スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
やっぱりどうなんだ「シダの群れ」
JUGEMテーマ:演劇・舞台

ご覧になりましたか? 放送された「シダの群れ」
映像、ところどころピントが合ってませんでしたが、きれいでしたね!
しかも、役者が登場するごとに役名がちゃんと出るので、わかりやすかった!
本番舞台でも、そういう工夫をしてくれたらよかったのにw

私は今回、舞台は2階席だったので、
遠かった!! この一語に尽きます。
テレビで、最初に幕が開いて舞台全体が映ったでしょ、
左側に椅子とテーブル、貧乏ゆすりをするシンジ、
右側に組長と弁護士、奥にバーカウンター、という、あの全景。
あれがまさに、私が見えていた舞台です! 
あの大きさだったの、役者さんが!!!(T T)
だから、今回テレビで、それぞれアップになったりしたのを見て
ああ、こんなに細かい表情を作ってたんだね〜、何にも見えなかったわ〜〜  と
残念感が倍増しました。
小池徹平クンなんか、繊細な演技してるじゃないの! 見えなくてもったいないことしたわ。


さて、堤さんはじめ役者さんのことは別に書くとして

毒吐いていいですか。

・・・・・おもしろくなかったでしょ?「シダの群れ」

あれ、舞台として何を楽しめばいいのか、よくわからない。
豪華俳優陣を楽しめばいいんですか? 
他にイイところありますか?

私は基本、舞台作品はけなさないことにしているんですが
これはどうかなと思ったんです、さすがに。

その理由。

(1) もしあの出演者の顔ぶれでなかったら、おもしろいのか?
たとえば、テレビに出ていない人でも実力派演技派俳優さんっていっぱいいますが
そういう人が演じたとしても、おもしろいんですかね?あの話。
岩松さんが、アフタートークで「当て書きしている」と聞いたら、よけいガッカリしました。
私は、脚本や舞台作品の良いものというのは、
ある程度 普遍性があるものだと思っています。
お笑いとかはそうはいきませんが、
「シアターコクーン」でやる「シリーズもの」の「あれだけの大作」ですよ?
誰が見ても面白く、どんな劇団や役者がやっても成り立ち、上演の意味がある。
そういうものでないといけないんじゃないでしょうかねえ。

(2)何が言いたいのか、どこへ行きたいのかがわからない
私は舞台作品において「何が言いたいのかわからない」という評はない、と思っています。
言いたいことがなくても構わないし、
言いたいことが客に伝わらなくても構わない、というのもアリだからです。
だけど、先ほども言いましたが
「シアターコクーン」でやる「シリーズもの」の「あれだけの大作」ですよ?
やっぱり、おもしろさがあって、お客さんが持ち帰るモノがあり
見て良かったと思われるようなものでなければ!
そこら辺の小劇場で、素人がやってる実験劇じゃないんですから。
さらには、どこがクライマックスなのか、作品としての構造がまったく見えない。
ダラダラと話が進んで、途中で終わる、そんな感じ。
岩松さんほどの力のある人が、あんな構成しかできないんでしょうか。


アフタートークでの岩松さんの話も聞きましたが
つまり岩松さんのやりたいことを
豪華劇場で豪華キャストでやった、というだけの感じがぬぐえないんです。
なんでそんなことが許されるんだ、と怒りさえ感じました。
コクーンは、あれで良しとして3作目を許可するんでしょうか。
それはいけないと思います。
さらに
有名俳優はあんな芝居にホイホイ出てはいけないし
岩松さんをチヤホヤしてはいけない。
おもしろくないならおもしろくないと、ハッキリ言わないといけない。
観客も同様。
あんな芝居にチケット争奪したり当日券立ち見したりして行ってはいけません。
「そんな舞台じゃ喜びません」という態度を、作者・興行側に見せないといけない。

普通の舞台は、内容がわからなくてぶっつけ観劇ですから
結果として「おもしろくなかった」というのは仕方ないんですけど
コレに関しては、もうシリーズ2作目。
こんどもし3作目があるという時には、ちゃんと批判をするべきだと思う。


こんなに私が酷評することは、生まれて初めてといってもいいくらいです。
岩松ワールドが大好きな人もいるでしょうし、
「シダの群れ」が面白かったという人もいるでしょうから
そういう人にはゴメンナサイですが
私は、岩松了の今後の姿勢を問いたいのです。

次回はもっと、見た人の多くが胸打たれるような作品を
(チケットの売れる)有名俳優に頼るような形ではなく
コクーンでやっていただきたいものです。岩松さん。
だって、そういうのも書けるじゃない。




・・・・・・・・・・・・えー、それはそれとして
かっこよかったですね、坂本!!
次の記事ではいつも通りミーハーに、坂本と役者さんについて書きますネ


 
| 劇評 | 13:11 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ロベルトズッコ祭 感想編
フィギュアスケートのことばっかり書いてますが
堤真一さんのファンです! (←知ってる)
気が多くてごめんね。


まず最初に告知を。
『シダの群れ 純情巡礼編』
7月21日(土) 21:00〜  WOWOWにて放送です! (明日ですよ!!)


併せて、阿部サダヲさん主演の、『シダの群れ』第1作目
同日18:30〜 放送です。
続けて見ると、人物相関がよりわかりやすかも。 風間杜夫さんの位置づけとか。





さて、時間を置いてしまって申し訳なかったですが
ロベルト・ズッコについてもう少し語りましょう。

子供を育てて、いろいろ私も勉強したんですね。
病気や障害についてもね。
そんな私が今回、一番に思ったこと、それは
「ズッコはアスペルガー症候群だな!」


(注)
アスペルガーは偏見や誤解の対象にもなるので危険な発言ですが、
そんなつもりはなくて、
その病に特有と言われる状態が散見される、という意味です。
アスペルガーは非常に広範で曖昧な定義しか成されていないので
そうと断定するものではなく
いわんや、犯罪性や異常さを強調し、その病気=犯罪と言っているわけでもないので
どうかその辺は誤解のないように、続きをお読みください。





 
続きを読む >>
| 劇評 | 13:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「ロベルト・ズッコ」祭 あらすじ編
九州地方の読者の皆様、豪雨お見舞い申し上げます。
かく言う私のところも、かなりの雨量であります。
まあ、災害を受けるような地域ではないので大丈夫ですけど。


では、お見舞いの気持ちもこめて(笑)
 お待たせいたしました。
「ロベルト・ズッコ祭!!!」
はじまりはじまり〜〜〜♪


どんな舞台か知らない方もいらっしゃると思うので、
画像をまじえてストーリー紹介から。

「ロベルト・ズッコ」は、2000年3月、世田谷パブリックシアターで上演されました。
出演は、堤さんと
中嶋朋子、犬山犬子(当時はまだ芸名が漢字)、天衣織女、ほか。
原作はフランスの劇作家、ベルナール=マリ・コルテス。
演出は佐藤信。
劇団 黒テントの演出の方で、作る作品はけっこう重く暗い印象です。


幕が開くと、二人の看守が話をしています。
ズッコのつかまっている留置場の見張りです。
ズッコは実父を殺害して逮捕され、ここにつかまっているのです。
話をしている看守の後ろの、屋根らしきものの上を、
誰かが四つん這いになって渡って行く。
ズッコが脱獄したのです。


続きを読む >>
| 劇評 | 20:34 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
そうなんだよ、蜷川さん!
今朝の「あさイチ」プレミアムトーク、
ゲストは小栗旬くん。

小栗くんは、私の大好きな俳優さんの1人であります。
先日の『宇宙兄弟』もとてもよかったけど
昔のとがった感じはもっと良かった。

今日はいろんな映像が流れましたが
蜷川幸雄さん演出の「カリギュラ」が流れて嬉しかった。
「カリギュラ」は本当にすばらしい舞台だったんです。

そして、その蜷川さんにも、小栗くんについてインタビューしていたんですが
かなり苦言を呈していたんですね。
いわく・・・・

「オレはこんな社会になんか適応していないぞという感じ。それが良かった」(舞台に出てもらっていた頃)

「でも最近はダメだね。飢えてないもん」

「ちょっといい男、ちょっといい息子、ちょっといいお兄さん
(←この辺 違ったかも)。
ちょっと ちょっと ちょっと じゃないだろ。」

「『堕ちろ 堕ちろ ドブの中に顔をつっこめ』って
(本人にも)言ってんですよ」
 
なんか、結婚して安定してる場合じゃないだろ、的なニュアンスのことも言ってた。

そして「これはオレから小栗への友情として言いたいことだ」とも。


そうなんだよ、蜷川さん!!  それはまさに!!
私が堤くんに言いたいことだよ!!!

堤さんも、いいですよ、別にいいオジサンをやってもさ。
でも、そればっかりじゃねぇ。
SPもかっこよかった。でもジャニーズと組んでばかりもねえ。
(ジャニーズを蔑視しているわけではまったくありません!)
小さな芝居もいい。
でもさ、自分の力の範囲内でやってるように、私には思えてしょうがない。
もっと追い込んで、否定し続け、研ぎ澄まされたうえに生まれるもの、
そういう堤さんが見たいんですよ、私は!

それが大変なことはわかってる。
今のままで十分ステキなこともわかってる。
でも、堤くんだからこそ、そこまで行ってほしいんだよね。

ファンはワガママなものですね。 でかいクチ叩いてすみません。

でも、これがオレから堤への愛情として言いたい事だ! (笑)



さあ、ロベルト・ズッコは、そんなギリギリした堤さんが、見れるか見れないか?

生誕祭は明晩!(・・・の予定)
ビデオ探さなくちゃ!




| 劇評 | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
劇評賞受賞のお知らせ
 えー、わたくし、演劇ライターをめざしておる者ですが

このたび、とある劇評賞を受賞いたしました!


9月18日付のブログ記事にて、ちょっと匂わせてはいたんですが
こちらでは本文が掲載されてからお知らせしようと思ってました。
これがなかなかなかなか載らなくて!! 首が伸びきりましたよ。


9月まで行われていた、福岡・九州地域演劇祭にて上演された
シェイクスピアの「夏の夜の夢」の劇評の公募があったのです。
応募作品の中から最優秀の作品に、扇田昭彦先生が選評をつけてくださるという企画でした。

今回は最優秀1篇ではなく
私ともう一名の方が同時受賞というかたちになりました。

とにかくありがたいことです。 

おめでとうございます!! 
                         (ヤクルトの若松監督か!)


劇評および選評はこちらで読むことができます

福岡・九州地域演劇祭『夏の夜の夢』劇評賞  
http://10kinen.info/pr_works/critic.php

ワタクシは本名で載っております。 漢字の名前の方です(笑)
観世はこんなものを書いているんだと、読んでいただければ幸いです。

まだまだ駆け出しの身。 これからも勉強を重ねて、もう少しまともなものが書けるようになるよう
がんばっていきたいと思います!

扇田先生、ありがとうございました



・・・えー、何か文章のご用命がありましたら、ぜひ! お待ちしております(笑)


| 劇評 | 22:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
提出期限ギリギリ
 昨日までが締切の劇評を
23:45頃ようやく出したワタシです。
はー、ぎりぎり。
まあでも忙しい中よく間に合ったよ。

この劇評を書いた舞台は、
劇評を書くことを条件に
私たち劇評ワークショップ参加仲間をご招待いただいたのでして
16日までに劇評を書いてどこかに載せなければいけないのです。
そんなわけでギリギリで「劇評の森」にUPいたしました。
同じ公演で違う人が劇評を書いたりもしています。
ご興味ありましたらどうぞ遊びに来てください。
「劇評の森」はそんなブログでございます。

久しぶりに、楽屋にも演劇関係ネタを書いてみました(^^)



先ほど、アサヒ「off」のCMが新しくなったとの情報をいただきました。
堤さん・・・・・なんでだんだん若返るんでしょうか。
また一層かわいらしくなっちゃったCMでした。
アサヒoff 、よろしくお願いします。
私がお酒飲めないので、私の分まで飲んでください。
| 劇評 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
告知
 わたくし、劇評を書く勉強をしておるものでありますが、
他のブログに、仲間と一緒に、書いた劇評を投稿しております。
右下リンク集の、「劇評の森」がそれです。
リンク集よりちょっと上に、「お知らせ」というカテゴリーを作りました。
こちらに、私が書いた劇評をUPした場合は書き込みますので、
ご興味のある方は、どうぞのぞいてみてください。
感想など、心よりお待ちしております。
まだ勉強中の身ゆえ、ご意見をたくさんいただきたいのです。

もちろん、私でない人が書いたものも、ぜひ読んだり感想コメントしたりしてくだいねっ!
よろしくお願いいたします。


本日は、先日テレビ放送したTEAM NACSの劇評をUPしてきました。
NACSファンの方はご来訪ご遠慮下さい(ウソ)
つたない文章ですけど、大目に見てやってください。


九州は豪雨なり。 グラジオラスの花が咲いてたんだけど、みんな折れちゃった 
水不足は解消されるでしょうけどね・・・。
| 劇評 | 00:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH