スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ローザンヌ国際バレエコンクールを見る
 うちの娘No.3はバレエを習っているわけですが
スクールから、ローザンヌの番組があるから見なさいと言われたそうで
録画をして見ました。

ローザンヌバレエコンクールは、歴史あるバレエコンクールで
特徴的なのは15〜18歳が対象であること
現在の技術のみならず将来性もチェックポイントであること
コンテストを受けるだけでなく、1週間くらいのコンクール期間中にレッスンも受けられること
などといった点です。
また、クラシックバレエのバリエーション(小品)と、
コンテンポラリー(現代モダン)ダンスのバリエーション

2種類踊って評価されるところも特色です。

有名なところでは、熊川哲也さんや吉田都さんはこのコンクール出身だし
去年は菅井円加さんという日本の高校生が、1位を獲って話題になりました。

これを録画して、娘と一緒に観たんですが、
おもしろくてですね!!
私、ホントに好きなんですよね、こういうの。
クラシックバレエも好きですが、コンテンポラリーが好きなんですよ。
なぜでしょう。自分でも不思議なんですが。
大学でそういう勉強をしたからかなぁ。

今年のコンクールは男性ダンサーが多く、
3分の2くらいが男の人だったから、さらにおもしろかった。

続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 00:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
レ・フレール コンサート レポ
JUGEMテーマ:クラシック音楽

 いや〜、楽しかった!レ・フレール!!

今回は、5月にヨーロッパ公演をした、その報告と言うか、凱旋公演だったのね。
だけど本当は、違うタイトルの違う公演をする予定だったんだって。
名前忘れちゃったけど、外国のピアニストの方(黒人のおじいさん)と共演するツアーを計画してて
新しい曲も作って一緒に演奏するつもりだったんだって。
ところがこの方が、5月に突然亡くなられてしまったそう。
そこでそのツアーは白紙になり
今回は「Back To JAPAN Tour」と名前を変えて、行っているんだそうです。

そうか〜、そんなことがあったのか〜〜。
その外国のピアニストの方と一緒にやるために作った新曲も披露してくれました。
「Legendary Standard」
とても美しいメロディーの曲でした。


今日の内容はわりと硬派で、
静かな聴かせる曲も何曲も入っていました。
そしてもちろんノリのいい曲も。
私としては、「ディズニーメドレー」「cross」がなかったのが、ちょっと残念だったけど。

やっぱり「FOR  KIDS'」が最高だった。
あの曲聴いて、あの映像を見ると、いつも泣きそうになってしまう。
前回も「ずるいよー」と書いたような気がするが (前回:1年前の記事はコチラ
レ・フレールは最初の頃、幼稚園や小学校へ出向いて演奏して、子供と一緒に楽しんだりしていたんだけど
その当時の映像や写真を、スクリーンに写して
「FOR  KIDS'」 を演奏するんだよね。
楽しそうな子供たち、楽しそうなレ・フレールの二人。 いつもジーンとしちゃう。
今回も聴けて、見れて、よかった(^^)


それから「マスカレード」
私の大好きな曲だけど、
今回はまた、守也(もりや)と圭土(けいと)の即興のところが、新しいアレンジでよかった。
とくに圭土。相変わらず人間離れした高速プレイ!!!
この人の手はやっぱりおかしいヨー!


あと「狂騒曲」は、もちろん知ってる曲だったんだけど
曲調が変わるところで、それぞれ違う副題がついているんだということを、
今日始めて知った。
フランス語かなんかだったから読めなかったんだけどw
この曲もメチャかっこいいと思う。


最後はお客さん全員立って、「On y va!」(オニヴァ!)を演奏、
クラップが入って大盛り上がりで終演。
ああ、楽しかった!!!


レ・フレールは、未就学児の入場ももちろんOKで
3歳以下の子供も膝上なら無料。
だからあちこちから赤ちゃんの泣き声が聞こえる。
それをイヤだと言う人もいるけれど、
私は彼らのプレイスタイルや考え方からしたら、何の問題もないと思う。
今回はさらに「キリンシート」というのの募集をしていて
 (バックアップしているのがキリンビールのKIRINなんだけど、だからキリンシートなんだけど)
盲学校や養護学校の子供を招待する? そんな企画だった。
(よく読んでないけど)
そういう社会貢献もするんだなー。

あの音楽、あの笑顔、そして社会貢献、
ちょっと優等生すぎる気もするけど
彼らにはよく似合ってる。
ああいうマジメでステキなことをキラキラやっちゃう、優等生の王道を行く人がいてもいいんじゃない?
文句なしにかっこいいし


あ、だけど、
トークは相変わらず、グダグダの極みだった!(笑)
ま、そこがいいとこなんだけどね
圭土いわく
「ルクセンブルグでは、予想外にMCがウケまして。
フランス語でちょっとしゃべったんですが、日本以上に大ウケだったんですよ。」

その発言に、日本の客は大ウケでした(爆)


ステキな時間をありがとう。 元気をありがとう。

レ・フレールのコンサート、ぜひ行ってください。
CDもいいけど、彼らは演奏を「見て」楽しむべき人たちです。
ぜひナマをご覧になってください。


では追記で、本日のプログラムを。


続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
映画『孤高のメス』 部分的感想
JUGEMテーマ:邦画

『孤高のメス』の感想はまだか!? という声が聞こえたので。(空耳です)

『孤高のメス』はすでに3回見ました(笑) 
・・・・えーと、そんなに見なくていいです。1回見れば十分です。
でも1回は必ず見に行くべきです!


感想を書きたいのですが、まだ見ていない友人もいるので、ネタバレが怖いのと
映画サイトのユーザーレビューを見ると
「満足度が高いので期待して行ったらそれほどでもなかった」というコメントが意外と多いので
躊躇してます。
そんなものすごいものを期待して見に行ってもらっては困る映画です。

でも1回は必ず見に行くべきです!!


しかし、今現在思ったことはやはり書きつけておこうと思い、
少しだけ感想を書くことにしました。
ネタバレがあるのでたたみますが

とにかく 1回は必ず見に行くべきです!!! 

映画館で見てっ!!!
家族で見てっ!!! 特に親子で!!!
そして、働く女性(仕事も主婦も含めて)、日々疲れている女性は、特に見てっ!!!



・・・それから、どうしても言っておきたいのは
これは堤真一さんを見せたい映画ではない!ということです。
「どうせ観世がオススメするのは、堤さんを見せたいからでしょう?」と思っているアナタ!!
ちがいますからね!!!




以下、ネタバレありの感想です。
部分的な感想のみですし、堤さんのことにはあまり触れてないです。
アンド、長いです(笑)

続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドラマ 「Mother」 にハマり中
JUGEMテーマ:Mother(ドラマ)


あまりドラマを続けては見ない私が、今期ひそかにハマっているドラマ
それが「Mother」です。 (水曜夜10:00〜 日本テレビ系列)

最初の2、3話くらいは見逃しちゃったんだけど
そのあとはほぼ飛ばさず見てる。 私にしてはすこぶる珍しい。

主役が大好きな松雪姐さん、共演にやはり好きな山本耕史くん、田中裕子さん。
だから見たかったんだけれども

なにが衝撃って 芦田愛菜(あしだ まな)ちゃん!!! 


うますぎる!!!

天才でしょう、この子。
小学生の役をやってますが、まだ5歳なんだって
小学生でもできないよ、あんな演技!!
またかわいーんだ、笑ったり、しゃべったりの感じが

私は子役には一切興味がない人ですが
それにしたってうまくってかわいくって
あきれるほどです。

続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
デデッデッ デデッ♪
(タイトルはSPのテーマ曲ですw)


100606_1619~01.jpg    100606_1620~01.jpg
『SP』のチラシ、映画館でGET (^_^)v


『孤高のメス』2回目、見て来ました。
パンフレットも買って満足♪

客席は100弱でしたが満席に近く、
いつも平日午前に映画を見ている私からしたら、大入満員!!
(平日は4人とかだもの 笑)

そして年齢層 高っっ!!w


私は2回目なのですが、
1回目はやはり堤さんを重点的に見るわけで、
あまり冷静に見てないわけですよ。
2回目の今回、落ち着いて見ましたらば…

やっぱり夏川さんだな!!
主役は夏川さんだと言ってもいいと思います。
浪子(夏川さん)目線が本当に細かく丁寧に書かれている作品だなぁと思いました。

堤さんは今度こそアカデミー取っちゃうぞ!(≧∇≦) と、最初思ったのですが
夏川さんこそ取るんじゃないかな、アカデミー賞。

映画の(冷静な)感想はまた改めて。


旦那はまぁ、いつものことですが、手放しで誉めてはくれません。
だけど「久しぶりに大人な映画を見たな〜」と言ってくれました。

私が「堤真一の作品だからってむやみに薦めてるわけじゃないのよ〜。
いい作品だから薦めてるのよ〜。
じゃ、次は何見ようか♪
…『SP』は見なくていいか」
と言うと

「『SP』は見るよー!」

SP好きなんかい!!!(爆)



P.S. トラバがうまくいかないので、メモ代わりに貼っておきます
http://plaza.rakuten.co.jp/multigra/diary/201006060000/

| 演劇以外のコトの感想 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
調布なつかしい(*^-^*)
JUGEMテーマ:ゲゲゲの女房

今朝も「ゲゲゲの女房」を見ました。

このドラマ、現在、舞台は調布です。
私は福岡に越してくる前と、その3,4年前の2回
調布に住んでいました。
(今日の舞台だった)深大寺にもよく散歩に行ったし、
番組後に出る小さな写真の
野川、神代植物公園、布田(ふだ)天神、
どれもよく知った場所です。

調布は水木しげるが住んでいて、ゆかりのある町です。
テレビに出てくる「すずらん通り」もまだあって、
鬼太郎や猫娘、ねずみ男などのフィギュアが居ます。
この商店街にある和菓子屋さんのダンゴがおいしくてねー♪
しょっちゅう行ってました。

今日は井の頭動物園も写っていたみたいだった。
あの辺りは武蔵野の自然が残っています。
今日の映像にはクマザサの茂み写り、懐かしかったな〜。
武蔵野の林はあんな感じなのです。

今時分は緑も花々も美しいでしょうなぁ…。

もしまだ調布に住んでたら
ロケとかも見れたかも。
今頃ゲゲゲフィーバーかなぁ(^_^)

| 演劇以外のコトの感想 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒューマンドキュメンタリー 大竹しのぶ
旅行がかなりハードだった(いろんなところをとにかく登った!)のと
久しぶりにたっくさん太陽に当たったせいで
身体が重く、かるく頭痛がしたりしています。
温泉にくつろぎに行ったんじゃないのかと!(笑) 体調を崩してどーするか!


さて、そんな体調ですが、
NHKで今夜やった大竹しのぶのドキュメンタリーを見ました。

大竹しのぶ。 誰もが認める天才女優。

演劇に関することは《Main Hall 》に書くとして
今回の番組はかなり開け広げになんでも語っていて驚いた。
明石家さんまさんとのこと、野田秀樹さんとのこと。
特に野田さんとのことも包み隠さず、
挙句に「ザ・ダイバー」(野田さんと共演した舞台)の稽古風景を映したり、
野田さんに、女優大竹しのぶについての感想までインタビューしちゃって。


恋多き女性として名を馳せた大竹さんに
男性を好きになるのはどういう時かと質問が。
大竹さんの答えは「才能がある人」
だけど
「私はコンペイトウ(みたいなの)が好きなんだけど
私といると相手が、楽しくて丸くなってきちゃって
そうすると私はプイッて口から出しちゃうんだ(って友人に言われた)」

「野田さんも、一緒に居た4年間
子どもに本を読んだり、ゲームしたり、ホントに楽しそうにしてくれてたんだけど
その時の作品は面白くなかったのよ。
私も「えー、つまんないっ!」って思ったもの。
 (←それはどの作品のことだろう!?)
今の作品の方がぜんぜん面白いでしょ!?」
「さんまさんだって、私といたときはつまらなくなったとか散々言われて
今のほうがいいじゃない?」

だけどさ、
そうだとしたって、好きな男が自分といることで、楽しそうになって丸くなっているのを
客観的に「つまらなくなるから」って評価したり
そして自分と別れた後の方が全然いい、つまりは別れて良かったでしょ?みたいな

・・・・なかなかそんなことは思わないよ? フツーの女性だったら。


すごく強くて、自立していて、
人生とか、自分の住む世界(主に演劇界)とかをカンペキ客観的に見ている人なんだなあと。
もう、そういう生き方ができることからして、天才なんだなあと
思いました。
普通の一般家庭に生まれて、演技の勉強もせずこの世界に入って
そういう考え方、生き方ができるのって
やっぱり神様に選ばれた人なんだと思う。


私は、「こういう役者さんが好き」っていうのの条件の一つに
「役者バカ」っていうのがあって、
ときどき、演出したり、映画監督したり、別の事業始めたりする役者さんもいるでしょ?
(それで成功する人も才能のある人ももちろんいるんだけど。)
そういうことをしなくて、
役者のみ、演じることのみに徹する人が好きなのよね、個人的に。
大竹さんもその1人です。 まあ、歌を歌ったりはするけどね。


いやしかし、
本当に「天才」というものを垣間見た思いです。
ここまで脳みその違いを見せられると愕然としますね。
私とは全然次元の違う世界に生きているんだなあと。

この世界で生きるために、神様に選ばれた人なんだなあと。

| 演劇以外のコトの感想 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「孤高のメス」試写会
JUGEMテーマ:邦画

100501_1538~02.jpg
行ってきましたよ!
これは、試写会に行くとあるポスター。
かっこいいですねっ(≧∇≦)


とても良い映画でした。

いろんな見方ができる映画だと思うんです。
医者、看護婦、患者、患者の母、働く女性、田舎の病院(施設)に勤める人…

私は働く女性目線が一番共感。(私は仕事はしてないけど、主婦も働く女性という意味で)
当麻先生に出会って、看護婦の中村さんは人生が変わるんだけど、
真っ直ぐな生き方って、周りの人を変える力を持ってるんだな、
人一人の力や影響力ってすごいんだな、と。
自分もその可能性があると思うと、
なんか一生懸命生きてみよう!って思った。

ちょっと説明がおかしいので追記を。
働いてたり、主婦でもそうだけど
たいへんな職場、たいへんな同僚、たいへんなご近所さんとかいて
気が滅入ることも多いじゃないですか。
中村看護士もそうだったのが、
当麻先生に出会って、本当に劇的に人生が変わるわけですよ。
当麻先生は、すごく偉ぶってたり口が上手だったりするわけじゃない、
圧倒的な能力と信念を持っていて、ただまっすぐに医療に取り組んでいるだけ。
だけど周りを変えていく。
中村看護士はそんな人に出会えて、人生が180度変わって、どれほど幸せだったか。
かなうことなら、私も当麻先生みたいに真摯にしっかり生きることで
周りも、そんな生き方っていいなと思ってくれるような
そんな人間になれたらすばらしいな・・・と。
周りの人がどうこうじゃない、自分自身が
そんな人間を目指して、一生懸命生きていけたらな、生きていきたいな、と
思ったことでありました。


あと、母目線はつらすぎたので、心に蓋を。

手術シーンは、評判通り
メチャメチャ素晴らしかった!!!
見た人みんながびっくりするに違いないよ。

本当に、どの年代にも楽しめる映画です。
暗い、重いばかりではないです。面白くて笑えたりもしますよ。
成島監督の脚本、とてもいいと思います。
本当に丁寧に作られているのが、よくわかります。

ぜひ皆さん、見に行って下さい!!



舞台挨拶については後ほど…
| 演劇以外のコトの感想 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
福岡も てぃだかんかん!
GW突入初日!
福岡はピーカンで最高のスタートとなっております。

そんなピーカンなのに、
我が家は映画を見に行きましたw
なんせ、一人 半病人がおりますもんで。

もちろん「てぃだかんかん」に行って来ましたっ

でもねぇ…
残念ながら大感激!!というほどではなかったな。
続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『Dr.パルナサスの鏡』
 下心満載で、福岡の繁華街天神へ行かなければならなくなったのでw
せっかくだから映画でも見てやろうと思いました。
見れる映画を探したのですが、
なかなか良さそうな映画を朝からやっている館がない。

そしたら、ソラリアシネマの再映ラインナップで
『Dr.パルナサスの鏡』をやっていました。
時間もちょうどいいし、ソラリアシネマなら天神駅直結だし、再映作品は850円!!
よーし、これだ!

しかしこの作品、
撮影途中で主役級の一人 ヒース・レジャーが亡くなり、
彼の代役としてジョニー・デップジュード・ロウが演じた事で、たいへん話題とはなっていましたが
内容をよく知らない。
そこでHPで予告編を見るも、
んーー、『アリス・イン・ワンダーランド』・・・・・的な? 不気味っぽいファンタジー??

私はファンタジーやSFがあまり得意ではないのです

それでも、それしか見れそうなのがないし、なんと言っても話題作だし
行きました。


感想は・・・・・。 
  
続きを読む >>
| 演劇以外のコトの感想 | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH