スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
継ぐ者として 〜扇田昭彦さん追悼〜
 (ほぼ同じ文章で、演劇ブログ Main Hall の方にも掲載しました)

たいそうなタイトルをつけましたが
このブログは町田ファンが多く来ていらっしゃると思うので
「継ぐ者」という一言で分かってもらえることもたくさんあると思い、
こうつけてみました。

また、フィギュアファンの方は、扇田さんのことは知らない方が多く
読んでもつまらないかもしれませんが
私にとって大切な先生でしたので、
もう少し語らせてください。

それからご本人は「扇田さん」と呼んでほしいと言っておられましたが
私にとっては『師』でありますので
やっぱり「扇田先生」と書かせてもらいます。



一言で言えば、「こんな人になりたい」という人でした。

扇田先生はもともと朝日新聞の記者で
たまたま、芸能関係の部署に配属されて
演劇が好きだったこともあり、取材をしたり批評を書いたりされるようになりました。
当時(たぶんもう40年以上前)のことですから、今のように情報がすぐ得られるわけではないし
テレビ放送も無い。
扇田先生はたくさんの舞台に足を運ばれました。
その中で、唐十郎、野田秀樹という才能を目にし、
当時異端と見られていた彼らの作品を、正当に評価しました。
扇田先生というのは、そういう「新しい才能」が大好きでした。
もう少し最近では、ケラリーノ・サンドロヴィッチさんや、松尾スズキさんも評価していた。
驚くべきは、奇をてらったものが好きだったわけではなく、
ちゃんと力がある若手を見抜いていたこと。
その証拠に、彼らは今、みんな日本の演劇界の実力者となっています。
そうかと思えば蜷川幸雄さん、井上ひさしさんといった巨匠に対しても
同じように接し、公平な評価をされていました。
あのやわらかな風貌からはなかなか想像できませんが、あれでけっこう武闘派で(笑)
ダメなものはダメと(自分で思ったら)書いて発表したりするので
蜷川さんと大ゲンカしたり、出入り禁止だったかな?そんなこと言われたりして。


 
続きを読む >>
| 舞台・演劇 | 08:34 | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark |
扇田昭彦さん 亡くなる
私の演劇における心の師であり
劇評の先生でもあった
扇田昭彦さんが、亡くなられました。


大好きな、大好きな、大好きな先生でした。


福岡に越してきて、隣町で扇田先生の劇評講座があると知り
申し込んだ時にはもう締め切りを過ぎていたので
1年待って翌年に受けました。
それくらい好きでした。
東京にいたらお近づきになれるはずもない扇田先生に教われるなんて!と感激。
その後もよくイベントや講座に来てくださいました。
あるイベントの後には、打ち上げで飲みに行って、おしゃべりをしたりして。

その後も、劇評コンテストで入賞させていただいて、評をいただいたり。

講座に参加して挨拶すれば、覚えていて下さって
やさしい笑顔で会話して下さって。
ついこの間(昨年9月)も講座に参加して、挨拶させていただいたばかり。
お元気だったのに…。


「自分は先生ではないので、先生と呼ぶのはやめて下さい」と言われるので
「扇田さん」と呼ばせていただいていました。


中学生でもわかる文章を書くようにと言われたこと

劇評では批判してはいけない、舞台を作る人はものすごい気持ちと労力をこめて作っているのだから、と言われたこと、

新しい才能は見たこともない形で現れるもの、異端視してはいけないし、そういうものを受け止める柔軟な感覚が大切と言われたこと、

すべてが私の、演劇批評や、文章を書くうえでの
より所となっています。


突然過ぎて、ショックがひどいです。
涙が止まらない。



ありがとうございました、扇田さん。
お会いできたこと、少しでも教えを受けられたこと、私の誇りであり喜びでした。
演劇界においても、大きな損失です。残念です。

どうぞ安らかに。
穏やかで優しい笑顔、忘れません。


 
| 舞台・演劇 | 22:08 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
今日は演劇脳!
コメ返、滞っていてごめんなさい。
気長にお待ちくださいね。


さて、アナトミアはちょっと休憩して。

今日は演劇のお勉強に行ってきます。

今日見に行くのは「一つの戯曲からの創作をとおして語ろう 演出コンペティション」
というものです。
小さなイベントですが、私の大好きな企画です。
ある脚本がお題として与えられ
それを演出家が、自分の解釈で自由に演出し、発表する。
審査員が審査をし、1位を決めます。
福岡では毎年行われているのですが、忙しくてしばらく行けず
今回3年ぶりくらいに行ってきます。

演出というのは、舞台制作においてとても大切ですが
若手がそれを学ぶ所はとても少ない。
演劇をやりながら覚え、センスのある人が評価され残っていくのが現状。
演出家になってから演出の勉強をする、というのがほとんどではないかと思います。

ですからこうして、既製の作品(しかも古典名作)を演出してみて
ちゃんとした人(プロや学識者)に評価してもらうというのは
たいへん貴重で意義深い学びの場といえます。

また見る側としても、演出手法、解釈、センスというものがいかに色々あり、
それに対してどのような評価が成されるかということが
非常に勉強になります。
私は大好きです、このコンペ。
若い才能に出会える可能性があるという意味でも。

今日のお題は、三島由紀夫「葵上」。
3つの劇団がこれを独自の解釈で演出・上演します。

審査員には、私の大好きな劇団イキウメの前川知大さん、チェルフィッチュの岡田利規さんなどが名を連ね、
ちょっとした知り合いの大学教授、森山先生(笑)もいるということで、
非常に楽しみです♪


| 舞台・演劇 | 13:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コンドルズ公演「GIGANT(ギガント)」
とにかく楽しかったから、忘れないうちに書いておく!

客入れ後、放送が入る。「野村萬斎です」
萬斎さんどーした!ww と思っていたら
携帯電話の電源を切れだの、挙句はたまごっちも目覚まし時計も切れだの言いだして(笑)
本番始まってすぐの映像にも、出て来ましたからね、萬斎さん。
なんなの、お友達? Eテレつながり??

地元の小中学生が、この公演前 5日間、コンドルズ・ワークショップを受けていたのですが
今日は最初にその発表がありました。
まーーー、自由!(笑) ホントにワークショップしたの?と言いたくなる自由さ(笑)
でもその自由さがコンドルズらしいんですよね。
私が最初にコンドルズを知った(見た)のは
東京に居る時に、私の友人の娘さんがやはりワークショップを受けて、一緒に舞台に出たんです。
「娘が出るから見に来て」と言われて行った、遊園地の野外ステージ。
たぶんあれは10年位前のことだと思う。(今回よりもうちょっとダンスらしいことをしていたと思うw)
コンドルズはその後売れたけど、
最初からそういう、子どもにもダンス体験をさせる活動をしていたんだよね、今思うと。

さて、自由な感じのステージですが
特に男の子がイキイキしてましたね!
なんて言うのかな、いっぱしの舞台役者みたいな目をして踊っているんですよ!
ややかっこつけて。
踊りや表現というのは、女子の方がわりと得意です。でも今日の男の子たちはすごく良かった。
コンドルズもおじさん(男性)ばっかりで、楽しそうにワイワイ踊ってかっこいいから
その一員になれたような気がしているのかもしれない。
それはとってもいい心構えだよね!

ステージ発表が終わったら、ちょっと休憩になって
今踊った子どもたちもみんな客席に戻ってきました。
親御さんたちも来てるから、一緒にコンドルズ見るんだね(^^)


さ、いよいよコンドルズの公演です。



 
続きを読む >>
| 舞台・演劇 | 22:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
久しぶりに舞台でワクワク♪
・・・もとは、演劇&日常ブログだったんですけど、知ってました?(笑)


この前書きかけた、演劇の話の続き!

この秋は、ちょっと舞台に続けざまに行く予定があって、ワクワクです♪

まず明日!(いきなりw)
コンドルズを見に行きます!!
コンドルズは、皆さんよく御存じの、近藤良平氏率いる学ラン男のダンスユニット。
実は毎年、福岡にも公演に来てくれているのですが
なぜか毎年毎年お盆なんですよ!わーん
お盆に行けるわけないだろう! 嫁業があるんじゃ!!
演劇好きのお友達にいつも誘われるのですが、いつも「お盆だから無理」と断っていました。
しかし!今年はなんと8月の最後!!
行ける!行けるぞ!!
というわけで、行くつもりで計画してはいたのですが
ボンヤリしたり帰省したりしていて、チケットを取っていませんでした。

 
続きを読む >>
| 舞台・演劇 | 22:10 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
ミュージック・ポートレイトからの 駒小の思い出
赤い人フィーバー、切手フィーバーのさなかですが(笑)

こちらに帰って、いくつか演劇情報をGETしてホクホクなので、まずはそれを書こう。


まず、今夜11時から、Eテレにて、
「ミュージック・ポートレート 宮沢りえ×野田秀樹 第2夜」 があります!
第1夜は、先週あったのですが、告知し忘れました(;;) ゴメンナサイ。
今夜は第2夜。りえちゃんが映画に、野田さんが商業演劇に出て行く頃からの内容です。

第1夜は録画しておいて、今日見ました。
野田さんといえば、東大出身。
東大の寮の食堂を改造して、小さな劇場を作ってしまって、そこで芝居を打っていました。
私も野田秀樹にかぶれてから、
東京に行って野田さんと同じところで演劇をするんだ!!とその一念で
東大の演劇サークルに入ったのでした。

そ し て !!
その、駒場小劇場でなんどもお芝居を打ったのです。
それがコチラ!!
140828_2135~0100010001.jpg

ああ、泣きたいほどなつかしい。
すごいな〜、映像が残っているだなんて!
この通路の先が入口でして。ここにたいがい受付を置いてチケットを切りました。
雨の日はこの通路から、この左側奥にある学生寮の渡り廊下まで、お客さんが並んだものです。

そして内部がこちら。
140828_2136~0100010001.jpg
こちらはだいたい客席に使う側です。
左上に黒い部分と小さな窓が見えると思いますが、ここが調光室(音響や照明の操作をする部屋)。
それからこの・・・・なんて言うんだっけな、この左端にある足場みたいなやつ。大きな2段の。
下にタイヤがついていて可動式。天井近くまで高さがあって、照明などを吊るのに便利です。
向こうの方に黄色いビールケースが見えますね。通称「キリン」。
客席にしたり、いろいろ活躍したものです。
この上に暗幕を敷いて徹夜の時は寝たりw

そして右側に振りますと、こちらが舞台側。
140828_2138~01.jpg
この舞台の台になっているのを「デカ台」と呼んでいまして、
ものすごく重いのですが、それでも動くので、自由に舞台は組めます。
男性10人くらいで動かすのです。
この上の天井の方には、照明を吊れるように、パイプが組んであったり金網が張ってあったりして
徹夜作業で眠くなるとその上で寝てしまったりしました(笑) あぶねー。

とにかく、パイプで組んだり、カキワリを立てたり、もうすべてが手作りでしたね。
そしてこの右側の壁の向こうが、楽屋になっています。
(さらにその向こう側は、駒場寮の食堂になっています。
よく食事させていただきました)


私は本当に、駒場小劇場(=駒小)が好きで、ここに居られれば幸せでした。
部室が寮内にあって、寝泊りしながら舞台を作りました。
私が人生の中でもっとも幸せだった数年間です。


今はもう、駒場寮も、駒場小劇場もありません。とり壊されてしまいました。
でも、今でもありありといろんな風景が思い出されます。
信じられないくらい、楽しかった。
あんな時間を過ごすことができたのは、人生において本当に幸せなことでした。


他の演劇ネタもあったんだけど、時間が無くなってしまった!
続きはまた。


というわけで、ミュージック・ポートレイト、よろしければぜひご覧ください!!
 
| 舞台・演劇 | 22:09 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
暗いところからやってくる 
前記事の後に本編を見ました。

とても良かったです!!

何よりお話が、前川テイストがしっかり入っていてうれしかった。
前川さんについて、以前私は劇評で「異界と交信できるんじゃないか」と書いたことがあります。
(劇評に興味がある方は、私が昔書いた劇評をどうぞww
最近サボってしまっていて、もうこんな文章は書けそうにない・・・(涙)
http://gekihyo-2009.jugem.jp/?search=%A5%A4%A5%AD%A5%A6%A5%E1


今回も、ちょっとそういう世界を垣間見せてくれるお芝居でした。

子ども向けなので、非常に子供に分かりやすく、笑いが絶えない作りになっていて
そういうところもうまいなと思いました。
また、カーテンにふっと影が映る所、何かの気配を感じさせるために物が落ちたりする所、
それから亡くなったおばあちゃんが出て来るところ、
その辺は本当に不気味に「ビクッ」とするように仕掛けられており、
自分が子どもの頃に、こんなものにこんな風に怯えたよ確かに!!と、ありありと思いだせるようなシーンばかりで
大人が見ても、子どもの頃の自分にタイムスリップできるようなお芝居だったと思います。

主役の中学生役、大窪人衛くんがとても良かった。集中力すごい。
他の役者さんももちろん集中力すごいでしょうが、時々ふっと余裕を見せられるような部分があるのに
人衛くんはずーーっと怯えて緊張してなきゃいけない感じで
おまけに、客は近いし、役者も近くまで迫って来るけど知らんぷりしなきゃいけないし
ホント、気が抜けない役だと思いました。
でもずっと集中が切れずに続いていて(プロだからそれくらいできて当たり前かもしれないけど)、
気持ちの機微もすごく伝わって来て、うまいな〜と思いました。
むかーし、高泉淳子が、小学生をやらせたら日本一の女優だったけど(彼女の当たり役は「山田のぼる」君)
今、演劇界で少年をやらせたら、人衛くんが一番じゃないかな。

闇の世界の人が3人いて、岩本さんと盛さんと浜田くんだったんだけど
浜田信也くん(イキウメの看板俳優)はやっぱりステキですっ!!
あの大きなキラッキラ光る瞳!!
今回は最初に、とぼけた役作りだったので、存分に笑わせてもらいました。
だけど、スゴむところ、本音を出してほろっとさせる所などの落差がさすがで
本当に良い役者さんだと思います。
ああ、またイキウメで見たい!

とにかく今回は、舞台が近くて、役者さんのすべてがよ〜っく見えたのですが
イキウメの役者さんは本当に身体をしっかり作ってありますね!
身体能力、身体のキレがすばらしい!! どこにも気が抜けた部位がありません。
立ち姿も、力が入っておらず美しい。どの役者さんもです。
見ていてすがすがしいです。
そういう、身体や集中力がちゃんとできている役者さんたちが
全力で緻密に演技してくれるから
イキウメはレベルが高いのでしょうね。
もちろん前川作品の水準の高さもありますが、それを表現する媒体としての役者のすばらしさ。
今回、間近で見て納得&感激しました。

ラストの方で、浜田くんが舞台に入ってくる時に
歩きながら、私の目の前に座っていた女の子(小学校低学年くらい)の頭を
スッと撫でて行ったんですよ!
女の子、「さわられちゃったー!」って感じで、すっごくうれしそうでした!! いいなぁ〜!!
でも、そんなお客さんと触れ合う浜田くんを見られるなんて貴重! 私も幸せでしたー♪


先日、蜷川さんの演出、綾野剛くん・成宮寛貴くん出演で上演された「太陽2068」も
佐々木蔵之介さん主演のスーパー歌舞伎「空ヲ刻ム者」も、前川さんの作品で
そんな大作にも耐えられる作品が書ける前川さんはホントすごいけれど
それよりもやっぱりイキウメが好きなのは
役者さんたちが好きなのもあるんだなー、
そしてその理由は、やっぱり役者さんみんながうまいんだ、と
今日はあらためて思ったことでした。




まだ公演があるかもしれないので
あらすじは畳んで書いておきます。
興味のある人だけご覧ください。
(これから愛知に行くみたいです。お近くの方、楽しいのでぜひ!
 http://www.ikiume.jp/kuraitokoro.html )


 
続きを読む >>
| 舞台・演劇 | 01:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
暗いところからやってくる
140810_1255~01.jpg
今日はワタクシ、久しぶりに演劇の日でございますよ。

今日は「暗いところからやってくる」を見ます。

これは、夏休みの子供向け演劇公演なのですが、
作・前川知大、演出・小川絵梨子という、ちゃんとしたお芝居。
そして出演は、私の大好きな劇団 イキウメの、メイン役者さんたちです。

公演前に子供向けワークショップがあるというので
申し込んでおきました。
小学生対象だったので、演劇にまるで興味のない娘No.3を生贄として申し込み(笑)


ワークショップは、すごく良かったです!!
あまり内容を書くといけないかもしれないんだけど

まず舞台内に入ります(親は客席で見学)。
舞台は、子供部屋の設定になっていて、
ベッドや勉強机があり、メッチャ散らかっています。
主人公である"てるお"の部屋だと紹介され、
どんなものがあるか見て回ったりします。
案内するのは役者の盛さんと木下さん。
客席には伊勢佳世さんや岩本さん。あとから大窪くんや浜田くんも来ました♪

横の空間へ出て「ここは廊下です」と説明。
そして、柱だけしかない部屋との境界を指して
「ここは壁なんですよ、だから通り抜けちゃいけません」と
芝居独特の「ある体(てい)」の説明ですね。
(でも子供たちは通り抜けていたけどw)

まずはてるお君の部屋の片付け。
それから身体を使うゲーム。
そんな感じで、舞台空間に慣れるというか、溶け込ませていきました。

1時間くらいいろんなことをやって
最初は緊張して様子をうかがっていた小学生たちも、
最後にはすっごく楽しそうな雰囲気になりました。

後ほど、もうちょっと詳しくワークショップの模様を書きますね。

いったん舞台を離れて、本公演を見ます。
終わったらまた舞台に集まって、何かやってくれるみたい。

舞台の感想もまた書きます。


| 舞台・演劇 | 13:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
明日から東京行き
明日から東京へ行って来ます!
堤さんのお芝居を見に ♪

私は年に2回くらい、堤さんのお芝居を見に東京へ行かせてもらっていますが
一番のごほうびであり、一番のリフレッシュとなっているな〜と、気づかされます。

まず、お芝居のチケットというのは3ヶ月くらい前に先行発売になります。
ですので、他の用事やダンナの仕事の都合を避けたら、有無を言わさず日にちを決めてチケットを取る。
そして飛行機を取る。
そうしたらもう、他の用事が後から来ても
「その日は福岡にいません。」とつっぱねます(笑)

そうして、家の事、子どもの事はすべて家族に任せ、
身1つで東京へ向かい、大好きなお芝居を見る(大好きな人に会う)。
年に1回でも2回でも、こんな幸せな時間が持てることを感謝しています。
堤さんに定期的に会うこと、そのために東京に定期的に行くこと、
それは何か、人生の・・・といったら大げさかな、
1年の流れの中での大切な足跡というか、『柱のキズ』というか、
そんなものになっているような気がします、私の中で。

まだ準備もできていないし、
このあとバレエの打合せがあったりして気持ちも集中できていないんだけど
がんばって片づけて、今夜には堤さんモードに頭を切り替えましょうハート


東京行きの記事はたぶん、ほとんど TWO DOGS PROJECT の方に書くと思います。
東京でどんな風に暴れているか(笑)、興味があったらお越しください。


また、この後にまっちー関連の長〜い記事を投下して行きますので
もしご興味のある方がいましたら、ゆっくりお読みになってね♪
(よかったら感想もお待ちしております)


では、ごきげんよう笑顔
 
| 舞台・演劇 | 17:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
薔薇とサムライ AGAIN!
130721_1742~01.jpg
今日は娘No.2、No.3と一緒に
ゲキ×シネ10周年レパートリー上映「薔薇とサムライ」を
博多Tジョイに見に来ましたー♪

「薔薇サム」は、公開された時に
娘No.1と2を連れて見たんです。
その前作「五右衛門ロック」が非常に面白くて
私にしては珍しいことに、堤さんが出ていないのに2回見に行ったという(笑)作品でした。
「薔薇サム」も公開されて喜んで見に行ったら
内容的にもビジュアル的にも超おもしろかった!!
子供(小学生)が見ても絶対楽しい!
そう思ったので
子供も連れてもう1回行ったわけです。

娘たちはいたく気に入り
おかげで古田さんや天海ねえさん、山本太郎さんなどを覚えました。
(山本太郎さんが一番人気でした。
その後しばらくして事務所やめちゃったから、残念だったわ〜)

だからこの前の「おのれナポレオン」も
天海ねえさんが出るからと楽しみにしてたんだけどね。

今日は
前回はまだ幼なすぎて連れて行けなかったNo.3と
絶対もう1回行きたいというNo.2を連れて
やって来ましたよ(^_^)
(No.1は家にいたいらしいw)

楽しんできまーす!

| 舞台・演劇 | 17:43 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

堤真一情報はこちらをクリック!

TWO DOGS PROJECT

Counter

ブログパーツUL5

日本全国のアクセス状況ですよ! 


ジオターゲティング

■ Main Hall 情報 ■

再開しました。ご興味のある方はどうぞ。 現在受講している演劇講座レポなどを掲載中。

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH