スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
果物の季節ですが
初夏のフルーツがおいしい時期となりましたね。

先日お友達から、びわをもらいました♪
実家が長崎の方で、長崎はびわが名産ですからね。ご実家から送ってこられたそう。
びわ、高いですからねー。自分ではあまり買いません。
子どもたちも「やったー!バンザイ」と喜んで、もったいなさそうに食べていました(笑)

2個目を食べ終わった娘No.3が言いました。
「お母さん、くちびる腫れた?」

あ・・・・・汗
やばい。びわはバラ科か。

見るとたしかに、くちびるがタラコのようになっていまして、
さらに今日は「のどもイガイガする」と言っています。

うちの娘No.3は、いわゆる『りんごアレルギー』らしいのです。
リンゴを食べると、くちびるが腫れます。
気が付いたのは、ここ1〜2年です。
最初に食べて異常を訴えたのは、でした。
だから最初は、桃だけダメなのかと思いました。
だけどその後、りんごでも怪しくなって、イチゴでもちょっと出て、今回はびわ
桃とびわはけっこうテキメンに出ました。

りんごアレルギーは、バラ科の果物で主に発症するそうです。
りんご、桃、いちご、びわ、さくらんぼ、ベリー系 等がダメらしい。
火を通してあれば大丈夫みたいで(ジャムとかはOK)、ナマがだめですね。

うちの娘はまだくちびるが腫れるくらいですが、これからもし重篤化したら怖いので
一度病院に行かないといけないですね。

ちなみにこちら、アレルギーの簡単な紹介。
http://www.fujita-garden.com/rose.html
(勝手にサイトご紹介しました。ゴメンナサイ)


しかし、フルーツが嫌いならいいですけど、大好きですから、かわいそうですね。
他のきょうだいはおいしそうにパクパク食べるのにねぇ。
No.3も、幼少の頃は普通に食べていて、アレルギー反応なんか出なかったと思うんですけど
わりと大きくなってからもこうやって発症するんですかねぇ。

 
| 子ども・子育て | 13:23 | comments(23) | trackbacks(0) | pookmark |
高校の文化祭…でのうちの娘たち
今日は、上2人の娘の高校の文化祭です。

去年は娘No.1だけが高校生で、1年生で入ったばかりの5月、
本人も私たちも、右も左もわからん!という感じで見に行ったのですが
今年は2人在籍しているし、一度体験しているからどこに何があるかわかっているし
余裕です♪
・・・・と言いたいところなのですが
2人いるので、見なきゃいけないものも2倍。
時間が重なったりしていて、これはこれで大変汗
何時何分になったら、何教室に行って、10分見たらどこそこに行って・・・と
分刻みのスケジュールをたてるハメに(笑)


うちの娘たちは演劇部に入りましたので
演劇部の発表は見なくてはなりません。(出演してないけどね)
あと、娘No.1が、ある発表をするので、それも見に行ってやろうと思っているのですが・・・。

これがですね、1年生の時に授業内で、
自分の好きなテーマについて考察をし、論文を書き、映像資料を作って発表する、ということをやったらしいんです。
その中でよく出来ていた生徒数名が、今回の文化祭で発表をする。
うちの娘が代表の一人に選ばれたわけで、それはすごいんですけど・・・。

まぁ進学校ですしみんな頭がいいから、小難しくおかしなことばっかりテーマにしてあるわけですよ。

で、うちの娘のテーマが

「カミュの掲げた『反抗』は現代社会に通じるか」

・・・・カミュ・・・・汗
いやまぁ・・・あなたらしいっちゃあなたらしいけれども・・・。(哲学など思想モノが好きなので)
いったいどんな発表をするやら、見当もつきません。
昨日も夜遅くまで、発表資料の仕上げをしておりました。

「Kくんのがわけわかんなくておもしろいから、聞いたほうがいいよ!」と娘。
Kくんのテーマは「虚数」。(はい問題、虚数とはなんだったでしょーか! 「 」ですよ、「 」。)
その他にも
「錯覚は医療で役立つか」
「遊びと数学〜誕生日当てゲームのしくみ〜」
「臓器売買と医療の進歩」
 etc・・・

高校生ってすごいですねぇ。

娘に「こんなの誰が聴きにくるの?」と聞くと
「誰も来ないよ。えーとね、先生方」との答えw

そうだろうねぇ〜。
仕方ないから、親は見に行ってやろうかねぇ。難しそうだけど。

そんな娘No.1。


対して娘No.2は、
演劇部と兼部して生物部にも入っており
この前の連休には「海岸に生き物採集に行くんだ!」と張り切ってでかけ
アメフラシアオウミウシが採れた♪ 小さいオコゼとかも採れたけど死んじゃった(^^)」などと
嬉々として話してくれました。
2日間の採集予定でしたが、「獲れ高が多かったから明日はナシになった」
・・・・獲れ高! 漁師か!!(笑)

うちの不思議ちゃんNo.2(これでも女子高生)については
いろんなエピソードがありますので、また特集を組みたいと思います(笑)


そうそう、去年の文化祭では、名物の壁面大新聞(校舎の壁に貼られた10m四方くらいの新聞)に
ゆづる君のことがコラムとして書かれていました。
去年はソチ五輪明けでしたからね〜。
今年は、まっちーのことがコラムに・・・・なってないか。なってないね(^^;)




 
| 子ども・子育て | 07:41 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
むずかしい・・・・・
国別直前ですが、家族ネタをぶっ込みますよ。



昨日、娘No.1に相談をされました。

「大好きな声優さんがいて、その声優さんがイベントに出る。
私の知り合いの人が、彼のファンのグループのリーダーなんだけど(大人の女性。東京在住)
毎年そのイベントにグループからお花を贈っている。
今回、私も誘われたんだけど参加してもいいか。
お金は口座振り込みで送る。そうすると私の名前も入れてもらえる」
と。
金額を聞くと、お小遣いの半分くらいの額。


私は即座に返答ができず
「うーーーーーーーーん」とうなりました。



お子さんをお持ちのお母様、
あなただったらどう返事をしますか?



私は「あなたも難しい質問をするねぇ。」と言いました。







 
続きを読む >>
| 子ども・子育て | 08:20 | comments(21) | trackbacks(0) | pookmark |
ありがとうの卒業式

今日は小学校の卒業式。
大雨雨
残念だよ、本当に残念だよ。(←尾形係長)
でも体育館の中は、とてもあたたかく感動的な空間となりました。


私はこちらに8年前に越してきたので、
上の娘2人は小学校の途中からでした。
No.3は幼稚園で越してきて
この小学校には入学から卒業まで6年間全部在籍しました。
上の子たちのお友達が3〜4年のお付き合いであるのに比べ
やはり入学式から知っているお友達・お母様方が、今日一緒に卒業していくのは
感慨深かったです。
卒業証書を一人一人もらいますが、それを見るだけで、
ああ、この子もこの子も大きくなったなあと、涙腺がヤバいことに。

うちの娘は、バレエをやっているせいでしょうが、歩き方がまるでモデルのようで(笑)
ママ友に「一人、歩き方が全然違った」「宝塚のようだった」「バラバラをしょっていた」などと言われ(笑)
まあ職業病みたいなもんだよね〜と思っていました。
人前に出ると背筋が伸びるのです。本人は普通にしているつもりらしいのですが。
ま、そういう風にしたいからバレエを習わせたわけで、習わせた甲斐があったということころですね。
ハイ、ちょっと娘自慢でした(^^;)

女子の服装は、今年はそんなにAKBっぽくなかったです。
袴の子もいたし、ショートパンツの子もたくさんいました。
ジャケットも白や水色もいたし、ワンピースっぽいデザインや、ロングジャケットや
なんかいろいろと個性的でいいなと思いました。
うちはワンピースの上に黒のジャケットを羽織りました。
ジャケットは羽織らない方が素敵なんだけど、みんな着てたから着たかったんでしょう。


式が終わり、教室に戻って、最後の学級指導。
担任の先生は、先日の参観での約束(卒業式では泣きます!)の通り
男泣きに泣いていました(笑)
とてもいい先生で、この先生に最後受け持たれて、本当に良かったです。

先生の最後のお話。

何かに初めて取り組むとき、うまくいかないかもしれない。
でもそれは絶対「0」ではない。10点かもしれないし5点かもしれないが、それでいい。
そこから努力すれば絶対に成長できる。
「0」にすること(=あきらめること)だけはして欲しくない。
最初はダメでも、頑張ることによって、10点が20点になり、30点になり
それは満点にはならないかもしれないけれど、
それでも、少しでも成長することで「俺ってけっこうすごいやん!」と思えたらいい。
だけど、初めて取り組むことは、怖かったり嫌だったりする。
その時に、自分を信じて飛び込むのに必要なのが「気合」なのだ。


今年、この先生はしょっちゅう「気合」「気合」と言って来ました。
うちの娘も「先生が気合気合ってうるさい」とよく言っていました(笑)
そうやって1年間植えつけた言葉を、こうして説明して、メッセージを送ってくれたのです。
子どもたちはこれから、何かにぶつかったときにきっと
この先生と「気合!」という言葉を思い出し、力にすることができるでしょう。

「このクラスは最高でした」「僕は幸せでした」と、声を裏返して泣きながら何度も言ってくれた先生。
本当にありがとうございました。
娘はこのクラスと別れ、大きな喪失感を覚えるでしょうが
また新しい出会いがあった時に、先生やこのクラスの絆の思い出を力にして
進んで行けることと思います。

よい卒業式でしたハート



続きで、私にもあった良いことを♪


 
続きを読む >>
| 子ども・子育て | 21:51 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
入試の朝
★まっちーへの誕生日メッセージは、この前の記事にてまだまだ受付中!★
(皆さんのメッセージを読むと、いろんなまっちーが脳内再生されて、幸せな気持ちになります。ありがとうございます!)


以前いただいたコメントにお返事しました。
ikkoさま、くうさま、ぐにょ子さま、ふみどうさま、mintblueさま、お返事遅くなってすみませんでした。


   * * * * * * * *

高校入学試験当日です。
150310_1524~01.jpg

娘No.2は熱もなく、状態も良さそうで、
無事試験会場にも送りとどけることができました。
入り口にいる、一緒に受ける友人たちと楽しそうに話していました(うつすからやめなさい)
たぶん、1日乗り切ることはできるでしょう。
結果はあまり期待できないけれど、進む道はきっと神様が決めて下さいます。

「全力で掴み取れ!」という状況ではなくなってしまったので
「神様が決めて下さる」にシフトチェンジしたら
こちらもすっかり泰然と構えるような気分になってしまって(笑)
あの焦りや失望感はなんだったのかな〜という心境です。
まさに「人事を尽くして天命を待つ」(人事尽くしてないけどw) ですね。

でもこれがあるべき姿かもな、もしかしたら。
実力以上の学校を目指すために、ギリギリ頑張らせて、できない子どもに失望して・・・
それは親の高望みだったかもしれないな。
(もちろんギリギリ頑張る時期というのもあるべきだとは思いますが)
今までやってきたことを、彼女なりに全部出して終われたら、それでいいんじゃない。
あとの結果には従うしかないですからね。
なんだかんだ言いながら、彼女だって頑張りましたよ、1年間。
それでいいじゃないか。
インフルのおかげで、そんなことに気づけたから、まぁ良かったかもな・・・。

そんな気分で、高校の近くのファミレスで待機しているワタクシです。


福岡は今日は真冬の天気。雪が舞っています。
ここのファミレスは寒いよう! 暖房を強くしてください!!
試験会場の高校は、暖房完備のはずだから、寒くはないと思うけど
インフルエンザの影響で疲れて眠くなるんじゃないかと、それが心配です。

がんばれ! ファミレスから気を送っておくぞよ!!


(追記)
150310_1547~01.jpg(試験終了後のようす)
娘は無事試験を受け終わりました。
最後までがんばりきれてよかった。サッパリした顔をしておりました。
お疲れさま。



 
| 子ども・子育て | 10:31 | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
でましたー
皆さま、娘の件でお見舞いをいただきまして、本当にありがとうございます。

先ほど病院で検査をし、無事(?)インフルエンザA型 の判定が出ました。
私の時のようなうっっっすらとした線ではなく、くっきりと出まして
先生に「きれいに出てますね♪」とほめられました。(ほめてない)

病院でイナビルを飲み、帰って休んでいます。
イナビルを飲んだので、たぶん今日の夜には身体は楽になるでしょう。
もちろん万全ではないとは思いますが、明日は試験は受けられるくらい元気にはなると思います。

学校に連絡し、高校と交渉していただいた結果
別室受験ができるというお返事をいただきました。一安心です。
今日の午後、中学校へ行って詳しく聞かないといけませんが
明日は私が高校まで送って行き、一日付き添うことになるのでしょう。やれやれ。

担任の先生のお話によると、同じクラスにもう一人、同じ高校を受ける子でインフルになっている子がいて
同様に別室受験となるだろうとのこと。(部屋が同じかどうかはわかりませんがw)
中学はちらほらインフルエンザが出ているもようです。
もー、よりによってこんな時に流行るだなんて!
アンタもどうせなら私が倒れた時に、うつっておけばよかったのにさ!


ちょっと腹立たしいのは、
もしこれで公立高校に落ちても「インフルエンザで体調が悪かったしね〜」となりそうなこと。
ちがーう!! アンタの勉強が足りなかったからじゃー!!
インフルエンザにならなくても、落ちていたかもしれんのじゃーー!!

そこをちゃんと自覚してくれないと・・・受験勉強を頑張りきれなかったことを自覚してくれないと
甘々なままでまたこの先行ってしまいそうで、それがちょっと不満ですね。

いやもちろん、落ちないでほしいのが一番なんですけど。


病院へ連れて行く時、娘が「ああー・・・勉強ぉ〜・・・」と言うので
「そんなものできるわけないでしょ。今日は一日寝てるの!」というと
「だって間に合わないもん。」
「何を今さら。いいじゃないか、もう1つ(私立高)は合格してるんだし。」と私が言うと
「いやだ。T高(県立高)行きたい むっと言う。
・・・・行きたいっていう気持ちは強いんだよね〜。(勉強に反映されなかったけど)
姉ちゃんも楽しそうに通ってるしねぇ。

仕方ない、その気持ちだけ持って、明日はがんばりなさい。
今までやってきたことを信じて。この1年やってきたことはなくなったりしない。
・・・と、羽生結弦くんが昨々シーズンの世界選手権の時にオーサーに言われましたとさ。



今日はまっちーのお誕生日で、楽しく祝おうと思ったのに
楽しく祝うことさえ許してくれない、私の思うようにならない男、町田樹。(注:まっちーのせいではありませんwww)
一応、25才おめでとう ケーキ   市長や議員に立候補できる年になりましたね(笑)



 
| 子ども・子育て | 10:59 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
絶壁を見ています
コメント滞っていてごめんなさい。

ちょっと娘の受験の話を書かせてください。

うちの娘No.2は、高校受験を間近に控えております。
うちの娘たちのことについては何度も書いていますので、ご存知の方も多いでしょうが
No.1とNo.2は年子。
昨年はNo.1の受験でした。
No.1は、がんばり屋さんで負けず嫌いの優等生。
「ゆづるタイプ」とよく称しているのですが、負ける自分、できない自分が許せないタイプなので
泣きながらでも頑張って勉強します。成績もいい。
昨年も、だいたいずっと模試で合格圏の成績を取り、無事志望校にも合格しました。
私も、ほとんど心配せずに気楽な受験生の母として生活させていただきました。

しかし、No.2はまったく性格が違います。
マイペースで、自分に根拠のない自信を持っていて、焦ったりすることがない。
がむしゃらに頑張るとかは苦手な、ほわ〜んとしたタイプです。
勉強は、3年生当初、学校の成績としてはそこそこ出来ていました。
だからNo.1と同じ、学区内トップの県立高校を志望しました。
私も、普通にちゃんと勉強していけば、入れるんだろうなと思っていました。

だが!! この娘がちゃんと勉強などするわけがなかった!

 
続きを読む >>
| 子ども・子育て | 22:16 | comments(19) | trackbacks(0) | pookmark |
感謝の会
水曜日は、6年生最後の参観日がありました。
150303_1550~01.jpg
最後の参観日は、恒例で「感謝の会」というのが催されます。
6年生のみの参観日。
子どもが、保護者に感謝の手紙を読んでくれます。
毎年、号泣必至なので、保護者はそういう覚悟でのぞみますし(笑)
仕事を休んででも、ほぼ全員の保護者が出席します。

娘No.3の学年は、非常に子どもたちの仲が良く、幼い。「子どもらしい」子どもがそろった学年。
保護者も愛情いっぱい・子育て熱心な方が多く、
委員・役員になられた方も、他の学年以上にたくさんいます。
親も子も、とても居心地のいい学年だったと言えると思います。

さて、一人ずつ子どもが出て来て、親も出て来て対面し、
子どもが感謝の手紙を読んでくれるわけですが。
私は3人目の子どもですので、これまでに感謝の会も2回経験済みなわけですが。
今年の感謝の会で特徴的だったのは・・・・子どもが泣くこと!!
もちろん、手紙を読みながら、感極まって泣く子がいるのはいつものことなんですが
今年は、それを見ている他の子どもたちが泣くんですよ!
体育座りをしているんですけど、みんなだんだん俯いて、
そのうち目をぬぐいだしたり、目を真っ赤にしていたり。
男の子もですよ!

保護者はただでさえ感動しているのに、子どもたちがそんな風だものですから
教室中、感極まった状態になり
もう手紙を読みながらしゃくりあげる子が出て来てみたり
読み終わった男の子を抱きしめるお母さんも出てきたり(普通これくらいの年の男の子は、人前で抱きしめられたりするのをすっごく嫌がるのですが、男の子までお母さんの背中に手を回して抱き合っていた)

本当にカワイイ学年です。そして素敵な保護者さんたち。
お父さんがお見えの方、おばあちゃまがお見えの方もいらっしゃいました。
忙しいお母さんに代わって、子どもの世話をしたり、果ては委員までされたおばあちゃまもいました。
感無量だったと思います。



さあそして、私の娘はどうだったかというと。



 
続きを読む >>
| 子ども・子育て | 19:10 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
休日のお出かけ
 今日は中学校で用事がある・・・と、
家事を急いで済ませ、着替えて化粧して出かけたのに、
勘違いでした。用事は月曜日でした。
くっそー、休み明けだから混乱したぜ (ドジすぎる)


昨日のお休みは、習い事や塾もみんな休みだったので
No.2の合格祝いと称して、お昼は回転寿司に行きました!
150211_1200~01.jpg
いや〜、寿司なんか食べるの久しぶり!

「回転寿司」と言っても、もう最近のは回転しないんですよね。
テーブルの上の画面で注文すると、電車みたいなのが運んで来てくれる。
注文した時に値段も計算されるから、お皿の枚数を数える必要も無し。

そしてメニューが! 居酒屋かってくらいたくさんありますね!
サラダ、ラーメン、鶏の唐揚げ、デザート類・・・。昨日の店にはデザートバーもありました。
進化するなぁ、回転寿司。(回転しなくてもそう呼んでいいのか?)

ま、寿司の味はもう、どうでもいい感じになってるのは否めませんが(笑)


午後は、上の二人は勉強があるので家に帰らせ、
娘No.3と、卒業式の服を見に行きました。
卒業式といえば、ここ数年AKBみたいなスタイルが主流です。
黒いジャケットに、チェックのフリルかプリーツスカート、スカートと揃いのリボンタイ。
でも、うちの子はAKBは嫌だと言います。ショートパンツがいいな、などと。

私もAKBは嫌です。
で、No.3には、お嬢様風ワンピースを着て欲しいんですよ!!
No.3は、バレエをやっているので立ち姿が美しく、顔だちもまあまあ。
絶対カワイイ服を着せたい! ショートパンツもいいけどさっ。

そう思って、広大なイオンを探し回りました。
子供服にはワンピースなんて無いです。
だから大人のお店をのぞきますが、やはりちょっと大人っぽすぎる。

かなり歩き回ったあげく、ついに気に入ったワンピースを見つけました。
少し小ぶりなので、大きさも大丈夫だろう。(娘も身長は155cmくらいありますからね)
店員さんに「小学生なんですけど試着できますか?」と聞いたら、快くOK。
嫌がる娘(そんな服着たことないし、大人のお店で雰囲気もアレだし、非常に嫌がっていた)を、
拝み倒し拝み倒しして、「1回だけ!ね?ママが見たいの、お願い!!!」と説得して
ようやく試着。

そしたらね、けっこう良かったんですよ
本人もまんざらでもない様子。
ちょっと上半身が・・・細いし胸もないしでちょっとガバガバしてしまいますが
その辺はインナーでカバーできそうだということでした。

というわけで、お買い上げ。
(大人の服だから高かった・・・涙)
でもこれで一安心だし
私も、気に入った服を卒業式で娘に着せられるという楽しみができました(^^)♪

なんせ、最後の小学校の卒業式ですからね! 思い残すことの無いように。



今日は起きたら足や腰が痛い。 イオン歩きすぎた


これから、私立高校の入学金を支払いに行って来ます!
今年はいろいろと忙しいです(^^;)

 
| 子ども・子育て | 11:42 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
私立高校入試
 本日は、娘No.2の私立高校受験日です。
そうです、みなさん忘れていたかもしれませんが
私は今年も受験生の母なのです!

でもまあ、2人目という余裕もあり
このNo.2がマイペースすぎて、干渉するのもアホくさい、という雰囲気なので
とりたててブログに書くこともありませんでした。
あるとしたら

「 不 安 」

その二文字のみ。

神経質なNo.1と違って、No.2は意味不明な自信を持っている子です。
ですから切羽詰まった感とかが全然ない。
じゃあ成績はいいのかというと、チョー危ない(笑)
No.1とは合格判定も全然レベルが違います。
しかしそれを注意しても注意しても注意しても、必死になどならないのです。
私が年末にサジを投げ、
その後を引き継いだダンナが、1月末についにこう言いました。
「僕は一喜一憂しないことにするよ」
つまり、良い点をとっても喜ばないし、悪い点をとってもガッカリしないと。
なぜなら、毎回の点数がバラバラすぎてあまりに安定しないから。
そんなわけで、実力もほぼ不明です(笑)
(30人くらいの塾のクラスで、3番を取ったり27番を取ったりを交互に繰り返す)

そのくせ、筆箱に「絶対合格!!」と書いてみたり
部屋のホワイトボードに「目にモノ見せてやれ!!」と書いてみたり。
・・・・・泣ける・・・・・(;;)
・・・・・気持ちはね・・・・・あるんでしょうけどね・・・・・

親としてはせつないですよ


ま、そんな娘No.2の私立高校の受験日が、今日なのです。
なんの緊張感も無く、出かけて行きました。
前の日には、前年度の問題を解いて「数学が簡単だぞ!」なんて浮かれてました。
今年も簡単だとは限らないんだぞ!
それに簡単な時の方が落とされる可能性が大きいんだぞ!(みんなができてしまうから)
ああ・・・・  もう好きにしたまえ・・・・。


今日受ける私立高校は、本命の県立高校よりまだ遠くにあります。
本命の県立高校(=姉と同じ高校)ですら、ものすごく遠くて
No.1も暗いうちから家を出て行くのに、
もしこの私立に行くとなったらいったい何時に家を出るのか。
私は何時に弁当を作らねばならないのか(T T)
もうその一点だけでも、私立に行くのは勘弁していただきたいものです。

本番の県立高校の試験は、3月10日です。



そんな私立受験の朝。
私は久しぶりに「マッサン」に登場した大将こと堤さんに、泣かされておりました。
それについても書こうと思ったけど、長くなるから写真だけ。
店の跡取りにしようとしていた長男が急死して
葬式に駆け付けたマッサン夫婦と再会し、涙するというお話でした。

150206_0824~01.jpg
見て、背中だけでもう悲しくて泣けてくる (え、わからない??)
それにしても和装がなんて似合うのかしら

この堤さんの演技については、またTWO DOGS PROJECT の方で語っときます。




 
| 子ども・子育て | 10:04 | comments(26) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH