<< プロジェクト始動!! | main | そんなこともあるさ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
4回転
 
「NEWS23」で、高橋大輔選手を取り上げていましたね。
4回転ジャンプを跳ぶための挑戦について。

フィギュア男子では、4回転ジャンプを跳ぶことが
成績を残す大きなカギとなっています。
4回転を安定して、
しかも2種類3種類と跳ぶ、コンビネーションで跳ぶ、としていかないと
試合では勝てない時代です。

今、日本でもっとも安定して4回転が跳べるのは、ゆづる君でしょう。
年齢的にも、ゆづる君はこれからどんどん習得できる可能性が高い。
それに比べて高橋選手は、賭けに近い必死な努力をしていかなければならないでしょう。

世界では、もっと高度な闘いとなります。
パトリック・チャン選手は、4回転ジャンプも飛べるし
世界一ともいわれるスケーティングを持っています。
スケーティング(滑りの技術)があれほど重視されるなんて
私は世界選手権を見るまで知りませんでした。
しかもまだ若い。
ジャンプも芸術性もさらにレベルを上げていけるでしょう。


 
高橋選手は、他に類を見ない芸術性の持ち主で
ステップも世界一と言われています。
しかし、芸術性は審判の好みによって採点が分かれる可能性があり
ステップもジャンプほど劇的な点数の差はない。
つまり、4回転が跳べない、あるいは失敗するということは、
致命的なのです。

私は、そこまで4回転を評価する必要があるのかな、と思います。
芸術性の方に、もっと加点をしてあげたらいいのにと。
でもそこはアスリート競技でもあるフィギュア。
帝王プルシェンコも、「4回転を評価してもらえないなら、僕はもう跳ばない」と言っています。
また「浅田真央のトリプルアクセル(3回転半)をもっと評価すべきだ」とも言っていました。
(女子でトリプルアクセルを跳ぶというのは、それほど超人的なことなんですって)

やはり体操などと一緒で、難度の高い技に挑戦し成功させるということが
とても重要なことの1つなのでしょうね。
選手も、それをわかっているし、
それに挑戦することがやり甲斐の一つなのかもしれません。

でも、ジャンプでそこまで加点差をつけなかったら、
フィギュアスケート選手の寿命はもっと長いんじゃないかなーと思ったり。
跳べなくなったら終わりっていうのが、なんか哀しいんですよね。
ウィアーだって、点数が伸びない原因は、
4回転がそんなに跳べないからというのが1つあるでしょう。
芸術性や人気は世界一なのに。(たぶん)
・・・・ウィアーも4回転の練習してるのかな〜。
現役復帰したんだから、4回転は入れていく覚悟があるんだよねー、きっと。


さて、話を大ちゃんに戻しますが
大ちゃんは昨シーズンからまた徐々に4回転が跳べるようになってきていて
今シーズンは、試合で3回入れると言ってましたね。
たいへんな挑戦だと思います。リスクも高い。
なんか話を聞いているだけでドキドキです

ゆづる君も同様の挑戦をしなくちゃいけないわけですが
ゆづる君はジャンプはいけそうな気がするし、
いまいちと言われていたスケーティングも、カナダでのトレーニングで劇的に良くなっている。
そしてそして、万が一今回のソチがダメでも
ヒラマサ五輪があります。年齢的にもそっちがピークでしょう。
その分、気持ちに余裕があります(ファンとしても)

でも、大ちゃんのことを考えると・・・・
なんか大ちゃんを出させてあげて、金メダルを獲らせてあげたいけれど
そもそもソチ代表になれるかどうかも厳しいし(日本の選抜は激戦です)、
五輪でのメダルももちろんさらに厳しい。
それは、4回転がカギになっているからなんです

ああ、大ちゃんに有終の美を飾らせるために、
4回転の加点を下げてください!!
・・・と、わけのわからない希望さえ抱いてしまった
「NEWS23」の特集だったのでした。


誰のファンなのかもうわからないよ〜(T▽T)
もちろんゆづる君に大穴金メダルを獲ってほしいんだけど
でもでも・・・・ 大ちゃんがんばって〜〜〜!!


しかしそんなギリギリ感、悲壮感が
フィギュアの魅力だったりもする・・・・・。 複雑。



(追記)
今日、NEWS23の特集番組を動画で見ました。
大ちゃんは大丈夫っていう気がしました。
きっと4回転も決めるし、ソチにも行くでしょう。
安心しました。がんばって!

「白鳥の湖」コラボは、かっこよすぎて死ぬかと思いました。
| フィギュアスケート | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH