<< 四大陸選手権 個人的感想 | main | J SPORTS は高いだけあって・・・(^^)b >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
映画「レ・ミゼラブル」 マリウスに注目!
今日は朝から家族で
映画「レ・ミゼラブル」を見て来ました!

ずっと見たかったんだけど、ようやく見れましたよ。
もう、狭い劇場で朝晩2回上映になっちゃってましたけど。

すごく良かったですよ〜!
私、普通のお話の中に、ミュージカルナンバーが挟まってるのかと思ってたら
全編完璧ミュージカルでした(笑)
知らなかった〜。セリフもほとんどが歌でした。
そして、かなり舞台作品に忠実でした。
でも、映画になって、時代背景や街の様子がよくわかるので
舞台よりすごくわかりやすかったと思います。

さて、詳しい感想はのちほど。


私がビックリしてときめいちゃった のが
コゼットと一目で恋に落ちる青年マリウス役の俳優さん。


  ・・・・・この人知ってる! たしか・・・たしか・・・・

そうだ!!
2年くらい前に、深夜の海外ドラマで
「ダークエイジロマン 大聖堂」っていうのをやってて
それをダンナと意気込んで見てたんだけど
その時に出て来た、天才的能力を持った彫刻を彫る青年っ!!

当時、「この子はイイ!と思って
ダンナにも散々言ったんだけど
名前を調べても、たいした映画にも出ていないし
何者だかよくわからないままだったのです。

このドラマ「大聖堂」は11話くらいあるんだけど
時間変更してみたり、延期してみたりで、非常に放送が不定期で
5話くらいからなかなか追えなくなり
結局最後まで見られなかったんですよ
なかなかすごいドラマだったんだけど(総監督がリドリー・スコットだったり!)
テーマや時代背景が重くて、リアルで、
見た後に どーーっと疲れるようなドラマでした(笑)

彼は、なんか心に傷を負っていて、そのせいでほとんど人と口をきかない。
でも天才的な彫刻の腕を持っていて、
その作品で国王や司祭も怯えさせる、というような
神秘的な役どころでした。
 ←こんないでたちでした。

その時も、なんとも言えない雰囲気と、色の白さに(笑)
かなり持っていかれた私だったのですが

それが・・・その彼がこんな大作に、大きな役で出演するようになるとは!!

もー、さすが私って見る目があるっ!! (鼻高々ww)


彼は、名前をエディ・レッドメインEddie Redmayne)と言うそうで
イギリスの俳優さん。
ケンブリッジ大学卒。家は名門(銀行頭取とか)、
バーバリーのモデルも何年もやっていたという
なんかすごい経歴の持ち主でした。 全然知らんかった。
(さすがインテリ好きなワタクシ 笑)

「レ・ミゼラブル」では、もちろん歌も披露するわけですが
なかなかうまかった。
子供の頃に合唱団にいたりしたそうです。

もうね、「大聖堂」の時は流して終わってしまったけど
これからはレッドメイン君大注目していきますよっ!
外国の俳優さんは、20年前くらいにケビン・コスナーを気に入って以降
私にとって「これ」という人がずっと現れなかったけど、
ついに現れたぜいっ!

でもねー、軽く調べただけだけど
次の映画とか決まってないんだよね、まだ。


彼のことを、興奮しながら
「ホラ、あの子だよね、大聖堂に出て私がイイって言った・・・!」
とダンナに言うと
「そうそう、大聖堂マサルくん

誰だよ、大聖堂マサルって!!!


では続きで、映画本編について少し触れますね。


 映画もねー、すんごく良かったです。
何せヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)がすごい!
彼が歌も踊りもメチャクチャうまいエンテーティナーであることは知っていたけれど
あらためてその実力の凄さを見せつけられました。
囚人の時のボロボロな様子、
ひどい目に遭った後に司祭に救ってもらった時の改心のようす、
市長になった時の貫録と、慈悲深い様子
コゼットに出会い愛情に目覚める場面、・・・・・
もうとにかく、場面場面すべてで名演です。
そしてもちろん、歌が圧倒的にうまい。

歌がうまいといえば、アン・ハサウェイ(ファンティーヌ)もすごかった!
胸を打つ演技と歌。
ヒューアンも、どちらもワンテイクみたいな撮り方で
1曲通しで歌ってる感じなんです。
だからもう、ミュージカル舞台を見ているみたいで、涙はあふれてくるし
スタンディング・オベーションを何度もしたくなりました!!

そう! 何が不満って
途中で拍手ができないのが不満でしたよ!!
これが舞台だったら、泣きながら拍手喝采するところなのに!
それが非常に欲求不満でしたね。

ラッセル・クロウ(ジャベール)も、歌うまいんだね〜。
バンドのヴォーカルやったりしてたんだんって!知らなかった。
うちの子供たちはみんな、彼演じるところのジャベールに、心を持って行かれてました。

革命をたくらむ青年たちのシーンも
かっこいい俳優さんがいっぱいで素敵でした。
娘No.1はウハウハしてるだろうな、このシーン、と思っていたら
後で聞いたら案の定ウハウハだったそうで(笑)

さらに、コゼットを預かるひどい宿屋の夫婦、テナルディエ夫妻
その娘エポニーヌ
舞台のミュージカルでも人気のある役ですが、よかったですよ〜。
特にエポニーヌは良かったですね。

青年の革命家が、撃たれて窓から逆さ吊りになるシーン
ラストのバリケードで革命軍が歌い上げるシーンなど
舞台のミュージカルでは有名なシーンもちゃんと象徴的に入れてありましたし。
何より革命軍の少年ガブローシュが本当に勇敢なヒーローで。
舞台でもかっこいいんだけど、映画でもまた号泣でした。


演劇、ミュージカル好きには、非常に楽しい映画だと思います。
私は子供を連れて行きましたが
字幕も、普通の映画よりも進みが遅い(歌ってるから)ので、追いやすいし
わかりやすかったと思います。
(娼婦の身売りの場面もあるけど、それほど過激ではないからOK)
小学校高学年以上くらいなら、ぜんぜん楽しめると思う。

そしてこれを見て、内容がだいたい把握できると思うから
そしたら生のミュージカルを見たらいいと思うよ!
なんと好都合なことに、この5月から
帝劇を皮切りに、また「レミゼ」の舞台が始まります。
福岡には8月に来ます@博多座。
チケットがお高いけど、ちょっとがんばって家族で見に行こうかなと思ってます。


3時間の大作で、途中に休憩がほしいくらいだけど(笑)
きっと満足できる映画なので、オススメです!!


以上、長いレポにおつきあいくださり、ありがとうございました。






| 映画 | 15:45 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:45 | - | - | pookmark |
コメント
観世様

私も、1月終わりに見ました。
長崎公演の帰りに、soraさんから、「どんなに、良かったか!」を伺い、こちらの友人からは、「是非とも!」と、勧められました。
良かったですね!
最初のあの囚人の歌。
はじめから見せますよね!
あの撮影。
綱を曳く囚人に、鳥肌ものでした。
スケールの大きさに圧倒されました。
娘を守るために、髪を売るところ。
女優の命の髪を切って、あの役に取り組んだんでしょう!?
コゼット?の品のある美しさ。
久しぶりにいい映画でした。

オペラは苦手だと、勝手に思ってましたけど…良かったですね!
前に「オペラ座の怪人」も良かったと、思ってましたけど。今回の作品は数倍良かったと、思っています。
観世さんのレポに、良かった場面がよみがえってきました。
ご一家で観賞って、素敵ですね! リン
| リン | 2013/02/11 6:56 PM |
> リン さま

リンさんもご覧になったのですか!
よかったですよね〜。
オープニングのシーンも圧巻でした。
どの俳優さんも超熱演。
そして、アチラの俳優さんって、ホントに多才ですよねー。

家に帰って、公式サイトの予告編を見て
感動をよみがえらせています。

一家で鑑賞するのも、昔は「ポケモン」でしたが(笑)
こんな映画も一緒に見られるようになって、成長を感じました。
(涙もろい一番下の娘は、4年生ですが、何度もボロボロ泣いていました)

ぜひ皆さんに観てほしい映画です!!
もう公開期間も終わりそうですが
友人にもすすめようと思いました(^^)

| 観世 | 2013/02/11 11:27 PM |
こんにちは 観世さん。
先日からお世話になりました〜

そんなに素晴らしいですか? この映画。。
ご覧になった方 ほぼ全員がベタ褒め・・ですよね。

うーん どうしよう。

実は以前 四季のミュージカル
2作品 観に行ったんだけど
どっちも寝ちゃったんです かなりの時間を 爆。

私にはミュージカル 向いてないかなって思ってしまって。

迷っています^^  どげんしたらよかとよ?
| れいん | 2013/02/13 8:12 PM |
> れいん さま

いや、絶対行った方がいいですよ!
オススメします!!

舞台のミュージカルより数段わかりやすいですよ。
うちの子供たちですら一睡もしなかったし、号泣でしたもん。
ミュージカルなんか基本見ないダンナでさえ
感動して、家に帰ってフランス史をネットで復習したりしてました(笑)

じゃあ、レディースデーとか、お安い日に行ってみたら?
1000円だとしたらもう、ものすごく得した気分になることを
観世が保障いたしますっ!

私はとにかく、役者さんの演技がみんな素晴らしくて感動しました。
熱演に、目が離せない感じでしたよ。
れいんさんに見てもらって、感想を聞いてみたいです!

| 観世 | 2013/02/13 8:37 PM |
観世さんっ お手々大丈夫ですか? いやぁ 災難でしたね〜
かすり傷ですんで本当に良かった・・・しみじみ。
でもありがちなのが かばった故のしわ寄せ。 明日以降痛みなど出て来ないように祈っていますね〜

さてさて 映画観てきましたヨン♪ 素晴らしい映画でした。
もう最初のシーンから【圧巻〜〜】。
観世さんが仰るようにどの俳優さん達もお歌も演技もおじょうずぅ〜〜

歌い終えた直後の息切れっていうか はぁはぁみたいなものも自然体っていうか 私はリアリティがあっていいなって思いました。

同行した息子達の反応も。。。良かったです^^
長丁場だったから どうだろうかと?
普段映画といえば アニメが多い子達なので 笑。
感動したよって言ってました。

革命の同志たち イケメンくんたちも目の保養〜だったし 笑。
特に好きだったシーンはエポニーヌの出るところ。
いじらしいったらありゃしない。。
私はじぇったいにコゼットよりエポニーヌの応援をしたいぞっ!!
息絶えるところは・・うぅっ 涙ちょちょぎれました。

ただ これは私だけの感想だと思うですけれど。
目を離せず また息つく間のない場面展開が・・
すこし(すこーしだけね)きつかったかなぁ

宝石のようにちりばめられていて それはステキなことなんだけど、おご馳走がずっと続いてちょっとだけ食傷気味に感じてしまいました。

ほんのすこしでいいので 間隔があいてほっと息抜きできる時間があると・・もっと楽に見れたかな。。そんな風に思いました。

字幕は うん とてもよく読めましたよ〜
観世さんの仰るとおりでした^^

勧めていただいて本当に良かったです^^ ありがとうね〜

キャナルシティ博多 金曜の15時40分の回。ほぼ満員でした。
人気まだまだ衰えてないみたい♪

博多座でのお芝居も来るんですね。
ご家族で行かれるの? 楽しみですね♪
| れいん | 2013/02/17 3:32 PM |
> れいん さま

見てこられたのですね〜!
良かったでしょ?

たしかに長丁場なうえ、見どころシーンの連続で
お腹いっぱい気味にはなりますよね。
私の推測ですけど、もともとのミュージカルをベースに作ってあるから
次から次へと見どころが続くのかもしれませんね。
ミュージカルでも、ジャン・バルジャンのシーン、ファンテーヌのシーン、コゼットのシーン、テナルディエ夫婦のシーン、エポニーヌのシーン、革命のシーン・・・・と
目白押しですからね。
また、原作からして長いお話なので、詰め込まざるを得ないのかもしれません。

でも、どの楽曲もすばらしく、飽きないのが
名作たるゆえんの一つでしょう。

エポニーヌはいいキャラクターですもんね!
すごく人気のある役なんですよ。
あの両親に育てられて、どうしてあそこまでピュアに人を愛せる女性になれるのか、不思議なくらいです(笑)

ラストの、バリケード全景が映りながら
みんなで「民衆の歌」を大合唱するフィナーレ場面、
スタンディング・オベーションしたくなりませんでしたか?(^^)


手の方は大丈夫です!ありがとうございます。

| 観世 | 2013/02/17 3:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kanze.jugem.jp/trackback/1645
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH