ました。
そしたらなんか・・・・・
ノートルダムがすごく稚拙に見えたんです!
グランプリファイナルで銀メダルを獲った演技ですよ?
それなのに、何か物足りなかった。なんだろう。
スピード感が無いような気がしたし、決められたことを一生懸命やってる感が強い気がした。
あの時ゆづる君は体調が悪くて、翌日のエキシビションを欠席したんだけど
体調が万全でなくて緊張していたのかもしれない。
途中でニッコリ笑ったりもするし、
イナバウアーの前に大ちゃんみたいな盛り上げる手の振りもするんだけど
あふれてくるものがないように見えた。
作品からの気持ちがあふれているんじゃなくて、自分の闘志を鼓舞しているように見えたんです。

「Story」は全然違った。
もちろんショーだから気持ちをこめやすいのもあるだろうけど
身体つきも一回りガッシリしたような感じがしたし、
何より抑えられない思いがあふれているのが伝わって来ました。

町田くんの「白夜行」も、テレビ放送の回は少しジャンプミスなどがあってパーフェクトではなかったけど
それでも、ゆづる君の世選のノートルダムより、ずっと胸に響いてきた。

この二人は、昨シーズンからすごく成長してる。
(といっても主にこの二人しか見てないから、他の選手も成長してるんだろうけどそれはわかりません 笑)
きっと昨年とは、かなり違う演技を見せてもらえると思う。
そんな予感がしました。

まっちーは顔つきも変わったよね。
FaOIの時にびっくりした。
むしろ「妖艶」という感じだったんだけど、あれは・・・・メイクしてたのかな?
それとも眉を整えただけかしら。
(追記に貼ってある写真からも、昨年とはずいぶん違う雰囲気なのがわかると思います)

ゆづる君も、カナダへ発つ飛行機に乗る前、キリッ(というかムスッw)とした顔をしてたけど
二人とも、なんだかかなり大人になったような印象を受けます。


ああ、楽しみなような怖いような。

ゆづる君はフィンランディア杯にエントリーしましたね。
またフィン杯で、新プロ披露でドッキリしなくちゃならない(笑)
だけど昨シーズンのように、フィン杯が一番印象深い演技だった、なんてことにならないよう
そこからもっともっと作品を磨いていけるような、持って行き方をお願いしたいです。

まっちーはいつプログラム披露なのかな。新SP、わくわくします。
「火の鳥」もまた今シーズン羽ばたくんだね!(髪型が楽しみです)



追記で、大阪日日新聞に掲載された、町田くんのインタビュー記事を。
私の備忘のために貼っておきます。






 すべての試合で総力
 
昨シーズンを振り返る町田(撮影・森田正美)

 2012〜13年シーズンは好不調の波にのまれ、葛藤を味わった町田樹(たつき)。その経験を踏まえた今季の思い、五輪に懸ける思いを臨海スポーツセンターの指導者、大西勝敬氏の話を交え4回で連載する。(ライター・黒尾順子)

 昨季、世界ランキングの順位が24位から9位にランクアップ。急浮上のきっかけをグランプリシリーズ(GP)の第1戦アメリカ大会でつかんだ。ショートプログラム(SP)4位、フリー2位、総合3位。町田は初めてGPの表彰台に立った。披露したSP「F・U・Y・A」とフリー「火の鳥」が国際大会で高い評価を得たことが大きな自信となる。勢いがつき、続く中国大会で優勝。表彰台のてっぺんに立った。

 表彰台の頂点はアスリートに特別な輝きをもたらすものだ。男子シングルでいち早くGPファイナルの切符を得たことで一気に注目が集まり、「町田樹」の名はトップスケーターとして世界中のスケートファンに知れ渡った。「シーズン前半良かったと思うことはパーソナルベストを出せたこと。目標だった230点をクリアしたこと」と述懐しつつ、「しかし、好調を後半に続けられなかったことが心残り」と悔しさをにじませる。

 その背景に、全日本選手権で思うような結果を出せず、四大陸選手権と世界選手権の代表を逃すという苦い経緯があった。「後半に崩れた要因はいくつかあるけれど、一番はピーキングの問題だと思う」と昨季を分析する。「昨季はレイクアローヘッド(アメリカ)で練習する時間が長かったこと、シーズン前半が良かったことで後半にプレッシャーを感じるようになったこと、ファイナルに出場したことで過密になったスケジュールに追いついていけなかった」

 ファイナルからわずか数週間後に行われる全日本での大勝負。過密なスケジュールの中、運動生理学的なコンディショニング、ピーキングの調整に苦難した。町田に限らず、日本の男子シングルスケーターにとって昨季は、まれにみるタフなシーズンだったろう。国内男子シングルの実力は年々拮抗(きっこう)しており、世界選手権の代表(3枠)をめぐるその心理的な争いは、シーズン当初から始まっていた。戦線から脱落しないために、すべての試合で総力を尽くすことが必至だった。「良いコンディションをシーズン中、キープできるパワーが自分には足らなかった」と振り返る。「今季はますますし烈な戦いになると思う。ピーキングの調整をどうするか、その計画はちゃんとあります」と、すでに戦略を練っているようだ。

 「オリンピックに出場したい」という夢を、昨季1年で手中につかめる距離に縮めた事実。その自信が町田を奮い立たせる。全日本で惨敗し、もがきながらもなお「全日本で完璧に演技すれば上に食い込める。逆に、完璧でなければ競り勝てない」と学ぶ強さも身につけた。

 ソチ五輪に向けて、強い決意を示すエピソードがある。13年の年明けに驚く行動をとった。髪を丸刈りにしたのだ。「シーズン途中であったのですが、もう気持ちはオリンピックシーズンに向かっていたので。気合を入れるために髪を切りました」。激闘に挑む覚悟を示し、いち早くシーズンに備えた。



「4回転」の確率向上  

 今季、昨季まで休学していた関大に復学した。と同時に、臨海スポーツセンター(高石市)を新たな練習拠点とした。

「僕はスケーティングが弱いので、大西先生にみっちり見てもらって少しでも良い滑りをしたい」 一念発起し、広島で教えるヘッドコーチの秦安曇氏と相談。大西勝敬コーチの門をたたいた。大西氏はスケーティングの質を重視する指導者で、この春、社会に出た教え子、吉田行宏を11年間指導したことでも知られる。

 春から町田を指導し始めた大西コーチに、町田のことを尋ねると興味深いことを話してくれた。「吉田は見ていて魅力のあるパワースケーター。町田は器用で、とても繊細なスケートを滑る選手」と前置きし、「町田は向上心と吸収力がとにかくすごい。教えたところをすぐにマスターしてしまう。『次はこれをやろう』『次はこれね』とあまりに順調に指導が進むのでこちらが驚くぐらい」と高く評価する。

 と同時に、大西コーチは一つの懸念を抱いている。「器用なだけに、同時に淡泊さも感じてしまう。その淡泊さを補うようなもの、より彼の個性を演出できるものが何かないかと考えているんです」。それは町田の代名詞になるようなものになるのだと、大西コーチは続ける。

 「例えば、荒川静香さんのイナバウワー。あんな風な見せ場、セールスポイントを確立したい」と説明する師と「直接点数には関係なくても、全体的な底上げができる。そんなイメージのものを考えています」と明かす町田。ともに「観客に訴える何かを仕掛けたい」という意思を表した。

 一方、早くも結果を出しているものもある。4回転ジャンプだ。7月初旬のファンタジーオンアイス(福岡)で4回転の成功を披露している。その秘訣(ひけつ)を尋ねると、「ジャンプの無駄をシンプル化したんですよ」と明かしてくれた。

 昨季までの4回転は跳ぶまでにいくつかの注意ポイントを経て成ったものだった。テークオフから着氷までいくつかの条件をクリアにして、初めて成功につながった。「もっと確実に跳びたい」町田と大西コーチが詰めた結果、二つのポイントを押さえるだけで確実に跳べるというシンプルな4回転ジャンプを見いだした。

 「以前は試合で緊張している状態で、いくつものポイントを押さえることが難しかった。今はシンプルなジャンプを身につけたので、たとえ緊張していても『そこだけ押さえれば絶対に跳べる』と強気で跳べる。実際、確率も3倍、4倍に上がっているんですよ」と声を弾ませる。

 スケーティング技術を磨き、ジャンプの確率向上を果たした町田。今はプログラムの完成に余念がない。



芸術性追求 自ら振り付け

 将来の夢の一つに、クリエーターになることを挙げる。アメリカの拠点、レイクアローヘッドで師事している振付師のフィリップ・ミルズ氏、元選手で町田のプログラムを振り付ける機会が多いステファン・ランビエール氏ら多彩な才能の持ち主に出会い、接するうちに感性はどんどんと磨かれていった。

 フィギュアスケートは技術面と芸術面の両立を求められる独自のスポーツだ。その芸術的要素に引かれるといい、フィギュアスケートにまつわる何かをつくり上げたいという気持ちは自然と起こっていった。今季のエキシビションナンバー「白夜行」は、そんな彼のパフォーミングアートの結晶になっている。

 読書が何よりの趣味で、東野圭吾の「白夜行」に出合い、その世界観に強く引き込まれた。「ドラマ、映画と続けて見た。どの作品も素晴らしくて、特にドラマの『白夜を行く』という曲が印象に残り、ぜひこの曲で滑ってみたいと思った」。同時に、主人公・桐原亮司の心情を存分に表すには自分自身で振り付けるしかないと直感した。

 「自分のフィーリングとイメージを言語化して伝えることによって生まれるズレを避けたかった」と自作を決心。振り付けだけではなく、音響、照明、衣装のデザインまで一つのパッケージとしてつくり上げた。「衣装のブルーの部分は原作全体のイメージ、左手首の赤の部分は血を表現した。左だけにしたのは右側にはまだ良心が残っていることを意味している。そうすることで、悪と良心のはざまの葛藤を表したかった」

 「作品のテーマは自己犠牲」。重い主題を根幹に置きながら、実際に見るこのプログラムは物悲しくも美しい。町田の感性、それがそのまま心の琴線に触れるような作品に仕上がっている。「演技の最後は氷に横たわって終わる。つまり、死を表現しているが、観客には絶望の中にも光を感じてもらいたい。原作の既読、未読にかかわらず、世界観に浸ってもらえたらうれしい」とは芸術家としての言葉だ。

 「白夜行」を演じることは、特別の苦労があるという。「パフォーマーとしての自分と、総合監督としての自分が同居しないと成り立たない。そういうところにほかとは違う難しさがある」

 しかし、だからこそ得られるものもある。「自分の全力を注いだ作品なので、観客の拍手が本当にうれしい。『白夜行』に関してはむしろ、パフォーマーとしての自分よりもアートの部分、その芸術性を褒めてもらえるほうがうれしいですね」




新しい「火の鳥」作りあげる

今シーズンの輝きを誓った町田(撮影・麻生えり)

 今季のフリーについて、昨季に高評価を得た『火の鳥』を持ち越すことを既に公表している。「先シーズン、グランプリシリーズ(GP)で『火の鳥』の羽ばたきを見せながら、全日本でイメージを崩してしまった。しかし、『火の鳥』は再生や輪廻(りんね)転生の神でもある。今季はこのプログラムをもう一度作り上げて、“再生”をテーマにしたい」

 ロシアの作曲家、ストラビンスキーによるこのバレエ音楽は、ソチ五輪の舞台で映える楽曲だ。「『火の鳥』は聖火の象徴でもある」と自分の夢と重ね合わせ、続行を決めた。「今季はフィリップ・ミルズ先生と話し合って、より羽ばたけるようにブラッシュアップし、新しい『火の鳥』を作りあげたい。オリンピックシーズンにふさわしい、見応えのあるものに仕上げていくつもり」と声を弾ませる。

 一方、ショートプログラム(SP)については彼なりの戦略があるのか、今は多くを口にしない。しかし「今季のSPは『THE 町田樹』と言える自信作だ」と教えてくれた。「これまでいろいろなプログラムを演じてきたが、このSPは演じるというより自分『町田樹』の表現だと言ってもいい」と胸を張る。

 振り付けは6月上旬から、アメリカで2週間をかけた。「でも、まだ完成に至ってない。8月になったら、フリーのブラッシュアップと一緒に再び渡米し、今度は完璧なものに仕上げるつもり」と目を輝かせる。手応えがあるのか、帰国後の風貌はまた一段と精悍(せいかん)になり、自信に満ちている。

 丹念に仕上げたプログラムを引っ提げ、GP1戦目のアメリカ大会、6戦目のロシア大会に出場する。「先シーズンよりし烈な戦いになると思う。レースに残るためにもGPで結果を出して、ファイナル(福岡)に出たい。けれど、あくまで照準は全日本に置いて。今年はさいたまスーパーアリーナという大きな会場なので、そこで納得のいく演技ができたら最高。自分がリンクのセンターにいて、満員の観客が総立ちするというような良いイメージだけを思い浮かべて、過酷な練習に耐えていきたい」。

 「関大の先輩たち、高橋選手、織田選手は、オリンピックに出場するために命を懸けている。だから僕も同じ覚悟で勝負しなければ勝てないと思う。シーズンはそのくらいの気持ちで戦います」。自分史上最高傑作を作るために。完璧な演技をするために。そして夢をかなえるために。今季、町田はさらに羽ばたく。

 (おわり)



 

| フィギュアスケート | 23:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:26 | - | - | pookmark |
コメント
お、いつの間にか直ってる(何が直ってるかは...ナイショにします^^;)

ワールドはすごく満身創痍だったから私はDOIを観た後に4CCと見比べましたよ。
4CCも確かによかったんだけど、やっぱりショーだからってのもあるかもしれないけどでもすごく上手くなってますよね、スケーティング。
前傾、後傾がすごく深くなっているのって、オーサーの言う、そしてモロゾフが大ちゃんに対して言う「エッジの傾き」がすごく深いディープエッジになっているってことかなあって思います。
どうしましょう、なんだか男の子たちがすごいです。まっちーのインタビュー観ても気迫が並じゃないし、織田くんのDOIの「ラスト・サムライ」もすごかった。なんかいろんな人がでてくるたびに「どうすんの、全世界的に彼らのすべてのプロ観たくならない?」と思っちゃう。
みんなに頑張って欲しいですねー。そしてみんなソチに行って欲しい、ムリだけど。

もう余力しか普段の生活がないので^^;無駄話は出来るけどブログが書けません(涙)
多分コンクール終わったらうわーっと書くか、またはどっかに逃亡すると思います^^;

観世さんも合唱団の方大変そうですね。気持ちわかります。少年少女で同じようなことあったので^^;
無理されず暑い夏を乗り切ってくださいね!
| bujino | 2013/07/28 8:11 PM |
> bujino さ〜ん!

あれっ? どこを直したっけな?
もう、投稿してから見直すと間違いばっかりで・・・^^;
さっきのを読んだ人がいませんように!と思うことばかりですヨ。
何を見つけられたかわかりませんが内緒にしといてください(笑)

織田くん、福岡のFaOIやチャリティーショーでもカッコイイな〜と思いました!
あれ、EXプロですよね? SPやFPはどんなのなんでしょう。
そして大ちゃんは・・・・曲はわかっているけどいったいどんな作品になるのか!
(情報が疎いですが、大ちゃんや小塚くんはB級試合には出ないのでしょうか?)
ホント、bujinoさんが言ってたように、日本は6枠にしていただきたいです、オリンピック!!

bujinoさん、アジアン・トロフィーはオンリザありますか?
あるいはストリーミングはあるんでしょうか。
甘えてすいませんが、もしご存知でしたら教えてくださいm(__)m

ブログは、書くの大変ですよね。
特にbujinoさん並みに書いてたら、絶対ものすごい体力・精神力と時間を使うはずです!
ご無理なさらず♪ 
でもきっと、1つでも記事を書かれたら、bujinoファンの方がうわ〜っとコメントしそう(笑)


・・・合唱団のこと、時々グチっちゃうかもしれないけど
言わせといてくださいね ^^;)
合唱団て・・・ホント、特殊な世界ですよね〜。
| 観世 | 2013/07/28 10:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH