<< おはぎ!! | main | にょほほ! WOWOWで堤真一特集 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
「TOPDOG / UNDERDOG」 への期待
内容がイマイチ不明な翻訳劇
また千葉さんと組んで、また小さな芝居
・・・ということで、評判がイマイチな(?)堤さんの年末の舞台ですが

私は期待しています!!

しかろく先生がコメント欄で紹介してくれた記事がコチラ ↓
 
http://www.eigafan.com/archive/from_ny/20010823.html




ここからわかるのは、兄弟の設定だということ。
演技バトルが繰り広げられるような作品であるということ。


「リンカーンとその暗殺者ブースの名前を持つ兄弟ふたり」

「この舞台で展開する兄弟劇はカインとアベルにも重ね合わせられ」

どうです、この設定の暗喩するところから想像される複雑な兄弟の関係!
ぞくぞくします(^^)

オフ・ブロードウェイで話題となった本作の出演者は、黒人系のようで
そういう人種的な内容も含まれているのかもしれません。
紹介文中に「顔を白く塗ってリンカーンの真似を・・・」とあるのは
黒人だからそうしたのでしょう。

アメリカや宗教について深い知識があるわけではありませんが
これだけをボンヤリ想像しただけでも
なんだか精神的に深い所をえぐるような作品のような気がしませんか?


私は、再三再四言っておりますように
苦悩する堤さんが大好物でありまして
研ぎ澄まされた刃物のような演技も、大好物であります。
舞台でいうと「タンゴ・冬の終わりに」の盛さん、
映画でいうと「容疑者X」の石神さん。
それ以来の、ギリギリ感を味わえそうな予感がします。

しかもトラムという小さな劇場。 千葉さんと二人舞台。
(千葉さんのギリギリ感もかなりイイです♪)
息を呑むような舞台を作り上げてほしいものです!


同舞台評にはこうもあります。
「派手さやスペクタクル性はまったくないが、ふたりの名優の際立った演技をじっくりと鑑賞することが出来る舞台だ」

うれしいですね!
堤さんはもちろん、美しいし華もあるので、かっこよくて派手でうっとりする役もステキですが
私は見終わった後、ガーンとする(いろんな意味で)ようなのも
特に舞台では見てみたいです。
「際立った演技」、じっくり鑑賞したいと思います。


そんなわけで、実はもう「シダの群れ」よりも
こちらに大きな期待をしている観世なのであります。
(もはや私にとって「シダの群れ」は、半分は太賀くん目当てになっているww)

こむずかしい舞台はかったりーと思われる方も多いかもしれませんが
私は堤さんからの挑戦状のようなつもりで
真っ向から受けて立ちたい気持ちでいっぱいです!!
なんかね、それこそが堤ファンの醍醐味のような気がするの。
これを演る堤さんをも理解したい! いや、そんな彼をこそ理解したい!
・・・ああ、マゾですよ。 つらい目に遭わされるのが好きなんですよ(爆)


これに関する記事なんかが出るのも、今からとても楽しみです。
といっても、年末の舞台だもんな〜。
記事が出るのすら秋以降だろうな〜。 遠いな〜〜。

ま、首を長くして待ちます。
そして年末は張り切って、チケットをGETいたしますよっ!!


| TOPDOG/UNDERDOG 情報&レポ | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH