<< 町田選手 優勝おめでとう!!! | main | ドラマ「再会」 ようやく放送確定 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「のぼうの城」感想 ネタバレあり
(ネタバレ部分 追記しました)

 リクエストが多いので、感想を。
 ↑ みんな見たいと思ってるのねー。 人気あるわ〜(^^)


まずはネタバレない所から。

やっぱり野村萬斎というネームバリューですよね。
娘たちもみんな見たいって言いましたもん。
Eテレ「にほんごであそぼ」効果ですよね〜。
そして、萬斎さんが出てくるとホッとするみたいなんです。安心して見れるというか(笑)
そういう意味でも、子供番組あなどりがたし。
子供番組に出ることで、映画や舞台の客層が広がるわけですよ!すごいね!
オフロスキー効果でコンドルズを見に来る子供とかもいるんじゃないだろうか(笑)

さて、去年の震災の津波を受けて
水攻めのシーンがリアルだからと、公開延期になった本作品。
たしかにね、水攻めのシーンはリアルでした。
津波被害を受けた方には、正直キツイかもしれない。
それは申し訳ないけど、警告しておきます。

キャストは豪華で楽しい。
のぼう様(萬斎さん)の幼馴染で右腕の武士に、佐藤浩市さん。
野武士っぽくて豪気でいいですよ!
浩市さんが主役ですね、ハッキリ言って
ストーリーを進めて活躍していくのは、浩市さんだもの(笑)
そしてのぼう様の家来に、成宮くんとぐっさん。
ぐっさんがスゲー(笑) 体格もいいし! 目が!!目力が!!!
大河ドラマ「平清盛」に出てる加藤浩一もいいけど
その3倍くらいの迫力と存在感。

相手方、石田三成には上地雄輔。オフザケ封印でかっこいい役です。
その仲間、大谷刑部(ぎょうぶ)には山田孝之くん。
実はあんまり好きな役者ではないんだけど、でも山田クンはイチ押しにかっこいい!!
なんでもできるし、上手だよね〜山田クンは。
もう1人の仲間、平岳大くんもかっこいい。

のぼう様に想いを寄せる、城の姫 甲斐姫に、榮倉奈々ちゃん。
奈々ちゃんもすごくいいです。時代劇、意外といける!!
そしてその母(奥方様ですね)に、鈴木保奈美
鈴木保奈美は、大河ドラマ「江」の時に、母親のお市役だったけど
その時も良かったけど、今回もいいですね。
ちなみにお殿様(保奈美の夫、奈々ちゃんの父)には、西村雅彦さん。
ちょっとしか出ないけどw


ではネタバレ含む感想を追記にて。

 のぼう様=萬斎さんは
正直最初は、浮きすぎだと思いました(笑)
周りとあまりに雰囲気や姿勢(戦国の世に生きているらしさ)が違ったので。
最初は、「え、もしかして知恵遅れ的な・・・?」くらい思ってしまいます。
でもまあ、萬斎さんだからこそ、
その「浮き」加減も味にしてしまえるところがありますな。

関白側に寝返る覚悟を言い残して、城を出て小田原城に向かった城主、成田氏長(西村さん)。
その留守を守るのが、城代 成田長親=のぼう様。
しかし、関白軍の態度に腹を立てたのか、
甲斐姫を取られることが我慢できなかったのか(??)
城主の意向に反して戦うと決めたのぼう様。
この「戦いまする」の後から、のぼう様も急に戦国の世の人らしくなります。
べつにキャラクターが変わるわけではないのですが、かっこよくなっていきますよ。
要所要所で事態を変化させ
のぼう様を慕う家臣や領民に支えられ
石田三成軍と互角に戦います。

のぼう様の羽織がステキ。 カエルの絵が背中に描かれています。
のぼうの人柄を表すと同時に、後で出てくる小刀の柄にもなっているので
彼を表すアイテムだと言えるでしょう。

正直、(見せ場である)水の上で田楽踊りを踊るシーンは
そんなのに三成軍全員が夢中になるわけないよ、と、ツッコミたくなりましたが
(しかも長い)
三成が雑賀衆(さいかしゅう。からくりや罠などを使って戦をする能力に長けている)を呼んで
すごい銃でのぼう様を狙うあたりは、かっこよくてワクワクしました。

それからステキだったのは、やっぱり萬斎さんの所作ですね!
三成軍が開場をうながしに来て対応する時、
座り方、道の譲り方、条件の提示のしかた
いちいち美しくてかっこよく、「でくのぼう」には見えませんでした(笑)
やっぱり、所作が出来上がっている人は美しさがちがうね!!
甲斐姫を差し出せと言われた時に、あっさり「承知」というのもカッコイイ。
あそこで「ダメ」と言うよりも
甲斐姫の幸せを願ったら承知するよな、のぼう様も姫を愛しているんだよな、と
思わせてしまうんですよね。
その後もそれについて一切言及しないのぼう様です。見えない愛が見えます(^^)


まあ、でくのぼうでもあり、万民に愛されるキャラでもあり
さらには甲斐姫も夢中にさせなきゃいけませんから
無謀なキャラ設定ではありますよね(笑)
その辺は、萬斎さんご本人のキャラクターの魅力が大きく生かされて
萬斎さんだからこそできる役ではあったと思います。
映画「陰陽師」でもそうでしたけどね。
浮世ばなれしていて、愛らしくて、かっこいい。 似合ってます。


あと面白かったのは、けっこう現代語がチョイチョイ入っているところですね。
「バカかお前は!」みたいな感じで。
成宮くんの役なんか、ほぼ現代語だった気がします。
不自然ではないけど、ちょっと面白かったですね。


それから、戦闘シーンではけっこうエグイ場面があります。
佐藤浩市さん演じる丹波守は、有名な武将で強いんですが
1対1で手合せするところがあって、一刀のもとに相手の首が吹っ飛びます。
うわ、子供大丈夫かなと思いましたけど
終わってから「首がスポーンやったね!!」と楽しげに言っていたので(笑)
まあ、この映画の雰囲気の成せる技で、そこまでショックは受けなかったんだろうと思いました。
しかし
火攻め、水攻め、鉄砲での合戦シーンなど、かなりリアルです。
前の記事のコメ返しでも書きましたが
そういう、死や戦いが、今より身近でリアルにあったということを
よく感じられる映画ではあるのです。
死と生があり、領主と領民がいて、日々の(農作業を暦とした)生活がある。
それをバランスよく散りばめて、雰囲気を作っている映画だと感じられました。


さて、すっっかり長くなりましたが
観世的に一番かっこよかったのは、
豊臣秀吉を演じる市村正親さんであったことを記して
終わりたいと思います。

もしほかに質問ありましたら、コメント欄にてどうぞ〜♪


| 映画 | 15:25 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:25 | - | - | pookmark |
コメント
こんばんは

観世サマ、ネタバレOKですよ〜

益々、観に行くのが楽しみになりました。

→来週のladiesデーに行く予定

・ストーリー面白そう(歴史物好き)

・萬斎さんは、1表現者、アーティストとして素晴らしいと思う1人

・脇?も、豪華俳優沢山


来年には堤さんの舞台と映画もあるし、忙しいー

o(`▽´)o
嬉しい悲鳴です
| あい☆ | 2012/11/07 10:30 PM |
> あい☆ さま

どうぞ楽しんできてください(^^)
泣くほど感動するとか、すごく圧倒されるとかいう映画じゃないんですけど
楽しいと思います。

私はワーナーマイカルで見ましたが
特別企画で「のぼうの塩」というポップコーンを売っていまして(笑)
普段は売ってない、のり塩味です。おいしかったです。
| 観世 | 2012/11/08 8:08 AM |
お久しぶりです!

や〜っと、「のぼうの城」観てきました。

感想
ほぼ、観世サマと一緒(笑)

私的に好きなのは、市村正親さん。

やっぱり、メインだな〜この人イイ味出てると感じたのが、佐藤浩市さん。
佐藤浩市さんには負けるけど、山田孝之さんも若いのに、イイ味出てる。

気に入ったのが、ぐっさん。 役者のぐっさんは、初めてだけどスゴく役柄に合っていると思う。
(もともと、ぐっさんは好き)

野村萬斎さんは、和装のプロだから美しい!
踊りは当たり前だけど、何でもないような所作が、違う!

成宮さんは、ちょっと違うカナ?とも感じたけど、まあイイ顔も必要だもんね。


全体的に、(^_^)v満足な映画でした。

ごめんね〜
(^_^;)目新しい感想なくて。
| あい☆ | 2012/11/17 3:41 PM |
> あい☆ さま

おぉ、行ってこられましたか!
楽しかったでしょ?

感想、細かくありがとうございます!
私と似たような感想ということで、うれしいです。光栄でございます。
ね、市村さんがステキよね!!(^^)

映画もいいけど、原作(マンガ?)もすごくいいんですって。
読んでみようかなと思ってます。
| 観世 | 2012/11/18 12:35 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH